古賀茂明の名言

古賀茂明のプロフィール

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

古賀茂明の名言 一覧

「どうせ変わらないだろ」とシニカルに思う人もいるかもしれない。でも違う。正しいことなら必ず変えられる。変わらないと思った時点で終わり。


僕はどんなに困難な状況の中でも少し楽しんでいる節がある。それは、困難が大きいほど、それを乗り越えて変革を成し得たときの達成感が何ものにも代えがたい喜びを与えてくれるから。


危機を乗り越えるには改革しかない。成長分野で規制を既得権グループと戦って自由な企業活動を保証して経済成長を促す必要がある。いまこそ官僚の腕の見せ所。


国の方向性を決めるのは選挙のときだけじゃない。もっと政治家を動かさなくちゃ。一番簡単なのは自分の選挙区の政治家にメールすること。おかしい政策を唱える政治家には「おかしい!」とね。逆に共感する人には、千円でもいいから献金するとさらに効きますよ。一般市民は声だけだと投票してくれるか不安だけど、献金までしてくれるのは本物だと勇気づけられる。政治家が正しい方向に舵を切ることに繋がるんです。それは結果として政治家の元で働く官僚を動かすことへつながる。


古賀茂明の経歴・略歴

古賀茂明、こが・しげあき。日本の官僚(経産)。長崎県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省(のちの経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、中小企業庁経営支援部長、中小企業基盤整備機構理事、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官、経済産業省大臣官房付、大阪府特別顧問、大阪府市エネルギー戦略会議副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

死ぬ時に「あれをやっておけばよかった」と後悔することだけは絶対に嫌なんです。だから、仕事も遊びもやりたいことはすべてやる。そのための努力は惜しまないという一心で進んできました。


町田公志

株価は、企業のバリュー(価値)がフェア(公正)に評価された結果ですよね。そのフェアバリューが高まれば周囲からも魅力のある会社だと認識され、優秀な人材を引き付けることができます。そして将来、いつか大事なタイミングが訪れた時に、そのバリューを使えるようになりたいと思っています。


大久保幸夫

どんなにいい専門性を持っていても、人にアピールしないとビジネスにならない。


妹尾大

イノベーションの本質は「新結合」。すなわち、今まで結びついていなかったもの同士を結びつけること。


谷口恒

とにかく、「やる」と決めて実行することが大切です。小さな失敗はたくさん出ると思いますが、失敗を軌道修正していくことで進むべき道が見つかる。


森田敏宏

子供の頃、夏休みの宿題を新学期直前までやらずに、青くなった経験はありませんか。なぜ夏休みの宿題を先延ばしにしてしまうのでしょうか。時間の制限があるとはいえ、夏休みは期間が非常に長いため、「パーキンソンの法則」の罠にはまってしまうからです。英国の歴史・政治学者のパーキンソンが「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて使い切るまで膨張する」と指摘したように、「夏休みが終わるまでに終わらせればいい」と、時間はあればあるだけ使ってしまうものなのです。


大前研一

多くの人が仕事のスピードが上がらないのは、身をもってスピードの価値を感じたことがないからだ。私はこれまでいくつもプロジェクトを手がけてきたが、プロジェクトというのは完成が遅れると、1日につき1000分の1のペナルティーを支払うというのが業界の常識だ。1000分の1といっても、1000億円のプロジェクトともなれば1億円。そういう経験をしてきていないから、口ではスピードアップしたいといいながら、どこか切実感が足りないのだろう。


鬼塚喜八郎

私がスポーツシューズのメーカーを起こしたのは、青少年の育成に役立つ仕事がしたいと思ったからです。
終戦後、戦友との約束で面倒を見ることになった老夫婦の養子になり、神戸でサラリーマン生活に入ったものの、私利私欲に走る社長に我慢ならず、辞表を叩きつけてしまった。この先どうするか。教育委員会で働く知人に相談すると「それなら運動靴を作れ」とアドバイスしてくれた。スポーツマンはルールを守り、礼を重んじ、ベストを尽くして戦い、チームワークに徹し、目標達成に向けて自己啓発に努める。スポーツマンシップとは何かという彼の説明に感動した私は、残りの人生を懸けて、青少年のためにいいシューズを作ろうと決意したのです。


寺田和正

おもてなしとは、顧客にどれだけサプライズを感じてもらえるか、取引先にもサマンサと組んで良かったと思ってもらえるか。


市川海老蔵(11代目)

「前はこうだったから」と経験則で考えた段階で、過去にとらわれてしまい、新しい情報が入り込む余地はなくなる。


寺田親弘

名刺をデータベース化するといいということについては、みなさん頷いてくださいます。ただ、いままでにないサービスなので、「こういう理由で値段はいくらです」と単純にいえるものではなく、乗り越えなくてはいけない壁は高かった。最初は未来を語って買っていただくというアプローチでした。


吉田尚記

まずはミスを端的に説明し、すぐに謝る。その潔さは最低限必要。その際、用意しておくべきはミスに対する対応策。頭を下げたままでも、次なる手を考えていることを伝える。普通の上司であれば怒るよりも、ことを収める手立ての方が重要。その後、説教される可能性は低くなるでしょう。


斯波義将

昔、俊寛が罰された時、その邸宅は壊されることはありませんでした。罪があるなら人を罰すれば良いだけのこと。


Mr.マリック

テレビに出演する際、私はよくプロデューサーに「誰がゲストかわからなければ、出し物は決まらないんだ」と話します。具体的に目の前で相手が喜ぶ姿が浮かんでくるような説得力のある仕事を目指す。これこそ、私にとってのエンターティナーの原点なのです。


安渕聖司

人で机の前でうなっていたけど、良い考えが浮かばない。そんなとき、詳しい人に意見を求めたら、あっさり答えが出た、ということはよくあることです。自分で考えられる範囲なんて、たかが知れていますからね。私自身、何かわからなかったり、迷うことがあったりすると、詳しい部下や他部署の人にすぐ意見を求めるようにしています。


ページの先頭へ