名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古賀良彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀良彦のプロフィール

古賀良彦、こが・よしひこ。日本の医学博士。杏林大学医学部教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。杏林大学医学部精神神経科学教室助教授・教授、日本催眠学会理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会理事などを務めた。

古賀良彦の名言 一覧

不眠の症状は仕事上のミスなどにも如実に表れる。眠りの質を積極的に改善してこそ仕事の質が上がることを認識してほしい。


ストレスは良質な睡眠をとることで解消されます。十分な睡眠がとれないと、心身の不調が積み重なり、集中力や意欲、活動力の低下を招きます。すると仕事がうまくいかず、さらにストレスが大きくなるという負のループに陥ってしまいます。


もともと寝苦しい夏は、寝不足になりやすい季節です。今年は節電やサマータイムをきっかけに、不眠のリスクが高まる傾向があります。普段以上に睡眠に対する意識をしっかりもって、スリープマネジメントをこころがけてください。


年収をアップしたければ、まずは睡眠を見直すことが大切です。眠りに不満や悩みを感じている「かくれ不眠者」は、仕事の効率が低下して、個人の年収や残業時間にも、悪影響が出ているのです。


その日の睡眠の質を左右するのは、ほんの小さな心がけや行動。睡眠の質を良くする生活習慣を意識し、日中、入浴時、起床時など、1日の流れを通してそれぞれの時間帯でできることを取り入れていきましょう。


まずは寝室の温度、湿度、光を調節して、睡眠に適した環境を整えましょう。軽い運動や入浴、アロマなど、副交感神経がリラックスする工夫をするのもよいでしょう。寝つきが悪い、眠りが浅いといった症状を緩和するには、市販の睡眠改善薬を利用するのもおすすめです。病院で処方される睡眠薬と、薬局で買える睡眠改善薬は成分も作用も異なります。風邪薬を飲んで眠くなるのは、抗ヒスタミンの作用。この働きを利用した睡眠改善薬は不眠の負のループを断ち切る有用な手段のひとつです。


古賀良彦の経歴・略歴

古賀良彦、こが・よしひこ。日本の医学博士。杏林大学医学部教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。杏林大学医学部精神神経科学教室助教授・教授、日本催眠学会理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

従来のやり方では、計画を作るまでが全体の99%でした。出来上がったらヘトヘトになって、「ああ、終わった」と言っていたぐらいです。それに対し、今回は計画を作るまでが全体の5%で、それを現場に落とし込み、実行に移すまでが95%です。


菊入みゆき

褒めてほしいのに上司や会社が褒めてくれないというのであれば、自分で自分を褒めるというのも手。もしくは、褒めてくれる人を作ることもできます。自分から他人を褒めれば、その人が自分を褒めてくれるようになりやすいのです。


井村雅代

中国では、自分が主張しなければ、存在意義がなくなり、居場所がなくなります。自分を認めてもらうためには常に主張し続けなければならないというような環境で育ちます。いい悪いは別にして、こうした人たちと競争していくためには、日本人も自分の考えをはっきりと言えるようになる必要があるでしょう。


品川祐(品川ヒロシ)

「ドロップ」は、最初の一章を書いた時点で嫁さんに読んでもらいました。嫁さんからは、「喧嘩のセリフばっかりで、何書いているかわからない」って言われました。自分としては、80年代の不良の空気感が出てよく書けていると自負していたのですが、嫁さんの私的で女子にはわかりにくいと反省して、すぐに書き直しました。即、軌道修正です。


宗次徳二

叱るのは、社員の成長が目的なのですから、より効果的な方法を選ばなくてはなりません。


石渡美奈

漠然と「最近どう?」「頑張ってる?」なんて言葉で部下に話しかけている上司が多いんじゃないかと思います。それに対して部下は「はあ……ボチボチです」と答える(笑)。内容の塊が多すぎる質問には、相手も漠然としか答えられないと思います。これでは会話が続きません。


石毛郁治

硫安同値の尿素をつくる、一応計算では成り立つのですが、出来上がってしまった今日ではなんとでも申せますものの、当時は私にも確信はありませんでした。しかし、このままでは自滅のほかないので、上手くいかなかったら私が腹を切るつもりで踏み切りました。
【覚書き|東洋高圧時代、北海道に硫酸の工場をつくったものの硫酸がつくれなくなり危機に陥ったときを振り返っての発言。このあと同社は、尿素の大量生産に成功した】


川淵三郎

「プロリーグができました」「華々しくスタートしました」というのは始まりであって、ゴールではありません。ファンが増え、選手が力を磨き、代表チームが強くなる。好循環を生み出すリーグを永続的に運営するためには、地味に見えるガバナンスが最も重要なポイントになってくるんです。ところが、日本の競技団体はこの部分が非常に弱い。


弘兼憲史

遅咲きするには「功は焦らず」に尽きる。過去を悔やんでも、将来を不安に感じても、現実は何も変わりません。とにかく今ある目の前のことをコツコツ片づける。自分の得意分野を見つけ、少しずつでも力を磨き続けることが大事。


横田雅俊

営業マンの中には「相手が腕を組んだら拒絶サイン」などと、しぐさから感情を読み取ろうとする人がいます。しかし目や手の「動き」に注目するほうが効果的です。しぐさはその人の癖と見分けにくく、必ずしも内心を表しているとは限りませんが、面談中に何かに触れたり視線を宙に投げたりする「変化」は、感情の動きを表すからです。手の動作に「急にメモを取り出す」「片手でもう一方の手をつかむ」「資料に触る」といった変化があれば、何かしらその原因があるはずです。その原因こそが相手の本音に直結します。


白取春彦

自分を変えるというと、今の自分を否定することのように考えられがちですが、それは間違いです。自分にできることを無我夢中でやることが、自分を変えていくのです。


川西勝三

スポーツの世界では、大リーグのイチローに代表されるように、一流と言われる選手であっても基本練習を毎日欠かすことがありません。一流選手になるには、自分の持ち味、長所のみでは到達できません。弱点を克服して、自己流を脱却できた者のみが一流選手になれるのです。