古賀良彦の名言

古賀良彦のプロフィール

古賀良彦、こが・よしひこ。日本の医学博士。杏林大学医学部教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。杏林大学医学部精神神経科学教室助教授・教授、日本催眠学会理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会理事などを務めた。

古賀良彦の名言 一覧

不眠の症状は仕事上のミスなどにも如実に表れる。眠りの質を積極的に改善してこそ仕事の質が上がることを認識してほしい。


ストレスは良質な睡眠をとることで解消されます。十分な睡眠がとれないと、心身の不調が積み重なり、集中力や意欲、活動力の低下を招きます。すると仕事がうまくいかず、さらにストレスが大きくなるという負のループに陥ってしまいます。


もともと寝苦しい夏は、寝不足になりやすい季節です。今年は節電やサマータイムをきっかけに、不眠のリスクが高まる傾向があります。普段以上に睡眠に対する意識をしっかりもって、スリープマネジメントをこころがけてください。


年収をアップしたければ、まずは睡眠を見直すことが大切です。眠りに不満や悩みを感じている「かくれ不眠者」は、仕事の効率が低下して、個人の年収や残業時間にも、悪影響が出ているのです。


その日の睡眠の質を左右するのは、ほんの小さな心がけや行動。睡眠の質を良くする生活習慣を意識し、日中、入浴時、起床時など、1日の流れを通してそれぞれの時間帯でできることを取り入れていきましょう。


まずは寝室の温度、湿度、光を調節して、睡眠に適した環境を整えましょう。軽い運動や入浴、アロマなど、副交感神経がリラックスする工夫をするのもよいでしょう。寝つきが悪い、眠りが浅いといった症状を緩和するには、市販の睡眠改善薬を利用するのもおすすめです。病院で処方される睡眠薬と、薬局で買える睡眠改善薬は成分も作用も異なります。風邪薬を飲んで眠くなるのは、抗ヒスタミンの作用。この働きを利用した睡眠改善薬は不眠の負のループを断ち切る有用な手段のひとつです。


古賀良彦の経歴・略歴

古賀良彦、こが・よしひこ。日本の医学博士。杏林大学医学部教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。杏林大学医学部精神神経科学教室助教授・教授、日本催眠学会理事長、日本ブレインヘルス協会理事長、日本薬物脳波学会副理事長、日本臨床神経生理学会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

唐鎌謙二

僕は失敗談も正直に語ったことで、本来は一匹狼的な側面もある雨漏り職人の皆さんと強いネットワークが築けました。業界・業種の先駆者として情報発信すれば、仲間を増やせる確率はさらに高まるでしょう。


出雲充

もし私がこのミドリムシの事業を一人で始めていたらとっくに止めていたと思います。毎日営業の電話をして、ミドリムシの説明をして回る日々が続きました。営業の度に「他に採用実績がないのなら帰れ」と言われる。毎日3年間これがずっと続くのですから。ユーグレナは私を含む3人で始めた会社です。3人だと、「ここまで来たのだからあと1週間頑張ってみようよ」とへこんでいる仲間を励ますことができました。1人ではなく、3人でやるとチームになるのです。ですから、難しい事業を始めるときは、1人ではなく、チームで仕事を始めるのが大切です。


本田秀夫

発達障害というと、よくないイメージばかりが先行していますが、本来は必ずしも悪いものといい切れないんです。たとえば多動・衝動性が強いADHDの代表的な例としては、『サザエさん』に出てくるカツオ君を思い出してください。おっちょこちょいで思いついたことはすぐに行動に移してお父さんに怒られる。でも、彼がもし営業職などに就いたら、活動的で明るくて、どこか憎めないキャラとして愛されるかもしれません。忘れ物やミスはあっても、さりげなく周囲がフォローしてくれたりして。でももし経理などに就いたら、ミスだらけで怒られる毎日が続くかもしれません。


小林喜光

昔も今も経営者の能力はそれほど変わりません。けれど、地獄を見たかどうかで変わるんですよ、経営者の強さは。


栗原典裕

相手が話し始めた話題が不得意なジャンルだった場合、素直に詳しくないことを伝え、教えを請うのが一般的です。ここではそれにもうひと工夫し、相手に思い切りエキスパートになってもらいましょう。例えばサッカーの話をされたあと「○○さんって、本当にサッカーに詳しいですね」と返すのです。こうすることによって相手はエキスパートになった気持ちになり、いろいろなことを話してくれるのです。


御手洗冨士夫

デュポンやP&G、IBMなど、本当の一流企業ではホワイトカラーの移動率が2%以下で、実は日本より低い。理想は日本のように制度的な終身雇用をすることではなく、結果的に終身雇用にすることだ。つまり、それぐらい社員にとって離れがたい魅力ある会社にすることが会社の理想形といえる。


広津崇亮

最終的には大学を作って、若い研究者たちを育てたいと思っています。前例どおりのことをやっているだけじゃ変わらないけれど、変えようと思えば変われるんだということを私が示していけたらいいなと思っているんです。


笹野和泉

プレイステーションのジョグダイヤルのデザインをあと5mm削ろう、3mm削ろうと、こだわり続けるのがソニーです。お客さまは、そこにこだわりがあることに気づかないでしょう。でも、気づかれないほど細部にまでこだわってつくることで、他から抜きん出ることができるんです。


上野和典

私は実は数字には弱かった。大学時代は絵を描くことが好きで、そういう仕事に就きたいと思って、バンダイに入りました。結局は企画畑が長くなってしまうのですが、経理の仕事にはあまり縁がなかった。それが事業部長になって、いきなり会社の数字を学ぶ必要に迫られたのです。


バート・ヴォーフラム

自動車業界は激動期に入りました。非常に困難でエキサイティングな時代といえます。公平さを忘れなければ可能性は開けていくと信じています。


椙岡俊一

モノには限界がありますが、コトは無限。


堀之内九一郎

私は数々の失敗を繰り返し、ホームレスに転落した。そこで初めて、過去の失敗の原因を徹底的に細かく分析してみた。すると、すべての失敗の要因が必ず自分の中にあることに気づいた。確かに、世の中の景気や借入・取引先の事情などに左右された部分もありましたが、元凶はすべて自分。


吉野彰

リチウムイオン電池は、私の四つ目の仕事である「ポリアセチレンの材料研究」において、市場調査をしたところから生まれました。ポリアセチレンが事業になるのはどこなのかと、半導体や超伝導等、各分野を調査したら、電池の進歩が途中で止まっているようだとわかった。電池って、電気と化学の問にあるもので、電気と化学って、その両方に精通した人ってあんまりいません。だから、ものすごく進んでいる電気の研究もまだ生かされていなかった。これはチャンスでした。それまでの研究と逆で「ニーズはあるけど研究成果はまだなもの」を探して、それが電池だったのです。


岩村水樹

私は、リーダーや管理職になる醍醐味の1つは、新しい学びの機会が得られることだと考えています。私自身の例で言えば、アジア太平洋地域の責任を持つことになり、仕事の幅が広がりました。「インドってこういう状況なのか」といった新しい発見が常にあり、好奇心を持ってフレッシュな気持ちで学び続けています。その結果、ラーニングカーブが非常に高くなるのです。


内沼晋太郎

本棚に収まりきらない本は、思いきって処分するのもよいでしょう。今後も読むことがあるかもしれないと思うものは、私の場合は、スキャンして電子データとして持っておくことにしています。


ページの先頭へ