名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古賀良太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀良太のプロフィール

古賀良太、こが・りょうた。日本の経営者。「アサヒ緑健」社長。訪問販売会社営業を経てアサヒ緑健を設立。「緑効青汁」を大ヒットさせた。九州大学で農学博士号を取得。

古賀良太の名言 一覧

社会貢献というのは、利益が出た企業の義務。


会社は道場。礼儀も覚え、感謝も覚え、人柄が身に付く、そういう教育の場でもあると思ってます。


社員が楽しくないと、お客様に気持ちよくものを売れない。


女性が働きやすい環境は、男性では分かりづらいですから、常務(女性)や女性幹部に、女性社員の要望を聞いてもらうようにしています。その要望を聞いた上で、できることとできないことを判断しながらやってます。


同じ「人材」といっても、社風で選ぶ人材も違いますね。うちの場合は、優しさ、協調性を一番大事にします。協調性に優れた人材が、信頼されてリーダーに育っていきます。


仲間の会社経営が厳しいとき、みんなで助けるのが博多のいいところだと思いますね。それが博多の人情味ですよ。とくに通販の場合、東京と福岡ではコストもぜんぜん違いますからね。福岡がいいんですよ。東京に出て行ったら、別に通販をやる必要はないですから。目の前に大きいマーケットがありますからね。


餅は餅屋で、うちは売ることのプロに徹しよう。そのほうがエネルギーも集中するし、それでうちが大きくなれば、一緒にやっている農家や問屋、メーカーも大きくなるでしょう。


野菜づくりの基となる土のことを農家に指導するのだから、自分が農業や土づくりに対する知識があったほうが説得力が出ると思って、九州大学で農学博士号を取りました。


当時、新聞チラシを使った通販はありましたが、健康食品でテレビを使ったものはほとんどありませんでした。その手法は、米国のシアトルに行ったときに、たまたま見た夜中のテレビがヒントになっています。日本では単品の宣伝はないのに、なぜ米国ではあるのかと。


古賀良太の経歴・略歴

古賀良太、こが・りょうた。日本の経営者。「アサヒ緑健」社長。訪問販売会社営業を経てアサヒ緑健を設立。「緑効青汁」を大ヒットさせた。九州大学で農学博士号を取得。

他の記事も読んでみる

渡辺久信

損得なんて考えてたら台湾にも行ってないし、監督だって引き受けていなかった。僕にとってのポイントは、やり甲斐があるかどうか。その一点だけ。


冨山和彦

絶対に譲れないものをはっきりさせないで交渉していると、途中から交渉をまとめることが目的になりやすい。


佐藤琢磨

自分のドライビングテクニックだけでは勝てません。「このドライバーをチャンピオンにさせてやろう」という、メカニックをはじめとした様々な人たちの思いや魂が1つにならないと速くならないし、勝てない。実際、僕らの世界は1万分の1秒を競います。見た目は同じ車でも、何百個あるネジ1つの締め方次第で車の動きが変わってしまう。車のクオリティーをコントロールするのは人間なんです。だから、エンジニアやメカニックたちの考え方を知って、自分のことも知ってもらう濃厚なコミュニケーションが必須だと考えました。専門用語はもちろん、互いの意思や意見を伝え、理解し合い、彼らをやる気にさせる言い回しができるほどの語学力を身につけ、積極性や情熱を見せようと意識しました。


石井裕(工学者)

自分のいる環境に不満を持っていて、何とか這い上がろうとしている人たちのハングリー精神はすさまじい。


村上恭豊

私が若い頃は、年末に銀行から手帳をもらえるのが当たり前で、それを使っている人が多かった。でも私にはしっくりこなかったので文具店に行き、SD(システムダイアリー)に一目ぼれしたんです。手帳をいくつも手に取りましたが、ジャケットの内ポケットにピタッと入ったのはSDだけ。迷わず買いましたね。社長になった今でもホームセンターに足を運んで自社やライバル社の商品の価格をチェックするんですが、周囲に気づかれずにメモをするのにちょうどいい(笑)。


茂木健一郎

実は、勉強が苦手だった人のほうが、社長に向いているということもある。子供の頃から勉強ができる優等生だった人は、何でも自分でやる習慣が身についている。大学入試までのペーパーテストは、結局「個人競技」である。ひとりの人間として、どれくらいの点数がとれるかが問われる。一方、社長の役割は、自分が仕事をすることはもちろんだが、社員にいかに気持ちよく能力を発揮してもらうか心を砕くところにある。30人の社員がいる会社ならば、それぞれにいかに効率よく働いてもらうかがポイントになる。


百鬼丸(切り絵師)

ぼくは、ごく初期を除いてオリジナルの切り絵をつくったことがありませんでした。しかし、オリジナルをつくってみると、やはり絵の持つパワーが全然違います。それを見た人が喜んでくれるのを見て、「自分のためにつくれば、誰もがいいなと思ってくれる作品ができるんだ」と分かりました。


箱田忠昭

勉強する目的は、一生分のお金を稼いでセミリタイアしたいでも、外資系企業のカッコイイオフィスで働きたいでも何でも構いません。大切なのは、そうなりたいと心の底から思えるものであることです。


川鍋一朗

結果が出ないと分かったら、その事業は早めに切り上げる。ビジネスはだいたい3カ月くらいで「いけるかいけないか」分かります。的を1つに絞ってしまうと、それがうまくいかなかった場合、ダメージが大きくなる。だから、事業を試験的に、小さなサイクルで回していく。


宮内直孝

ある社外取締役から、ニッチは逃げだと厳しいご指摘をいただきました。とはいえ、当社はコモディティ化した分野ではなく、ニッチな分野で差別化してきたので、今後もここにさらに磨きを掛ける所存です。


松岡修造

「好きなこと」「自分にしかできないこと」に一所懸命になれているからこそ、僕の思いがストレートに視聴者に伝わっている。


大島真寿美

小説も、無意識の軸まで行きつかないあたりで書いているほうが楽なんです。深く潜れば潜るほど難しくなってくる。でも本作(モモコとうさぎ)では「振り切っていいや」と。振り切ってというか、潜っていった先にあるもののほうが本当は大事なことなのだから。そして小説って、きっと無意識の軸のほうまでどこまでも潜ることができる。そこで自分がどういう小説を書き終えられるのか、というのが見たかった。