名言DB

9490 人 / 112001 名言

古賀良太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀良太のプロフィール

古賀良太、こが・りょうた。日本の経営者。「アサヒ緑健」社長。訪問販売会社営業を経てアサヒ緑健を設立。「緑効青汁」を大ヒットさせた。九州大学で農学博士号を取得。

古賀良太の名言 一覧

社会貢献というのは、利益が出た企業の義務。


会社は道場。礼儀も覚え、感謝も覚え、人柄が身に付く、そういう教育の場でもあると思ってます。


社員が楽しくないと、お客様に気持ちよくものを売れない。


女性が働きやすい環境は、男性では分かりづらいですから、常務(女性)や女性幹部に、女性社員の要望を聞いてもらうようにしています。その要望を聞いた上で、できることとできないことを判断しながらやってます。


同じ「人材」といっても、社風で選ぶ人材も違いますね。うちの場合は、優しさ、協調性を一番大事にします。協調性に優れた人材が、信頼されてリーダーに育っていきます。


仲間の会社経営が厳しいとき、みんなで助けるのが博多のいいところだと思いますね。それが博多の人情味ですよ。とくに通販の場合、東京と福岡ではコストもぜんぜん違いますからね。福岡がいいんですよ。東京に出て行ったら、別に通販をやる必要はないですから。目の前に大きいマーケットがありますからね。


餅は餅屋で、うちは売ることのプロに徹しよう。そのほうがエネルギーも集中するし、それでうちが大きくなれば、一緒にやっている農家や問屋、メーカーも大きくなるでしょう。


野菜づくりの基となる土のことを農家に指導するのだから、自分が農業や土づくりに対する知識があったほうが説得力が出ると思って、九州大学で農学博士号を取りました。


当時、新聞チラシを使った通販はありましたが、健康食品でテレビを使ったものはほとんどありませんでした。その手法は、米国のシアトルに行ったときに、たまたま見た夜中のテレビがヒントになっています。日本では単品の宣伝はないのに、なぜ米国ではあるのかと。


古賀良太の経歴・略歴

古賀良太、こが・りょうた。日本の経営者。「アサヒ緑健」社長。訪問販売会社営業を経てアサヒ緑健を設立。「緑効青汁」を大ヒットさせた。九州大学で農学博士号を取得。

他の記事も読んでみる

新井正明

いくら働いても疲れない会社にしたい。


伊東信一郎

私たちはボーイング787を世界で初めて就航させるローンチカスタマーであり、開発・設計段階から参加してきました。全世界の航空会社の代表として、要望をメーカーであるボーイング社と協議し、完成までの道のりを共に歩んできました。たとえば、従来は西洋人の顔の骨格に合わせて作られていた酸素マスクがANAの収集した顔のデータをもとに東洋人にもフィットする仕様となったのも成果のひとつ。ANAの主張を押し付けるのではなく、業界全体のメリットとして理解してもらったわけです。


金丸恭文

会社というのは、社長の器通りにしかならない。本業以外の情報を得たり、付き合いを広げることは、器を大きくすることになる。


出口治明

高度成長期のように成長曲線が比較的想定しやすい社会では目標を立てやすい。でもいまは先が読めない世の中。こういったときに精緻な目標を立てると、どこかがズレたらすべてが狂ってくる。


クリストフ・ウェバー

医薬の世界で武田ほど歴史があり、「誠実」を核にした価値観が明確な製薬会社は多くない。これは信頼を得る強いアドバンテージだ。社長就任を決意したのも、挑戦的な目標と価値観への共感からだった。


須田将啓

もし上司がウェブに対して知識も理解もないなら、とにかく先にプロトタイプ(試作品)をつくってしまうことです。我々も、アイデア段階ではベンチャーキャピタル1社しか興味を持ってくれなかったのに、形のあるサービスとして世に出したとたん、25社から連絡がありました。やはり、目に見えるモノがあると人はイメージしやすいのです。上司も「そこまでやったのなら」という気分になるでしょう。


パトリツィオ・ディ・マルコ

かつてグッチの製品が職人技や伝統技によってつくられたものであることは、誰もが知っていました。ただそのあと、グッチのポジショニングは変わってしまいました。そこで我々は、「グッチ=職人技」というメッセージを再び伝えなくてはならないと思ったのです。そこで「アルチザン(熟練の職人)コーナー」を始めました。
【覚書き|店で靴やバッグの制作工程を熟練の職人が披露する取り組みを始めた経緯について語った言葉】


小堺一機

もちろん、ある種の向上心は必要だと思いますけど、「頑張っているのに、こんなはずじゃない」「正当に評価されていない」というのは自惚れだと思うんですよ。そのうち嫉妬に変わって、「あいつが評価されて、なんで俺は?」と周囲に漏らし始めたら、危ない。自惚れや向上心をエネルギーにしていくのはいいけど、囚われちゃったらそれ以上前に進めなくなります。もしあなた自身が悩んでいるなら肩の力を抜いて、向き合い方を変えてみて欲しい。


藻谷浩介

頭を鍛えるためには、まずはソクラテスが言う「無知の知」を自覚することです。自分が、いや、そもそも人間まだよく知らないことは、大宇宙はもちろん人間界にもたくさんあります。無知の知を自覚していると、つまり、自分には知らないことがあるということを知っていると、今手にしているセオリーだけでさまざまな現象をすべて解釈しようとするような思考停止の状態から解放されます。


内田恒二

ふと思いつくアイデアやこれは使えそうだと思う情報を75ミリの正方形のふせん紙にメモする。たとえば、来週幹部会の予定があれば、話すネタとしてふと浮かんだことがらを手書きし、資料に次々と貼っていく。当日はその順番を並べ替えながら話の組み立てを考える。このメモ活用術は、瞬間瞬間に浮かんだアイデアや考えの見える化だ。


レミ・ド・グールモン

財産は、それを所有する人々を他の人たちよりも幸せにするがゆえに攻撃されるのではない。財産が攻撃される理由は、それが少数の人々の幸せを増すからである。


藤井清孝(経営者)

新しい職場に移ったら、業界やその会社の歴史を知ることも欠かせません。といっても本を読むような勉強ではありません。これは人を見る力と一対なんです。社内には、良い点、悪い点を客観的に話せる人が必ずいますから、ある程度の数字の裏付けとともに話を聞く。そしてひとつの事象について、立場の違う複数の人から話を聞いてみる。自分の考えを検証するつもりで、問題意識を持って複数の声に耳を傾ければ、全貌が見えてくるはずです。