名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古賀稔彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古賀稔彦のプロフィール

古賀稔彦、こが・としひこ。日本の柔道家。バルセロナオリンピック金メダリスト。佐賀県出身。日本体育大学卒業。豪快な一本背負いを得意とし、「平成の三四郎」と呼ばれ活躍。バルセロナオリンピックで金メダル、アトランタオリンピックで銀メダルを獲得。引退後は子供たちへ柔道を教える古賀塾を主催したり、全日本柔道女子強化コーチ、日本健康医療専門学校の校長などを務めた。

古賀稔彦の名言 一覧

百人いたら百の性格があって目標があって、目標に向かうスピードも百通りあるもの。だから、自分1人のやり方を百人に当てはめるのではなくて、まず百人を知ろうと思った。


自分で望んで稽古してると、段々キツいと思わなくなる。誰かにやらされてる感覚があると、ずっとキツいまま。


現役時代、よく「稽古はキツいでしょう」と聞かれました。目標のために上達しようと稽古してるんだからキツくて当たり前。


僕はよく、柔道家というのは、職人であり芸術家であるという話をするんです。これは、確かな技で見る人に感動を与えるという意味です。


前襟の合わせ、帯の結び、こうしたことは、柔道が強い、弱いにかかわらず、誰でも心がけしだいで、きちんとできるものです。でもやっぱり見渡すと、上達していく人というのは道衣をしっかりと身につけています。柔道というのは、ある意味、人前で自分を表現するスポーツですから、意識の高い選手は、もっときれいに、もっと完璧に、と自然に細部まで気を配るようになるんです。「これくらいでいいだろう」という気持ちの選手は、往々にして技も見た目も締まりがありません。


与えられた目標ではなくて、自らが課した目標じゃないと意味がない。いまの自分がどうなりたいのかを本人に考えさせ、自分の口からしっかり言わせる。それを自分の手で書いて、日常で目につく場所に置く。常に目標を意識することが、自分を変える力になるはず。


あのケガがあったからこそ、勝負に集中できたと思っています。調子がいいと雑念、雑音に影響されやすくもなるんです。調子いいからカッコよく勝ちたいとか、変に余裕を出したりとかね。
【覚え書き|バルセロナ五輪10日前に左膝じん帯を損傷したことを振り返って】


マイナス(膝のケガ)を背負ったことで、雑念を抱き、雑音を聞く瞬間さえない。とにかく、いままで自分がやってきたことに自信をもって、最終目標を忘れずに戦い続ける。そこしか思わなかった。その結果、金メダルを獲れた。


できるだけ選手の話を聞きました。稽古以外の時間も、とにかく会話をする。すると、不満をぶつけてきます。「先生はこれをやれと言いますが、私はこうだから、こうしたい」とかね。でも、僕は怒りません。ひたすら話を聞く。そうすれば、腹の中にある思いを吐き出した選手も、こちらの話に耳を貸してくれます。信頼関係ができてくるんですね。


全日本女子のコーチ。自分がやってきたことを踏まえ、彼女たちを強くしたいと思いながら、アドバイスしました。ところが選手との関係がピンとこない。指示を実行しない子もいた。なぜなんだと悩みましたよ。そこで自分自身を振り返ったんです。じつは僕も現役中は人のいうことを聞かない選手でしたから(笑)。あのころ、どんな先生の言葉なら耳を傾けたかなと思い出してみた。そしたら、まず自分の言葉を聞いてくれる先生とは信頼関係が築け、アドバイスを聞いていたことに気づいたんです。そのとき、これまで自分が一方的に指導していたやり方は自己満足だったとわかりました。


僕はバルセロナ五輪の10日前、練習中に左膝じん帯損傷を負いました。全治3週間……。試合当日まで稽古もできず、ずっとベッドの上で過ごしました。でも、負けるとか、ダメだって気持ちは一切なかったですね。4年間、本当に嘘のない努力をした積み重ねがあって、いろんな人にサポートしてもらって、家族の時間も犠牲にしてきて、お金も使って、その直前になにかアクシデントがあったとしてやめますか? やりますよね。誰でも同じ道を選ぶと思いますよ。


打ち込み(相手を投げる動作をくり返す稽古)という反復練習ひとつにしても、いい加減な気持ちで取り組んでいたら、1日1万回ずつやっても1年後に相手を投げられません。でも、自分の目標のためにやるという意識で1回1回打ち込めば、1週間で動きは変わってくる。上達して次のステージに進んだ実感があります。


古賀稔彦の経歴・略歴

古賀稔彦、こが・としひこ。日本の柔道家。バルセロナオリンピック金メダリスト。佐賀県出身。日本体育大学卒業。豪快な一本背負いを得意とし、「平成の三四郎」と呼ばれ活躍。バルセロナオリンピックで金メダル、アトランタオリンピックで銀メダルを獲得。引退後は子供たちへ柔道を教える古賀塾を主催したり、全日本柔道女子強化コーチ、日本健康医療専門学校の校長などを務めた。

他の記事も読んでみる

杉道助

ブームの時は物が上がる一方だから商売は楽だ。会社の上役はお召の袴などはいて自動車を乗り回し、我々若いものもかなりだらけていた。この膨れ上がった取引が、戦争後の反動でグッとしぼんだのだからたまらない。
【覚書き:第一次大戦特需の好景気と、その後の反動不景気について語った言葉】


山内宏

戦後、経済では大成功したが、その影で進行していたのが政治の硬直化です。国で一番偉いのが国会でしょうが、同じ議員が何十年と居座ると、代変わりしても出て来るのはその息子、後援会が甘い汁を吸う。国家の未来図が描けず、既得権、無責任という澱(おり)がたまってしまったのが、いまの日本です。このままでは、前途はせいぜい「優雅な衰退」でしょう。


原田泳幸

商品の価格設定で最も大切なことは、それぞれの商品がそれぞれの価格でお客さまのご期待を上回ること。


北上弘明

起業と倒産を経験したので、「成功の継続」と、「固定費の徹底削減」も念頭に置きました。社員を大量雇用し、人件費で苦しんだ経験があったので、固定費は徹底削減。費用をかけるべき部分と、かけない部分についてしっかりと考えました。全てをクリアできる方法を考え抜くことで実現できましたね。


上原明

いろいろな生き方があってよい。以前は私も、旅行や趣味に時間を使える人をうらやましいと思いましたが、最近は全然思わなくなりました。その道を徹底的に極めるというのも人生の楽しみ方の一つ。私は旅行に行くより、自分の好きな仕事に時間を使いたい。


若林正恭

経験上、自己否定は完治ではなくシャットアウトという対症療法が有効。シャットアウトに効果を発揮するのは没頭。それは、仕事かもしれないし、趣味かもしれない、友達と会うことかもしれないし、アイドルを応援することかもしれない、無料のゲームアプリかもしれないし、筋トレかもしれないし、新しい恋かもしれない。とにかく自分が「楽しい」と思えることで時間を埋めまくるのだ。それを何カ月も(何年も)続けて、いつのまにやら「あれ? そういえばあんまり考えなくなったな」という時が来ればしめたもの。


林悦道

ルールが決められた格闘技と違って、街での喧嘩では、打撃技や投げ技だけでは勝負がつかないこともある。そんな時、有利になるには環境を利用することが重要。


桑原豊(経営者)

意識しているのは、いいことと悪いことをはっきりさせること。「何をするといけないのか」という共通のルールがないと、悪気なくいけないことをしてしまう人が出てきて、チームがぎくしゃくする恐れがあります。ただ、決めるのは、最低限やってはいけないことだけでいい。そのラインさえ守れば、あとはナイストライと評価します。


田中順一郎

まずやってから意見を。水に入らなければ対岸には渡れない。


三瓶芳

資金的な支援も助かるのですが、それ以上に公的な資金を受けるにあたって、各種書類の記載、記録、スケジュールの管理も、求められる。その基準を満たす会社としての能力を養うとともに、一企業だけでおこなっていたのでは、連携できない機関に協力を仰ぎ、さらなるアイデアや事業発展につなげることが一番の財産になると思ったからなんです。

【覚え書き|公的助成を受けた理由について】


中川政七・13代目(中川淳)

私は「伝統」という言葉は、あまり好きではないんです。進歩しなくなったものへの呼称でもあると感じるので。技術革新が激しく、常に進歩を続けている自動車製造は、100年以上の歴史を持ちます。ただ、伝統産業とは呼ばれない。


森田芳光

ずっと山のてっぺんばかりを歩くような人生は、ドラマとして面白くありません。谷があってこそ山がある。味のある人生にするためには、谷底を経験することも必要だと思うのです。