古賀伸明の名言

古賀伸明のプロフィール

古賀伸明、こが・のぶあき。日本の労働運動家。日本労働組合連合会(連合)会長。福岡県出身。宮崎大学工学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下電器産業労働組合産業中部支部分会執行委員、中部支部執行委員を経、中部支部書記長、中央執行委員、書記長、副中央執行委員長、中央執行委員長、全松下労働組合連合会会長、日本労働組合総連合会事務局長などを経て連合会長に就任。

古賀伸明の名言 一覧

1人の人間は弱い。だから助け合い、支え合うことが必要。


働くことは人と人、職場と社会をつなげることで課題を解決し、新たな価値観を創造する営みでもある。このことが個人の成長や自己実現を促す。


昨今、働くことは効率や生産性の側面から論じられがちです。しかし、労働は生身の人間の営み。働く現場には働く者のよりどころという意味合いが大きいことを忘れてはなりません。


信頼と共感は一朝一夕で培うことはできません。重要なのが対話やコミュニケーションです。多様な価値観の調整に向け、対話を根気強く繰り返すことでベクトルを合わせていく。


課題を乗り越えるためには、覚悟とそれを推進する情熱が必要。しかし、それだけでは前に進みません。人と人との信頼と運動への共感が加わってはじめて物事が動き出し、人と人とがつながっていく。


何度も対話を重ね、様々な課題について論じ合ううちに、次第に変化が生じました。「あなたの組織ではなく、あなたが言っているのだから信じよう」と話す人が出はじめ、お互いの間に信頼関係が芽生えたことで、物事の歯車が回り出した。


古賀伸明の経歴・略歴

古賀伸明、こが・のぶあき。日本の労働運動家。日本労働組合連合会(連合)会長。福岡県出身。宮崎大学工学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下電器産業労働組合産業中部支部分会執行委員、中部支部執行委員を経、中部支部書記長、中央執行委員、書記長、副中央執行委員長、中央執行委員長、全松下労働組合連合会会長、日本労働組合総連合会事務局長などを経て連合会長に就任。

他の記事も読んでみる

松波晴人

人間って基本的に自分のことを過信しているんですよ。客観的に見た自分よりも、もっとすごいと思っている。それが進化の上では正常なんですが、でも、だから周囲から褒められる機会は自分が思っているよりも少ない。だから認めてもらうとすごく嬉しい。ということは「お前、そんな大したことないぜ」と言いたくなっても、言っちゃだめ。人間って、皆自分は論理的に考えて、冷静な判断を下していると思っているけれど、はたから見たらそんなことないんですよ。


土光敏夫

我々のようなメーカーにとって、研究開発こそは企業の生命を左右する。それゆえ私は、予算を大幅に削減せざるを得ない時期にあっても、研究所に対してだけは申請通り認めてきた。金が成果と結びつくというよりも、金を減らしたために所員の士気が低下するのを恐れたからである。


野中郁次郎

最新の脳科学でも知覚的な情報はほとんど身体が吸収し、脳はそこからしみ出る一部の情報を認識していることが判明している。次の情勢判断では、過去の経験、自身の資質、身についた文化など自らが蓄積してきた暗黙知と新たに知覚した情報をもとに判断する。そして、対応策を意思決定し、行動に移す。


村岡恵理

きちんと心身をケアし、メンテナンスを怠らないからこそ、仕事で良い成果や人との良い関係をキープし、見た目の若さと気力とを保っていられる。


小山昇

脳は習慣次第で変わる。皆と同じことをしていたら、脳はずっと三流のまま。私は常に人と逆のことをやって脳を鍛えてきた。


財津和夫

若いころは、詞よりもサウンドが優先で、言葉はあまり好きじゃなかったんです。大事なのは、どんな格好で歩くかではなく、まず橋をかけること。それに気づいて、言葉の力を再認識しました。メロディやサウンドで相手を説得するのは難しいんですよ。いまサウンドに限界を感じるのは、僕の世界が狭くなったからかもしれません。昔は不思議の国まで行けたけど、いまはもう行けないし、行きたくもないですね。


西澤ロイ

英語の勉強に挑戦して途中で挫折してしまったとき、多くの人は「自分には向いていないのでは」「根性が足りないからだ」と自分のせいにしてしまいます。しかし、自分にダメ出しをすれば、意欲は失われる一方です。これが、英語学習が続かない大きな理由になっていると私は思います。


栗原典裕

営業や商談の場では、具体的な仕事の話よりも、会話が弾むか弾まないかが契約の決め手になることがほとんど。


田中通泰

このままでいたら3年間は何とかなるかもしれないが、5年後はどうなるか分からない。食を扱う企業として安全・安心はもちろん、変化するニーズに対応できなければ生き残れない。


森川陽太郎

自分を客観視して、確実にできるレベルにOKラインを設定すると、自己肯定感が得られ、自信が持てる。その積み重ねが実力以上の成果を生む。相手に対しても寛容になり、イライラしなくなる


宇佐美進典

業績改善のために最初にコスト削減に手を付けてしまうのは、どうしても最終利益に目が行ってしまうからでしょう。しかし、本質的には事業の成長は粗利益の成長だと思うのです。だから、ここをどうしていくかというところから取り組まないといけません。トップライン(売上高)が伸びなくなってしまうと、立て直しが非常に困難になりますから。


アンジェラ・ダックワース

そのことが好きで道を究めようとする人には、「どこまでやり抜けばいいのか」という意識すらありません。彼らには決して終わりがないのです。「これで頂点に立てた!」と考えたり、一定のレベルに到達しようとしたりするのではなく、「前進し続けるのみ」といった人ばかりです。


塩崎均

学長就任後、副学長や学部長などを集めて昼食会を毎月開き、各学部の問題意識などを共有し活発に意見交換するようにしています。


川野幸夫

いい店かどうかは行けばわかります。店内が生き生きしていて、お客様も実に楽しそうに買い物をしているのです。うちのパートナー(パート従業員)さんは日本一です。


美輪明宏

微笑みは幸運を開く鍵。私はそう信じています。微笑んでいる人を嫌う人はいません。大げさではなく、微笑みは一生を変えてくれる。


ページの先頭へ