名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古谷治子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古谷治子のプロフィール

古谷治子、ふるや・はるこ。CSコンサルタント。文教女子短期大学英文科卒業後、東京放送、中国新聞社などを経て「マネジメントサポート」を設立。著書に『ゼロから教えてクレーム対応』『速効 ビジネスマナー』『仕事の基本が身につく本』。

古谷治子の名言 一覧

ビジネスの基本は、会話です。挨拶に始まり、報告、連絡、相談、交渉など、どんなシーンでも、仕事は言葉を介して進められます。人と信頼関係を築くには、適切な日本語を使いこなすことが大切です。


車に例えるなら、言葉は相手との車間距離を取るためのツール。アクセルやブレーキです。相手の「年齢」「役職」「親疎」の3大要素を考え、相手と自分との間にどの程度の距離を取ればいいか判断したうえで、適切な言葉を使ってください。


謝罪では、相手の怒りをすべて吐き出させることが何より大事です。怒っている人は、とにかく怒りの感情を誰かにぶつけたいと思っています。感情が落ち着くまでは、謝ろうにもこちらの言うことを聞いてくれない場合が多い。ですから、まずは怒りを吐き出させるために、相手の話を最後まで聞いてください。


古谷治子の経歴・略歴

古谷治子、ふるや・はるこ。CSコンサルタント。文教女子短期大学英文科卒業後、東京放送、中国新聞社などを経て「マネジメントサポート」を設立。著書に『ゼロから教えてクレーム対応』『速効 ビジネスマナー』『仕事の基本が身につく本』。

他の記事も読んでみる

名取芳彦

人間関係を損得勘定で考えていると、自分の発言が相手に「得」を与えられるかどうかと考えることにも繋がります。自信を持ってコミュニケーションできなくなってしまう。そうなると心はどんどん閉じていき、一層信頼されにくくなる悪循環に陥る。


牧和男

店頭で「あら、いいわね。また来るわ」というお客様の声を聞くと、これ(自社のビジネスは)映画と同じように感動を届けるビジネスであると思います。


松本徹三

AIは悪魔にも神にもなる可能性を秘めています。シンギュラリティは(人間と同等以上の知能・知性を有する)汎用型の誕生が前提となるわけですが、今はまだ、実現のメドは立っていない状況です。ただ、100年先になるかもしれませんが、シンギュラリティは必ず訪れるでしょう。論理的には、実現可能なのですから。その日に向けて、我々にとって最も大切なのは、どのようなAIを作り上げていくかをしっかり議論していくことです。併せて必要なのが、その前段階における変化に対しての準備です。


橋本雅治

お客様を楽しくさせたいという思いから、驚きと楽しみを大きなコンセプトにしています。


藤沢武夫

私は手帳とかノートを手にしたことがありません。だから、ほとんど記憶に頼っているわけですが、といっても、私の記憶力が優れているわけではない。苦しみ抜いたこと、考え抜いた挙句のあれこれが、頭の中にこびりついて残っているだけなんです。


池上彰

決して自分の言っていることが正しいわけではなく、いろいろな見方があるということを伝えるようにしています。


中村天風

うちへ帰って鏡を見て笑って見ろ。おかしくも何ともなくてもいいから、誰もいないところで、人がいたら変な人だと思われるから。鏡に映して、へへへへ、ウフフフ、と笑って見ろ。どんなお多福でも、笑い顔は憎いものじゃありません。うちへ帰ってやってごらん。ウフフフ、エヘヘヘと、人知れずやってごらん。何となくおかしくなるから。おかしいな、という気分を出しただけでも、人間、心の中には愉快な爽やかさが出て来る。


奥田務

僕は決して、いまの結果に満足していません。ただ比較論で言えば、ほかが苦戦しているにもかかわらず、我々は高い伸び率を維持することができた。この3半期は確実に対前年を上回っていますから。ある程度の手応えはあるかな、という感じですね。


江口歳春

店頭に製麺室を設け、そこで毎日提供する麺をつくっています。それが従業員やパートナーたちのモチベーションアップにつながる。自分たちで作った麺を茹でて食べてもらうのは、もちろん喜びが違います。気持ちも入りますし、美味しくないと気になる。このように思い入れが出ることによって、顧客満足を高めることにもつながる。


内田士郎

日本企業が海外に進出する場合、相手国の文化や習慣、人柄といったものを理解しなければなりません。そして、相手の文化を理解するためには、まずは我々日本人が日本の文化に誇りを持ち、日本の文化を説明する力が求められるのです。


村上春樹

2003年にサリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を新訳してから、06年には『グレート・ギャツビー』、07年には『ロング・グッドバイ』、08年には『ティファニーで朝食を』と古典の新訳を続けています。どれも、僕が10代に読んで好きだった本です。10代の読書というのは、すごく残るんですよね。それが、僕自身でも小説を書くときの滋養になってきました。


平井一夫

社内のいろんなところに、面白いアイデアを持っている人がいる。こういうところがソニーだ。