名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古谷治子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古谷治子のプロフィール

古谷治子、ふるや・はるこ。CSコンサルタント。文教女子短期大学英文科卒業後、東京放送、中国新聞社などを経て「マネジメントサポート」を設立。著書に『ゼロから教えてクレーム対応』『速効 ビジネスマナー』『仕事の基本が身につく本』。

古谷治子の名言 一覧

ビジネスの基本は、会話です。挨拶に始まり、報告、連絡、相談、交渉など、どんなシーンでも、仕事は言葉を介して進められます。人と信頼関係を築くには、適切な日本語を使いこなすことが大切です。


車に例えるなら、言葉は相手との車間距離を取るためのツール。アクセルやブレーキです。相手の「年齢」「役職」「親疎」の3大要素を考え、相手と自分との間にどの程度の距離を取ればいいか判断したうえで、適切な言葉を使ってください。


謝罪では、相手の怒りをすべて吐き出させることが何より大事です。怒っている人は、とにかく怒りの感情を誰かにぶつけたいと思っています。感情が落ち着くまでは、謝ろうにもこちらの言うことを聞いてくれない場合が多い。ですから、まずは怒りを吐き出させるために、相手の話を最後まで聞いてください。


古谷治子の経歴・略歴

古谷治子、ふるや・はるこ。CSコンサルタント。文教女子短期大学英文科卒業後、東京放送、中国新聞社などを経て「マネジメントサポート」を設立。著書に『ゼロから教えてクレーム対応』『速効 ビジネスマナー』『仕事の基本が身につく本』。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

大口顧客からの要求を一度でものめば、また次の要求がきます。ほかの小売りも言い出したら、きりがありません。業界の常識や既存客のむちゃぶりのすべてを受け入れていけば、どんどん利益は減って赤字に陥る。小売りからすればメーカーから買う自由があるでしょうが、メーカーにも小売りへ売る自由があります。


皆木和義

信玄は「自分が人を使うのは、その人の業(わざ)を使うのだ」という言葉を残している。リーダーが人を使うとき、肩書や見た目で人を判断せず、その人物がどのような能力を持っているかに重点を置くべきということである。


小室淑恵

若手のうちから「限られた時間内で成果を出す」訓練をしておかないと、いざ、量ではなく質で勝負しようとしたときに、それまで質を磨き続けてきた人に太刀打ちできなくなります。


カルロス・ゴーン

今でもよく覚えていますが、当時(日産の再建に着手したとき)はこう言われたものです。「あなたは日本にいるのです。ですから、系列は解体できません。過剰投資した工場を閉鎖することはできません。人員削減はできません。よくよく注意してください」と。意見を聞くうちに私は茫然としました。「これは参った。会社を再建するには、やってはいけないと言われたことをすべてやらなければならない。社内だけでなく、日本国内でどう受け止められるだろう」。これは究極の選択でした。


小林浩志

怒りは極めて主観的な感情なので、まずその状態から脱することが重要です。アンガーログ(怒りを記録すること)で自分の怒りを客観的に分析すれば、「あの程度のことで、なぜ怒ったのか」と反省意識が強まり、怒りっぽさが和らぎます。


伊藤嘉明(経営者)

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントでマイケル・ジャクソンのDVD「THIS IS IT」の記録的セールスを達成したとき私がやったことの一つが、新たな販売ルートの開拓です。スポーツ用品店やスポーツジムなどは、その一例。これらの店舗や施設は間口が広く、レンタルショップやDVDの販売店などでは貼れない巨大ポスターも展示できる。私から見れば、こんなにメリットの大きい場所はありませんでした。そこで取引先に営業に行ってみると、相手は「いいですよ。うちに置きましょう」と言ってくれて、数万単位で数字が積み上がっていった。


松本晃(経営者)

「PB(プライベートブランド)=安値」という考えの時代からいくらか変わってきていて、より品質が良く、価格が高いものでも売れるようになってきています。メーカーにとってもそれほど悪くはないと思います。ほかの業界のOEMと違って、小売り側が在庫を持ちませんが、メーカーにとっては販促費がかからないのでPB商品の利益率の方が高いぐらいです。


鈴木雅哉(経営者)

商品を300万点を扱うには、サプライヤーとの信頼構築が大事で、設立から12年を費やしました。それは他社は真似できない。


原田泳幸

仕事と人数に関しては法則があって、ある部署が「忙しくて人が足りません」と言ってきたら、4人を8人に増やすのではなく、逆に、4人を2人にした方がいい。その方が仕事の効率は上がる。人数が倍になれば無駄な会議が4倍くらい増えるからです。むしろ少ないメンバーで企画決定して、従来の仕事のうちアウトソーシングできる部分はないかと点検してみる。あるいは、増員よりも、いまよりスキルの高い人材を採用すべきだという方向に議論が向かう。そういうチェックと意識の変革が常に必要です。


櫛田健児

町工場の技術のグローバル展開のようなものは、もちろん急速なリターンが得られるわけではないのですが、欧米のメーカーから見ると日本の町工場の技術力に興味がある。一方で町工場の人々にはグローバルな機会についての絵が見えているわけではない。ここをつなげる人が登場すると面白くなるわけです。


太田義勝

旧西ドイツを中核として、フランスやオーストリア、英国などに販路を広げていきましたが、なんといっても力を入れたのは東欧。キヤノンなど日本勢がまだあまり進出していなかったからです。


山本梁介

コスト削減と顧客満足度は二律背反で、生産性を上げれば顧客満足が下がるのが経済原理ですが、私は大阪商人の気概として両方追いたいと思ったのです。
【覚書き|ノーキー、ノーチェックアウトというホテルのビジネスモデルを考案した原点を語った言葉】