名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古谷周三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古谷周三のプロフィール

古谷周三、ふるや・しゅうぞう。日本の経営者。「JA三井リース」社長。北海道出身。北海道大学農学部卒業後、農林中央金庫に入庫。常務理事、専務理事、農林中金総合研究所社長、JA三井リース社長などを務めた。

古谷周三の名言 一覧

夢中になって情熱を傾けるからこそ新しいアイディアが生まれ、創造的・組織的なソリューションにつなげていける。


お客様のニーズを捉えるためには、事業の現場に深く入り込むことが欠かせない。


私たちは、お客様や業界が直面している課題に真摯に向き合い、既存の仕組みにとらわれない解決の実現を目指します。その挑戦の積み重ねを通じてより良い社会と未来へのソリューションを提供したい。


業界最大手クラスのリース会社と比べれば、事業の規模が劣ることは否めません。しかし、その逆境こそが当社の強みに結びついていると考えます。競争が激化するリース業界で選ばれるためには、モノに対する専門性とファイナンスの腕を磨き、自らビジネスを創り出していかなければならない。私たちはそのことをひとりひとりが、また組織として強く自覚しているのです。


古谷周三の経歴・略歴

古谷周三、ふるや・しゅうぞう。日本の経営者。「JA三井リース」社長。北海道出身。北海道大学農学部卒業後、農林中央金庫に入庫。常務理事、専務理事、農林中金総合研究所社長、JA三井リース社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

他人の力をあまり借りずに、自力で仕事をしがちな人は、自分が「組織の中」で働いていることをいま一度、思い返してください。そもそも会社というのは、「大きな仕事」をするために存在しています。個人でできる仕事だったら、個人レベルの規模にしかなりません。「1人では絶対に成し遂げられないこと」をするために、会社組織があるわけです。だから、周囲の協力を得るのは当たり前。自分の力を過信していたり、プライドが高かったりして、周囲に協力を仰がない人は、組織で働いている意味がありません。「自分の仕事」という狭い視点で見ずに、「会社の仕事、部署の仕事」という視点で仕事をしましょう。


宇佐美進典

主力事業の取引先から契約を解消された時は大変でした。しかし、それが会社の転機になったのです。「この事業に期待できないなら、新しいことに挑戦しよう!」と考え、アドテクノロジーの基盤となる事業に取り組み始めました。結果的にそれが成功。今ではアドテクが売り上げの半分以上を占めています。


奴田伸宏

伝統の継承とは、単に同じことの繰り返しではありません。使い手の生活様式や時代の変化にも対応しながら、これまでにないものを創造していく。そこにこそ伝統の意義や価値があると私は思っています。そしておそらく、それは鎌倉彫に限らず、すべてのものづくりに共通することではないでしょうか。


奥谷禮子(奥谷礼子)

きちんとできていない人こそ、社会が悪い、国が悪いといって、他人のせいにしたがるもの。


義家弘介(ヤンキー先生)

最近はみんなが格差、格差と騒いでいますが、格差はいつの時代にもあるものです。自分は子供のころ、母親がいなかったからお母さんのいる友達が羨ましかった。育ったのは長野の田舎で、大きな本屋はない。東京との情報格差を感じました。でも、こういった格差は決定的な問題ではないと思います。


村尾隆介

日常生活のあちらこちらにトレーニングの種は落ちているものです。それらを有効に活用し、楽しみながら向上を目指してください。


山本梁介

現在、京都大学にご協力をお願いし、個人の経験や勘による「おもてなし」を分析し、マニュアル化する試みを行っています。日本だけでなく、海外へも3店のスーパーホテルを出店していますが、日本の誇る「おもてなし」を、「自律型感動人間」とともに世界に広めたいと考えています。


山本高史

自分がいて、離れたところに他者がいる。このあいだを線で結ぶのがコミュニケーションだと思っている人は多いのですが、それでは相手に「当たる」話ができません。そうではなく、経験が増えることで自分が膨らんでいき、他者の一部と自分の一部が重なるようになる。経験が増えてもっと膨らめば、他者を飲み込めるようになる。これがコミュニケーションの姿だと僕は思います。


荒川詔四

規模が大きくなって売上が増えるだけでいいのか。このままでは組織が機能しなくなるのではないか。
【覚書き|タイの子会社社長時代、海外から本社を見て抱いた危機感について語った言葉】


安渕聖司

日本企業では結論が決まらぬまま会議が終わることも多いようですが、GEではそれはない。必ずいくつかのアクションを決め、同時にそれぞれのアクションについてオーナー(責任者)とデッドライン(締め切り)まで決定します。


糸井重里

スタッフには、「自分たちが、まず消費者であり、第一のお客さんなんだ」と繰り返し言っています。


栄和人

選手が妥協したり、道場にゴミが落ちていれば練習中であろうが皆の前で叱ります。学生時代の人間教育が、自分で考えられる選手を育てることにつながる。