名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

古谷周三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古谷周三のプロフィール

古谷周三、ふるや・しゅうぞう。日本の経営者。「JA三井リース」社長。北海道出身。北海道大学農学部卒業後、農林中央金庫に入庫。常務理事、専務理事、農林中金総合研究所社長、JA三井リース社長などを務めた。

古谷周三の名言 一覧

夢中になって情熱を傾けるからこそ新しいアイディアが生まれ、創造的・組織的なソリューションにつなげていける。


お客様のニーズを捉えるためには、事業の現場に深く入り込むことが欠かせない。


私たちは、お客様や業界が直面している課題に真摯に向き合い、既存の仕組みにとらわれない解決の実現を目指します。その挑戦の積み重ねを通じてより良い社会と未来へのソリューションを提供したい。


業界最大手クラスのリース会社と比べれば、事業の規模が劣ることは否めません。しかし、その逆境こそが当社の強みに結びついていると考えます。競争が激化するリース業界で選ばれるためには、モノに対する専門性とファイナンスの腕を磨き、自らビジネスを創り出していかなければならない。私たちはそのことをひとりひとりが、また組織として強く自覚しているのです。


古谷周三の経歴・略歴

古谷周三、ふるや・しゅうぞう。日本の経営者。「JA三井リース」社長。北海道出身。北海道大学農学部卒業後、農林中央金庫に入庫。常務理事、専務理事、農林中金総合研究所社長、JA三井リース社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

管理職候補を採用するとき、入社後のフォローも重要だ。どんなに面接を徹底しても、現社員からのプレッシャーや、過度の期待で辞める人が一定数いる。それを防ぐには、経営者自らが採用段階からその後のサポートまで深くコミットすることが重要だ。


奥島孝康

楽しくなければ人生ではない。
楽しくなければ勉強ではない。


波多野陽子

FC(フランチャイズ)事業は多種多様、ありとあらゆる事業があります。今まで数多くのFC本部を取材してきましたが、新しいものもどんどん増えています。


宮内義彦

「物言う株主」は企業や経営者にとっては目先はうるさい存在ですが、中長期的には企業の欠陥を補い、経営の失敗を未然に防止してくれるありがたい存在です。経営者に最も緊張感を与えるのは株主からの直接のプレッシャーです。それが経営効率を高め、官僚的な経営者を排除する契機になります。


村形聡

自分なりにバンド活動から学ぶことは多かったと思います。まず、なんと言っても、バンドのメンバーは取替えがきかないってことです。スポーツのように控え選手というのがいませんから、一人ひとりが自分の持ち場に責任を持ち、バンドの足を引っ張らないように必死で練習しなければいけないですし、バンド内の人間関係を大切にすることも重要です。一個人が頑張ればどうにかなるってもんでも無いんです。


川崎博也

行って動かせ、行けば動く。


アール・ウォーレン

電気を発見したのはベンジャミン・フランクリンだが、電気で金を儲けたのはメーターを発明した人だ。


伊藤正裕(起業家)

数字は苦手でしたが、財務諸表についていちから学び、実際に手さぐりで会社を運営しながら理解を深めていきました。最初からすべてが上手くいったわけではありませんが、1~2年もすると、直感的に原価をはじき出せるようにもなりました。たとえば商談の際、相手の予算を聞いたらすぐに自社の利益を計算します。どのくらいまで値下げできるか、どんな条件ならペイするのかといったことに考えを巡らせ、それに従って交渉するのです。これは商談の席で大きな武器になりました。


村田昭治

夢を見ることをやめたとき、我々の若さがなくなる。そして未来はなくなる。


澤田秀雄

風景だけで人を集められるのならば、誰も苦労しない。「きれいな街並みだったね」と一度は来てもらえる。しかし、二度目はない。素晴らしい景色は、一度見れば十分。


秋元康

「50個アイデアを考えて、それを全部捨てて51個目を持ってくるように」と言っているのは、予定調和の答えを消すため。パッと思いつくアイデアが出尽くしたところで、唸りながら捻り出した51個目は、今まで誰もやったことがないものになる。それに、「51個目を」と言えば、言われた側は50個分は頑張るわけですよね。


佐伯信行

前例をつくるのが我々の仕事。だから、赤字でも構いません。結果は後からついてくるという信念がありますから。