古谷周三の名言

古谷周三のプロフィール

古谷周三、ふるや・しゅうぞう。日本の経営者。「JA三井リース」社長。北海道出身。北海道大学農学部卒業後、農林中央金庫に入庫。常務理事、専務理事、農林中金総合研究所社長、JA三井リース社長などを務めた。

古谷周三の名言 一覧

夢中になって情熱を傾けるからこそ新しいアイディアが生まれ、創造的・組織的なソリューションにつなげていける。


お客様のニーズを捉えるためには、事業の現場に深く入り込むことが欠かせない。


私たちは、お客様や業界が直面している課題に真摯に向き合い、既存の仕組みにとらわれない解決の実現を目指します。その挑戦の積み重ねを通じてより良い社会と未来へのソリューションを提供したい。


業界最大手クラスのリース会社と比べれば、事業の規模が劣ることは否めません。しかし、その逆境こそが当社の強みに結びついていると考えます。競争が激化するリース業界で選ばれるためには、モノに対する専門性とファイナンスの腕を磨き、自らビジネスを創り出していかなければならない。私たちはそのことをひとりひとりが、また組織として強く自覚しているのです。


古谷周三の経歴・略歴

古谷周三、ふるや・しゅうぞう。日本の経営者。「JA三井リース」社長。北海道出身。北海道大学農学部卒業後、農林中央金庫に入庫。常務理事、専務理事、農林中金総合研究所社長、JA三井リース社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古賀辰男

本当に優秀な人は、ほとんど転職市場には現れない。いまの組織で一定以上の評価を上げ、それなりに仕事内容に満足しているため、自ら動く必要はないからだ。そこで、我々ヘッドハンターの出番となる。


吉川廣和

当社は大規模な構造改革に着手しました。伝統にあぐらをかいて、慢心、おごり、危機意識の希薄さがはびこっていたためです。ところが、改革の必要性を伝えようにも、口頭では役員から部長、課長を経る「伝言ゲーム」になり、正確に伝わらないばかりか、情報が途中で止まることもありました。


吉永賢一

記憶力の差は習慣の差。記憶力を鍛えることは、繰り返し覚えたり、覚えたことを外に出したりする習慣を身につけることだと言えます。


植田辰哉

非現実的な目標を言われても、選手のやる気は高まりません。また、抽象的な目標では、選手は何に向かってどう動けばいいのかがわからなくなります。まずはチームとして現実的で、達成可能で、具体的な目標を設定することが大切です。


辻野晃一郎

ソニー在籍中、VAIOのデスクトップパソコンの事業責任者になったとき、工場にお願いして製造ラインに丸一日入れてもらいました。本社の事業部長が工場でパソコンを組み立てるというのは前代未聞で、工場側も肝をつぶしていましたが、工員の方々に教えてもらいながら製造のイロハを理解できました。


イゲット千恵子

型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力。


テリー伊藤

「人間、50年」と言われた時代なら「40代か。もう歳だな」という感覚だったかもしれないが、80歳でもバリバリの現役の先輩たちがたくさんいる時代、40代はまだまだ「青年」なのである。


鍵山秀三郎

どんな立場で、どんな仕事に就いている人でも、経営に携わるとなれば公の心を持っていなければいけません。ところが残念ながら、自分の会社だけ売上と利益が伸びて、業績さえ上げればいいという経営者が多いのです。しかも同じ経営者でも、サラリーマン経営者になってくると、自分の任期だけよければいいという考え方に陥る。ですから、後任の人は苦労させられ、また同じ愚をくり返していくのです。


土光敏夫

体力の続く限り、自分のことは自分で始末しなさい。


松本恭攝

どんな事業でも同じでしょうが、初めからクオリティの高い状態でスタートさせるのは難しい。


レイ・クロック

もっとよい15セントのハンバーガーを、迅速なサービスを、もっと清潔な場所を提供し続けることができないのなら、明日破産して、別のビジネスを最初から立ち上げた方がましだ。


齋藤匡司

自分のことばかり考えていても幸せにはなれないし、人間に生まれた甲斐が無い。


大嶋信頼

動物界では、弱ったひな鳥を残りの兄弟たちが攻撃してつつき殺してしまう、といったことが起こります。現象としては「弱い個体の淘汰」ですが、同時にひな鳥たちは、母烏の庇護を受け、多くの餌を与えられそうな固体に対する嫉妬に駆られているのです。これと同じ心理が、人間同士の間にも起こります。嫉妬は、発作のようなものです。いったん駆られてしまうと、本人は感情をコントロールできません。特定の部下を執拗に叱責したり非難したりする上司の振る舞いも、そうした暴力的な発作なのです。


窪塚洋介

夢は広がるけど、やっぱり僕にとっては、日本映画が居場所。自分の言葉を使ってできる芝居を大事にしていきたいし、その中で想いやメッセージを表現していきたい。愛とか希望とか、鼻で笑われるかもしれないような言葉を言い続けながら、どこまで行けるのか、自分でも見てみたい。


一瀬邦夫

社内報に社員へのメッセージを書き続けています。20年続けていますが、それができたのは「もし自分が毎号書き続けることができなければ、この会社はたちどころに神様に召し上げられる」という思いを抱いてきたから。会社を倒産させたくないというぐらいの強い一念があれば、どんなことも成し遂げることができるはずです。私は普通の人がなおざりにしてしまいそうなことも、その覚悟で実行し続けてきました。


ページの先頭へ