名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古谷博義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古谷博義のプロフィール

古谷博義、ふるや・ひろよし。日本の経営者。「ウェルビーフードシステム」社長。熊本県出身。東京経済大学卒業後、古宝商事に入社。同社社長を経てウェルビーフードシステムを設立。ニッポン新事業創出大賞企業部門経済産業大臣賞(最優秀賞)を受賞。

古谷博義の名言 一覧

当社のソフト食を待ってくださっている方がいる。その方たちを何とか笑顔にしたい。


事業が失敗し、失意のどん底で、企業のあるべき姿とは何かを考えた。事業は社会にとって価値がなければならないという思いに至り、「食を通して社会に貢献する」という経営理念を掲げました。


今の状況で、営業はしていません。ウェルビーソフト食を提供するには、一般のソフト食よりもコストがかかります。売り上げを伸ばすために価格下げ、コストを削減した結果、品質を下げてしまっては本末転倒です。お客様においしいものを食べていただき、幸せを感じていただく。すべては、そのためにあるべき。


介護保険施設での給食事業では、施設の厨房で食事を作って提供するのですが、時間か経ち、入居者の要介護の段階が上がっていくと、常食を摂れない方が増えてきます。当時、そのような方にはミキサーで細かく刻まれた食事が提供されていました。入居者が自分の親だとすれば、それを食べさせたいとは思わなかった。なんとかできないかと考えた。

【覚え書き|美味しい介護食開発に乗り出したきっかけについて】


古谷博義の経歴・略歴

古谷博義、ふるや・ひろよし。日本の経営者。「ウェルビーフードシステム」社長。熊本県出身。東京経済大学卒業後、古宝商事に入社。同社社長を経てウェルビーフードシステムを設立。ニッポン新事業創出大賞企業部門経済産業大臣賞(最優秀賞)を受賞。

他の記事も読んでみる

吉村英毅

国内外の競合に対抗するにはスピード感が重要。


岸見一郎

「嫌な人」とつき合っていくうえで初めに確認してほしいのは、「すべて相手が悪い」と考えていないかどうかです。対人関係の問題には必ず相手が存在します。嫌な人は「あなただから」嫌なことをしているのかもしれません。そう考えれば、自分にも非がある可能性は否定できませんよね。


南場智子

かつて私に対して守安(功)が盾突いてきたように、守安に対して物をズバズバと言う次世代のリーダーをちゃんと育てることができていなかった、という反省もあります。そこで「ネクストボード」と呼ぶ次世代リーダー11人を集めた組織を作りました。「南場さんそこおかしいよ」「守安さん、それはやめなきゃだめだよ」と言ってくれるような、新たな視点や勇気を期待しています。


佐藤優

特殊技能や能力を身につけて代替不可能な人材になるために、僕がおすすめするのが、いまの職種とは別ジャンルの肩書きを持つこと。たとえば、自動車の営業マンが、3級整備士を取得する。車の構造をわかっている営業マンと、そうでない営業マンでは説得力が違いますよね。僕の場合は、大使館の三等書記官を務めていたとき、モスクワ大学の客員講師の肩書きを持ちました。三等書記官レベルでは会えない大物に、大学の講師なら会える。それが本業で役に立ちましたね。


野村忠宏

復帰を決めた時点で、最終目標は「アテネ五輪での金」だと覚悟を決めていました。時間をかけて考え、自分で決めたからこそ「責任を持ち、逃げ出すな」と改めて言い聞かせて。そして、「敗北が怖い」と感じている自分が変わるための方法を、ひたすら考えたのです。


近藤宣之

会社の存在意義とは何でしょうか。私は、雇用の維持(保障)だと思っています。もう少し具体的に言うと、「人を雇用し、その人が働くことで得られる喜びを味わえ、仕事を通じて成長でき、企業という舞台で人生を全うし、自己実現が図れる」ことです。


有川真由美

自分の得意なワーク、簡単なワークなど、プレッシャーのかからない仕事からスタートすると集中度が次第に増してきます。手をつけやすく、いつの間にか夢中になって、大きな仕事にも無理なくとりかかれます。


吉村久夫

会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。


立川理道

リーダーとは、きちんと自分の意見が言えてブレない人。上がブレるとチームも安定しないし、率直な意見を言えないようでは、この人についていこうとは思わないですからね。


張瑞敏

従来、「企業の価値」とは要するに「自社にどれだけ利益を残すか」ということで測られてきました。ネット時代においては「顧客をどれだけ持っているか」あるいは「新たに獲得できるか」ということが、より優先する価値になります。ネットによって、製品を作る前に顧客と大いに相互交流できるようになりました。顧客はどんなものを欲しがっているのか。いくらなら買うのか。それはどのくらいの人数なのか。多くの顧客を抱える企業であればあるほど、こうした市場ニーズを的確に製品開発、価格設定、生産計画に反映できます。


竹中平蔵

戦略は細部に宿る。その細部を管理できないと組織は駄目になる。


小池百合子

政策は大義がなければ政策ではない。しかし、大義ばかり振りかざしていても、その大義は実行されない。