名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古谷博義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古谷博義のプロフィール

古谷博義、ふるや・ひろよし。日本の経営者。「ウェルビーフードシステム」社長。熊本県出身。東京経済大学卒業後、古宝商事に入社。同社社長を経てウェルビーフードシステムを設立。ニッポン新事業創出大賞企業部門経済産業大臣賞(最優秀賞)を受賞。

古谷博義の名言 一覧

当社のソフト食を待ってくださっている方がいる。その方たちを何とか笑顔にしたい。


事業が失敗し、失意のどん底で、企業のあるべき姿とは何かを考えた。事業は社会にとって価値がなければならないという思いに至り、「食を通して社会に貢献する」という経営理念を掲げました。


今の状況で、営業はしていません。ウェルビーソフト食を提供するには、一般のソフト食よりもコストがかかります。売り上げを伸ばすために価格下げ、コストを削減した結果、品質を下げてしまっては本末転倒です。お客様においしいものを食べていただき、幸せを感じていただく。すべては、そのためにあるべき。


介護保険施設での給食事業では、施設の厨房で食事を作って提供するのですが、時間か経ち、入居者の要介護の段階が上がっていくと、常食を摂れない方が増えてきます。当時、そのような方にはミキサーで細かく刻まれた食事が提供されていました。入居者が自分の親だとすれば、それを食べさせたいとは思わなかった。なんとかできないかと考えた。

【覚え書き|美味しい介護食開発に乗り出したきっかけについて】


古谷博義の経歴・略歴

古谷博義、ふるや・ひろよし。日本の経営者。「ウェルビーフードシステム」社長。熊本県出身。東京経済大学卒業後、古宝商事に入社。同社社長を経てウェルビーフードシステムを設立。ニッポン新事業創出大賞企業部門経済産業大臣賞(最優秀賞)を受賞。

他の記事も読んでみる

渡辺努(経済学者)

ビッグデータの魅力は、即時性に加え、非常に細かい粒度で分析が可能だという点。


加藤昌史

人前でしゃべり続けて強く感じるのは、最初の10秒がとても大事ということです。その間にお客さんは「面白そう」または「つまらなそう」を直感的に判断するものだからです。10秒で聞き手の心をつかまないと、そこからの逆転は難しくなります。


カルロス・ゴーン

(学生時代、フランスの学校へ移った一年目に数学が散々な成績に終わったときを振り返って)数学準備学級から別のクラスに変わるようなことはしない、ここは諦めずになんとかしがみついていってやろう、と私は決心しました。辛い勉強を続けていけたのは、この決意のたまものです。そのおかげで、上級数学クラスを終わるころには、私はトップレベルにいました。


冨安徳久

長く続いている企業を調べると、たとえ過去に革新的なイノベーションを起こしていても、その成功体験に安住することなく、未来を見据えて次の手を打っている気がします。これからの社会を担う若者たちには特に、好奇心を持ってチャレンジしてほしい。


ジョン・ワナメーカー

「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になる」という人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。


窪田良

みんなが私のように考えなくてもいいのです。私は淡々と前に進む。でも慎重派の社員も必要です。組織のバランスが整っていることが大事だと思っています。


武田國男

日本人である限りは、日本の地位向上のために何かひとつでも貢献していく。このことを日本人の一人一人が真剣に考えて欲しい。


千葉智之

メールはためずに即答が基本です。返事をどのように書くか悩んでも、3分で結論を出して、それ以上は先延ばしにしません。理由はいろいろあります。先延ばしにすると、次々と届くメールの中に埋もれてしまって、返事を書くべきメールがあったこと自体忘れてしまいます。こうした漏れをなくすためにも、読んだら即返信の習慣が必須です。


青山文平

世界観、つまりは誰のものでもない自分の考えを持っていた方が、ふらふらせずに済んで生きやすいし楽しい。


高橋泉(経営者)

絶対にあきらめず、おかしいことは相手が国でもおかしいと言い続けることが大事。


林野宏

明るく楽観的で頑張っている人は、職場でも社外でも周りを明るくするから好かれます。人が集まってくるから、ネットワークが広がり、様々な情報も集まってくる。ツキを呼び寄せて、成功しますよ。逆に、しょげて暗い顔をしている人や、物事に悲観的な人には、親しくしている人ですら近づきたくない。これではツキだって近寄りません。


角田秋生

フランチャイズの基本は「標準化」ですよね。しかし、我々の場合には、標準化と個別化を同時に実現しなくてはいけません。そのため、私たちは自社の形態を「フランチャイズの応用編」と認識しています。