名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古葉竹識の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古葉竹識のプロフィール

古葉竹識、こば・たけし。日本のプロ野球選手(内野手)、監督。熊本県出身。専修大学中退後、日鉄鉱業野球部を経て広島カープに入団。その後、広島東洋カープ監督として球団史上初の日本一を達成。また、少年軟式野球国際交流協会理事長、全日本大学軟式野球連盟名誉会長、東京国際大学名誉監督を務めた。

古葉竹識の名言 一覧

俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ。


いいか、ここまでやってこれたのはお前一人の力じゃないんだぞ。うぬぼれるな。


古葉竹識の経歴・略歴

古葉竹識、こば・たけし。日本のプロ野球選手(内野手)、監督。熊本県出身。専修大学中退後、日鉄鉱業野球部を経て広島カープに入団。その後、広島東洋カープ監督として球団史上初の日本一を達成。また、少年軟式野球国際交流協会理事長、全日本大学軟式野球連盟名誉会長、東京国際大学名誉監督を務めた。

他の記事も読んでみる

ナガオカケンメイ

商品を生み出すだけでなく、新しい視点を提供するのも、デザイナーの仕事。


秋山咲恵

ゴールから逆算していくやり方は、経営コンサルタント時代にかなり鍛えられました。コンサルティングの仕事は、「大きなビジョンを描き、それに近づけるために、どのようにギャップを埋めていくか」が基本です。つらくて泣きながら仕事をしたこともありますが、いま思うと、そのおかげで身についたものは大きかったですね。
【覚書き|外資系コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング勤務時代を振り返っての発言】


松平康隆

人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。


クラウス・メーダー

「cafe 1886 at Bosch」は開店3周年を迎えましたが、これも社員のアイデアから生まれたものです。ここで渋谷に関連するイベントも開催し、デジタルだけでなく人と人、アイデアとアイデアがつながり社会に生かされる広場がコンセプトです。


見田村元宣

ギブアンドテイクではありません。ギブギブギブなのです。その結果、どこかのタイミングでテイクになるのです。そこまでギブを続けなければなりません。ギブを続けて、相手が「安堵(アンド)」したら、テイクになるのです。


諏訪内晶子

もう少し若いころは目の前の経験を消化することに一所懸命でしたから、経験を成熟させるなんてことを考える余裕はなかったんですよね。でも、いまはそうして経験を成熟させるところにこそ芸術の素晴らしさを感じています。


井筒廣之

具体的な数値の裏づけもないまま、漫然と問題点だけを報告する人って割と多いんです。時間節約のためにも、適切な数表を作成することは、資料作りの第一歩です。


村上太一

思考力の高い人は、メリットとデメリットを漏れなく出せる人です。何らかの意思決定において、いくつかの選択肢があった場合、それぞれの選択肢のメリットとデメリットを漏れなく出せれば、正しい決断ができる可能性が高くなります。しかし現実には、メリットとデメリットに漏れがある人が少なくありません。こういう様子を見ると、全体を見渡す視点がちょっと欠けているのかな、という風に感じます。


眞保智絵(鳥海智絵)

多種多様なバックグラウンドを持つ人が、様々な働き方で活躍できる仕組みを作り、柔軟性が持てるようにしたい。実際には「やってみたらできた」という人が実に多い。「今までチャンスが与えられていない、あるいは、チャレンジしていないから、できていない」という部分もあると思います。当社でも現場の管理職から「任せてみたら予想以上にできた」という言葉をよく耳にします。ですから女性に限らず、男女を問わず若い人などにも「チャンスを与え、任せる」ことを意識的にやっていこうと言っています。


小松易

職場という公共のスペースでは、「自分は無駄が好きなんだ」というわがままは許されない。片づけは良くも悪くも伝染するからだ。職場の「基準」は部門長のデスク周りである。「部長の机がグチャグチャなのだから自分も大丈夫」という暗黙の了解が蔓延する事態は避けねばならない。


土屋敏男

コンテンツは、数値化されるものと数値化されないものの狭間で行きつ戻りつ漂うものである。そしてアナログからデジタルの時代に移る中で、この数値化される要素がどんどんと多くなっていき、自然と数値化されないものの比重が軽くなっているのではないのか。


家次恒

人真似ではなく、R&D(研究開発)で新たなものを出していかなければいけない。そのためには、特許戦略など、自分たちのオリジナルな技術で戦うしかない。