名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古舘伊知郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古舘伊知郎のプロフィール

古舘伊知郎、ふるたち・いちろう。日本のアナウンサー。東京都出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、全国朝日放送(のちのテレビ朝日)に入社。プロレス実況を経て様々な番組でアナウンサーとして活躍。

古舘伊知郎の名言 一覧

人類史上、明日を経験した人は誰もいないんです。だって、実際に明日になれば、もう「今日」になるから。つまり、僕らには「今」しかない。人生は「今」「今」「今」の積み重ねです。なのに、誰もが先ばかりを考えすぎるんです。近未来を埋めた予定表を生きて、「今」を生きていない。


第一希望のやりたい仕事でなくても、失敗をくり返しても、苦労して汗水を垂らした時間は血肉になって残っていくはず。


今でこそ苦労は買ってでもやろうと勧めておりますが、中学の時には、マラソン大会を逃げようとした経験があります。当時、太っていた僕は「どうせビリになる。かっこ悪いし、女子の前で恥をかきたくない」と敵前逃亡を企んだのです。その僕に、親父は「絶対出ろ」とも「出なくていい」とも言わなかった。フンと鼻で笑って「まあ、アゴを上げるなよ」と言ったんです。アゴを上げるとは「音を上げる」って意味ですね。そう言われた僕は、バカにしやがって見下すなとイラッとしました。同時に、逃げようとしたこと自体を叱るでもなく、うまくかわしてくれたのがありがたいとも思いました。それ以来、「アゴを上げない」が、僕の信条になったんです。


もし、どうしても体や心が限界だと、いよいよ拒否反応を示したら、その時は辞めればいい。それまでは心身がキツくても、「いい副作用」があると思ってやり続けてたいですね。見切りをつけるのが3日目なのか3年目なのかで、自分に残るものが変わってきますから。


古代ギリシャの悲喜劇をベースにしたシェークスピアの作品が今の時代でも残り続けているでしょ。何千年も前に書かれた登場人物の感情に共感できるのは、欲望や苦悩など人間の心が変わってないからですよ。


思い返せば、僕の30~40代は欲深かったですね。もちろん、今もそうではありますが、今以上に仕事に貪欲でした。29歳でテレビ朝日を辞めて、フリーになりました。もっと売れたい。有名になりたい、モテたい。そんなことばかり考えてギラギラしていました。


最近、「60歳を超えたのに、まだやるの? そろそろカナダの山小屋にでも住んで、サーモンを釣りながら過ごせばいいじゃないですか」なんて言われます。そんな意見には耳を貸す気はありません。体が続く限り、現役でいたいという気持ちが、勝手ながら僕にはある!


今日取り組んだ仕事、今日降って湧いた喜び、今日のイヤなこと、全部含めて、人生で2度と同じ経験はできません。だから、一日一生だと、今日で最後だと思って完全燃焼するんです。今日を生ききろうと思えば、いいことや悪いことにこだわる必要もない。朝の情報番組で「今日の射手座はガッカリ」と占われても、なんでもいいやって一生懸命にやれる(笑)。その気持ちがあったから『報道ステーション』も12年間続けられたんです。


「報道ステーション」の12年間は決して平たんな道ではありませんでした。降板の記者会見で申し上げたように、批判、非難を多く頂戴しました。1日600本の抗議があったこともあります。僕自身が毎日、目を通し、正直へこんだときもあります。しかし、苦しくなった時は「アゴを上げちゃいけない」って自分に言い聞かせてました。


僕はF1実況を任された当初はモータースポーツに全然詳しくなかったんです。だから、ホンダエンジンのメカニックの方々、外国のチームのスタッフの方々を取材する場面でも、話についていけてなかったんですよ。用語も、車のメカニズムもチンプンカンプン……。悲しかったし、悔しかったけれども、辞めたいとは思いませんでした。これは新しいものに着手しているがゆえの苦労だし、最初は望んでいなくても自分がゼロから立ち上げている辛さでしたからね。F1に関して、必死で猛勉強して、少しずつ専門家の会話がわかるようになった喜びは忘れられません。ああいう苦労こそが、最終的には、その人の人生や仕事の基礎体力になっていくと僕は信じてやまないですよ。


古舘伊知郎の経歴・略歴

古舘伊知郎、ふるたち・いちろう。日本のアナウンサー。東京都出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、全国朝日放送(のちのテレビ朝日)に入社。プロレス実況を経て様々な番組でアナウンサーとして活躍。

他の記事も読んでみる

吉田浩一郎

現代は、個人の力を最大化することが重要な時代。サービスでも、経営でも、個人にフォーカスを当て、その力を最大化する経営スタイルを築いていきたい。


青木定雄(兪奉植)

いま、エムケイのサービスの質は、どこのタクシー会社よりも優れていると自負しています。また、そのようなご評価をお客様からいただいてもいます。もちろん、まだまだ改善の余地はありますが、そこに到達できたのは、30年、いや40年以上も苦労し続けてきたからです。社員の意識を変えるのはそれほど難しいことなんです。


山内隆司

かつては作業所長の属人的な能力や人柄、人脈に負う面が多くありました。「あの人のためなら一肌脱ごう」ということで仕事が動いていった。しかし、当社が常時抱えているプロジェクトは国内外合わせて約2000もあります。属人的な能力だけに依存してそのすべてに最適な資材と労働力を投入するのは、限界があります。


似鳥昭雄

地方から東京や大阪に進出するのは非常に恐いものです。私も津軽海峡を渡るのが最初はとても恐くて、北海道から3年も4年も出ることが出来ませんでした。しかし、社員に「『日本の人々に豊かな住まいを提供する』という目標はどうなったのですか。私たちはそのためにニトリに入社したのです」と背中を押されました。それでやはり「自分はどうなってもいい」という覚悟を持った時に動けました。自分のことを考えると保守的になってなかなかできないのです。ですから、地方の人は自分のためという意識を捨てて、社員のため、日本人のためだとという志を持ち、自分を追い込む勇気がないといけません。初めて東京に足を踏み入れた時は大きなプレッシャーでした。


福島文二郎

東京ディズニーリゾートのキャスト(スタッフ)の問題解決力が高いのは、問題解決力のある人を選んで採用しているからではありません。彼らがそこまでできるのは、見習うべき先輩の存在が大きいのです。誰もが憧れる人の背中を見て育つのです。ディズニーの先輩キャストは、規範となるようなホスピタリティ・マインド(思いやり)をもって、後輩たちに接しています。その薫陶を受けた後輩は、「あの先輩のようになりたい」と思い、その先輩をモデルとして行動するように育つのです。


出雲充

イノベーションを起こす仕組みは単純。答えは「離れたところ」にある。異質な種が交配して生まれたハイブリッドの生物は、純血種に比べて病気に強く、環境変化への対応が速い。


藤原和博

何をしたいかが明確でなければ、何をしたくないかハッキリさせるといい。


アルフレッド・アドラー

叱られたり褒められたりして育った人は、叱られたり褒められたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を敵だと思うようになる。


山崎将志

私にとって遊びといえば、人に会い、ゴルフに行き、ジムに通い、家族と過ごすことです。ときにはドライブにも出かけたい。読書も遊びのうちに入ります。だから平日は6時や7時には帰りたい。遊ぶための時間は戦略的に捻出しなければなりません。それが仕事の生産性を上げるインセンティブになるのです。効率を考えて仕事に取組み、遊んでいる最中に呼び出しがないように仕事は完璧に仕上げ、何かあったときのバックアップをきちんと整えておくのです。


豊田章男(モリゾウ)

業績が自分や会社の実力なのか、単に追い風によるものなのか見極めは実に難しい。業績がいいときの経営者というのは、周りにおだてられますから。


川上善郎

もしかしたら横取りされたというアイデアは、あなた独自のものではなく、相手が先んじて温めていたものかもしれない。案件を最後に横取りされたと思っているのも、相手のほうが着々と準備をしていて最後に結果を出したのに、勝手に「横取り」と思い込んでいる場合もままあるもの。横取りされたと恨むのではなく、シンプルに自分の「実力不足」を省みて、相手の優秀さを認める機会にするべきなのかもしれません。


塚本こなみ

園長になる前、私は日本中の藤を見て歩きました。ほかの藤がどんなレベルにあるのか、それを知らないで商売はできません。要するに、競合他社をリサーチしたのです。その結果、あしかがフラワーパークの藤が、世界で一番美しいという結論に至りました。