名言DB

9425 人 / 110833 名言

古舘伊知郎の名言

twitter Facebook はてブ

古舘伊知郎のプロフィール

古舘伊知郎、ふるたち・いちろう。日本のアナウンサー。東京都出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、全国朝日放送(のちのテレビ朝日)に入社。プロレス実況を経て様々な番組でアナウンサーとして活躍。

古舘伊知郎の名言 一覧

人類史上、明日を経験した人は誰もいないんです。だって、実際に明日になれば、もう「今日」になるから。つまり、僕らには「今」しかない。人生は「今」「今」「今」の積み重ねです。なのに、誰もが先ばかりを考えすぎるんです。近未来を埋めた予定表を生きて、「今」を生きていない。


第一希望のやりたい仕事でなくても、失敗をくり返しても、苦労して汗水を垂らした時間は血肉になって残っていくはず。


今でこそ苦労は買ってでもやろうと勧めておりますが、中学の時には、マラソン大会を逃げようとした経験があります。当時、太っていた僕は「どうせビリになる。かっこ悪いし、女子の前で恥をかきたくない」と敵前逃亡を企んだのです。その僕に、親父は「絶対出ろ」とも「出なくていい」とも言わなかった。フンと鼻で笑って「まあ、アゴを上げるなよ」と言ったんです。アゴを上げるとは「音を上げる」って意味ですね。そう言われた僕は、バカにしやがって見下すなとイラッとしました。同時に、逃げようとしたこと自体を叱るでもなく、うまくかわしてくれたのがありがたいとも思いました。それ以来、「アゴを上げない」が、僕の信条になったんです。


もし、どうしても体や心が限界だと、いよいよ拒否反応を示したら、その時は辞めればいい。それまでは心身がキツくても、「いい副作用」があると思ってやり続けてたいですね。見切りをつけるのが3日目なのか3年目なのかで、自分に残るものが変わってきますから。


古代ギリシャの悲喜劇をベースにしたシェークスピアの作品が今の時代でも残り続けているでしょ。何千年も前に書かれた登場人物の感情に共感できるのは、欲望や苦悩など人間の心が変わってないからですよ。


思い返せば、僕の30~40代は欲深かったですね。もちろん、今もそうではありますが、今以上に仕事に貪欲でした。29歳でテレビ朝日を辞めて、フリーになりました。もっと売れたい。有名になりたい、モテたい。そんなことばかり考えてギラギラしていました。


最近、「60歳を超えたのに、まだやるの? そろそろカナダの山小屋にでも住んで、サーモンを釣りながら過ごせばいいじゃないですか」なんて言われます。そんな意見には耳を貸す気はありません。体が続く限り、現役でいたいという気持ちが、勝手ながら僕にはある!


今日取り組んだ仕事、今日降って湧いた喜び、今日のイヤなこと、全部含めて、人生で2度と同じ経験はできません。だから、一日一生だと、今日で最後だと思って完全燃焼するんです。今日を生ききろうと思えば、いいことや悪いことにこだわる必要もない。朝の情報番組で「今日の射手座はガッカリ」と占われても、なんでもいいやって一生懸命にやれる(笑)。その気持ちがあったから『報道ステーション』も12年間続けられたんです。


「報道ステーション」の12年間は決して平たんな道ではありませんでした。降板の記者会見で申し上げたように、批判、非難を多く頂戴しました。1日600本の抗議があったこともあります。僕自身が毎日、目を通し、正直へこんだときもあります。しかし、苦しくなった時は「アゴを上げちゃいけない」って自分に言い聞かせてました。


僕はF1実況を任された当初はモータースポーツに全然詳しくなかったんです。だから、ホンダエンジンのメカニックの方々、外国のチームのスタッフの方々を取材する場面でも、話についていけてなかったんですよ。用語も、車のメカニズムもチンプンカンプン……。悲しかったし、悔しかったけれども、辞めたいとは思いませんでした。これは新しいものに着手しているがゆえの苦労だし、最初は望んでいなくても自分がゼロから立ち上げている辛さでしたからね。F1に関して、必死で猛勉強して、少しずつ専門家の会話がわかるようになった喜びは忘れられません。ああいう苦労こそが、最終的には、その人の人生や仕事の基礎体力になっていくと僕は信じてやまないですよ。


古舘伊知郎の経歴・略歴

古舘伊知郎、ふるたち・いちろう。日本のアナウンサー。東京都出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、全国朝日放送(のちのテレビ朝日)に入社。プロレス実況を経て様々な番組でアナウンサーとして活躍。

他の記事も読んでみる

川内正直

重要なのは、前提を揃えることです。そもそも他人同士が話をするときは、前提がズレるものだという認識を持つべきです。たとえば上司が部下に「納期が厳しいから全力でやろう」と伝えたとき、「残業や土日出勤をしてでも必ず間に合わせる」という前提があります。ところが、中間管理職世代と若手世代では会社への忠誠心や公私の時間の使い方に関する前提がズレているので、部下は「全力でやるのはあくまで業務時間内で、それで間に合わなければ仕方ない」と考える。だから「お客様と納期を延ばすよう交渉してください」といった言葉が返ってくるのです。


羽生善治

正しいことをやっているが、成果が出ないときは、私は気分を変えるようにしています。気分転換は何でもいいのです。趣味を始めるでも、やめるでも。髪型を変えるでもいいのです。


白川敬裕

司法試験の勉強をするとき、最初は図解などがたくさんある薄い本で1回さらっと通し、全体を掴みました。


下村朱美

最初は手探りの状態から始まった日本でのミス・インターナショナル世界大会開催ですが、ミスたちを迎えるにあたり、皆様にご協力をお願いすると、商店街の方が「うちの街にお招きしましょう」と言って、商店街の案内だけでなく、「和太鼓をやっているサークルがあるので、和太鼓を体験してみましょう」と提案して下さったり、礼儀作法の先生がお箸の持ち方を教えて下さったり、お琴を弾いて下さったり、ミスたちを一生懸命もてなして下さいました。その姿を見たとき、「日本人には、人に喜んでもらえることを幸せに感じるDNAがある」のだと感じました。損得ではない「おもてなしの心が日本人にはあるのです。


木川眞

小倉(昌男)さんは、宅急便という成功したビジネスモデルに安住せず、それを絶えず進化させました。そして、新サービスはさらに新しい需要を生み出していきました。ゴルフ宅急便やスキー宅急便はレジャーの手ぶら文化をつくりましたし、クール宅急便は産直などの通販を活性化させ、食文化を変えました。


村上太一

当時、求人広告の成功報酬というモデルはありませんでした。というより大手ほど大量の営業担当者を抱え、その強力な営業力によって自社媒体に載せる求人情報を集め、その地位を築いていました。それに対し私たちは、営業担当は最小限に抑え、営業にかかるコストを圧縮することで、お客さんに低価格でサービスを提供。これを武器にお客さんの方から集まってくる仕組みを作ったのです。大手は数多くの営業担当者を抱えているがゆえに、成功報酬型モデルを展開することはできませんでした。


前澤友作

通販は安っぽいという従来のイメージを覆し、ECにセレクトショップの格好よさを持ち込んだことがスタート時点の勝因だと思います。その後、テレビやWEBを使った積極的なプロモーションで一気にメジャー化しました。しかもゾゾタウンは、規模が拡大しても格好よさを保つため、取り扱う商品の選別に気を使っています。その点では何でもありな楽天などとは違いますね。


小室淑恵

仕事が速い人と遅い人の違いは、まず上司から仕事を受け取るときの確認の仕方です。「はい、わかりました」と快く仕事を引き受けたものの、いざ作業に取り掛かろうとすると「あれ?上司はどのような方向性を望んでいるのだろう」と疑問になり、改めて確認しようとする。ところが、そのときには上司は外出していて、すぐに確認が取れない。仕方なく自分なりの仮説で作業を進め、上司が戻ってきたところで確認すると、「全然違うよ」と言われて、ほぼ一からやり直し。仕事が遅い人には、こういったケースが多く見られます。


勝間和代

自分たちのビジネスに合う顧客を積極的に選択していくことが結局顧客獲得コストを下げるということになります。ある意味、獲得しやすい客と儲かる客は違うのです。無料というサービスに食いつきやすい顧客というのは、価格感受性の高い客でもあり、要は「渋い客」なのです。それよりも、無駄な顧客獲得コストを抑えてじっくりと良い商品性でアピールした場合には、より優秀な顧客が集まりやすい。


冨山和彦

最初はモチベーションが低くても、実際にやってみたら、あとから上がった、ということも少なくありません。だからいろいろ試してみるといい。そうして、何かに情熱を注ぎ込んでいれば、必ず得るものがあるはずです。