名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古田陽祐(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田陽祐(経営者)のプロフィール

古田陽祐、ふるた・ようすけ。日本のクリーニング師、経営者。高級衣料クリーニングショップ「レジュイール」社長。

古田陽祐(経営者)の名言 一覧

今や分業は必須ですが、ともすれば、これが仕事の質を落とす要因になる。大事なのは、全員が次の作業のことを考えて仕事をすること。


社員に厳しい要求をする一方で私が進歩しないのでは説得力がない。先代を超える技術とサービスを身につけていきたい。


創業当初は個人商店のようなものでしたが、今は34人の社員が働いている企業です。私が受け継いだ技術やサービスを全員で共有し、発展させないと「腕が落ちた」と思われる。そのために、必要なことはすべて書きます。


古田陽祐(経営者)の経歴・略歴

古田陽祐、ふるた・ようすけ。日本のクリーニング師、経営者。高級衣料クリーニングショップ「レジュイール」社長。

他の記事も読んでみる

樋口建介

患者さんや家族の皆様から絶対的な支持を得られたことで、私も諦めずにできた。


進藤晶弘

私は現在、会社の事業に関してはいっさい口を出さないことにしています。名刺には「会長」とありますが、役員ではありません。これからは、メガチップスのベンチャー文化を、一人ひとりの社員に伝えていくことに力を注ぎたい。それが創業者としての役目だと思っています。


柳川範之

いい加減な人のほうが独学には向くのではないでしょうか。完璧にしようとすると、続けること自体が辛くなってしまいます。社会人である以上、急な予定が入ってしまうことは避けられません。自分を厳しく律することよりも、柔軟に対応できるくらいのいい加減さが必要なのです。


押味至一

もはや、自ら優秀な人材を育成していかないと現場が成り立たない。


山本祐揮

国内のレフトハンド無差別級王者は僕の体がすっぽり隠れてしまうほどの巨漢で、今の実力では勝つのは難しい。それでも、階級別があることを知らない一般の人は「世界一」だから、勝って当たり前と思うはず。だからこそ、僕はこの体格のまま、無差別でもトップに立ちたい。大男を倒す僕のような選手がいれば、メディアも注目し、競技自体もメジャーになっていくはずですから。「アームレスリング選手と言えば山本」と言われるよう腕に磨きをかけたいと思います。


宋文洲

優先順位は個々の社員レベルで決められないことが多いのも事実です。プロジェクト単位の優先度など、大枠はマネジメント側が決定し、それを社員と共有するというのが正攻法でしょう。


畑中好彦

多様性のある個人が社会との関係性を正しく認識し、いま自分に何が求められているかを常に考え、行動できる会社。そして、それぞれが能力を最大限に発揮し、結果を出せる環境。これらをつくるのがマネジメント層の役割です。


増田順

お客様が気づいていないことや、諦めてしまっていることをどう気づいていただくか。そしてそのことに徹底的に向き合えるかが非常に重要。


高橋理一郎

戦前の日本では、法人ではなく、個人よる新産業への投資が結構行われていました。「日本は間接金融が中心」というのは高々、戦後の話に過ぎない。日本にも新事業に投資する土壌はあったのです。


佐々木秀一(経営者)

トップの座にあるものは、腹の中で静かに自分を戒めるべきである。現役を退いたときに皆さんにこれまで同様のお付き合いをしていただきたい、そういう人間でありたいと思っている。【覚書き:上記は会長就任年の発言。自分が退任したとき、部下とどんな関係を築いていたいかあらかじめイメージしながら日々接しろという戒めの言葉】


楠木新

挫折や不都合な出来事をバネにできるかどうかがポイント。


相澤賢二

当社では、買っていただいたお客様に対するご様子うかがいの訪問も、原則としてやっていません。その代わり、ハガキをお送りしています。ハガキを一枚お送りするのは訪問一回と同じ効果があると、私は考えているんです。ハガキを書くのは、手間暇かかって根気のいる作業です。でも、そういう地道な努力と準備が、売れる営業マンになるためには不可欠。お店でのトークをいくら磨いても、そんなものはすぐに、お客様に見破られますからね。