名言DB

9429 人 / 110879 名言

古田陽祐(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

古田陽祐(経営者)のプロフィール

古田陽祐、ふるた・ようすけ。日本のクリーニング師、経営者。高級衣料クリーニングショップ「レジュイール」社長。

古田陽祐(経営者)の名言 一覧

今や分業は必須ですが、ともすれば、これが仕事の質を落とす要因になる。大事なのは、全員が次の作業のことを考えて仕事をすること。


社員に厳しい要求をする一方で私が進歩しないのでは説得力がない。先代を超える技術とサービスを身につけていきたい。


創業当初は個人商店のようなものでしたが、今は34人の社員が働いている企業です。私が受け継いだ技術やサービスを全員で共有し、発展させないと「腕が落ちた」と思われる。そのために、必要なことはすべて書きます。


古田陽祐(経営者)の経歴・略歴

古田陽祐、ふるた・ようすけ。日本のクリーニング師、経営者。高級衣料クリーニングショップ「レジュイール」社長。

他の記事も読んでみる

枝川義邦

目標に向かうための具体策が見えていなと、脳もエネルギーをムダに使わないとならないため、億劫に感じる原因となる。大目標だけでなく、中目標、小目標にまで落とし込むと、目標までの道筋が明らかになり、脳はすんなり受け入れてくれる。


川村隆

リーダーは慎重なる楽観主義者であるべき。楽観主義は志に属す。


知識賢治

部下が抱えている仕事を日ごろからきちんと把握しておき、問題が起きそうなときにはその場で注意やアドバイスを与える。そうした目配りもせず、改まった場でいきなり「君は駄目だ」と指摘するのでは、部下としても納得できないだろう。


小路明善

新商品を次々に投入するのではなく、既存商品のブランド資産を生かす経営で行きます。


金柿秀幸

クチコミ情報を見たユーザーさんは、気になった本を買おうと思うはず。絵本の通販を始めれば、収益源になると考えました。しかし、当時の我が社には在庫を抱えるだけの体力がなかった。それで考えたのが、キャラクターグッズのネット通販でした。『はらぺこあおむし』という人気の絵本があるんです。主人公の「あおむし」のぬいぐるみや文具、DVD、食器といったグッズがかわいらしく、「これは売れる」と思いました。そしてこれらのグッズは書店で扱っていなかったんです。おかげで大ヒットしました。それを機に、様々な絵本の関連グッズが売れ始めました。


中沢啓治

伝えるということは本当に難しい。日本は唯一の被爆国だと毎年騒いでいたって、実際には伝わっていないのです。僕に送られてくる読者からの手紙は、「漫画に描かれている原爆の状態は本当だったのですか」「まったく知りませんでした」「戦争と原爆の本当の姿をもっと教えてください」というものが多い。これは40年前の読者も、いまの読者も同じです。


大田正文

勉強会やセミナーを選ぶとき、まずはあなたが一番興味のある会を選ぶべきです。よくありがちなのは義務感から勉強会に参加するというスタンスです。たとえば、ビジネスマンの中には「会社の数字の知識を知っておいた方がいいのでは」と会計の勉強会などに参加する人もいると思うのですが、そうした動機だけでは、意欲を保つのがなかなか難しくなります。勉強熱心な姿勢は大切ですが、自分がまったく興味がなかったり実務で不要な会に参加しても、挫折する可能性が高いのです。勉強会に慣れる意味でも、とくにはじめのうちは、自分の好きなこと、興味を抱いていることから始めるのがいいでしょう。


いくえみ綾

自分であんまり「(作品の中で)これを言おう」というようなことは、考えないですね。「物語を描いた、できた、うれしいな!」くらいの感じです。


西山昭彦

若い頃、プロジェクトをある上司に事前のあいさつなしに進めてしまった。そしたらヘソを曲げられ、しばらく敵視されてものすごくやりにくかった。下相談の大切さを痛感しました。


山本正已

これまでは、大学や研究機関、大企業などが中心となって活用されてきました。しかし今後は、SACLAなどの最先端の施設を活用できるようなしくみを作り出し、産業界全体で幅広く製品開発などに活かされるようにしていくべきでしょう。それが日本の産業に新たな活力をもたらすと期待しています。そういう意味で、SACLAも京も、日本の国力だと思っています。
【覚書き|「京」はスーパーコンピューターの名称、「SACLA」はX線自由電子レーザー施設の名称】