名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古田貴之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田貴之のプロフィール

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

古田貴之の名言 一覧

キーワードは「ものづくり」ではなく「ものごとづくり」。「ものごとづくり」とは、技術に加え、それを動かす人たちの訓練、運用体制まで構築すること。


どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。


我々は現地の作業員を交えて週に1回約10時間のミーティングをやります。その時の作業員の「こうなったらいいな、ああなったらいいな」という呟きを聞き、その要望を元に、その日のうちにハードウエアとソフトウエアを作り、ロボットに実装して送り出します。100%内製していたからこそ可能なのです。


世の中の先端技術すべてに言えることですが、どんなに凄い技術があっても、それを使いこなせる人がいないと無意味。また、その技術をみんなが使いたいと思う風潮にならないと使わない。この技術を使えば、こんな新しいことができるということを周知させて文化として土着し認知されなければ駄目。


古田貴之の経歴・略歴

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

他の記事も読んでみる

星野佳路

我々の会社は役所や銀行とは違って、会議になれたホワイトカラーの集まりではない。テーブルを囲んで意見を言うのは初めて、という人もたくさんいる。そういう人たちを巻き込んでいくには、会議そのものをわかりやすく、楽しめる雰囲気にしなければならない。


C・W・ニコル

北極に初めて行ったときも、かなり強引でした。高校を卒業した直後、北極の調査隊にアシスタントとして同行できるチャンスを得ました。でも両親は大学に行くことを希望していたので、パスポートの申請書類に父親の筆跡でサインし、アルバイトで稼いだお金を携えて、「ちょっとキャンプに行ってくる」と出かけたのです。もちろん数カ月に及ぶ調査ですから、渡航中に自宅に電話をかけ事情を話しましたが……。母親は怒り心頭に発したようですが、それでも私は行きたかったのです。


植村甲午郎

顧みれば、私の人生行路にともしびとなって指導していただいた先輩、老若の友人多数に恵まれたことは、本当に幸運だったと思う。


佐藤綾子(心理学者)

「どのようなフレーズを繰り返し強調するのか」これはとても大切です。ジャパネットたかた・高田明社長のテレビでのプレゼンをデータ分析すると、この技法がいつも巧みに使われていることがわかります。「このブルーレイは、使い方が簡単で安い」という長所をアピールしようと思ったある日、彼はたった数分の間に「簡単で安い!」を6回連呼していました。テレビコマーシャルでは使える時間が限られているので、「何を繰り返すか」が入念に計算されています。このように聞いて耳に入りやすく、すぐに覚えてしまう言葉で相手の心にグイと食い入っていくスピーチ技法を、パフォーマンス学では「サウンドバイト(音の噛みつき)」と呼んでいます。


黒鉄ヒロシ

誰もが生まれたときは、頭の中の図書館に本が一冊もない状態。そこから一冊一冊増やしていくうち、書棚に内宇宙が広がっていく。


平野岳史

いまだって、毎日、試行錯誤の連続です。無駄なことをしないで済むなら、そうしたいと思います。でも、そんなことは土台無理なのです。仕事や人生にこれが正しいという答えはありません。


横田雅俊

私たちは営業のコンサルティングで、上司と部下の両方からヒアリングを行う機会があります。最近数多く目にするのが、次のようなパターンです。上司にヒアリングすると、「部下はやる気がない」「ゆとり世代で使えない」と不満が次々に噴出してきます。しかし、部下に直接会って話を聞いてみると、素直で明るく、けっしてやる気がないようには見えない。一方、部下は上司について、「考え方についていけない」「叱吃激励がつらい」と数多くの不満を抱いています。このように、上司も部下も双方が前向きに取り組んでいるのに、どうも思いがすれ違い、組織としてうまく機能していないケースが頻発しているのです。


茂木友三郎

日本国内で政府に頼る発想がないように、海外でもきちんと計画を立て、販路づくりなど地道な活動が必要。


内藤忍

原稿を書くとき、紙に全体の構成を書き出し、合間合間に見直して内容や話の流れに繰り返し修正を加えます。スキマ時間を利用して構成を決めてしまえば、あとはキーボードを打つだけなので、さほど時間はかかりません。


後藤新平

ヒラメの目をタイの目に変えることはできない。
【覚え書き|台湾民政長官時代、台湾の経営方針について表現した言葉】


成毛眞

ただひとつ確かなこと、「新しいことをした者が勝ち、しない者は負ける」ということだけを胸に刻んで行動することが大事です。


山下和美

私はいつもアイデアがバラバラと出てきて、まとめられない。打ち合わせの中で、担当編集さんがふと上手く言語化してくれるんです。その瞬間にサーッとすべてがつながって、ストーリーができる。