名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古田貴之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田貴之のプロフィール

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

古田貴之の名言 一覧

キーワードは「ものづくり」ではなく「ものごとづくり」。「ものごとづくり」とは、技術に加え、それを動かす人たちの訓練、運用体制まで構築すること。


どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。


我々は現地の作業員を交えて週に1回約10時間のミーティングをやります。その時の作業員の「こうなったらいいな、ああなったらいいな」という呟きを聞き、その要望を元に、その日のうちにハードウエアとソフトウエアを作り、ロボットに実装して送り出します。100%内製していたからこそ可能なのです。


世の中の先端技術すべてに言えることですが、どんなに凄い技術があっても、それを使いこなせる人がいないと無意味。また、その技術をみんなが使いたいと思う風潮にならないと使わない。この技術を使えば、こんな新しいことができるということを周知させて文化として土着し認知されなければ駄目。


古田貴之の経歴・略歴

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

他の記事も読んでみる

山田隆持

お客様が10の要望を出されたら、それを12、13にしてお返しする。「コストはそれほど変わりませんから、こんなサービスを追加されてはいかがですか」とご提案するわけです。そのサービスがお客様にとってプラスだったとき、初めてお客様は褒めてくださる。そのお褒めの言葉が、法人営業にとって最高の喜びになる。こうした積み重ねでしか、お客様の信頼は獲得できません。


高田純次

人間の欲求もある意味バランスをとるようにできていて、素直にそれに従っていればバランスよく生きられるはずなんだけど、欲求の方向が一方行だけに傾くと、それを達成したときに燃え尽きてしまう危険がある。


江口洋介

これからはカリスマ的な経営者が一人で君臨する時代ではないという気がします。それよりも、腹を割って話せる仲間が周りにいて、自分と違う意見が出ても、それを面白がって吸収できるリーダーがいる会社が強いと思います。元気な企業にはそうした会社が多い気がします。


村山昇

仕事を進める際中、「ここまで終わりました」「ここでちょっとつまずいています」と上司に報告し、進捗状況を常に知らせておくことも大事なことです。「いちいち報告したら、一人では仕事のできない人間だと思われるのでは?」と心配する人もいますが、それはまったくの勘違いです。部下の仕事の集積=上司の仕事なのですから、上司は内心、部下の仕事の進捗を部下以上に心配しているといえます。


村岡恵理

SNSを敢えて絶ち、腰を落ち着けて勉強したり、読書に没頭したりして、自分のペースと自身のための静かな時間を取り戻す。球根になったイメージで、時にはそんな春への備え方も愉しくはありませんか。


柴田励司

朝に頭が冴えるというのは、アメリカの商工会議所で委員を務めていたときにも感じました。アメリカ人は始業前に朝食を食べながらミーティングをする「パワーブレックファースト」が大好きなのですが、最初のうちはなぜこんな朝早くから会議をやるのか、不思議に思ったものです。しかし、参加してみると、複雑な議題でもスイスイと決まっていくのです。彼らは朝の効用をよく知っていたのです。


西山知義

最初は素人集団でしたからクレームが多かった。ならばもっとクレームをいってもらって改善の方法を探ろうと、「会計時にお店の悪いところを聞かせてくれたら300円割引します」とやったんです。カイゼンできることはすべて取り組みました。そうしたら半年後には行列ができるようになっていました。

【覚え書き|牛角が1店舗だった頃を振り返って】


大島武(学者)

苦手と思う人のことを観察しないこと。観察すればするほど、嫌だと思うことが増えてきます。相手を見ずに、「プロジェクトを成功させる」など、同じ目標に向かって、やることをすればいい。


藤田紘一郎

人生が短かった頃、余暇はもっぱらリラックスの時間に費やされてきました。しかし今、人生が100年時代に入ってくることで、消費を抑えて長く働けるよう、自分自身の生き方を変化させる時間に割り当てなければならない。


田中稔一

トップに求められるのは熟考と即決のバランスでしょう。このふたつはパラレル(並行)であるべきです。


林高生

自分ができないことを認識すれば、人のいいところが自然と見えてくる。


藤野道格

既存機のようにエンジンを後ろに配置しても3%とか5%の改善はできたと思います。しかし、その程度の改善なら、他社もやってきます。ホンダがやる以上、いままでにない新しい価値を生み出さないと意味がありません。「スピードが速い」とか、「高い高度で飛べる」だけではなく、飛躍的にビジネスジェットを進歩させたいと考えたんです。