名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

古田貴之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田貴之のプロフィール

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

古田貴之の名言 一覧

キーワードは「ものづくり」ではなく「ものごとづくり」。「ものごとづくり」とは、技術に加え、それを動かす人たちの訓練、運用体制まで構築すること。


どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。


我々は現地の作業員を交えて週に1回約10時間のミーティングをやります。その時の作業員の「こうなったらいいな、ああなったらいいな」という呟きを聞き、その要望を元に、その日のうちにハードウエアとソフトウエアを作り、ロボットに実装して送り出します。100%内製していたからこそ可能なのです。


世の中の先端技術すべてに言えることですが、どんなに凄い技術があっても、それを使いこなせる人がいないと無意味。また、その技術をみんなが使いたいと思う風潮にならないと使わない。この技術を使えば、こんな新しいことができるということを周知させて文化として土着し認知されなければ駄目。


古田貴之の経歴・略歴

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

人を動かすには、信頼関係の構築が必須です。リーダーを信じられなければ、部下は全力で動けません。「信じてついてきてほしい」というリーダーの常套句も、信頼関係がなければ効きません。


窪田良

過去に様々な研究者を見てきましたが、仮説自体が間違っているというより、自身の仮説を信じることができないために諦めてしまう場合が少なくありません。


ひろゆき(西村博之)

価値のある会社であれば、株式市場に出して手放す必要はないんですよ。価値のない会社だからこそ、株式市場に出してお金にする。そういう意味では、僕は未来検索ブラジルを市場に出すつもりはないですけど。


出雲充

「この世にくだらないものは、ない」。私が最も大切にしている言葉です。どんな仕事にも喜びは見いだせる。


ジェフ・ベゾス

顧客に対する執着も重要です。それは、競争相手ではなく、顧客を中心に戦略を考えると言うことです。競争相手の戦略を真似るのはアマゾン流ではありません。むしろ顧客にとって何が一番良いのかを考えて行動します。


上田準二

新しい企画は立案者一人だけの力では成功しません。だからこそ各部署の理解と協力を得られる見込みのない企画は通せません。企画を実現させるためには、わかりやすい言葉と絶対に結果を出すという情熱、そして企画に携わる人たちとの信頼関係が、不可欠だと思うのです。


関山和秀

研究室のメンバーと飲んでいるときに、たまたま虫の話になりました。化石を見ていただくとわかるのですが、じつは虫は4億年前ぐらいから形が変わっていません。ゴキブリはずっとゴキブリの形をしているし、トンボはずっとトンボです。ということは、虫はそれ以上進化する必要がない洗練された生き物だと考えることもできます。虫が洗練された生き物だとしたら、虫が使っているテクノロジーもじつはものすごくて、産業用に活かせるかもしれないという話で盛り上がったんです。どうせなら一番強い虫を研究したいという話になりました。一般的に最強と言われているのはスズメバチ。でも、そのスズメバチを捕食する虫もいる。それがクモです。あるメンバーは、クモの糸はジャンボジェットをつかまえられるくらいに強いという。そんな素材を大量生産できたら、すごいじゃないですか。
【覚え書き|クモの糸を研究し始めたきっかけを振り返っての発言】


伊藤一郎(経営者)

経営体制の変更は、過去の否定ではない。


アルボムッレ・スマナサーラ

生き物は自分に本当に必要なことなら、あれやこれや言われなくても力を出します。


松本正義

基礎技術の研究を継続することは、住友電工の生命線です。この努力を怠れば永続できる会社ではなくなってしまう。


小倉昌男

社内でも反対の声が強くてね。いろいろ言われたこともあります。でも、私には、やりようによっては儲かる商売だとの確信がありましたから。必死で説得してまわりましたよ。とにかく最初の1年にすべてを懸け、メチャクチャに頑張りました。
【覚え書き|宅急便事業開始時を振り返っての発言】


青野慶久

サイボウズには、世界で一番使われるグループウェア・メーカーになって「チームワークあふれる社会を創る」というビジョンがあります。したがって世の中がチームワークあふれる方向に向かっていないと感じたら、当然、それを正さなければならない。