古田貴之の名言

古田貴之のプロフィール

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

古田貴之の名言 一覧

キーワードは「ものづくり」ではなく「ものごとづくり」。「ものごとづくり」とは、技術に加え、それを動かす人たちの訓練、運用体制まで構築すること。


どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。


我々は現地の作業員を交えて週に1回約10時間のミーティングをやります。その時の作業員の「こうなったらいいな、ああなったらいいな」という呟きを聞き、その要望を元に、その日のうちにハードウエアとソフトウエアを作り、ロボットに実装して送り出します。100%内製していたからこそ可能なのです。


世の中の先端技術すべてに言えることですが、どんなに凄い技術があっても、それを使いこなせる人がいないと無意味。また、その技術をみんなが使いたいと思う風潮にならないと使わない。この技術を使えば、こんな新しいことができるということを周知させて文化として土着し認知されなければ駄目。


古田貴之の経歴・略歴

古田貴之、ふるた・たかゆき。日本の工学博士、ロボットクリエイター。「千葉工業大学未来ロボット技術研究センター」所長。東京都出身。青山学院大学理工学部卒業、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退。青山学院大学理工学部機械工学科助手、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターを務めた。

他の記事も読んでみる

徳谷智史

私が会社員時代、著名な経営者に起業の相談をした際に「それでキミはいつ、起業するの?」と聞かれハッとしました。期限を決めることで、逆算していまやるべきことが見えてくる。行動するなら「いま」。漠然とした「いつか……」は永遠にやってこない。


石渡美奈

感謝の手紙を書いていると、相手への感謝の気持ちがより湧いてくる。手紙を書くのは、自分のためでもあるのだと思います。


山﨑敦義(山崎敦義)

リーマンショックの後で、ベンチャーキャピタルは壊滅状態。資金集めには苦労して、国内だけでなく中東やシンガポールにもお願いをしに行きました。みなさん興味を示してくれるんです。でも、「一緒にやりたいが、まだ工場もない。生産できるようになったらまた来てくれ」と言われて、資金調達には至りませんでした。家賃も払えないくらいの状況になっていたときに、経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業に採択されました。採択されればほかの投資を呼び込むきっかけになるので、僕は1000万円でも十分だと思っていました。しかし、ふたを開けたら、9億円も補助金をいただけた。これが呼び水になって、結局15億円が集まりました。


小島貴子

前職を辞め、再就職することを決断したら、それまで構築してきた人間関係の棚卸しをお勧めする。ビジネス、プライベートの別は問わず、大事なことは、目先の損得勘定だけで付き合ってきた人と、そうでない人とをきっちり分けること。具体的には「ちょっと会いたいのだが」と連絡して、理由も聞かずに会ってくれる人が、あなたにとってのキーパーソンになる。損得勘定抜きで付き合える人であり、そういう人こそ転職先を紹介してくれるものだ。


内田幸雄

社会的価値を追求した後でさえ、経済的な価値をどう追求していくかということ。それが企業としての役割だと思いますし、ルールを守ったうえで、勝負に勝つというのが我々の使命。


小堺桂悦郎

数字を見るときに大事なのは、知識より想像力です。


豊田一成

ポジティブなイメージが描きにくい人は五感を使うんです。スポーツ選手が最高のプレーをしたら、私は必ず状況を細かく振り返らせます。そのとき、いつ、どこで、どんな内容だったかだけではなく、景色や音、匂い……など「五感」のレベルまで落とし込んでもらうんです。高校時代のイチロー選手は、上手く打てた時に球がバットに当たった感触までイメージしていましたね。


窪田良

確かに未練は残りますが、何かを捨てないと新しいモノを手にすることはできないと思います。特にベンチャー経営では、こだわることが必ずしもプラスにはならない。


伊藤寛治

常々言っていることは「脱皮しない蛇は死ぬ」、つまり自己変革を続けなければならないということです。


野茂英雄

若いうちは、無駄が栄養ですね。


森永卓郎

これまで、個人のスケジュールやアイデアというものは、個人が持つ手帳やノート、頭のなかに留められることがほとんど。ところが、ウェブにつながった手帳アプリが普及することで業務効率は飛躍的に向上して、思いつきを共有すれば、新しいアイデアや商品が生まれる可能性も高いでしょう。


張本邦雄

日本文化を持ち込もうなんて考えていたら、地域でナンバーワン企業になんて絶対になれません。


又吉直樹

芸人になる以上、今までの自分とは決別しなければならない、と。それで、まったく別の環境に行きたかったんです。全部置いてくる気持ちよさを感じながら大阪を出ました。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

今後、世界はますます不安定、不確実、複雑、曖昧になってくる。これを乗り越えるには、ブレない信念が必要。


ジャスパー・チャン

書籍から開始したアマゾンジャパンですが、家電や玩具、キッチン用品、07年にはファッションにも参入しました。足元では、市場が大きい食品などにも布石を打っています。地球上で最も豊富な品ぞろえを持ち、最もお客様を大切にする。これがアマゾンのミッションです。このミッションから考えて、日本については非常に満足しています。


ページの先頭へ