名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古田茂美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田茂美のプロフィール

古田茂美、ふるた・しげみ。香港貿易発展局日本首席代表。国際基督教大学大学院行政学研究科博士前期課程修了、香港中文大学大学院崇基書院経済学研究科 交換留学、神戸大学大学院経営学研究科でMBA取得、立命館大学大学院国際関係研究科で博士号取得(国際関係学)。香港貿易発展局香港本局に初の日本人スタッフとして入局。ジャパンデスク トレードアドバイザー、東京事務所 市場開発部長、大阪事務所長、香港本局 海外事業部日本課長、香港貿易発展局を退局し大阪市経済局に入局、大阪ビジネスパートナー都市交流協議会 初代事務局長、香港貿易発展局に復局し大阪事務所長などを務めたのち、同局の日本首席代表に就任。著書に『中華文化圏進出の羅針盤』 『兵法がわかれば中国人がわかる』ほか。

古田茂美の名言 一覧

日本人は「公」と「私」を分けて考えますが、中国の「公」の感覚は日本とは相当違います。あるのは一族郎党がものを分かち合う「共」の感覚。汚職が結果的に多くなるのも、身内に分け与えることに、高い倫理観をおくことがあるからです。


中国人は一番身近な家族に高い価値を置きます。本人ではなく奥さんや子供さんに贈り物をすることも効果は絶大です。贈られた人が喜べば、相手との距離は少しずつ縮まり、自己人の領域(自己領域の人。血縁・地縁・業縁等々)に入っていけるはずです。


中国人には儒教の教えが根付いています。身内はこのうえなく大切にするということです。関係のことを中国では「グワンシ」と言いますが、これは中国人を理解する最も重要なキーワードです。濃密な人間関係・グワンシを築き、身内である自己人(自己領域の人。血縁・地縁・業縁等々)の領域に入り込めば、信義に厚く約束は必ず守る君子を見ることになります。


中国人は自己領域の人「自己人」と自己領域外の人「外人」とをはっきり分ける考え方を持っています。自己人は家族をはじめ血縁、地縁、同じ目標に向かって行動する業縁で結ばれた人です。一方、外人はそうした縁のない人です。日本人は初対面の人でも。日本人は初対面の人でも割とすぐに信用しますが、中国人はすぐに信用などしません。まずは警戒し、敵と対する目で人を見ます。


古田茂美の経歴・略歴

古田茂美、ふるた・しげみ。香港貿易発展局日本首席代表。国際基督教大学大学院行政学研究科博士前期課程修了、香港中文大学大学院崇基書院経済学研究科 交換留学、神戸大学大学院経営学研究科でMBA取得、立命館大学大学院国際関係研究科で博士号取得(国際関係学)。香港貿易発展局香港本局に初の日本人スタッフとして入局。ジャパンデスク トレードアドバイザー、東京事務所 市場開発部長、大阪事務所長、香港本局 海外事業部日本課長、香港貿易発展局を退局し大阪市経済局に入局、大阪ビジネスパートナー都市交流協議会 初代事務局長、香港貿易発展局に復局し大阪事務所長などを務めたのち、同局の日本首席代表に就任。著書に『中華文化圏進出の羅針盤』 『兵法がわかれば中国人がわかる』ほか。

他の記事も読んでみる

鈴木貴子(経営者)

日本では長引いてきたデフレの影響が深刻だとされますが、その正体はイノベーションの欠如。単純な話として、新しいニーズを生み出し、需要を増大させればデフレは解消できる。それをするのは我々企業の責任で、デフレが続くようなことがあれば企業の怠慢。


君塚良一

面白さというパッケージに包んで自分の言いたいことを言う、という意識で僕はシナリオを書いています。僕が言いたいことを言って、誰も見てくれなくては仕事にならない、プロですから。ですから面白さということを前提にやっています。


村口和孝

たまたま売れて利益が出ることもあるが、どこかでおかしくなる。一瞬利益が出て成功しているように見えるので「驕った経営」の状態となり、本人は実力で成功していると思いこんでいるだけ、修正が効かないことが多く、余計に事態は厄介である。


松下幸之助

僕はものを言いやすかったんだと思います。極端にいえば、今日入った小僧さんでも、僕にものが言えたわけです。僕に注意できたわけですよ。「それは間違ってますよ」「間違いやおまへんか」と、そういうことがたやすく言えたわけです。「そうか、それなら考えてみるわ」と、こうなります。自分で一所懸命考えて、こんなふうにやらないといかんというようなことで気張って、それを押し付けるということはまずなかったです。


桜井弘(櫻井弘)

言い方ひとつで、相手の印象はすごく変わります。たとえば、どんな高価なプレゼントでも、むき出しでポンと渡されたら、ありがたみがないでしょう。包装紙で包み、リボンをかけて、タイミングを考えて渡してこそ効果百倍ですよね。情報や意見も、話し方次第で、受け取る相手に感謝されたり、ムッとされたりするものなのです。


ジャック・ウェルチ

危機がなければ、人間はどれほど現状に安住することか。実際、あなたの会社のような官僚主義的な組織はぬるま湯のように心地よく、社員は決してそこから出ようとしません。ましてや冷たい水に飛び込みたいという欲求は少しも持っていないでしょう。社員は飛び込もうとしないのですから、背中を押してやる必要があります。


ユング

ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。あらゆるケースに適用する人生の秘訣などはない。


間川清

たとえは離婚相談で女性は愚痴っぽくなる人が多く、30分の相談で私が話していた時間は3分だけということも。話を聞くと、「先生、本当にありがとうございました」と解決したような気持ちになって帰られますね。私があまりアドバイスをしていなくてもです。一方、男性はあらかじめ質問項目を整理してくる方が多く、下手をすると3分で相談が終わります。


佐藤亙(経営者)

人は「相手が信頼できる人間かどうか」を判断する時、相手の「能力」と「人格」を見る。


石原慎太郎

松下幸之助も田中角栄も、素晴らしい「文明史感」を持っていた。「観」ではなくて「感」。この感性がない人間には、新しいものを創造できない。文明史感を持つということは、世の中の変化の流れを体感できるかどうかということ。それができない人間は創意が出てこないし、発想力も出てこない。


関根眞一

苦情が多い時代だからこそ、相手の文句や不満を上手に受け止めて、良好な関係を維持していく能力が求められています。


笹山尚人

立場や性別、年齢にかかわらず個人が尊重されている職場はパワハラが発生しにくい雰囲気になります。そうした職場は働く人が十分に力を発揮することができ、結果的に生産性も上がっていきます。職場のパワハラ問題の解決は、働く人と企業側、双方にとって良い結果をもたらすのです。