名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古田英明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田英明のプロフィール

古田英明 、ふるた・ひであき。日本のヘッドハンター。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。東南アジア、中近東で企画・販売業務に携わったのち、野村証券を経て、ヘッドハンティング世界大手のラッセル・レイノルズに入社。その後、日本初のエグゼクティブサーチ会社の縄文アソシエイツを設立。主な著書に『本物の社員になれ!時代が求める5%リーダーとは』『カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』『転職する人、できない人』『もうこの会社やめたいと思ったとき読む本』『経営力 川を越えた人間はここが違う!』『転職術』『稼げる人稼げない人 ヘッドハンターと日本を代表する22人の上級ビジネスマンが明かす年収を8ケタにするチェックポイント』など。

古田英明の名言 一覧

フォーチュン500の企業のCEOで、米国人以外で最も多いのはインド人です。彼らはナップサックひとつでニューヨークにたどり着き、50年かけてそこまで上り詰めた。その間、日本は漫然と過ごしてきた。この状況は、もう個別企業では変えることができない。オールジャパンでグローバルに通用するビジネスマンを育成していくしか日本の生き残る道はない。


学生なら、「日本以外で働きます」と言わないと、これからはもう職はない。30代であれば、海外赴任を積極的に申し出るべき。若いうちに準備をしておかないと、45歳になって会社が中国人に買収され、日本には職がありません、ではつらい。日本企業に駐在員を出せる力がまだ残っているうちに、海外へ出ておくほうがいい。


「怒られ上手」になることが大切です。「説教したら屁理屈を返してくるのでは」「説教したら恨まれるのでは」と、相手に思わせないような対応を心がけて、どんどん助言してもらうのです。


社会的によほど問題がある会社であれば別ですが、そうでなければ、不満があってもとりあえず目の前の仕事で本気で取り組んでみることが必要です。営業マンなら、取引先が人手不足で困っていれば、忙しくても手伝いに行く。急な注文で納品が間に合わないときは、工場に直接出向き、「今晩中につくってほしい」と土下座する……。本気の人の周りには本気の人が集まってきますから、そんなあなたの姿を見て「よし、コイツに教えてやろう」という先達がきっと出てくるでしょう。


上司や取引先の人といった人生の先達たちに、仕事の本質やツボを教えてもらうには、心の通い合いや信頼関係が必要です。そうした関係を築くには時間がかかります。入社6年目、28歳あたりがようやく教えてもらえるようになったかなという年齢なのです。ところが最近は20代で転職を繰り返す人が少なくありません。自分では「この会社で学べることはすべて学んだ」と思っているようですが、それは大きな勘違いです。転職すると、人間関係を一から作り直さなければいけないので、仕事の本質を教わるチャンスがまた遠のいてしまいます。


30代で半人前から一人前のビジネスマンに成長するために、やっておかなければならないのは、仕事のツボや本質といったものを学ぶことです。仕事の成否を分けるポイントは何か、何のためにこの仕事があるのか、この仕事の本当の喜びとは……。こういったことを上司や取引先の人といった人生の先達から、いかに吸収するか。それによって、30代以降に成長できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。


20代後半といえば、仕事のやり方をひととおり覚え、ビジネスマンとしての自信が形成される時期でしょう。しかし実際のところは、仕事のやり方を表層的に学んだだけです。人間の成長にたとえると、ようやくオムツが取れた状態にすぎません。


20代後半で手柄を急ぐ必要はないのです。勝負のときは、これからの人生でいくらでもあります。それに、信頼関係を養う作業を続けていれば、仕事の成果はいつの間にか出ているものです。また、そうした人材には「35歳転職限界説」など、決して関係ありません。


古田英明の経歴・略歴

古田英明 、ふるた・ひであき。日本のヘッドハンター。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。東南アジア、中近東で企画・販売業務に携わったのち、野村証券を経て、ヘッドハンティング世界大手のラッセル・レイノルズに入社。その後、日本初のエグゼクティブサーチ会社の縄文アソシエイツを設立。主な著書に『本物の社員になれ!時代が求める5%リーダーとは』『カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』『転職する人、できない人』『もうこの会社やめたいと思ったとき読む本』『経営力 川を越えた人間はここが違う!』『転職術』『稼げる人稼げない人 ヘッドハンターと日本を代表する22人の上級ビジネスマンが明かす年収を8ケタにするチェックポイント』など。

他の記事も読んでみる

土光敏夫

価値観というものは、時代とともに変わっていくのが当たり前だ。それでなきゃ、歴史は生まれない。仲間のご老体たちが「このごろは価値観が違って困る」とこぼしているが、そんなことは当然のことなんです。僕らの世代だって個人によって価値観は違うのだし、価値観が一緒になったら、それは独裁国家ですよ。


谷口恒

自動運転技術開発車両を提供する事業を始めましたが、自動運転の技術が社会に必須の技術であるという確信はまだ持っていませんでした。お酒を飲んでも自動車に乗って家に帰れるなど自動運転がもたらす利点は思い浮かべていましたが、いずれも必ずしも社会に必要な技術というわけではありません。「あったらいいな」という技術だったのです。この考えが大きく変わったのは2013年のことです。キッカケは、体の具合を悪くした父を見舞うために実家に帰った時、地方の交通弱者が置かれている深刻な状況に気づいたことでした。いつもなら最寄りの駅まで父が自家用車で迎えに来てくれますが、その時はそうはいきません。そこでタクシーを利用しようとしたところ、利用者が減ったという理由で、いつも駅前で待機していたタクシーを運営していた会社が廃業していました。そうなると駅から実家まで移動する手段がもうありません。こうした事態に直面して、過疎地で交通手段がなくなることが、大きな問題であることに気づきました。この時に私の中で自動運転が、「あったらいいな」という技術から、「実現しなくてはならない技術」に変わったのです。


和田秀樹

自宅や会社の近くの精神科に駆け込む前に、ネットの口コミ情報などを利用して、比較的評判のいいところを見つけて診てもらったほうがいいでしょう。うつ病は場合によっては命に関わるのですから、リサーチに多少の手間をかけたほうがいい。診断を受けてからも、治療法が自分に合わないと思ったら、それを医師にきちんと伝えて相談しましょう。もし、医師の説明や治療方針に納得がいかなければ、ほかの医師に診てもらうということも必要です。


山内溥

人事を尽くして天命を待つというが、人事なんてなかなか尽くせるものではない。そのときは、やるだけやった、あとはどうなっても満足だと思うかもしれないが、しくじったら、そのとたんに、ああしておけばよかった、こうもすればよかったと、次から次に反省が生まれるものです。だから、どんなに人事を 尽くしたつもりでも、人間は所詮は天命を待つ心境にはなれない。そういう意味でもわたしは、任天堂の名の由来のごとく、人事を尽くして天命を待つのではなく、単純に「運を天に任せる」という発想を積極的に取りたいと思っています。


井原勝美

社会人になってからは、自分の時間の中でも大きな割合を占める仕事の時間をいかに充実して過ごすかということを大切にしてきました。仕事での充実感が、心身の健康に与える影響は大きいと思うからです。


豊臣秀吉

金銀をたくさん積んでおくのは、良い侍を牢に押し込めて置くのと同じことだ。
【覚書き:秀吉が金銀を気前よく部下や民衆に与えるのはなぜかと家臣が聞いた時の言葉。秀吉は気前が良い武将であると同時に、敵だった武将を打ち負かした後、牢に押し込めておかずに自分の部下に登用するほどの器量を持っていた。】


柴田和子(セールス)

楽な仕事ではないのですが、出会った方一人ひとりの人脈を大切にしながら、コツコツと積み重ねてきました。同級生の家が檀家だったことで面識を持てた有名な和尚さんにお願いして、大手自動車メーカーの常務を紹介してもらいました。この方が(自分と同じ)新宿高校出身で、そこから私の財界人脈が広がりました。


和田完二

原田の家に何十万の資産があって、私の家が赤貧洗うがごとしであっても構わない。「小糠三合あれば養子に行くな」のたとえもある。私は自分の努力で和田の家を立派にしてみせる。12月に入営して軍隊の義務を終えたら、一生懸命に働きます。
【覚書き|旧制中学卒業後、商売をしている金持ちの伯父の家に養子として預けられたがそりが合わず実家に帰って言った言葉】


是枝伸彦

今の日本が停滞しているのはリスクをとらないで、安全策ばかりとってきたツケ。当社も含めてリスクをとって外に出ていくということが、今の日本に求められていることだと思います。


築山節

朝の時間を有効に活用するキーワードは、「手・口・足を動かせ」です。朝の脳はぼんやりしています。覚醒度は低い。そこで、起床後2時間、脳の運動系と呼ばれる機能を使うことでウォーミングアップをするのです。ウォーキング、部屋の片付け、朝ごはんづくり、家庭菜園、ゴミ出し、丁寧な歯磨き・洗顔など、ごく簡単にできることはたくさんあります。


伊藤直彦

会社のために仕事をしているなどと考えなくてよい。仕事を通して自己を成長させていってほしい。自己の成長こそ人生の目標ではないだろうか。


市村洋文

目の前の仕事に情熱を失っているなら、「この仕事は誰のためにやるのか」をもう一度、考えてみましょう。普段忙しく働いているときは、こういうことを見失いがちですし、ゆっくり考える暇もないでしょうから、休日は仕事の意味を見直すいいチャンス。