名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古田英明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田英明のプロフィール

古田英明 、ふるた・ひであき。日本のヘッドハンター。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。東南アジア、中近東で企画・販売業務に携わったのち、野村証券を経て、ヘッドハンティング世界大手のラッセル・レイノルズに入社。その後、日本初のエグゼクティブサーチ会社の縄文アソシエイツを設立。主な著書に『本物の社員になれ!時代が求める5%リーダーとは』『カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』『転職する人、できない人』『もうこの会社やめたいと思ったとき読む本』『経営力 川を越えた人間はここが違う!』『転職術』『稼げる人稼げない人 ヘッドハンターと日本を代表する22人の上級ビジネスマンが明かす年収を8ケタにするチェックポイント』など。

古田英明の名言 一覧

フォーチュン500の企業のCEOで、米国人以外で最も多いのはインド人です。彼らはナップサックひとつでニューヨークにたどり着き、50年かけてそこまで上り詰めた。その間、日本は漫然と過ごしてきた。この状況は、もう個別企業では変えることができない。オールジャパンでグローバルに通用するビジネスマンを育成していくしか日本の生き残る道はない。


学生なら、「日本以外で働きます」と言わないと、これからはもう職はない。30代であれば、海外赴任を積極的に申し出るべき。若いうちに準備をしておかないと、45歳になって会社が中国人に買収され、日本には職がありません、ではつらい。日本企業に駐在員を出せる力がまだ残っているうちに、海外へ出ておくほうがいい。


「怒られ上手」になることが大切です。「説教したら屁理屈を返してくるのでは」「説教したら恨まれるのでは」と、相手に思わせないような対応を心がけて、どんどん助言してもらうのです。


社会的によほど問題がある会社であれば別ですが、そうでなければ、不満があってもとりあえず目の前の仕事で本気で取り組んでみることが必要です。営業マンなら、取引先が人手不足で困っていれば、忙しくても手伝いに行く。急な注文で納品が間に合わないときは、工場に直接出向き、「今晩中につくってほしい」と土下座する……。本気の人の周りには本気の人が集まってきますから、そんなあなたの姿を見て「よし、コイツに教えてやろう」という先達がきっと出てくるでしょう。


上司や取引先の人といった人生の先達たちに、仕事の本質やツボを教えてもらうには、心の通い合いや信頼関係が必要です。そうした関係を築くには時間がかかります。入社6年目、28歳あたりがようやく教えてもらえるようになったかなという年齢なのです。ところが最近は20代で転職を繰り返す人が少なくありません。自分では「この会社で学べることはすべて学んだ」と思っているようですが、それは大きな勘違いです。転職すると、人間関係を一から作り直さなければいけないので、仕事の本質を教わるチャンスがまた遠のいてしまいます。


30代で半人前から一人前のビジネスマンに成長するために、やっておかなければならないのは、仕事のツボや本質といったものを学ぶことです。仕事の成否を分けるポイントは何か、何のためにこの仕事があるのか、この仕事の本当の喜びとは……。こういったことを上司や取引先の人といった人生の先達から、いかに吸収するか。それによって、30代以降に成長できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。


20代後半といえば、仕事のやり方をひととおり覚え、ビジネスマンとしての自信が形成される時期でしょう。しかし実際のところは、仕事のやり方を表層的に学んだだけです。人間の成長にたとえると、ようやくオムツが取れた状態にすぎません。


20代後半で手柄を急ぐ必要はないのです。勝負のときは、これからの人生でいくらでもあります。それに、信頼関係を養う作業を続けていれば、仕事の成果はいつの間にか出ているものです。また、そうした人材には「35歳転職限界説」など、決して関係ありません。


古田英明の経歴・略歴

古田英明 、ふるた・ひであき。日本のヘッドハンター。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。東南アジア、中近東で企画・販売業務に携わったのち、野村証券を経て、ヘッドハンティング世界大手のラッセル・レイノルズに入社。その後、日本初のエグゼクティブサーチ会社の縄文アソシエイツを設立。主な著書に『本物の社員になれ!時代が求める5%リーダーとは』『カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』『転職する人、できない人』『もうこの会社やめたいと思ったとき読む本』『経営力 川を越えた人間はここが違う!』『転職術』『稼げる人稼げない人 ヘッドハンターと日本を代表する22人の上級ビジネスマンが明かす年収を8ケタにするチェックポイント』など。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

メディアは何であれ言葉を乗せるビークル(乗り物)である。書籍やテレビ、ラジオと同じく、メールもツイッターもビークルだ。しかし肝心のコンテンツ(内容)がよくないと話しにならない。僕はまったく地上波テレビを観ていないが、その理由もコンテンツがよくないからだ。見るに値するコンテンツなど皆無で、テレビを観る時間があったら、本を読めと言いたい。


高田明(ジャパネットたかた)

我々の売る商品が、お客様やご家族の人生を変えていく。そのぐらい商品には力があります。それを伝えるためにも、納得できる商品を紹介していきたい。


中山讓治(中山譲治)

一人一人が単に与えられた作業・数字をこなすというのではなく、それぞれの持ち場で「自分はこうしたい」という明確な意志を持って、臨んで欲しい。


坂根正弘

私は社外取締役の是非だけを論じていては、コーポレートガバナンスの議論を矮小化しかねないと危惧している。まず企業と経営者が「何のためのガバナンスか」を自分の頭で考え、明確にしておかなければどんな制度も形骸化するからだ。


宗岡正二

定性的に「おまえのところは少し成績が悪い」」という話ではなく、全部の工場を工程別に技術指標など言い訳の余地のない物差しで並べるんです。「俺の城だ」とか「俺のやり方が正しいんだ」とか、そういう情緒的なやり方ではダメなんです。現場の人間まで意識改革しなければなりませんから時間はかかりますが、必ず全体の底上げになる。


ジェローム・シュシャン

重要なのは結果ではなくプロセス。自信を持ってほしい。


河瀬直美(河瀨直美)

私はドキュメンタリー映画をフィルムで撮影しています。それは単なる情報が撮りたいわけではないからです。デジタルと違って、やり直しが利かないということは、私なりの覚悟。そうすると映る相手の眼差しも変わってくるんです。


児玉光雄

目標を立てる際に欠かせないのが、「いつまでに」という期限です。その期限が数値化されていないと、モチベーションは高まりません。


川田篤(経営者)

デジタル技術の進歩でテクノロジーがお客様(企業)のマーケティングを劇的に変えていく。そこに我々の技術を生かしていこうと考えまして、お客様と一緒になって事業を行っているところです。


佐藤誠治(経営者)

日本は有史以来、最大の変化の淵にいます。今後100年で人口が約3分の1になり、戦争も大災害もないのに人口が減っていく。そんな時代は今まで無かったことであり、これが我が国が直面しているマクロ環境だと思います。これを黙って見ていれば、マーケットは3分の1に縮小していきますが、我々はこうした変化を恐れず、いかに環境変化を新たな機会に変えていくかが重要だと思っています。


梅森浩一

「最初に結論ありき」がビジネス文書の基本と心得てください。現代のビジネスパーソンは、何が言いたいのかわからないような文書に付き合っていられるほど暇ではありません。


北川登士彦

社員はすぐに結果に結びつかない仕事だとその価値がわからず、つい自分のことを過小評価してしまいがちです。そのときは、「君がやった仕事は、たとえフィーが小さくても、必ず将来会社に大きな利益をもたらすきっかけになる」などと、真の価値を伝える。リーダーの最も大切な役割はそこにある。