名言DB

9412 人 / 110637 名言

古田英明の名言

twitter Facebook はてブ

古田英明のプロフィール

古田英明 、ふるた・ひであき。日本のヘッドハンター。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。東南アジア、中近東で企画・販売業務に携わったのち、野村証券を経て、ヘッドハンティング世界大手のラッセル・レイノルズに入社。その後、日本初のエグゼクティブサーチ会社の縄文アソシエイツを設立。主な著書に『本物の社員になれ!時代が求める5%リーダーとは』『カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』『転職する人、できない人』『もうこの会社やめたいと思ったとき読む本』『経営力 川を越えた人間はここが違う!』『転職術』『稼げる人稼げない人 ヘッドハンターと日本を代表する22人の上級ビジネスマンが明かす年収を8ケタにするチェックポイント』など。

古田英明の名言 一覧

フォーチュン500の企業のCEOで、米国人以外で最も多いのはインド人です。彼らはナップサックひとつでニューヨークにたどり着き、50年かけてそこまで上り詰めた。その間、日本は漫然と過ごしてきた。この状況は、もう個別企業では変えることができない。オールジャパンでグローバルに通用するビジネスマンを育成していくしか日本の生き残る道はない。


学生なら、「日本以外で働きます」と言わないと、これからはもう職はない。30代であれば、海外赴任を積極的に申し出るべき。若いうちに準備をしておかないと、45歳になって会社が中国人に買収され、日本には職がありません、ではつらい。日本企業に駐在員を出せる力がまだ残っているうちに、海外へ出ておくほうがいい。


「怒られ上手」になることが大切です。「説教したら屁理屈を返してくるのでは」「説教したら恨まれるのでは」と、相手に思わせないような対応を心がけて、どんどん助言してもらうのです。


社会的によほど問題がある会社であれば別ですが、そうでなければ、不満があってもとりあえず目の前の仕事で本気で取り組んでみることが必要です。営業マンなら、取引先が人手不足で困っていれば、忙しくても手伝いに行く。急な注文で納品が間に合わないときは、工場に直接出向き、「今晩中につくってほしい」と土下座する……。本気の人の周りには本気の人が集まってきますから、そんなあなたの姿を見て「よし、コイツに教えてやろう」という先達がきっと出てくるでしょう。


上司や取引先の人といった人生の先達たちに、仕事の本質やツボを教えてもらうには、心の通い合いや信頼関係が必要です。そうした関係を築くには時間がかかります。入社6年目、28歳あたりがようやく教えてもらえるようになったかなという年齢なのです。ところが最近は20代で転職を繰り返す人が少なくありません。自分では「この会社で学べることはすべて学んだ」と思っているようですが、それは大きな勘違いです。転職すると、人間関係を一から作り直さなければいけないので、仕事の本質を教わるチャンスがまた遠のいてしまいます。


30代で半人前から一人前のビジネスマンに成長するために、やっておかなければならないのは、仕事のツボや本質といったものを学ぶことです。仕事の成否を分けるポイントは何か、何のためにこの仕事があるのか、この仕事の本当の喜びとは……。こういったことを上司や取引先の人といった人生の先達から、いかに吸収するか。それによって、30代以降に成長できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。


20代後半といえば、仕事のやり方をひととおり覚え、ビジネスマンとしての自信が形成される時期でしょう。しかし実際のところは、仕事のやり方を表層的に学んだだけです。人間の成長にたとえると、ようやくオムツが取れた状態にすぎません。


20代後半で手柄を急ぐ必要はないのです。勝負のときは、これからの人生でいくらでもあります。それに、信頼関係を養う作業を続けていれば、仕事の成果はいつの間にか出ているものです。また、そうした人材には「35歳転職限界説」など、決して関係ありません。


古田英明の経歴・略歴

古田英明 、ふるた・ひであき。日本のヘッドハンター。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。東南アジア、中近東で企画・販売業務に携わったのち、野村証券を経て、ヘッドハンティング世界大手のラッセル・レイノルズに入社。その後、日本初のエグゼクティブサーチ会社の縄文アソシエイツを設立。主な著書に『本物の社員になれ!時代が求める5%リーダーとは』『カリスマヘッドハンターが明かすリーダーの条件』『転職する人、できない人』『もうこの会社やめたいと思ったとき読む本』『経営力 川を越えた人間はここが違う!』『転職術』『稼げる人稼げない人 ヘッドハンターと日本を代表する22人の上級ビジネスマンが明かす年収を8ケタにするチェックポイント』など。

他の記事も読んでみる

赤羽雄二

新事業に関しては、社長直属か、あるいは副社長か事業本部長直属の新事業立ち上げチームを複数置き、市場導入まで、社内での開発競争を促すとよいでしょう。チームリーダーには経営者の視点で、部下に徹底的に要求し、議論し、最善の手を打っているかどうか、とことん追求させねばなりません。それがトップの責任です。


村尾信尚

私の経験だけでいって、も自己中心的な要領のいい人が組織で長持ちしたケースはほとんどないですね。むしろ、上司の指示を忠実に実行して、相手省庁とぶつかり、「お前の部下は一体なんだ」と怒鳴りこまれるくらいの愚直な人間の方が、上になったときに人を動かす人望力が強くなります。


千林紀子

飼料事業は新興国の顧客拡大が課題です。欧米では抗生物質を使わずに家畜を飼育するのがトレンドになっており、当社の製品への支持が高まっています。この流れは中国や東南アジアにも広がるでしょう。その時に波に乗れるよう、現地人材の育成に力を入れなければいけません。


中野信子

本の読み方にルールはありません。特にビジネス書の多くはどこから読んでもいい構成になっています。ただ、それでも頭に入ってこない本は、思い切って投げ出す勇気も大切。本には読みたくなる時期というのがあるので、それまで寝かしておけばいいのです。


吉田直人(経営者)

大学時代、実家がつぶれかかり、仕送りがなくなって学費から生活費まで自分で稼がなければならなくなりました。環境というのは恐ろしいなと思いますが、平々凡々と生きてきた子供が「やるしかない」となると自立していくものなんですね。その時の経験は、素晴らしく、今に生きていると感じます。


猪子寿之

サンフランシスコに行ってみると、人前で同性同士が堂々と手をつないで、キスをしている。厳格な保守派ではタブーとされていることが、平然と行われていた。その様子をこの目で見て安心したんだ。一般的に多数派の価値観を、捨てちゃってもいいんだって。気持ちが楽になったね。
【覚え書き|サンフランシスコ留学を振り返っての発言】


齋藤孝(教育学者)

私は、「前回1時間かかった仕事なら、次は45分で、あるいは30分でできないか」ということを常に考えながら仕事をしています。そもそも、一度やった仕事は、前回よりも上達しているはずですよね。本来なら、より早い時間でできて当然なのです。


ちきりん

私は以前、外資系企業で、法人顧客の財務戦略を立案する仕事をしていました。初めの頃は、自分の意見を上司に伝えても「これは本当に自分のアタマで考えたのか?」と突っ込まれてばかりで。当時の上司に日々鍛えられ続けて、自分だけの考えを徹底的に突き詰めるコツを身につけることができた。完全なるOJTの賜物です。


クリスティン・エドマン

急ぎすぎて失敗することはたしかにあると思います。でも、仮に失敗しても、そこから学んで同じ失敗を繰り返さなければいい。むしろ、数日間手を打たずに放っておいて、手遅れになるほうが怖いですね。


桑原豊(経営者)

部下の調子が悪いときにしっかりフォローすることを心がけています。人間には、いいときもあれば悪いときもあります。強い人は、それでもいい。いいときは浮かれないように自戒するし、悪いときは自分で自分を励ますことができますから。しかし、中にはいいときに浮かれすぎて、逆に悪いときに落ち込んでしまう人もいます。いいときと悪いときの振り幅が大きい部下に対して、放置は良くない。上司のフォローが必要不可欠です。


青木利勝

本当に突き詰めるべきは、お客様にいかに美味しい寿司をお出しし、質の高いサービスで満足してもらうか。


出路雅明

お店もお客さんも、どっちもクリエイティブにならないとダメなんです。お店とお客さんが、町や生き方をクリエイトしていくことが、これからのビジネスの姿ではないか。


倉重英樹

リーダーになると、ときにはメンバーを叱らなくてはならない場面も出てきます。最近は部下を叱れない上司が増えたと聞きます。そういう人は、「感情を爆発させて怒ること=叱ること」と勘違いしていないでしょうか。叱るとは指導であり教育です。だからこそ、そのための技術が必要です。


松田晋之介

エンジニアについてはほんとに人伝えで集めました。ビジョンややりたいことを伝えて、そこに共感してもらう。他のベンチャー経営者も同じだと思うんですけど、それしかないと思います。「うちはお金はない、でも、すぐ作ってほしい」っていうすごく矛盾したオファーを出して。ただ夢はあるみたいな。それでコツコツ人を集めました。でも正直そこしかないと思います。そこのリアルなところを伝え続けるしかないと思う。


小笹芳央

時に利益を求めるあまり暴走してしまうのが、会社の怖いところなのです。賞味期限や産地の偽装表示、不適切な耐震設計……。ここ数年、世間を騒がせた事件を振り返ってみましょう。これらの不祥事は「社会的におかしいだろう」ということに気づかなくなり、一線を蹄み越えてしまった例ですよね。長くいるとそれだけ、「普通に考えたら危険だ」ということに無自覚になっていくリスクを抱えているのが、会社という組織なのです。