名言DB

9429 人 / 110879 名言

古田新太の名言

twitter Facebook はてブ

古田新太のプロフィール

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

古田新太の名言 一覧

趣味はないですね。だから、オンとオフの切り替えとか気分転換も必要ないんです。一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足(笑)。


浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


演出家や監督の注文に応えられるように、いつもフラットな状態でいなきゃいけない。自分の中で熱くなっちゃうと、そうできなくなるから。


いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。


なかには「いや、俺はこう思うんですよ」っていう俳優さんもいらっしゃいますけど、おいらは違う。監督から「古田、それじゃないやつやってみて」って言われたら、すぐに違うものを提出します。「それでいこう」って言われるのが一番効率がいいでしょ。


子供の頃から舞台俳優になりたいと思っていました。高校演劇をやりながら、クラシックバレエや楽器を習ったのも、舞台でメシを食っていくための武器になるだろうと考えたからです。


ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。


舞台に立つようになって、わりとすぐにそこそこの人気が出て、お客さんも入るようになって。その頃のおいらは先輩たちのことを完全に舐めてました。「下手くそばっかりだ」って、平気で言ってましたからね、29歳のときに転機となる出会いが訪れるまでは。日生劇場で『虎 国性爺合戦』という芝居に出たときのこと。大竹しのぶさんと白石加代子さんの芝居を見て「これはヤバい」と感じたんです。天才・大竹しのぶと化け物・白石加代子。それまでおいらは自分のことを天才だと思っていましたが、即座に「秀才だったんだな」と(笑)。そうなってくると、おいらはこの人たちと同じ舞台に立つために、一体、何を磨けばいいのか、と考えるようになって。


(怪優と呼ばれるのは)仕事を選ばず、何でもやるからでしょう。象とかおかまの役も引き受けますから。


古田新太の経歴・略歴

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

コシノジュンコ

ある時、アサヒビール社長・樋口廣太郎さんと一緒に、「三大テノール」と呼ばれたオペラ歌手のプラシド・ドミンゴさんと食事をする機会がありました。私が一人で行くと、樋口さんがこうおっしゃったのです。「何でこんな時に子供を連れて来ないんだ」と。理由がわからないまま、とにかく電話で息子を呼び寄せたところ、樋口さんは息子にドミンゴさんと握手をさせました。ただそれだけです。それだけなのですが、息子にとっては、握手をしたことで、ドミンゴさんは「知っているおじさん」になったのです。アメリカのビル・クリントン元大統領が、高校生の時に当時のJ・F・ケネディ大統領と握手をしたのは有名な話ですが、一流の人物とほんの少し接するだけでも得るものは大きく、「自分」づくりのよい経験となることを教わりました。感受性の強い若い頃なら、なおさらのことでしょう。


瀧靖之

「不快・嫌い」な物事の中に、「自分なりのメリット」を見出す。「単調でつまらない仕事だけれど、これを1時間後までに完璧に仕上げてみよう」「あの人は苦手だけれど、洋服のセンスは参考になるからいいところをチェックしよう」など、自分なりのメリットを見つけ出せば、どんな物事や困難も楽しむことができ、次第に続けられるようになってくるはず。


柴崎洋平

商談の規模が大きくなるにつれ、自分たちの手で作った会社で、自分たちの力で結果を残したい。その気持ちが強くなっていきました。ソニーのような世界ブランドを、仲間とゼロからつくりたい。そう思い、起業しました。


岸田周三

恒久的に新作を開発しているので、突発的な事態にも焦らずに対応できるのだと思います。


辻野晃一郎

自分のやりたいことをやりながら、小さな成功体験を積み重ねていくことで、自信につながります。それが心を強くしてくれるはずです。


和田裕美

商談のために会っていたとしても、お客さんから「この人は自分の成績を上げるためだけに聞いている」と思われてしまっては、いい雰囲気をつくれません。


小山昇

その商品やサービスのどんな部分に魅力があるかを判断するのは、売り手ではなくてお客様ですよね。ですから、お客様がどんなニーズを持っているかを、まずは聞き出すことが大事。お客様のニーズをつかんでこそ、初めて相手の興味関心に沿った話ができるようになります。


西田一見

「自分のためだけに頑張ると、自己防衛本能が働き、無意識にハードルを下げたり、諦めたりしてしまう。喜ばせたい誰かを念頭に置くことで、壁にぶつかった時、不平不満を抱かずに乗り越えられます。


泉谷直木

人口減少で、市場は縮小傾向にあるので、新しいものを創造していかなくてはいけない。


武田良太

外交こそ国会議員しかできないことだと思います。外交と親善交流の何が違うのかといえば、外交は戦いなんですね。同じテーブルのなかで各国首脳が集まったときに笑顔で写真に納まっていますがあれはパフォーマンスであって、実際の会議に入ったら凄い世界ですね。それぞれが自国への100%の利益誘導を求めるわけで、そこでいろんな議論を重ねながら、こっちの要求も呑ませて行く非常にハードな世界です。