名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

古田新太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田新太のプロフィール

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

古田新太の名言 一覧

趣味はないですね。だから、オンとオフの切り替えとか気分転換も必要ないんです。一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足(笑)。


浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


演出家や監督の注文に応えられるように、いつもフラットな状態でいなきゃいけない。自分の中で熱くなっちゃうと、そうできなくなるから。


いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。


なかには「いや、俺はこう思うんですよ」っていう俳優さんもいらっしゃいますけど、おいらは違う。監督から「古田、それじゃないやつやってみて」って言われたら、すぐに違うものを提出します。「それでいこう」って言われるのが一番効率がいいでしょ。


子供の頃から舞台俳優になりたいと思っていました。高校演劇をやりながら、クラシックバレエや楽器を習ったのも、舞台でメシを食っていくための武器になるだろうと考えたからです。


ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。


舞台に立つようになって、わりとすぐにそこそこの人気が出て、お客さんも入るようになって。その頃のおいらは先輩たちのことを完全に舐めてました。「下手くそばっかりだ」って、平気で言ってましたからね、29歳のときに転機となる出会いが訪れるまでは。日生劇場で『虎 国性爺合戦』という芝居に出たときのこと。大竹しのぶさんと白石加代子さんの芝居を見て「これはヤバい」と感じたんです。天才・大竹しのぶと化け物・白石加代子。それまでおいらは自分のことを天才だと思っていましたが、即座に「秀才だったんだな」と(笑)。そうなってくると、おいらはこの人たちと同じ舞台に立つために、一体、何を磨けばいいのか、と考えるようになって。


(怪優と呼ばれるのは)仕事を選ばず、何でもやるからでしょう。象とかおかまの役も引き受けますから。


古田新太の経歴・略歴

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

田村潤

イスがあるとラクですが、ダラダラと時間が過ぎていきます。しかし立ち会議ではこれまで1時間かかった会議も10分で終わるようになった。長く立つのは誰でもイヤですからね。


朝田照男

何を攻め、何から退くか。そんなバランス感覚を大事にしてきたからこそ、リーマンショックのときには大きな傷を残さずに、成長も確保できたのでしょう。


ワシントン・アーヴィング

良きにつけ、悪しきにつけ、変革にはある種の救いがある。


ゴードン・バウカー

月並みでは駄目だよ。顧客の期待を盛り上げる必要がある。新しい店舗のすべて。店の名前、店内のセッティング、体裁、コーヒーを入れる際の配慮に至るまで顧客が何か特別なものを期待するようにしないと駄目だ。


石黒征三

いま、中国などで様々なコピー商品が出回っています。ここでの差異化ポイントは品質です。日本メーカーは今後も品質で勝負していくべきだと思います。


山下和美

私はイエスかノーか、はっきり答えが出せない人間なので、マンガでもいろいろな方向から物事を見ようとするのかもしれません。そういう話ばかり描いてきた気がします。


堀木エリ子

突然の事故や病気など、死に様は自分では選べなくても、生き様はそれぞれ自分の個性で選ぶことができます。これは大切なことです。


前川正

当社には骨つき鶏モモ肉から骨だけを除く脱骨ロボット「トリダス」という商品があります。食肉加工業者のお客様から悩み事を聞いたことがきっかけで開発されました。製品化まで時間がかかりましたが、お客様からの評判も良く、競合製品が全くない独占状態です。


高田旭人

事業戦略についてはまず、当社の特徴である、「少品種大量販売」を磨き込むことです。どれだけ良い商品を選び抜けるか。コールセンターやアフターサービスなど、付帯するサービスの品質をどれだけ高められるか。製品やサービスを伝えるテレビやネットなどの販路をどれくらい特徴づけられるか。意識したのはこの3点です。


和田秀樹

「自分がいなければ回っていかない」は、どんな場合でも誤った信念。誰にでも病気にかかるリスクはあるし、そのために休める環境でなくてはいけない。本当に職場になくてはならない人ならば、自分がいなくても回るような職場をつくっていくことができるのではないだろうか。


小坂敬

人間の命も「預りもの」。生きている間、命を預かっている。だからこそ、しっかり生きなくてはいけないですし、自分が生きている間、受け継いできたものを次に伝えていかなくてはいけない。


小島慶子

退職は誰にも相談せずに決めました。誰か1人に相談するとアイツには相談して俺にはなかったってなるでしょう。だったら全員から怒られればいいやと思って(笑)。