名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古田新太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田新太のプロフィール

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

古田新太の名言 一覧

趣味はないですね。だから、オンとオフの切り替えとか気分転換も必要ないんです。一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足(笑)。


浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


演出家や監督の注文に応えられるように、いつもフラットな状態でいなきゃいけない。自分の中で熱くなっちゃうと、そうできなくなるから。


いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。


なかには「いや、俺はこう思うんですよ」っていう俳優さんもいらっしゃいますけど、おいらは違う。監督から「古田、それじゃないやつやってみて」って言われたら、すぐに違うものを提出します。「それでいこう」って言われるのが一番効率がいいでしょ。


子供の頃から舞台俳優になりたいと思っていました。高校演劇をやりながら、クラシックバレエや楽器を習ったのも、舞台でメシを食っていくための武器になるだろうと考えたからです。


ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。


舞台に立つようになって、わりとすぐにそこそこの人気が出て、お客さんも入るようになって。その頃のおいらは先輩たちのことを完全に舐めてました。「下手くそばっかりだ」って、平気で言ってましたからね、29歳のときに転機となる出会いが訪れるまでは。日生劇場で『虎 国性爺合戦』という芝居に出たときのこと。大竹しのぶさんと白石加代子さんの芝居を見て「これはヤバい」と感じたんです。天才・大竹しのぶと化け物・白石加代子。それまでおいらは自分のことを天才だと思っていましたが、即座に「秀才だったんだな」と(笑)。そうなってくると、おいらはこの人たちと同じ舞台に立つために、一体、何を磨けばいいのか、と考えるようになって。


(怪優と呼ばれるのは)仕事を選ばず、何でもやるからでしょう。象とかおかまの役も引き受けますから。


古田新太の経歴・略歴

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

世耕石弘

今後少子化で、募集の厳しい大学はつぶれていくでしょう。それだけではありません。一定の大学が姿を消すことで、他の大学の位置が相対的に下がり、「中の上だと思っていたら、いつの間にか中の下」ということになりかねない。以前と同じようにやっていても必然的にレベルが下がる。これが少子化の怖さです。


岡藤正広

今の人は海外相手に簡単にサインしちゃうけど、僕は契約書は今でも1枚ずつ確認します。


北尾吉孝

成長企業を見極めるポイントは、パーキャピタルです。つまり従業員一人あたりの利益の絶対額です。重電やコンピュータの日立製作所や、富士通、NECなどの製造業はこの数値が下がっています。一方、誕生後あっという間に時価総額十傑入りしたグーグルは、その額が非常に高い。


中野克彦(経営者)

これからの会社はMOT(技術経営、技術版のMBA)ですよ。技術経営ができなければ駄目です。したがって、研究所を変えたいと思いました。当時、うちの研究所はブラックボックスでした。技術の総帥が「研究のことは俺に任せておけ」というから、みんな任せるけど、一向にいいものが出てこないわけです。だから私は、社長に就任してから十年間、毎月、川崎の研究所にヒアリングに通い続けた。


三田紀房

思いきりのいい人は、何事もまずやってみるわけです。もし失敗したとしても、思いきりがいいぶん、「なぜ失敗したか」を検証しやすいから、次に活かすことができます。逆に、迷いながら物事に取り組んでいると、失敗の理由もあれこれと浮かんできてしまい、次に活かすことができません。それが積み重なって、成長のスピードにも自ずと大きな違いが出てくるのではないでしょうか。


世耕石弘

私たちは、自分たちのやっていることを「ブランディング」とは言いません。「近大流コミュニケーション戦略」と呼んでいます。知ってもらうためにあらゆることをする。これが私たちのコミュニケーション戦略です。


西上雅章

発想の源はフラッシュアイデア(ひらめき、思いつき)ですわ。それと、とにかく通天閣を好きになること。


和田裕美

興味というものを狭い範囲でとらえてはいけません。たとえいままで自分が興味のなかったことが会話にのぼったとしても、その会話をする相手に興味を持つ。自分と違うからこそ興味を持つという気持ちが大切です。


小池利和

当社には新商品の開発を開発担当者だけに任せず、生産や販売などすべての部門でお客様の声を反映する仕組みがあります。例えば、中小企業向けの新商品なら、実際に企業に持っていって利用してもらいます。その様子を各部署の担当者が調査するのです。分かりやすく作ったはずなのに、利用者が誤ったスイッチを押している姿を見ると、社員は衝撃を受けるようです。


澤上篤人

私は長年、長期投資の世界で働いてきて、その良さについて熟知していました。それが日本では全くといっていいほど知られていませんでした。良いものを世に届けたい、それだけでした。


菅井敏之

アッパークラスという意識がある人は金融機関の「特別な話」という囁きに弱いが、特別な話などあるわけない。


一倉定

ボロ会社ほどスローガンが多い。事業は学問でもなければ理論でもない。事業の存続を実現する戦いなのである。