名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古田新太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田新太のプロフィール

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

古田新太の名言 一覧

趣味はないですね。だから、オンとオフの切り替えとか気分転換も必要ないんです。一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足(笑)。


浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


演出家や監督の注文に応えられるように、いつもフラットな状態でいなきゃいけない。自分の中で熱くなっちゃうと、そうできなくなるから。


いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。


なかには「いや、俺はこう思うんですよ」っていう俳優さんもいらっしゃいますけど、おいらは違う。監督から「古田、それじゃないやつやってみて」って言われたら、すぐに違うものを提出します。「それでいこう」って言われるのが一番効率がいいでしょ。


子供の頃から舞台俳優になりたいと思っていました。高校演劇をやりながら、クラシックバレエや楽器を習ったのも、舞台でメシを食っていくための武器になるだろうと考えたからです。


ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。


舞台に立つようになって、わりとすぐにそこそこの人気が出て、お客さんも入るようになって。その頃のおいらは先輩たちのことを完全に舐めてました。「下手くそばっかりだ」って、平気で言ってましたからね、29歳のときに転機となる出会いが訪れるまでは。日生劇場で『虎 国性爺合戦』という芝居に出たときのこと。大竹しのぶさんと白石加代子さんの芝居を見て「これはヤバい」と感じたんです。天才・大竹しのぶと化け物・白石加代子。それまでおいらは自分のことを天才だと思っていましたが、即座に「秀才だったんだな」と(笑)。そうなってくると、おいらはこの人たちと同じ舞台に立つために、一体、何を磨けばいいのか、と考えるようになって。


(怪優と呼ばれるのは)仕事を選ばず、何でもやるからでしょう。象とかおかまの役も引き受けますから。


古田新太の経歴・略歴

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

諏訪内晶子

最近よく考えるのは、音楽とは、突き詰めれば突き詰めるほどに、一生かけてつくりあげていくものなのだということです。


高橋克徳

上司は自分の感情を表現することから始めるべきでしょう。ポイントは、借りてきたスローガンではなく、こういうチームをつくりたいと自分の言葉で語ることです。そうでなくては部下の心には響きません。


加藤義博(経営者)

起業家の人たちって、熟考していたと思ったら、急に違う方向に走り出すような変な「スイッチ」みたいなものを持っているのかもしれませんね。彼らを見ていると、どこかしら変わったところがある気がします。


大川隆法

イノベーションには、これまで成果をあげていたものを捨てていく面があるので、そういう意味で、どうしても痛みを伴いますが、発展を続けたければ、どこかで、そういう外科手術をしなければいけない。


冨安徳久

人材育成で大切なことは、何度も繰り返し教育すること。人は忘れてしまう生き物ですので、体に染みつくまで何度でも教え込まなければなりません。その時には「良い話だ」と感動しても、日々の仕事が忙しければすぐに忘れてしまう。だからこそ会社のトップは、メッセージを繰り返し発信する必要があります。そのうち、先輩社員が新人に対して、会社のトップと同じメッセージを語るようになれば、新入社員としても「トップは同じことを言っている」と納得感があり、ブレない組織になります。


新井淳子

心理学者のレナード・ズーニンが提唱する「初動4分の法則」を活用しましょう。嫌な仕事や厄介な仕事は後回しにしがちですが、最初の4分だけ無理にでも集中して頑張る。そうすると気分が乗ってきて、どんどん進むようになるのです。その結果、やる気も自ずと高まります。


加藤俊徳

私は、「努力は才能に勝る」と考えています。努力によって、脳の中に才能が築かれるからです。その努力には時間が必要です。


小松原宰明

投資を始めるに当たって、多くの人は相場や銘柄について勉強しますが、自分自身についての理解を深める努力が欠けています。孫子の「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」という言葉を思い出してください。


加藤俊徳

スポーツ選手なら運動系脳番地が突出して伸びているし、研究者なら知識に関する記憶系脳番地が突出して伸びている。得意なことは何度でも繰り返し経験するので、その特定の経験が特定の脳番地を育てている反対に、人には必ず苦手なことがあるが、それはその脳番地の成長が未熟だからだ。苦手な脳番地は、その脳番地を使うことが少なく、太陽が当たる時間が少ないので、まだ育ちがゆっくりなだけで、日々の生活の中で使うことで次第に伸びてくる。


秋本英樹

転機となったのは、労働組合の委員長になったこと。経営者と対峙する機会が多くなり、他社の事例も勉強することができました。09年には業績悪化の責任を取り、子会社で4年間過ごしました。本社に戻ってくるとは思っていませんでしたが、この間は自分なりに子会社を成長させるために様々なことに取り組み、いい経験をさせてもらいました。


豊臣秀吉

戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。


谷口祥子

年上が相手なら、長年の経験や知識を頼りにする態度を前面に出しましょう。「今度うちの課に来られる○○部長はどんな方ですか?」「○○課とウチの課の関係はどうですか?××について協力を仰ぐことはできそうでしょうか」など、相手だからこそ知り得る情報を聞くと相手も嬉しく感じ、親切に教えてくれます。