古田新太の名言

古田新太のプロフィール

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

古田新太の名言 一覧

趣味はないですね。だから、オンとオフの切り替えとか気分転換も必要ないんです。一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足(笑)。

古田新太の名言|一生懸命に役者として稽古や撮影をして、それ以外は飲むお金と時間があれば満足

浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。

古田新太の名言|浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切

演出家や監督の注文に応えられるように、いつもフラットな状態でいなきゃいけない。自分の中で熱くなっちゃうと、そうできなくなるから。

古田新太の名言|いつもフラットな状態でいなきゃいけない

いつも役づくりはしないです。相手役と会話をすることで出来上がっていくキャラクターがあると思うし、そのための稽古だと思っているので。稽古のときに、毎日わざと演技を変えたりもするんですよ。それで最後の通し稽古のときに「あれがよかった」って言われたら、「じゃあ、それにしましょうか」って。

古田新太の名言|役は相手役と会話をすることで出来上がっていく

なかには「いや、俺はこう思うんですよ」っていう俳優さんもいらっしゃいますけど、おいらは違う。監督から「古田、それじゃないやつやってみて」って言われたら、すぐに違うものを提出します。「それでいこう」って言われるのが一番効率がいいでしょ。

古田新太の名言|監督に従う

子供の頃から舞台俳優になりたいと思っていました。高校演劇をやりながら、クラシックバレエや楽器を習ったのも、舞台でメシを食っていくための武器になるだろうと考えたからです。

古田新太の名言|将来のために色々やってみる

ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。

古田新太の名言|ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がった

舞台に立つようになって、わりとすぐにそこそこの人気が出て、お客さんも入るようになって。その頃のおいらは先輩たちのことを完全に舐めてました。「下手くそばっかりだ」って、平気で言ってましたからね、29歳のときに転機となる出会いが訪れるまでは。日生劇場で『虎 国性爺合戦』という芝居に出たときのこと。大竹しのぶさんと白石加代子さんの芝居を見て「これはヤバい」と感じたんです。天才・大竹しのぶと化け物・白石加代子。それまでおいらは自分のことを天才だと思っていましたが、即座に「秀才だったんだな」と(笑)。そうなってくると、おいらはこの人たちと同じ舞台に立つために、一体、何を磨けばいいのか、と考えるようになって。

古田新太の名言|天才と同じ舞台に立つために、何を磨けばいいのか考える

(怪優と呼ばれるのは)仕事を選ばず、何でもやるからでしょう。象とかおかまの役も引き受けますから。

古田新太の名言|仕事を選ばず、何でもやる

古田新太の経歴・略歴

古田新太、ふるた・あらた。日本の俳優、声優、DJ。兵庫県出身。『劇団☆新感線』の看板役者を務め、舞台、映画、テレビドラマで活躍。

ページの先頭へ