名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古田敦也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古田敦也のプロフィール

古田敦也、ふるた・あつや。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。兵庫県出身。小学3年生で野球を始める。立命館大学に入学し体育会硬式野球部に所属。関西学生リーグで通算77試合出場、234打数72安打、打率.308、8本塁打、44打点、ベストナインに4度選ばれるなど活躍した。卒業後、トヨタに入社。日本代表としてソウルオリンピックに出場し、銀メダル獲得に貢献。その後、ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。同チームの柱となり、4回のリーグ優勝、3回の日本一にチームを導いた。ミスタースワローズの愛称で親しまれた。引退直前の2年間は選手兼監督として活動。

古田敦也の名言 一覧

15秒や20秒といった短い時間の中で判断を決めるためには、やはり準備としての知識や情報の蓄積が必要なのです。試合が始まるまでに1回の試合を行っているくらいの気持ちで、頭の中でシミュレーションをしておくのです。


弱点を逆転の発想で強みに変えてしまうのが、日本野球の象徴というべきところではないでしょうか。


データを集めて傾向を探ることも含めて、相手の思考を考察していくと、勝てない相手にも勝つことができるんです。


ヤクルトスワローズに入団した当時、野村監督からよく言われたのは、「とにかく準備がすべてだ」ということです。野球は、グラウンド上のガチンコ勝負のように見えるけれど、実はそれまでにしっかりと準備したほうが勝つ可能性は高くなるんです。データを分析し、考える野球を続けていけば、勝てない相手にも勝つことができるのだということを詰め込まれました。


僕は、いい結果を得るためにはどうしたらいいかを、毎日のように考えていて、結局たどり着いたのが、「結果を気にしない」ということでした。「あかんかったらしょうがない。命まで取られるわけじゃない」と、前向きになる。あとは準備したことをこの場で出し切るんだという気持ちで臨むと、結構気楽になれたんです。すると、おのずと結果がついてくるようになりました。


腹を括るという感覚がどこかにないといけません。迷って投げやりな決断になるのはよくない。だから、しっかり準備をして、様々な情報を採りいれておく必要があるのです。そうすると、決断を迫られた際には情報が整理されていて、選択肢を絞り込むことができるケースは多いのです。


進化しようと、情報を採りいれ、いろいろな話を聞けば聞くほど迷いも増えてきますが、最終的に決断することができれば、それでいいと思うのです。決断できなければただの優柔不断ですが、最終的にしっかりした決断ができればそれでいい。つまり「優柔決断」です。


判断力を高めて成長するためには、変化や状況に対応しなければならないことを受け入れ、他人の話を聞くことも含めて、多くの情報を柔軟に採りいれていくしかないと思うのです。そのうえで最終的な取捨選択を自分の判断で行っていく。この作業が大切ですよね。


野球選手は、高校時代にスーパースターだったとか成功体験をしてプロに入ってくる選手が多くいます。そういう選手は、どうしてもそのときのことが忘れられず、変化することを怖がって伸び悩む人が多いんです。


情報を柔軟に取り入れていくことも重要だと思います。僕らはプロですから、相手も替わるし進化しているので、同じ手が通用し続けることはない。「初志貫徹」という言葉があるように、最初の志や軸がぶれないことは大切です。でも、そればかりにとらわれすぎると成長できません。


プレー中、短時間で決断しなければいけないのですが、そこで重要なのは、その決断が仮に失敗したときに、「まあしょうがないか」と思えるくらいのレベルまで考え抜いて準備ができているかどうかです。準備ができていれば、その決断に悔いは残らないと思うんです。でも、たいして準備もせずに慌てたままサインを出して打たれると、後悔しか残りません。


古田敦也の経歴・略歴

古田敦也、ふるた・あつや。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。兵庫県出身。小学3年生で野球を始める。立命館大学に入学し体育会硬式野球部に所属。関西学生リーグで通算77試合出場、234打数72安打、打率.308、8本塁打、44打点、ベストナインに4度選ばれるなど活躍した。卒業後、トヨタに入社。日本代表としてソウルオリンピックに出場し、銀メダル獲得に貢献。その後、ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。同チームの柱となり、4回のリーグ優勝、3回の日本一にチームを導いた。ミスタースワローズの愛称で親しまれた。引退直前の2年間は選手兼監督として活動。

他の記事も読んでみる

山田満(経営者)

一流とは、人が真似できないことをする人です。また、その道を極めている人物、精通している人のこと。


浜矩子

確かに2010年には経済規模で中国に抜かれましたけど、そんなのはどうでもいいことなんです(笑)。中国は育ち盛りの若き成長経済で、もともと図体が大きいのですから、その勢いとスケールで日本を追い抜いていくのは当たり前なんです。日本のように、成長経済が終わり、ある到達度に達した経済にとってはGDPの規模ランキングなんて意味のないことなんです。あれは育ち盛りの若い子ちゃんたちのためのものですから。日本はプラザ合意のときに、GDPのランキング・コンテストからはリタイアすべきだったんですよ。


鈴木敏文

過去にとらわれてはいけない。だって時代は変化しているんですから。


鈴木修

富士山のおいしい地下水も、流れが滞り、溜まればボウフラがわく。社長に就任してから、これまで22年の間に内在した影の部分を新社長とともに払拭する。
【覚書き|会長就任時の発言】


鈴木喬(経営者)

POSデータの数値を見ているだけでは、その商品が売れているかどうか、本当のことはわからない。店頭の棚のどこに、どれだけ置かれて、どれだけ売れたのか、販売価格はいくらか、ライバル商品はいくらでどのように売られているのか。そうしたことも踏まえなければ、その商品の本当の売れ行きは掴めない。


岡島悦子

おしゃべりであっても話す内容はありきたりな空っぽな人の方が、かえって人脈をつくりづらいのではないかと私は思います。たとえ饒舌でなくても、相手の記憶に残るキラリと光る部分がひとつあればいいのです。


小杉俊哉

自分が関わっていたプロジェクトが失敗した場合、受動的な姿勢だと、「たまたまこんな仕事を任されて運が悪かっただけで、自分のせいではない」となります。この場合、「運」は、「会社」や「上司」といった言葉にも置き換えることができるでしょう。つまり、受け身の姿勢でいることは、他律意識につながりやすく、不平や不満を多く生み出しやすいのです。しかし、能動的な姿勢でいるならば、たとえ失敗したプロジェクトであっても、自らの意思で選んでやったことですから、愚痴よりも先に「自分のやり方のどこが悪かったか」と反省するはずです。同じ現象を前にしても、姿勢の違いによって、その解釈はまったく異なってくるわけです。


谷原誠

強引に主張してくるタイプには、相手がエネルギーを使い果たすのを待つのが有効です。待つ方法については、残念ながらじっと亀のように耐えるしかないでしょう。テレビゲームでいえば、ずっと「防御」のコマンドを選択してチャンスを狙って耐えるイメージです。しつこく要求を突きつけられると、つい譲歩をしたくなってしまうかもしれませんが、それでは相手の思うつぼ。このタイプに譲歩してしまうとさらに押し込まれて、もっと辛くなるだけです。とくに会話に苦手意識のある人は、へ夕にしゃべればつけこまれる可能性がありますから、無理に会話を膨らませる必要はありません。言葉少なに「応じられない」ということだけを伝え、相手のガス欠を待つことです。


福永雅文

事業はバカになって命がけでやらなければ勝てません。


福本陽子(料理研究家)

本質を守りながらも変化を続けた結果、今がある。


藤巻健史

キャリートレードなど存在しない。したがってキャリートレードの解消などありえない。


三戸政和

私が、ビジネスパーソンのみなさんにご提案しているのは、50代からの企業経営です。それは、出世していまの会社の社長になれというのではなく、起業をしてくださいといっているのでもなく、「世の中にすでにある企業をご自身の手で買収して社長となり、第二の人生として会社経営をしてください」という提案です。いま、個人で会社を買収することは難しいことではありません。ためしにインターネットで検索してみてください。中小企業の売買情報を一覧できるサイトがいくつも出てきます。案件のなかには、500万円程度で買えるものも多くあります。「実際に会社を買えたとしても、失敗が怖い」と思うかもしれませんが、それは少し前の話。いま、中小企業の事業承継を促進させるため、銀行が社長個人に連帯保証を求めないルールになっています。前社長が連帯保証人になっていても、うまく銀行と交渉すればあなたは連帯保証人になる必要はありません。