名言DB

9419 人 / 110788 名言

古田敦也の名言

twitter Facebook はてブ

古田敦也のプロフィール

古田敦也、ふるた・あつや。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。兵庫県出身。小学3年生で野球を始める。立命館大学に入学し体育会硬式野球部に所属。関西学生リーグで通算77試合出場、234打数72安打、打率.308、8本塁打、44打点、ベストナインに4度選ばれるなど活躍した。卒業後、トヨタに入社。日本代表としてソウルオリンピックに出場し、銀メダル獲得に貢献。その後、ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。同チームの柱となり、4回のリーグ優勝、3回の日本一にチームを導いた。ミスタースワローズの愛称で親しまれた。引退直前の2年間は選手兼監督として活動。

古田敦也の名言 一覧

15秒や20秒といった短い時間の中で判断を決めるためには、やはり準備としての知識や情報の蓄積が必要なのです。試合が始まるまでに1回の試合を行っているくらいの気持ちで、頭の中でシミュレーションをしておくのです。


弱点を逆転の発想で強みに変えてしまうのが、日本野球の象徴というべきところではないでしょうか。


データを集めて傾向を探ることも含めて、相手の思考を考察していくと、勝てない相手にも勝つことができるんです。


ヤクルトスワローズに入団した当時、野村監督からよく言われたのは、「とにかく準備がすべてだ」ということです。野球は、グラウンド上のガチンコ勝負のように見えるけれど、実はそれまでにしっかりと準備したほうが勝つ可能性は高くなるんです。データを分析し、考える野球を続けていけば、勝てない相手にも勝つことができるのだということを詰め込まれました。


僕は、いい結果を得るためにはどうしたらいいかを、毎日のように考えていて、結局たどり着いたのが、「結果を気にしない」ということでした。「あかんかったらしょうがない。命まで取られるわけじゃない」と、前向きになる。あとは準備したことをこの場で出し切るんだという気持ちで臨むと、結構気楽になれたんです。すると、おのずと結果がついてくるようになりました。


腹を括るという感覚がどこかにないといけません。迷って投げやりな決断になるのはよくない。だから、しっかり準備をして、様々な情報を採りいれておく必要があるのです。そうすると、決断を迫られた際には情報が整理されていて、選択肢を絞り込むことができるケースは多いのです。


進化しようと、情報を採りいれ、いろいろな話を聞けば聞くほど迷いも増えてきますが、最終的に決断することができれば、それでいいと思うのです。決断できなければただの優柔不断ですが、最終的にしっかりした決断ができればそれでいい。つまり「優柔決断」です。


判断力を高めて成長するためには、変化や状況に対応しなければならないことを受け入れ、他人の話を聞くことも含めて、多くの情報を柔軟に採りいれていくしかないと思うのです。そのうえで最終的な取捨選択を自分の判断で行っていく。この作業が大切ですよね。


野球選手は、高校時代にスーパースターだったとか成功体験をしてプロに入ってくる選手が多くいます。そういう選手は、どうしてもそのときのことが忘れられず、変化することを怖がって伸び悩む人が多いんです。


情報を柔軟に取り入れていくことも重要だと思います。僕らはプロですから、相手も替わるし進化しているので、同じ手が通用し続けることはない。「初志貫徹」という言葉があるように、最初の志や軸がぶれないことは大切です。でも、そればかりにとらわれすぎると成長できません。


プレー中、短時間で決断しなければいけないのですが、そこで重要なのは、その決断が仮に失敗したときに、「まあしょうがないか」と思えるくらいのレベルまで考え抜いて準備ができているかどうかです。準備ができていれば、その決断に悔いは残らないと思うんです。でも、たいして準備もせずに慌てたままサインを出して打たれると、後悔しか残りません。


古田敦也の経歴・略歴

古田敦也、ふるた・あつや。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。兵庫県出身。小学3年生で野球を始める。立命館大学に入学し体育会硬式野球部に所属。関西学生リーグで通算77試合出場、234打数72安打、打率.308、8本塁打、44打点、ベストナインに4度選ばれるなど活躍した。卒業後、トヨタに入社。日本代表としてソウルオリンピックに出場し、銀メダル獲得に貢献。その後、ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。同チームの柱となり、4回のリーグ優勝、3回の日本一にチームを導いた。ミスタースワローズの愛称で親しまれた。引退直前の2年間は選手兼監督として活動。

他の記事も読んでみる

山極寿一(山極壽一)

勝ち組ばっかり作っていたら、チームワークはできませんし、リーダーも育ちません。調整役として、自分で少し力を抑えながら、人々にも勝利のチャンスを与えて、チーム全体で勝っていくということを演出できる人が必要です。


津田久資

多くの人は「とりあえず情報収集」と、いきなり動きはじめます。これが大きな間違い。無限にある情報の中から、どうすれば必要な情報だけを選択できるのでしょうか。そういう人は無意識のうちに情報収集の範囲を設定してしまっている。


成毛眞

論理力を鍛えるという点では、ビジネス書はあまりお勧めできません。なぜなら、たいていのビジネス書は、結論が先に書かれているからです。たとえば、三色ボールペンの活用を勧める本があったとします。三色ボールペンの効果について「仮説→検証」のプロセスを書かず、いきなり「三色ボールペンをこのように使うと効果的です」といった結論から書かれている。これでは論理力を養う訓練にはなりません。


宇野康秀

リクルートという会社が急成長していった源泉は何かが知りたくて入りましたが、企業カルチャーやその作り方、人の奮い立たせ方といったことは、1年ちょっとの間でもすごく勉強になった。


寺尾玄

私は常識と呼ばれるものに可能性がつぶされてはいけないと思っています。だから、常識を安易に受け取らないでほしいし、常識の根拠を改めて考えてみてほしい。「やりたいこと」をするために、常識に負けないでください。


木村惠司(木村恵司)

「アズ・ワン・チーム」、すなわちひとつのチームとして、総力戦で取り組む。組織の垣根を越えて、縦のラインも横のつながりも全部巻き込んでいく。リーダーシップを発揮すべき人も、自分だけで行動するのではなく、リーダー同士でよく連携していくことが重要です。


大竹美喜

私自身も様々な方からご指導をいただいて、今日を迎えることができた。


小松易

デスクを片づければ仕事がスムーズに進むことは明らかです。それなのに、目の前の仕事に追われてなかなか片づけられない人が多いようです。そこで、こう考えてみてはどうでしょうか。「片づけとは、新しい時間を生み出すための投資」なのだと。短期で考えれば目の前の仕事のほうが大事でしょうが、半年や一年の長期で考えれば、できるだけ早い段階で、自分が仕事をしやすい環境を整えることのほうが大切です。そのためにはある程度の時間が必要で、それは将来のために必要な投資なのです。


菰田正信

不動産をイノベーションしていこうというときに、伝統的な昔の不動産業の範囲においての知恵だけでは足りない場面が当然出てくる。不動産業以外のあらゆる知恵と技術が必要。


三木雄信

数字という共通言語を使えば、「現場のデータを分析したら、こんな結論になりそうですが、この方向で進めていいですか?」と上司をコントロールして意思決定させることも可能です。皆さんも、上司に言われるまま資料を作るのではなく、現場の知恵や自分がやりたいことを経営に反映させるために、資料をうまく活用してください。