名言DB

9425 人 / 110833 名言

古田利雄の名言

twitter Facebook はてブ

古田利雄のプロフィール

古田利雄、ふるた・としお。日本の弁護士。弁護士法人「クレア法律事務所」代表弁護士。東京出身。弁護士登録したのち、古田利雄法律事務所(のちのクレア法律事務所)を設立。主にNPOやベンチャー企業の支援を行った。

古田利雄の名言 一覧

弁護士としてロジカルに考え、しかし、仕事に対してはパッション(情熱)を持って行動してほしい。


常にクライアントの期待を上回るサービスを心掛けています。


ベンチャー企業は社長に限らず、バイタリティのある人が多く活気がある。夢を持っている人たちと仕事をするのは楽しい。


サービスは依頼人がどういう評価をするかが重要。例えば、親子丼の美味しいお店と聞き、その店に行ったとします。確かに親子丼は美味しかったが、自分より後から来た人に先に料理が届いたら気分はよくないですよね。予約の電話を掛けて、受けた相手がアルバイトの店員でも対応が悪ければ、その店の評価は下がってしまうでしょう。


古田利雄の経歴・略歴

古田利雄、ふるた・としお。日本の弁護士。弁護士法人「クレア法律事務所」代表弁護士。東京出身。弁護士登録したのち、古田利雄法律事務所(のちのクレア法律事務所)を設立。主にNPOやベンチャー企業の支援を行った。

他の記事も読んでみる

小林栄三

コンプライアンスに関しては、上を見ればきりがないですが、追求し続けなければいけません。創業者である伊藤忠兵衛が「三方よし」と言っています。売り手よし、買い手よし、世間よしということです。まさにいま問われているコンプライアンスの精神です。


佐藤優

「力」で人を動かそうとするのは限界があります。強制労働をさせられても、人は創意工夫をしない。だから奴隷制度は崩壊しました。相手を動かすには、相手に自発的に動いてもらうことが大切なのです。そのために必要なのが「自己犠牲」精神。人は無償で何かを与えてもらうと、その人のために何かしてあげたくなります。「自己犠牲」というと言葉は重苦しいですが、何のことはない、要は相手を喜ばせたり楽しませたりすればいいんです。冗談を言って大声で笑わせるとかね。あいつといると面白い、楽しい。それも「相手に与える」ことには変わりはない。ちょっとした言動にそんなサービス精神を織り交ぜられたら、相手は自ら、あなたのために動いてくれます。「心」で相手を押すのです。


前田晃伸

部下の仕事に首を突っ込み、ガミガミ言えば、部下はもう、言われたことだけやろうと思います。仕事を任せてもらえなければ、いいものをつくろうという気持ちにはなりません。


出井伸之

過去の栄華にしがみついていると、高視に立って相手を見下したり、けなしたりしたがるものです。そうではなく、相手の良さを理解しながらも、これはちょっと危ないなと思えば指摘すればいいのです。若い人たちがどんどん活躍し、海外の企業と良い関係が築ける会社がもっと増えて欲しいというのが私の希望であり、目下の課題です。


ノア・ウェブスター

言語は雄弁の才能と同様に、神から直に与えられた贈り物である。


藤井孝一

生産性の高い人は、自分がどのような時間の使い方をしているか、現状認識ができています。言葉を換えれば、理想的な時間の使い方というのが頭にあり、それに対する差分を常に確認して、修正を施しているということです。


小松節子

会社というものはお客様があってはじめて成り立ちます。お客様のお役に立てなければ、我が社は存在できません。品質も納期も、あらゆる面でお客様のご要望を受け止め、期待に応えるものを提供する必要があります。


檀れい

私自身はまだまだ未熟。今でも新人時代のように、日々もがいているんです。だからこそ、昨日より今日、今日より明日は、1ミリでも成長できるよう、自分を磨いていきます。


清宮克幸

ライバルとの戦いが最強のチーム作りに絶対に必要。


南原竜樹

ストレスは悪いことじゃない。例えば、会計事務所で働いている知り合いの女性は、仕事が多くてすごいストレスだと言っていたけど、その忙しいおかげで、おそらく彼女はわずかな間に事務処理能力がものすごく上がっている。それで彼女は引く手あまたになって、いろいろなところから声がかかるようになった。ストレスを与えられて強くなれるのは、人間だけだと思う。