古田利雄の名言

古田利雄のプロフィール

古田利雄、ふるた・としお。日本の弁護士。弁護士法人「クレア法律事務所」代表弁護士。東京出身。弁護士登録したのち、古田利雄法律事務所(のちのクレア法律事務所)を設立。主にNPOやベンチャー企業の支援を行った。

古田利雄の名言 一覧

弁護士としてロジカルに考え、しかし、仕事に対してはパッション(情熱)を持って行動してほしい。


常にクライアントの期待を上回るサービスを心掛けています。


ベンチャー企業は社長に限らず、バイタリティのある人が多く活気がある。夢を持っている人たちと仕事をするのは楽しい。


サービスは依頼人がどういう評価をするかが重要。例えば、親子丼の美味しいお店と聞き、その店に行ったとします。確かに親子丼は美味しかったが、自分より後から来た人に先に料理が届いたら気分はよくないですよね。予約の電話を掛けて、受けた相手がアルバイトの店員でも対応が悪ければ、その店の評価は下がってしまうでしょう。


古田利雄の経歴・略歴

古田利雄、ふるた・としお。日本の弁護士。弁護士法人「クレア法律事務所」代表弁護士。東京出身。弁護士登録したのち、古田利雄法律事務所(のちのクレア法律事務所)を設立。主にNPOやベンチャー企業の支援を行った。

他の記事も読んでみる

和田裕美

もともと私は人見知りで、人と接するのが苦手で、そのせいで人の顔色ばかり見てしまう方でした。でも相手がどう思うかはよくわかっていました。だったら相手の立場になって、いい気分になってもらえる「聞き上手スタイル」の営業マンになろうと駆け出しの頃に気づきました。


山田淳

登山と経営コンサルティングはよく似ています。目指す山やクライアントの要望によって、必要な準備やスキルが異なるように、登頂や事業を成功させるためには、「現状から何ができるか」を考えるのではなく、「いま何をしなければならないか」を逆算して考える必要があるからです。


山田隆持

私はそもそもNTTにいた人間ですから、NTTとの関係は是々非々で行けばいいと考えているのです。NTTが右へ行けといって、右の方が正しいと判断したら右へ行けばいいし、違うと思ったら左へ行けばいい。まずはドコモ内部でのベクトル合わせが重要であって、NTTグループの中では、ベクトルを合わせるべきだと思えば合わせればいいし、合わせる必要がないと思えば合わせなければいいのです。


山内溥

日本ではブームに乗ったと思ったら執着しないほうがいい。それはもう売れなくなるという意味だと受け止めるべきで、善後策をたてておかないと手痛い目にあう。一つの価値観や目先の目標にとらわれないことこそ大切。


石川康晴

働く動機として、その対象を好きであることは重要だと思います。僕も自分の趣味を生かし、起業後数年はメンズ向けの商品も4割程度扱っていました。でも客観的な見方も必要で、自分の趣味だけではビジネスは成り立ちません。SPA(製造小売業)へ業態転換したのを契機に、レディスに特化しました。


廣田正

いま、国が七転八倒しているのも、護送船団方式が典型の生産者起点型の社会システムから消費者起点型に変わるためです。従来の需要創造は輸出と公共事業でした。しかし、いずれもままならない状況になりました。個人消費をいかに喚起するかしか手立てがなくなってきたのです。


日覺昭廣

劇的に生産コストを下げるためには、あえて生産プロセスを作り替える必要がある。


小山田浩定

経営では「全人格」が非常に大切。技術だけでは人はついてきませんから、まず人柄を見ます。価値観が一致するかどうかを大事にしており、これは一貫して変わりません。


浅田すぐる

「お客様目線で頑張ります」と伝えても、言われたほうは何をしてくれるのかわかりません。例えば「明日A社に訪問して要望を聴いてきます」と動作にすれば、よりはっきりと伝わるのです。


猪瀬直樹

横にプロジェクトチームをつくることが重要です。縦の組織に対して、どうやって横串を刺すかが重要な組織運営の在り方。


竹内規彦

掲げる目標が本人にとって腹落ちしないと、どうしてもコミットできない。


石田宏樹

イノベーションを起こし、この社会を変えることが、ベンチャー企業が存在する意味でもある。


大坪清

私はグループも含め全国に100以上ある工場をいろいろと理由を見つけては回っている。本社のある事務所でも毎朝必ず現場を歩く。五感を総動員して現場の空気を感じ取るためだが、やはり現場を知らなければ、製造業の本当の経営はできない。


土岐大介

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


ガー・レイノルズ

プレゼンテーションのスライドはビジュアルであって、文字を読ませるものではありません。人は文字を読みながら話を聞くのが苦手なのです。スライドはビジュアルに徹するべきです。スクリーンはシンプルにすべきです。


ページの先頭へ