名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古河建規の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古河建規のプロフィール

古河建規、ふるかわ・たつのり。日本の経営者。ソライズ社長。外資系コンサルティング会社を経て、インクス(のちのソライズ)に入社。超短納期を実現した自社金型工場を責任者として立ち上げ、第1回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞を受賞。その後、同社社長を務めた。

古河建規の名言 一覧

業務上、強く意識しているのは、「ソライズは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。


自前に固執せず、様々な企業とのパートナーシップにより、お客様により高い価値を提供していきたいと考えています。


エンジニアリングとは、「現象を体系的にとらえ、再現性と実効性を備えた仕組みを通じて、社会に有用な価値を提供すること」というのが我々の考えです。その上で、我々は、「知恵」と「技術」の両面からエンジニアリングします。


IT化によって一時的に効率が上がっても、製品の進化や新たな機構の追加などにより構築した仕組みがうまく稼働しなくなることもあります。それを避けるにはやはり「人」を中心に置き、「人が価値をつくり出す」のをITで支援するというように考え方を変えなくてはならないと思い至りました。その考えに基づきビジネスモデルを全て組み直したことが、再生スピードの向上に寄与したと考えています。


古河建規の経歴・略歴

古河建規、ふるかわ・たつのり。日本の経営者。ソライズ社長。外資系コンサルティング会社を経て、インクス(のちのソライズ)に入社。超短納期を実現した自社金型工場を責任者として立ち上げ、第1回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞を受賞。その後、同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

近藤史朗

私にとって、一番勉強になるのは、なんといっても、いろいろな人と会うことです。会社なら現場のエンジニアと会って話をする、生産ラインで商品の組み立て加工をしている人たちと話し合う。オフィス、店舗、その他さまざまなところを一生懸命、見て回っています。現場でいま起こっていること、やっていることについて話を聞きます。


津村記久子

今の時代、大きな夢って持ちにくいじゃないですか。どかーんと大きな夢を立ち上げて、それに向かって邁進するというのはあまり現実的ではない。でも、目標管理ならできます。小さな目標をたくさん設定して、一つひとつそれを実現していけば、人生、そこそこの状態になっていると思うんですよ。


魚住りえ

事前の準備も肝心です。会談相手があらかじめわかっているなら、質問事項をメモしておきましょう。ただし、予習事項をひけらかしたり、相手が言いたいことを先回りして言ったりしないように配慮することもポイントです。「調べたこと」はすでに過去のことです。相手の趣味や興味は変わっているかもしれません。目の前にいる人が正しいし、今の真実とか事実は目の前にいる人と考えると、新鮮な驚きを持って相手に話が聞けるはずです。


マックス・ピカート

人間が人間として生存しうるのは、言葉によるものであって、沈黙によるのではないのである。しかし言葉は、沈黙との連関を失えば萎縮してしまう。沈黙とは単に「語らざること」ではない。沈黙はひとつの積極的なもの、ひとつの充実した世界として独立自存しているものなのである。


藤沼彰久

私は、若いころに新しい技術に飛びついたものの、採用したベンダーの維持管理体制が不十分だったことから、結果的にお客様に迷惑をかけてしまったことがありました。それもあってお客様やお客様の使うシステムに最も合う技術基盤を使うべきだというのが持論です。


田中良和(GREE)

あまりライバルを意識していません。それより私たちのサービスをユーザーのためにより良いものにしていくことに尽きると思う。


石川祝男

私は、お互いの長所を利用しあう雰囲気が自然発生的に生まれてくるのを、辛抱強く待ちました。
【覚書き|バンダイとナムコの合併直後について語った言葉】


町田尚

従来と同じような意識とやり方で取り組んだのでは、私は、成果は出にくいのではないかと思っています。


織田大蔵

日本人というのは極端から極端に走る性質があるので、すぐに右か左か、白か黒か、自分なりにのみこんで色分けしてしまう。何でも簡単にレッテルを貼ってしまう。事業家として、一面的見方や考え方しかできないようでは、この戦国時代を乗り切れない。一面的な見方、考え方でなく、本音を見抜ける能力を身につけなければならぬ。


江上剛

部下のあげた成果や案件などは、部下に直接、私の上司に話をさせました。部下の手柄は部下自身のものだからです。もちろん、上司には事前に話をしておき、根回しも忘れませんでした。私のさらに上の肩書を持つ上司と話をするのだから、部下は相当緊張しますが、それも経験です。ある程度のアドバイスはしますが、自らの言葉で上司に語ることは自信につながり、仕事に対する意欲も高まります。やがては、優秀な部下に育つ可能性も格段に高くなります。


塚原光男

僕が開発した月面宙返り(ムーンサルト)以前は、回転とひねりは別々の技で、二つ同時の合体技は人間の身体能力では不可能とされていました。しかし、あの技以降、世界が合体技に向かい、いまの選手の技もその延長上にあるんです。このメダルは「人ができないことをやりたい」と思っていた子供のころの、夢の実現の証でもあるんです。


高橋克徳

従来の日本企業では、職務分掌が曖昧であった分、職場にいる個人の業務に重なりが多いのが特徴でした。ですから、仕事がわからない場合でも、近くの人に尋ねれば解決できましたし、また他の人のフォローもできたのです。しかしいまは、成果主義の浸透により、「仕事は自分一人でやりきるものだ」といった考えが広まりました。それが逆に個人を追い込んでいるように思います。