名言DB

9429 人 / 110879 名言

古河市兵衛の名言

twitter Facebook はてブ

古河市兵衛のプロフィール

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

古河市兵衛の名言 一覧

人間の一生は第一が「運」ですな。その次が「鈍」。それから、「根」。


よく人間は「運鈍根」が成功の秘訣だという。大きな運は利口ぶってちょこまかすると運の方が逃げ出してしまう。生まれつきの鈍でも構わない。百も承知、二百も合点の鈍でもよいが、その鈍を守りきるには、どうしても根がなければならない。


古河市兵衛の経歴・略歴

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

良いと思ったものがあれば全て丸呑みして徹底的にマネをして、どうしても消化できなかったものだけ吐き出せばいい。出して足りなくなった分だけ、日本のものを入れてみればいい。


植木理恵

チェスや将棋の名人の思考パターンを調べると、彼らの必勝法も5パターンくらいに集約できてしまうそうです。ところが下手な人は勝ちパターンをいくつも知っているけど、タイミングよく使うことができません。


おちまさと

人にはそれぞれ会話のリズムがあります。何か聞いたらすぐ言葉を返す人も、「間」を取る人もいる。相手が何を話そうか考えている時に、間が空いたと思って違う話題を振ったら、相手は気を悪くします。問が空いたら、まずは待ちましょう。


フィリップ・コトラー

市場の変化とは、本質的に顧客の行動の変化です。いままでは何気なくお金を使っていたけれど、これからはそうはいきません。新しい価値をどこに見出していくのか、何が大切だと考えるようになるのか。顧客の動きを察知し、景気後退期における価値の再定義を急がなければなりません。


佐々木典士

身のまわりに雑然と置かれたモノ、たとえば、パソコンに貼られた無数の付箋、机に積まれた仕事の資料……。これらは、つねにメッセージを発しています。「資料、整理しないとな」「あの案件どうなったんだつけ」。モノが視界に入ることで、モノに関連した思いが無意識のうちに引き起こされます。僕はモノが発するこれらのメッセージを「沈黙のTODOリスト」と呼んでいます。その数が増えるほど集中力が削がれ、「本来のTODOリスト」に意識が向きにくくなります。だからこそ、デスクの上をゼロにする、それだけで集中力が生まれ、仕事への取り組みが変わったのです。


前川洋一郎

創業の成功失敗は創業者だけの問題だ。承継の成功失敗は先代、後継、いやまわりのすべてに影響がある。承継の失敗は戦略でもカバーしきれない。命運を決めるといっても過言ではない。承継が成功してこそ、老舗の道を歩むことができるのである。


佐藤綾子(心理学者)

「何を指示したいか」という内容が定まったところで、まずやるべきことは、「相手がどんな性格か」をきちんと見抜くこと。見抜いたうえで、相手のタイプに有効なクギをタイミングよく刺していくことが大事です。


住谷栄之資

いくら話しても伝わらなければ駄目です。しかし、相手や状況によって異なるため、会話の方法に正解はないと思います。すべてはケースバイケースです。ただ、そのなかでも共通して言えることとして「相手のことを念頭に置く」「思っていることを正直に話す」。このふたつはどんな場面でも大事です。


竹井博康

会社を見分けることは非常に難しいことなのですが、やはりまず見るのは経営者ですね。会社にではなく、その人にお金を10億円出してもいいかどうかでまず判断をします。


田原総一朗

企業はいま、チャレンジしない人材を必要としない。リスクがあっても新しいことに挑む姿勢が大事。それだけで、何もしない人より、自分の評価は上がる。