名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古河市兵衛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古河市兵衛のプロフィール

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

古河市兵衛の名言 一覧

人間の一生は第一が「運」ですな。その次が「鈍」。それから、「根」。


よく人間は「運鈍根」が成功の秘訣だという。大きな運は利口ぶってちょこまかすると運の方が逃げ出してしまう。生まれつきの鈍でも構わない。百も承知、二百も合点の鈍でもよいが、その鈍を守りきるには、どうしても根がなければならない。


古河市兵衛の経歴・略歴

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

他の記事も読んでみる

御立尚資

ビジネスリーダーを目指すための4つの基本要件

  1. 社内常識と業界常識。
  2. 「マーケティング」「財務」「人事」など、学校で教わる知識のような体系化したビジネススキル。
  3. そうしたビジネススキルを現場で活かしていく力。
  4. 仕事や事業に対する内なる思いやそれを外へ向けて表現する人間力。

ビジネスリーダーに必須の能力として、この4つの要素があります。この中のどれひとつとして疎かにしていいものはありません。不足していると感じる部分があれば、そこを意識的に鍛えていくのです。


犬伏泰夫

自分が通したいと思うことが10あって、相手も10持っているとします。自分の10がすべて通るというのは稀であって、通常は互いに3つずつ切り捨てて、7つずつを取るといったことになるわけです。ここでは物事の優先順位を常に考えながら、切り捨てるものを決める必要があります。交渉や折衝を成就させることが大事であり、「これを諦めてでも成立させる」といった判断が、やり取りの中では求められます。すべて満足がいくような完封勝利などは滅多にありませんから。


今野由梨

80歳の私はこれからがベンチャー人生の本番だと思っている。長年会社で培った経験や知識は、社会の大切な財産。その財産を定年という形で持ち逃げするなんてもってのほか。


椋木修三

人の顔と名前を記憶するコツは大きく分けて「目立つところを探す」「反復する」「復習する」の三つです。


武田邦彦

旭化成時代、年に150回は飛行機に乗って世界中を飛び回りました。土日も祝日もありません。オリンピック選手と同じで、目標を達成するには全力を注ぐしかないのです。激務で体を壊すこともありました。


上島竜兵

媚びへつらい方でアドバイスを送るとするなら、ただペコペコ頭を下げていてはダメ。たまに相手の欠点をうまくイジるんです。たとえば女にモテるような意味を含ませながら、「もう、女泣かせなんだから!」って言われると、「何言ってるんだ君は?」って気分がよくなっちゃう。よく聞くと、ただの悪口なんだけど(笑)。ここをうまく切り抜けてる人は、いい仕事をもらえますね。


似鳥昭雄

私は成功の見込みが5割を切っていようとも、それが顧客の幸せにつながるならやるべきだと考えている。それは志があるからだ。


岡倉天心

伝統や定式につき従っているだけでは、建築における個人性の表現に足かせをはめてしまうことになる。ギリシャ人が偉大であったのは、けっして昔に頼ろうとしなかったからだと言われているではないか。


冨山和彦

教科書的な答えが存在しない時代です。本に書かれていることも、先人の経験談も、そのままでは通用しないということです。役員はこれまで以上に緊張感のみなぎる中で企業のかじ取りをしていかなくてはなりません。


細谷英二

私の解釈では、企業は業績が上がれば上がるほど組織に安堵感が広がり、大企業病という形で劣化する特性を持っています。それを防ぐための遺伝子や仕組みを常に組織へ植えつけなくてはいけません。


羽生善治

限られた時間のなかで、すべての情報を把握するのは不可能です。とくに、最近の将棋はものすごく細分化していて、様々な戦型の開発が、同時並行的に複数の棋士によって行われています。なかにはプロの棋士である私ですら、「この型については、質問されても困る」といったものもあります。ですから、自分にとって重要だと思われる情報を、的確に取捨選択していくしかありません。


美輪明宏

火の粉はふり払わなければ、火傷します。だから必死にふり払う。自分が置かれた立場を悲観している暇はない。