名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古河市兵衛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古河市兵衛のプロフィール

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

古河市兵衛の名言 一覧

人間の一生は第一が「運」ですな。その次が「鈍」。それから、「根」。


よく人間は「運鈍根」が成功の秘訣だという。大きな運は利口ぶってちょこまかすると運の方が逃げ出してしまう。生まれつきの鈍でも構わない。百も承知、二百も合点の鈍でもよいが、その鈍を守りきるには、どうしても根がなければならない。


古河市兵衛の経歴・略歴

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

他の記事も読んでみる

鈴木修

日本の製造業がまだ強さを保っているのは、現場で働く人のレベルが非常に高いからです。特にコスト意識。これは世界で最高じゃないですか。


伊藤真(弁護士)

私が最も重視しているのは「復習のタイミング」です。これが「覚えられるかどうか」を大きく左右します。「復習のゴールデンタイム」と私が名づけたタイミングが3つあり、1つ目は「覚えた1時間以内」。復習にかける時間は2~3分でかまいません。サッと思い返すだけで、記憶の定着具合は良くなります。2つ目は「寝る前の5分間」。塾生に「就寝前の復習を習慣づけよう」と口を酸っぱくして言っています。3つ目は「翌朝」。前日覚えた内容をしつこく確認します。このタイミング以降も折を見て復習する必要はありますが、3つの「ゴールデンタイム」を実践すれば、ラクに記憶できます。


井上高志

企画を通そうとするとき、まず目的を明確にすることが大切です。たとえば売上なのか、顧客満足度なのか。制約条件があるとすれば、それは何か。また、消費者調査などのリサーチをもとに新企画を提案するわけですが、ひと通りではなくAプラン、Bプラン、Cプランと複数案を提示すべきです。そして最後に「このなかでも自分はAプランを推します。なぜなら、こういう根拠があるからです」と自分の意志を出してほしい。ここまで綺麗にやられたら「仕事できるねえ」と褒めてやりたいですね。


齋藤孝(教育学者)

人は嫌なことを吐露したとき、それを聞いた相手が共感してくれるか、もしくは「信じられない」と驚いてくれると、自分の思いが肯定された気持ちになりホッとするのです。


藤間秋男

私はよく、「打つ手は無限」といっています。悩んでいる人は、現状改善のために「できることは全部やったか」と考えてみてください。


堀場雅夫

社長は40代で就任して50歳になったら引退。役員も60歳で定年するのが理想。そうしたら会社、ひいては日本は本当に元気になる。


福澤武

日本は人口が減っていき、不動産業が衰退するかのような意見がありますが、まったく違いますね。やることはいくらでもある。人間は宙に浮いて活動できないでしょう。働く、住む、勉強する、憩う、行楽する。人間が活動するところは全部不動産です。特に街づくりは文化の継承という点で非常に大切な役割を担っていきます。今の日本は、野山を切り開いて、新たに開発する必要はありません。問題は、すでにある街をどう再生するかです。


堀切功章

しょうゆは国内ではあまりに日常的な存在のため、価格競争に陥りがちだが、だからこそ新しい価値を訴求する必要がある。例えば加熱処理をしていない生しょうゆを、空気に触れない密封容器に入れた「いつでも新鮮」シリーズは、国内の消費者にしょうゆの新しい価値を伝える効果があり、売上も好調だ。


平野敦士カール

フェイスブックやツイッターなど、いまは個人が情報を発信できる時代。使い方次第では、そこを拠点に人脈が広がり、仕事が発生することもあるでしょう。投資も然り。自らが決定権者となり、お金を動かしていけるわけです。いわば「ひとり社長」として人生を切り盛りしていけるチャンスが多い時代。会社がどうなっても生きていける準備をしましょう。


前田裕二

最初にやったのは仲間集めです。僕はコードを書けないので、いまCTO(最高技術責任者)を務めている佐々木康伸を誘いました。あとほかの仕事もしているデザイナーに手伝ってもらって、3人でスタートです。最初はアイドルグループに特化していたので、ライブハウスに通って、いわゆる地下アイドルに営業です。保証されているギャラはないです。ユーザーからのギフティングの収益が分配される仕組みにしています。加えてファンが増えるというプロモーションのメリットも訴求していました。


小笹芳央

頑張っているのに評価されない場合、おそらく、本人の自己認識と他者から見た本人像との間のギャップが原因でしょう。本人が努力したつもりでも周囲はまだまだ足りないと思っていたり、成果を上げたつもりでも、周囲が求めているものとは違っていたり。両者のズレを修正することが必要ですね。


今田洋輔

結局、お客さんに満たされた気持ちで帰って頂けてるのかどうか。そこに興味が持てないといけないし、もう一度お店に来て頂くためにも必要なことですから。職人は、寿司にまつわる技術と一緒に、人と人との関係づくりの能力も高めていかないといけない。