名言DB

9419 人 / 110788 名言

古河市兵衛の名言

twitter Facebook はてブ

古河市兵衛のプロフィール

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

古河市兵衛の名言 一覧

人間の一生は第一が「運」ですな。その次が「鈍」。それから、「根」。


よく人間は「運鈍根」が成功の秘訣だという。大きな運は利口ぶってちょこまかすると運の方が逃げ出してしまう。生まれつきの鈍でも構わない。百も承知、二百も合点の鈍でもよいが、その鈍を守りきるには、どうしても根がなければならない。


古河市兵衛の経歴・略歴

古河市兵衛、ふるかわ・いちべえ。日本の実業家。古河財閥創業者。京都出身。父が亡くなり、幼少期から豆腐を売り歩く貧乏暮らしをする。その後、京都小野組の番頭・古河太郎左衛門の養子になり、古河市兵衛と改名。生糸売買で実績を出し、小野組内で出世したが小野組が倒産。独立し鉱山業を開始。新潟の草倉鉱山、栃木の足尾銅山などの開発にあたった。その後、金属加工業にも進出し、のちの古河電気工業へと発展していった。

他の記事も読んでみる

大泉洋

『水曜どうでしょう』はあくまでマイナーといえばマイナーで、観たい人が観る番組なんです。でも、そこに嘘がないから笑える。視聴率を取るために策を講じるということがあまりなくて、面白いと思うことをストレートにやっていたから、結果的に視聴率がとれていたのです。


高尾隆

その人を知るために、複数の質問を投げかけるのも一つの手。興味のあるなしは、眉間のあたりに出る表情で読み取ることができますし、話題を振っても乗ってこない場合は、どんどん新しい質問を投げかければいい。


伊達公子

ありがたいことに「20代の現役のときよりいまのほうが、身体能力が高くなっているのでは?」とよくいわれます。たしかに、ある部分ではそうかもしれません。それが可能になったのは、自己管理の結果なのではないかと自分では思っています。以前よりストレッチは入念に行いますし、疲労をとって回復力を高めるためのマッサージも欠かしません。試合のためにできる限り準備をして、無理はするけれど無茶はしないように心がけています。


片山幹雄

このまま日本の電機産業が死んでいいはずがないし、やっぱり夢は欲しいじゃない。


岡倉天心

偉大な思想で簡単に説くことのできるものなどありはしない。


松成博茂

どんなに優秀な集団でも、みんなが勝手なほうを向いていては持てる能力の半分も活かせない。明記すべきはチームワークである。


晝馬明

全部門が黒字化するように計画を立て、進捗を随時チェックしている。


高井英幸

もちろんリスクヘッジは必要です。我々は年間30本の映画を製作しますが、そのラインナップの中には、理解を超えるようなものが1~2本あったほうが、バラエティがあって面白い。しかし、そういう映画が当たるかどうかは経験値ではわからない。そこで、ヒットで一塁まで出塁すれば興行的に成り立つようにビジネスプランを立てるのです。


河野裕(小説家)

世の中には「正しさ」と「優しさ」のようにどちらも善良でポジティブなものが矛盾してしまうときがあります。そこで自分がどちらを選んだとしても苦しいし、悩んだところで現実を生きていくうえでは実益はほとんどないかもしれません。ただ、そこで頑張って考え続けるという姿勢そのものを肯定したいし、そういう人は不器用かもしれないけど、私にはすごく愛おしく感じられるんです。


佐々木常夫

上司は様々です。すぐ報告に来ないとイライラする上司や、のんびり構えている上司、文書で提出させる上司もいれば、口頭で連絡してほしい上司もいる。その上司のタイプを把握して、個々に合ったコミュニケーションを取る必要がある。