名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古沢良太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古沢良太のプロフィール

古沢良太、こさわ・りょうた。日本の脚本家、イラストレーター。神奈川県出身。東海大学文学部日本文学科卒業。バイトをしながら漫画家や脚本家を目指す。「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」を受賞しデビュー。映画、テレビドラマの脚本家として活躍。

古沢良太の名言 一覧

専門知識を得たうえで思いつくことよりも、何も知らない状態で、こういうことがあったら面白いんじゃないかって思いついたことの方が最終的には面白い。


人づき合いが苦手な人って、人と接したくないわけではなく、うまく接することができなくて、「もっとああ言えばよかった」とかいろいろ考えちゃうんです。でも、振り返ることも、ものを書く仕事に生かされる。


毎晩、お酒を飲む人とかって、その時間がもったいなあと思います。もちろん、そこで得るものもあるでしょうが、僕はその時間があったら、仕事をした方がいい。


人とワイワイやったり、人と関わったりすることも大事だけど、一人で自分の世界を掘り下げて、他の人が届かないところにまで届かせる、そういう時間をたくさん持てた方がいい仕事ができるんじゃないかな。


古沢良太の経歴・略歴

古沢良太、こさわ・りょうた。日本の脚本家、イラストレーター。神奈川県出身。東海大学文学部日本文学科卒業。バイトをしながら漫画家や脚本家を目指す。「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」を受賞しデビュー。映画、テレビドラマの脚本家として活躍。

他の記事も読んでみる

理央周

たくさん売りたければ、むしろ価格を高めに設定すべきである。東京・新宿に「ケンズカフェ東京」とい洋菓子店がある。この店のガトーショコラは贈答品として人気で、たびたびメディアでも取り上げられている。ただ、開店当初はおいしいのにまったく売れず、頭を悩ませていた。売れるようになったのは値上げをしてから。当初は500グラム1500円で販売していたが、何度か試行錯誤をしたのち280グラム3000円で売り出したら、飛ぶように売れ始めた。これぞまさにハロー効果。もともとおいしい商品であることが大きいが、それに相応しい値付けをしたことでブランド価値も高まり、売り上げ増につながった。


ニクラス・ゼンストローム

私は2003年に無料電話ソフト「スカイプ」の事業を立ち上げました。いまでこそ世界中で使われているソフトウェアに成長しましたが、起業当時はいろいろと悩みを抱えていました。最大の悩みは資金調達でした。スカイプで用いる技術は画期的なものでしたが、その技術を理解してくれる投資家が周りにいなかったのです。世の中のトレンドがどう変わっていくのかを理解してくれる投資家もいませんでした。


朝長哲

トップバリュの商品開発の歴史は、品質を保証するための試行錯誤の繰り返しの上に成り立っていると言っても過言ではありません。


佐々木圭一

共感を引き出すためには、相手が求めている考えや感覚を知ることが不可欠。直接本人に聞ければベストですが、それが無理なら日頃の言動などから何を求めているのか考えましょう。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

川本(日出生)さんは戦前、ミシン部品工場を儲けさせた恩人だ。あんたの信用で2000万。前田(増三)君、君はミシン輸出で商社に信用がある。製品引渡しの約束で2000万手形で借りてきたまえ。僕は広告印刷業界で2000万円ぐらいの信用はある。3人合わせれば6000万円じゃないか。信用は金と効用においてちっとも変わりがない。3人の運命をかけた信用資本を食いつぶすまでに、なんとかこの会社を軌道に乗せるんだ!
【覚書き|終戦後、元蛇の目ミシン社員たちとリッカーミシンを立ち上げたときの発言。】


坂口孝則

世の中に流れている意見を鵜呑みにせず、何事も自分で体験して考えてみることが、数字を読む力を磨くことにつながります。


木部智之

出張帰りの移動中には、出張中の仕事をすることをお勧めします。たとえば私は帰りの移動時間で、出張先での会議の議事録作成などを行なっています。なるべく早く片づけることで翌日に持ち越したくない、ということもありますが、何より、時間が経てば経つほど、出張先で話した内容を思い出せなくなるからです。「鉄は熱いうちに打て」です。もちろん、仕事が終わった直後にカフェやホテルなどに飛び込み、必要な作業をすべて済ませてから新幹線や飛行機に乗るというのも一つの手。移動中にのんびりと過ごす時間を確保できます。


川上量生

「やってはいけない」ことをやる。それがニコニコ動画。


竹村富士徳

計画を立てるには、「緊急ではないが大切なこと」に入る事柄を中心に組み立てなければなりません。


冨澤文秀

パソコンも、もともとはただの箱でソフトもない状況でした。しかしパソコンを元に可能性があると思った人たちがいろいろなソフトを作って参入してモノになって一気に広がっていきました。ロボットもパソコンに近いストーリーになると思っています。


後藤玄利

具体的な何かが見えていたわけではありません。ただ、情報の価値が高まる21世紀を見据え、自分で新たな産業の種をまき、そして育てていこう。そう決めて、独立したのが1997年、27歳の時でした。


ロバート・フェルドマン

「アメリカがダメだから、日本もダメだ」などと一面的な負け犬心理に陥るのではなく、先を見据え、自分でコントロールできることと、コントロールできないことを認識して、コントロールできることを中心に行動するしかありません。