名言DB

9429 人 / 110879 名言

古沢良太の名言

twitter Facebook はてブ

古沢良太のプロフィール

古沢良太、こさわ・りょうた。日本の脚本家、イラストレーター。神奈川県出身。東海大学文学部日本文学科卒業。バイトをしながら漫画家や脚本家を目指す。「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」を受賞しデビュー。映画、テレビドラマの脚本家として活躍。

古沢良太の名言 一覧

専門知識を得たうえで思いつくことよりも、何も知らない状態で、こういうことがあったら面白いんじゃないかって思いついたことの方が最終的には面白い。


人づき合いが苦手な人って、人と接したくないわけではなく、うまく接することができなくて、「もっとああ言えばよかった」とかいろいろ考えちゃうんです。でも、振り返ることも、ものを書く仕事に生かされる。


毎晩、お酒を飲む人とかって、その時間がもったいなあと思います。もちろん、そこで得るものもあるでしょうが、僕はその時間があったら、仕事をした方がいい。


人とワイワイやったり、人と関わったりすることも大事だけど、一人で自分の世界を掘り下げて、他の人が届かないところにまで届かせる、そういう時間をたくさん持てた方がいい仕事ができるんじゃないかな。


古沢良太の経歴・略歴

古沢良太、こさわ・りょうた。日本の脚本家、イラストレーター。神奈川県出身。東海大学文学部日本文学科卒業。バイトをしながら漫画家や脚本家を目指す。「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」を受賞しデビュー。映画、テレビドラマの脚本家として活躍。

他の記事も読んでみる

菊入みゆき

ネガティブな言葉を使ってしまうと、自分の出した言葉の毒素で、気持ちを落としてしまいます。日ごろから「大変だ」「疲れた」が口癖の人は、できる人の口癖をまねすることから真似してみましょう。その中から、気持ちがいいと感じる口癖をよく使い、アレンジしていくことで、いまの自分にピッタリと合う言葉が見つかるはずです。


小倉広

大切なのは、成功体験の大きさではなく回数。大きな成功体験でドーンとやる気が出ることは滅多にないそれよりは、小さな成功体験の数を積み重ねるほうがいい。


樋口武男

思いやりのない人間は、いくら頭が良くても部下は育てられません。「俺が、俺が」という人間にも、大した人はいない。そんな人が上に立てば、会社はダメになります。


佐渡島庸平

読み続ける本の基準は面白いか否か。僕の場合、風呂に入るときも持ち込みたいくらい続きが気になるか。そうでない本は途中でやめてしまいます。また、「この人だ」と思う人の勧める本は率先して読みます。好きな作家に関連する作品もよく読みます。「樹形図的」に広がる読書は、時間のない中、失敗の少ない本を選ぶ手段としてお勧めです。


宮田玲(経営者)

社長になって7年、ようやく経営も安定してきて思うのは、経営というのは慎重にやらないといけないということです。安易にお取引先や従業員を切り捨てるというのは、根本的に間違っているということに気がついたのです。そして、人と人の心のつながりを大切にすることがいかに大変でいかに重要なことかという、子どものころからの祖父の教えが、やっと実感として理解できるようになりました。


原田泳幸

我々の改革は私一人でやったわけではない。みんなでチームで考えてやったんです。私の役割はみんなの知恵をどうやって引き出して、どの知恵を結集して、どの知恵を捨てるかと、そういうところです。


出井伸之

海外に一人で行かされると、禅問答をしないといけません。私も駐在中は本社の方針が伝わらないまま、たぶん本社の方針はこうだろうと自分で立てた仮説をもとに仕事を進めていました。何をすべきか、ソニーがどこを向いているのかを自分で考えざるを得なかったのです。
【覚書き:ソニー欧州駐在員時代について語った言葉】


樋口武男

大和ハウスでは私が会長兼CEO(最高経営責任者)ですから、私が決断しないと何も前に進みません。イエスか、ノーかをハッキリ言う必要があります。誰かが相談に来ると、それはやれとか、やめておけとか、非常に明快に言います。ですが、独断はするけど独裁はしません。やれとは言うけれど、その後で必ず役員の合意を取ります。


堀江貴文

自分に自信がある人ほど自分だけでなんとかうまくやろうとするものです。しかし、それでは無駄が多い。成功する人間とは、自分の知識や経験なんてちっぽけなものだと自覚し、他人の力を上手に利用できる人のことです。


吉松民雄

我々ボトラーは、コカ・コーラ本部と契約して、それぞれの地域を担当しています。地域に密着し、小売業などに対して直接販売システムを持っているのが強みです。ただ統合で企業規模が大きくなり、地域密着の強みが薄れるのではないかという懸念がありました。そこで、販売の仕組みを、従来の中央集権型からエリア別に分けました。地域ごとのニーズを吸い上げ、新たな付加価値を持つ商品の開発につなげることが重要です。