名言DB

9490 人 / 112001 名言

古池進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古池進のプロフィール

古池進、こいけ・すすむ。日本の経営者。半導体メーカー「松下電子工業(のちに松下電器産業に吸収合併)」社長。大阪出身。大阪府立大学大学院工学研究科修了後、松下電器産業を経て松下電子工業に入社。常務取締役、松下電器産業取締役、半導体開発本部長、松下電子工業専務取締役、松下電器産業常務、松下電子工業社長、松下電器産業副社長などを務め、松下電器の半導体事業の責任者を務めた。そのほか、燃料電池実用化戦略研究会副会長・理事、大阪科学技術センター理事・副会長、大阪国際サイエンスクラブ理事長などを務めた。

古池進の名言 一覧

巨額投資をして大量生産で安く供給し物量で勝つ、ということに何も意味はありません。


エレクトロニクスの世界は基本的にはアプリケーション(用途)がマーケットを引っ張っていかなければなりません。安くて集積度の高い半導体を作れば、それに見合うアプリケーションが生まれてくるだろう、という考えは逆なのです。


台湾積体電路製造(TSMC)のモリス・チャンCEO(最高経営責任者)は英知の経営者と言われています。TSMCのようなファウンドリー(受託生産会社)に特化した会社だからといって、彼らは半導体を安く量産することだけを考えているのではありません。アプリケーション(用途)の行方に敏感で、どの納入先と組むか常に戦略を練っているのです。


よく観察してみると、欧米の半導体大手はアプリケーション(用途)を非常に重視しています。米インテルはパソコンというアプリケーションに目をつけ、その中核部品となるCPU(中央演算処理装置)を握った。「ムーアの法則」と呼ばれる半導体の微細化はアプリケーションのためだったのです。米クアルコムもやはり、スマートフォンに目をつけて同じことをやろうとしています。


私は半導体技術者ですが、半導体技術の進化が世界を変える、という考え方は間違っていると思います。エレクトロニクスの世界は基本的にはアプリケーション(用途)がマーケットを引っ張っていかなければなりません。テレビからパソコン、そしてスマートフォンへと、それぞれのアプリケーションを快適に動かすために半導体を生かす。半導体はそれ自体必要条件ではあっても、十分条件ではないのです。


古池進の経歴・略歴

古池進、こいけ・すすむ。日本の経営者。半導体メーカー「松下電子工業(のちに松下電器産業に吸収合併)」社長。大阪出身。大阪府立大学大学院工学研究科修了後、松下電器産業を経て松下電子工業に入社。常務取締役、松下電器産業取締役、半導体開発本部長、松下電子工業専務取締役、松下電器産業常務、松下電子工業社長、松下電器産業副社長などを務め、松下電器の半導体事業の責任者を務めた。そのほか、燃料電池実用化戦略研究会副会長・理事、大阪科学技術センター理事・副会長、大阪国際サイエンスクラブ理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

菊池寛

少数の天才や才人だけが創作の権利を壟断した文芸の貴族政治は、過去のものだ。


布施孝之

当社は昨年から「ビールの魅力化」「発泡酒・新ジャンルの復権」を目標に掲げ、昨年当社のフラッグシップブランドである「一番搾り」をフルリニューアルした。発売から28年の定番ブランドのリニューアルは大きな挑戦であったが、さらなる成長のために決断。1千回以上の試醸を繰り返し、酸味や甘い香りを抑制することで、これまで以上に調和のとれた味わいになった。


平尾誠二

話が伝わらないのは自分の話に説得力が足りないからだと考えてしまう。でも、いまのように個々の価値観も違えば、理解力にも差がある時代に、誰に対しても説得力のある話し方があるのなら、私が教えて欲しいくらいです。


上村愛子

目標を見つけてがむしゃらに頑張りましたが、金メダルにはほど遠い順位だった。そこで初めて、「何が足りないのか」という思考が生まれた。


西多昌規

仕事はうまくいくこともあれば、失敗することもあります。それが人間であり、現実です。ですから、まずは自分に対する期待値を下げ、「時間どおりに終わらないこともある」「100点じゃないこともある」と、緩やかに考えてみてはどうでしょうか。


出雲充

どんな分野でも、成功することが難しいのは当然です。スポーツや芸能の世界で成功するなんて、本当に大変なことなのでしょうね。そういった世界と比べると、ビジネスというのは一番フェアで、特殊な能力が必要ない世界だと私は思っています。とにかく試行回数を増やせば、結果はついてくるのですから。


足立正

中小企業は企業数からいっても全体の8割5分以上を占めている。そのなかには企業として非常に優れたものがあるが、だいたい古い経営組織でやっていて、仕事の内容にも強い特色を持たせるようにすべきなのに、その割に目立たない。結局、このへんに中小企業の問題の鍵が潜んでいるのだろうと考えている。


柴山政行

顧客の流出に関して、100人の流出のうち5人を引きとめる、つまり5%改善すれば、利益は25%改善する「5対25の法則」という会計の考え方がある。信頼関係で結ばれている馴染み客であれば、派手な広告宣伝やキャンペーン展開などのコストが安くて済む。だから、顧客の流出を食い止めるだけで、すぐに5倍もの利益改善につながる。


小飼雅道

持続的に成長を遂げるには余計なことをやらないことでしょう。会社が持つリソースは限られるので、一点集中でやっていきます。これからも。新興国専用車をつくることはないし、蛇足をやると失敗します。


横山信弘

まずは目標達成するためにどんな活動をどれだけ行なう必要があるのかを明らかにしなければなりません。そのうえで、ムダを見極め、減らしていくのが、正しい時短のやり方です。


藤田田

人生で一番成功したことのひとつは、積み立て貯蓄だった。


池田貴将

思想やノウハウがオリジナルかどうかにこだわるのは小さなこと。大切なのは、あくまでも志の中身です。