古池進の名言

古池進のプロフィール

古池進、こいけ・すすむ。日本の経営者。半導体メーカー「松下電子工業(のちに松下電器産業に吸収合併)」社長。大阪出身。大阪府立大学大学院工学研究科修了後、松下電器産業を経て松下電子工業に入社。常務取締役、松下電器産業取締役、半導体開発本部長、松下電子工業専務取締役、松下電器産業常務、松下電子工業社長、松下電器産業副社長などを務め、松下電器の半導体事業の責任者を務めた。そのほか、燃料電池実用化戦略研究会副会長・理事、大阪科学技術センター理事・副会長、大阪国際サイエンスクラブ理事長などを務めた。

古池進の名言 一覧

巨額投資をして大量生産で安く供給し物量で勝つ、ということに何も意味はありません。


エレクトロニクスの世界は基本的にはアプリケーション(用途)がマーケットを引っ張っていかなければなりません。安くて集積度の高い半導体を作れば、それに見合うアプリケーションが生まれてくるだろう、という考えは逆なのです。


台湾積体電路製造(TSMC)のモリス・チャンCEO(最高経営責任者)は英知の経営者と言われています。TSMCのようなファウンドリー(受託生産会社)に特化した会社だからといって、彼らは半導体を安く量産することだけを考えているのではありません。アプリケーション(用途)の行方に敏感で、どの納入先と組むか常に戦略を練っているのです。


よく観察してみると、欧米の半導体大手はアプリケーション(用途)を非常に重視しています。米インテルはパソコンというアプリケーションに目をつけ、その中核部品となるCPU(中央演算処理装置)を握った。「ムーアの法則」と呼ばれる半導体の微細化はアプリケーションのためだったのです。米クアルコムもやはり、スマートフォンに目をつけて同じことをやろうとしています。


私は半導体技術者ですが、半導体技術の進化が世界を変える、という考え方は間違っていると思います。エレクトロニクスの世界は基本的にはアプリケーション(用途)がマーケットを引っ張っていかなければなりません。テレビからパソコン、そしてスマートフォンへと、それぞれのアプリケーションを快適に動かすために半導体を生かす。半導体はそれ自体必要条件ではあっても、十分条件ではないのです。


古池進の経歴・略歴

古池進、こいけ・すすむ。日本の経営者。半導体メーカー「松下電子工業(のちに松下電器産業に吸収合併)」社長。大阪出身。大阪府立大学大学院工学研究科修了後、松下電器産業を経て松下電子工業に入社。常務取締役、松下電器産業取締役、半導体開発本部長、松下電子工業専務取締役、松下電器産業常務、松下電子工業社長、松下電器産業副社長などを務め、松下電器の半導体事業の責任者を務めた。そのほか、燃料電池実用化戦略研究会副会長・理事、大阪科学技術センター理事・副会長、大阪国際サイエンスクラブ理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

カリスマ創業者の死後も卓越さを維持した企業はあります。米ウォルト・ディズニーは創業者ウォルト・ディズニーの死後も偉大であり続けたし、米ウォルマート・ストアーズは創業者サム・ウォルトンの死後も強力でした。不運に遭遇しながら高いリターンを出した事例は少なくないのです。


下村朱美

「日本スパ・ウエルネス協会」では、エステティック業界の健全な発展とセラピストの社会的地位向上を目的とした活動をしています。資格試験や講習会の開催だけでなく、海外諸国との資格相互認証に向けた取り組みを進めるなど、業界の環境整備を含め、尊い仕事のあるべき姿を追求しています。発足して間もなく14年目になりますが、創設以来、追求し続けているテーマも「美とは何か」です。


羽生善治

好きな言葉は「玲瓏」です。いつも透き通った心静かな状態でいたいと思っています。
【覚書き|玲瓏、れいろう。宝玉などが透き通り、曇りのないさま。麗しく照り輝くさま。音声が澄んで響くさま】


堀場厚

京都にある本社は5階建てで、以前はエレベーターを使って移動していたのですが、数年前から健康のために階段を使うようにしたんです。すると、普段会う機会が少ない社員たちと、頻繁に顔を合わせるようになった。社員といろいろな話をするようになった時、「これだ!」と気づきました。一番必要なのは、コミュニケーションなのだと。


小宮一慶

コンピュータに仕事を奪われる人が今後もすごく増えていくでしょう。昔はスーパーのレジ打ちの達人のような人がいたけれど、今はピッピッと商品のバーコードを機械にかざすだけでいいから新人の低賃金の人にもできる。経理だって、以前は貸借対照表を読めて帳簿もつけられないといけなかったけれど、現在は伝票さえパソコンに打ち込めば決算書まで作ってくれる。簡単な作業の労働はなくならないまでも、機械ができる労働の単価は下がるでしょうね。


大野直竹

視野を広く長くし、同時に今日のことも考えて現場に目をこらす。そうすれば、部下の報告に隠れている真実も見えてくるし、指導者は必ず鍛えられていく。


魚谷雅彦

新たな設備投資に100億円を使うとなったら、会社の中でものすごく議論を重ねますよね。一方、広告に毎年100億円使っている会社はいっぱいある。だったら、経営層がマーケティングにもっとちゃんと関わるべきと考えます。


盛田昭夫

井深(大)さんの人柄にホレて、その理想を実現しようという人が集まった。それが社風になり、ソニーはここまできた。


宮田玲(経営者)

入社後数年は、父は私に、かなりいろいろなことを言いました。ときには、なにもそんなことまで……ということまで注意や指示をされたものです。でも、「おまえの好きにせえ」と言われた社長就任一年前からは、一転して父は私に何も言わなくなり、本当に好きにさせてくれました。それは見捨てているというのではなく、私が失敗しても我慢して見守るという態度だったように思います。失敗だらけでしたが、あきらめずに見ていてくれたことに、私はとても感謝しています。


野間口有

部下に対して欠点や弱点をダイレクトに指摘する正直さはむしろ不要です。相手を落ち込ませるだけです。私の場合、部下に対しては、常に「元気が出るような言葉」をかけるよう気を付けてきました。具体的には、少しでもその人のいいところを見せてやるということです。


安達洋

知りたいという気持ちが新鮮なうちにおさらいすると、頭に入りやすいのです。


古森重隆

どれだけ頭で正しい判断をしていても、周囲の人々、ステークホルダーがついてくるような人でなければ、物事は動かない。


水野学

僕の中で、アートディレクションは「広く見る」こと、デザインは「深く見る」ことという区別をしています。「広く見る」というのはものごとを俯瞰して道筋をつくることで、「深く見る」というのはあらゆる細部を検証して精度を高めていくことです。


羽鳥慎一

入社当時、自信が揺らぎそうになれば、どこかにいい部分があるから会社は採用してくれたんだと、自分に言い聞かせました。それから、根拠はなくても、いつかは必ずチャンスが回ってくると信じる。そのときに備え、ビデオで自分の喋りや動きをチェックすることだけは怠りませんでした。


大山健太郎

私は横並びが家電業界をダメにした原因だと思っています。一般論ですが、大手さんが手掛ける商品には、いらない機能がいっぱいついている。結局のところ、大手さんがやってきたのは、自分たちの技術をベースに作るプロダクトアウトの発想か、量販店のニーズをくみ取るマーケットインの発想だったと思います。


ページの先頭へ