名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古橋広之進(古橋廣之進)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古橋広之進(古橋廣之進)のプロフィール

古橋広之進(廣之進)、ふるはし・ひろのしん。水泳選手、コーチ。第二次世界大戦後の水泳界で活躍し「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた選手。現役ピーク時まで、日本がまだ世界水泳連盟から離れたままだったのでオリンピックなどの世界大会に出られなかった。主な競技は400m自由形。引退後は日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長などを務め日本水泳界の発展に寄与した。

古橋広之進(古橋廣之進)の名言 一覧

大きな目標をもって一筋に努力し、工夫し、苦しみにも耐えてこそ、大きく成長していけるものだ。


魚になるまで泳げ。


ハンディがあったからこそ、それをどのように乗り越えたらいいかということを考え、人のやらないことをやった。こういう発想ができたことが、ものすごくプラスになった。


僕はハンディを抱えているので人の何倍もやらなければダメだと考え、人が5やれば10やる、10やれば20やるというように人の倍々とやっていった。


別にどうということはありません。ただ自分は800(メートル)を泳ぐときは700、1500を泳ぐときは1300と考えて全力で泳ぎます。そうするとあとの100、200は苦しさで腕が肩から抜けそうです。このラストが記録の勝負です。自分はラストの分秒に捨て身の逆転を狙って賭けます。これは意地ですね。


人間というのは、どこも具合の悪いところがないと、あまり頑張らずに、これだけやっているからいいんじゃないかと考えてしまう。ところが我々ハンディを抱える者は、どうしたら皆よりできるのかを、自分なりに工夫するわけです。そういうことをやることによって、精神的にも絶対に負けない、へこたれないぞという気持ちになる。それが結局いろいろと精進するきっかけとなった。


僕は左手をケガしていますから、泳いでもどんどん手から水が漏れてしまい、うまく水をかけないんです。左手はもうとてもじゃないけど使えないからそれならば右手を鍛える。また、足を使ってやるようにもしなければいけないから、泳ぎ方はふつうの泳ぎ方ではない泳ぎ方にしてしまったんです。そういう工夫というのは、ハンディがあったからこそできた。


古橋広之進(古橋廣之進)の経歴・略歴

古橋広之進(廣之進)、ふるはし・ひろのしん。水泳選手、コーチ。第二次世界大戦後の水泳界で活躍し「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた選手。現役ピーク時まで、日本がまだ世界水泳連盟から離れたままだったのでオリンピックなどの世界大会に出られなかった。主な競技は400m自由形。引退後は日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長などを務め日本水泳界の発展に寄与した。

他の記事も読んでみる

武田信繁

味方の勝ちが見えてきたら、その場に足をとめず、一気に敵陣を踏み破るといいだろう。ただし、この場合に、敵の軍勢が崩れずに抵抗してくるなら、一応陣営を整えてから攻め寄せるといい。『三略』に、「戦いは疾風のごとく攻めよ」というのがある。


ジョセフ・キャンベル

私たちはこの冒険をひとりで冒す必要はない。今までの英雄たちが、私たちの先へ行ってくれているからだ。迷宮の道順はすでに解き明かされている。


岡田正彦(医学博士)

私が過去に行なった大規模調査によれば、睡眠時間が6時間のグループが最も病気が少ないという結果が出ました。また、海外では、7時間が最も長生きだったという調査結果もあります。むしろ、それより長いと数値は悪化してしまいました。睡眠は長ければ長いほどいい、というものでもないようです。


井上高志

サラリーマン時代の上司からは、困ったヤツだと思われていたでしょうね。他社の商品を一生懸命売るような営業マンでしたから。たとえば、新卒で入ったリクルートコスモスで、新築マンションの営業をしていたときのことです。あるお客様が、ローンの審査が通らず、落ち込んでいたのを、放っておけなかったんですね。そこで、もう少し安価な、同業他社の新築物件を40件ほど探して、ご提案したのです。最終的に、お客様は、私が提案した他社の物件をご購入なさいました。上司に「他社の物件を売るためにお前を雇ったわけじゃない。1円にもならないことをするな」とひどく叱られました。さすがにこれはやりすぎでしたが、間違ったことをしたとは決して思っていません。いまも、根本は一緒。営業マンは「利他主義」であるべきだと思っています。


太田光代

不満を抱いても、損するのは結局、自分だけ。傷ついたり、イライラしたりするより、気持ちを入れ替えて、目の前の仕事に取り組んだ方がいい。


高山樗牛

己の立てるところを深く掘れ、そこには必ず泉あらん。


村田昭治

企業の体質をより強化するときなのだ、という認識を徹底しなければならない。体質強化というのは、自社のもっている独自の価値を磨いてドメインをしっかり築き、確認し、それを着実に堅実に活用すること。


相澤賢二

上司が部下を気にかけ、「叱る」「褒める」の二つを適切に行っていれば、どんな会社でもお客様と末永い良好な関係を築く営業マンを育てることができると思います。


山田進太郎

日常的にバリュー(使命を実現するための行動規範)を意識してもらうよう工夫しています。たとえば、本社オフィスの会議室を「BOLD(大胆な)」「PROFESSIONAL」「ALL」「FOR」「ONE」と名付けているのは、そうした工夫の一つです。「次はBOLDで会議です」などと、日常の会話の中で当社のバリューを自然に口にする状況を作り出したわけです。


此本臣吾

イノベーションの要諦は、既成勢力の至らない部分を突くことにある。そのため、既存事業と必ず衝突する。


大島さくら子

「ビジネス英語は難しい」そう思っている方は多いでしょう。だとしたらまず、その苦手意識を取り払って、自信を持つところから始めてください。すでに持っているご自分の日本語でのビジネスの知識や経験が大いに助けになると同時に、ビジネスの現場で使われる単語やフレーズは決まったものが多く、実は意外と難しくないのです。


加藤義博(経営者)

社会に出た時から、起業したくてずっとアイデアを考え続けていた。