名言DB

9425 人 / 110833 名言

古橋広之進(古橋廣之進)の名言

twitter Facebook はてブ

古橋広之進(古橋廣之進)のプロフィール

古橋広之進(廣之進)、ふるはし・ひろのしん。水泳選手、コーチ。第二次世界大戦後の水泳界で活躍し「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた選手。現役ピーク時まで、日本がまだ世界水泳連盟から離れたままだったのでオリンピックなどの世界大会に出られなかった。主な競技は400m自由形。引退後は日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長などを務め日本水泳界の発展に寄与した。

古橋広之進(古橋廣之進)の名言 一覧

大きな目標をもって一筋に努力し、工夫し、苦しみにも耐えてこそ、大きく成長していけるものだ。


魚になるまで泳げ。


ハンディがあったからこそ、それをどのように乗り越えたらいいかということを考え、人のやらないことをやった。こういう発想ができたことが、ものすごくプラスになった。


僕はハンディを抱えているので人の何倍もやらなければダメだと考え、人が5やれば10やる、10やれば20やるというように人の倍々とやっていった。


別にどうということはありません。ただ自分は800(メートル)を泳ぐときは700、1500を泳ぐときは1300と考えて全力で泳ぎます。そうするとあとの100、200は苦しさで腕が肩から抜けそうです。このラストが記録の勝負です。自分はラストの分秒に捨て身の逆転を狙って賭けます。これは意地ですね。


人間というのは、どこも具合の悪いところがないと、あまり頑張らずに、これだけやっているからいいんじゃないかと考えてしまう。ところが我々ハンディを抱える者は、どうしたら皆よりできるのかを、自分なりに工夫するわけです。そういうことをやることによって、精神的にも絶対に負けない、へこたれないぞという気持ちになる。それが結局いろいろと精進するきっかけとなった。


僕は左手をケガしていますから、泳いでもどんどん手から水が漏れてしまい、うまく水をかけないんです。左手はもうとてもじゃないけど使えないからそれならば右手を鍛える。また、足を使ってやるようにもしなければいけないから、泳ぎ方はふつうの泳ぎ方ではない泳ぎ方にしてしまったんです。そういう工夫というのは、ハンディがあったからこそできた。


古橋広之進(古橋廣之進)の経歴・略歴

古橋広之進(廣之進)、ふるはし・ひろのしん。水泳選手、コーチ。第二次世界大戦後の水泳界で活躍し「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた選手。現役ピーク時まで、日本がまだ世界水泳連盟から離れたままだったのでオリンピックなどの世界大会に出られなかった。主な競技は400m自由形。引退後は日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長などを務め日本水泳界の発展に寄与した。

他の記事も読んでみる

大坪清

当社も「働き方改革宣言」を行った。いまだに存在する働き方に対する固定観念を、根っこのところから変えていこうというのが働き方改革宣言の目的である。


朝倉千恵子

お客様との会話のなかで、「私はこう思います」と言い切ってしまったら、そこで会話も途切れてしまいます。逆に、「私はこう思うのですが、○○さんはどう思いますか」と質問すれば、お客様も自分の考えを話してくださるものです。


鈴木喬(経営者)

私が様々な新商品を開発したのは、お金儲けが目的でした。ただし根底には、損得勘定抜きに世の中を驚かせたいという願望がありました。


李健煕(イ・ゴンヒ)

結局、天才、優秀な人材をたくさん持った国家や企業が競争で勝つ。


白川敬裕

意気込んでスタートしたのに、日に日にやる気が薄れ、いつの間にかやめてしまった。そのような経験は誰にもあると思います。最初の意欲を継続するには、ゴールに到達したときの自分自身の姿をイメージするのが効果的です。


窪田良

一眼科医として患者さんと向き合っているとき、治せない病気があることを悔しく思い、研究者としての道を歩み始めました。


米倉誠一郎

たとえば、英語の授業だって、国語や数学を英語で教えたり、サッカーを英語だけでやってみたりするといいと思います。違う方向からアプローチすることで、国際的な視野も広がるし、英語の面白さが分かるはず。


吉貴寛良

私はトヨタで生産の効率化を担当してきました。フタバは原価管理の精度向上が急務です。フタバの製品は排気系部品やボディー部品など多岐にわたりますが、製品ごとにどれだけ作れていて、売れているのか、基本的な数字の管理がおろそかになっていたのです。どう改善するのか。例えば今期から、予算はまず製造部門などの現場に立ててもらうようにしました。従来は経理部門の担当でしたが、どうしても前期比ベースでソロバンをはじいていた。モノ作りの現場が自分たちの仕事を考え、自らの責任でお金のことまで決めるようにしたのです。


正垣泰彦

物理の公式と同様、ビジネスにも原理原則があります。それを発見するには主観を排除して、数字で考えないといけない。


鈴木敏文

顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。それは、同じことをしたほうが楽だからです。結果、顧客に飽きられる。どの局を見ても同じような番組が流れるテレビ業界などはその典型でしょう。