名言DB

9419 人 / 110788 名言

古橋広之進(古橋廣之進)の名言

twitter Facebook はてブ

古橋広之進(古橋廣之進)のプロフィール

古橋広之進(廣之進)、ふるはし・ひろのしん。水泳選手、コーチ。第二次世界大戦後の水泳界で活躍し「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた選手。現役ピーク時まで、日本がまだ世界水泳連盟から離れたままだったのでオリンピックなどの世界大会に出られなかった。主な競技は400m自由形。引退後は日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長などを務め日本水泳界の発展に寄与した。

古橋広之進(古橋廣之進)の名言 一覧

大きな目標をもって一筋に努力し、工夫し、苦しみにも耐えてこそ、大きく成長していけるものだ。


魚になるまで泳げ。


ハンディがあったからこそ、それをどのように乗り越えたらいいかということを考え、人のやらないことをやった。こういう発想ができたことが、ものすごくプラスになった。


僕はハンディを抱えているので人の何倍もやらなければダメだと考え、人が5やれば10やる、10やれば20やるというように人の倍々とやっていった。


別にどうということはありません。ただ自分は800(メートル)を泳ぐときは700、1500を泳ぐときは1300と考えて全力で泳ぎます。そうするとあとの100、200は苦しさで腕が肩から抜けそうです。このラストが記録の勝負です。自分はラストの分秒に捨て身の逆転を狙って賭けます。これは意地ですね。


人間というのは、どこも具合の悪いところがないと、あまり頑張らずに、これだけやっているからいいんじゃないかと考えてしまう。ところが我々ハンディを抱える者は、どうしたら皆よりできるのかを、自分なりに工夫するわけです。そういうことをやることによって、精神的にも絶対に負けない、へこたれないぞという気持ちになる。それが結局いろいろと精進するきっかけとなった。


僕は左手をケガしていますから、泳いでもどんどん手から水が漏れてしまい、うまく水をかけないんです。左手はもうとてもじゃないけど使えないからそれならば右手を鍛える。また、足を使ってやるようにもしなければいけないから、泳ぎ方はふつうの泳ぎ方ではない泳ぎ方にしてしまったんです。そういう工夫というのは、ハンディがあったからこそできた。


古橋広之進(古橋廣之進)の経歴・略歴

古橋広之進(廣之進)、ふるはし・ひろのしん。水泳選手、コーチ。第二次世界大戦後の水泳界で活躍し「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた選手。現役ピーク時まで、日本がまだ世界水泳連盟から離れたままだったのでオリンピックなどの世界大会に出られなかった。主な競技は400m自由形。引退後は日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長などを務め日本水泳界の発展に寄与した。

他の記事も読んでみる

田中良和(GREE)

ユーザーの声に耳を傾ける姿勢として、必ずしもそのままサービスに反映させていくことだけを意味しません。むしろ、現在の生の情報である「声」を、その業界・分野の過去の歴史と照らし合わせていく作業が大事なのです。


程近智

既存業者は事業ポートフォリオをどんどん、入れ替えないといけなくなっている。いまのディスラプター(破壊者・変革者)が怖いのは、そのスピードが昔と違って、とても速いこと。


檜谷芳彦

日本には、欧米のようにディベートする習慣がありません。むしろ「対立は悪」だという共通意識のもと、いかに対立を避けるかが優先されます。だから論が立つ者ほど嫌われたりもします。結局、日本の会議の多くは、議論する場ではなく「議題の再確認の場」にすぎません。裏を返せば、日本の会議で議題を通すには、根回しが必要となってくるのです。


高橋茂雄

最近、僕が大事にしているのが、年賀状です。ある番組をきっかけに筆ペン習字にハマり、2年前から、年賀状を全部手書きで書くようになりました。黒、金、赤と3色を使い分けて、相手によって文面やデザインは全部変えます。「この人なら、何を書いたら喜んでくれるかなぁ」と相手のことを考えている時間がたまらなく楽しいんですね。僕の場合は、手渡しが基本。元日に番組で会う人や、正月に会う予定がある人をあらかじめ想定しておいて、1枚ずつ渡してます。ニヤッとしながら、「ありがとうな」と言ってもらうのがうれしい。もらって迷惑そうな人なんて、絶対にいませんよね。自然にほころぶようなあの感じが、年賀状ならではで、いいんですよ。


富田浩安

アメリカの学生は日本の学生とはまるで違って、親元から離れてバイトをしながら、しかも、勉強もしっかりやっているわけです。そのことが私に大きな影響を与えました。家庭が裕福であろうがなかろうが関係ありません。彼らは自分の力でどこまで通用するかを試そうとしているわけです。そんな彼らの姿を見て、私は「(日本での)学生時代の自分は何をしていたのか」と反省しました。それから一気に奮起したんです。


大宮久

弊社の創業は天保13年(1842年)。その間の歴史をひも解けば、まさに山あり谷あり、常に緊張感と背中合わせだった。


川﨑圭太(経営者)

私たちは当初から、売ろうとするのではなく、リシャール・ミルの世界観や時計に込められた熱意をお客様に伝えることを心がけ続けています。


澤上篤人

儲けよう、儲けようで眼をつり上げている銭ゲバ投資家からすると、暴落相場はどう見ても儲かりそうにない。だから、買っておこうなんて気持ちは、全く湧いてこない。投資なんて、「安く買って、高く売る」だけのこと。その一番大事な「安く買う」ができないのは、何ともお気の毒と言ってあげたいよね。


村瀬治男

経営者が元気でないと、会社自体も印象が暗くなる。その意味では、身体が丈夫だというのは経営者に必要な条件。


小林弘幸

スポーツトレーニングは、筋力アップや技術向上を図る「ストレングス」。疲労を取り、故障を治す「ケア」、そして持っている力を発揮するための「コンディショニング」。この3つのアプローチで成り立っています。練習したことをいかに本番に結びつけるか。これはビジネスの世界でも同じです。100の実力を120に増やしても、70しか発揮できなければ、力がついたとはいえません。