名言DB

9419 人 / 110788 名言

古本次郎の名言

twitter Facebook はてブ

古本次郎のプロフィール

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

古本次郎の名言 一覧

仕事というのはメリハリをつけてやるものです。心身ともにリフレッシュし仕事をすれば、業績だっていい影響が出るはずです。


古本次郎の経歴・略歴

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

澤口俊之

部下のタイプを見分ける際は、一度叱ってみて反応を見るのがベスト。「もう一度チャンスをください」と食い下がってくる場合は叱られて伸びるタイプ。落ち込んでその後のパフォーマンスが落ちるようなら、叱りすぎは禁物です。


井上礼之

国際ルールを策定する場ではコミュニケーションが何より重要です。理屈や理論を示すだけでなく、実際に何度も足を連んで説明する。相手の主張や疑問、関心事をしっかりと聞き、それに応えていかなければ信頼は得られません。自社の利益を声高に主張するのではなく、社会全体の最適を考えて導き出した結論を論理性、客観性を兼ね備えて主張する必要があります。


ドナルド・トランプ

あまり簡単に満足してはいけない。自分自身にも、何に対しても。たとえ逆風が吹いていても、歯を食いしばり、妥協しないでほしい。


三浦展

いま、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』を翻訳しています。「職業=ベルーフ」は日本語では『天職』とも訳されますが、いま、就職雑誌などを読むと「天職」という言葉が、「一生やっても飽きない楽しい仕事」というような意味で使われています。でも、本来の天職というのは自分の意思で決めたものではなく、天から、神様から「おまえ、これをやれ」と言われて決まった仕事なんです。


永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


矢野博丈

明るく店をやっていると、そのお客さんが何も買わなくても、ほかのお客さんが引き寄せられてくる。やはり明るさは、接客の基本なんだね。


松永安左エ門

石炭は下がる、株はガラ(暴落)、シナでの事業も大赤字、自宅は火事と、悪いことが重なったが、逆境に落ちてみるとかねて潜んでいたひとつの人生観が頭をもたげた。人間本来の姿やあり方、自己と社会の関係、自分の趣味や学問などについてのかねての反省が、急激に頭をもたげてきた。30歳を超えた年齢のせいもあったろう。


佐藤文昭(アナリスト)

アメリカの経営者は、「10年後、自分たちはこうやって世の中を変える」といった夢のある、ビジョンやメッセージを打ち出す。


熊谷正寿

経営者にとって、オフィス戦略は企業の成長戦略と一緒です。我々のようなベンチャー企業は、成長する時は一気に成長するし、失敗すると急速にしぼむ。オフィスもそれに合わせて機動的に拡大、縮小しなければなりません。


高橋がなり

耐えることが大切なんだ。だけど、その状況に慣れてしまって妥協してはいけないんだ。耐えながら、しかも努力していれば、必ず自分に追い風が吹いてくれるから。