名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古本次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古本次郎のプロフィール

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

古本次郎の名言 一覧

仕事というのはメリハリをつけてやるものです。心身ともにリフレッシュし仕事をすれば、業績だっていい影響が出るはずです。


古本次郎の経歴・略歴

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

医薬品というのは大変なんです。たまにホームランが出るけど、その間がなかなか耐えきれない。特に中小メーカーにとって厳しい。だけど、富士フィルムの場合は、ホームランが出るまで他の事業で支えられる。これは、有利に働くと思いますよ。


俣野成敏

自分の強みを明確化したいときに重宝するのが「イライラ日記」です。ノートを用意し、左側に「メールの返事が遅い」「資料の作り方が雑」「話が回りくどい」など、日々の中でイライラしたことを書きます。さらに右側に「メール返信はマメであるべき」「話はできるだけ簡潔に伝えるべき」といったふうに、イライラする理由を。これを1~2か月続けるだけで、自分の強みがバッチリ見えてきます。実はイライラとは、自分が人より優れている部分の裏返し。自分ができるからこそ、人ができないとイライラするのです。だからイライラ日記をつけると、自分の思わぬ強みがあぶり出されます。最初は内容がバラバラでも、継続すれば傾向が見えてきます。その表立った傾向こそが、自分の強みに違いありません。


ジャック・マー(馬雲)

成功がどういう姿かということは、私にはまだ実は捉えられていないのですが、失敗がどういうことを意味するのかは捉えられています。それは諦めることです。


柳井正

何をどうすればいいのかは教えてもらうのではなく、自分で問いかけ、自分で答えを出すべきです。それが自立した人間であり、そういう自立した人間が集まることで強い国ができる。


本多均

モチベーションが低い人に研修を受けさせても、能力は上がりません。一方、モチベーションが高ければ学習意欲も高まるため、必然的に能力もついてくるものです。


迫俊亮

業界のプロとしての知見は最初は持っていなくてもいい、と私は思います。ただし、大切なのは「理解したい。理解しよう」という気持ちと姿勢を持ち、実際に行動で示していくこと。どんなに頑張っても、この道何十年というような業界のプロの知見にはすぐに追いつけないかもしれませんが、「理解したい」という姿勢を心から示すことで、そういうエキスパートたちからの信頼を得ることは可能になる。


田中良和(GREE)

米オープンフェイント買収は結果的に失敗になりましたが、決して無駄な買収とは思っていません。それまで、我々はカリフォルニアの会社を経営したことはありませんでした。買収後のマネジメントもうまくできなかったと思います。価値観の違いもあって、すぐに社員が辞めてしまうことも多々ありました。ですが、ここで学んだことが大きかった。その後、米ゲーム制作会社のファンジオを買収することになるのですが、そこで培った経験を生かすことができました。今、彼らが制作したゲームは買収直後と比べて売上高が5倍、10倍に伸びています。


茂木啓三郎

競争は進歩の主因ではあるが、極端な道理にもとるような競争は避けよ。


堀之内九一郎

よく「人間らしく」という言葉を耳にしますが、あえて、もっともっと貪欲に、「動物らしく」生き抜こうじゃないかというのが私の考えです。この場合、人間らしくというのは、どちらかというと損得勘定で動いてしまう人間をイメージしています。そうではなく、自分が欲しいと思ったものは全力で手に入れる。ときには人に石を投げられながらも自分の信念に従った行動をする人間でありたいと、私は常に自分に課しているつもりです


小室淑恵

マネジメントの役割は、各メンバーの持つ能力を最大限に発揮させ、チームとして成果を出すことです。チームの成果を最大限にする時間の使い方をすることが、結果的にマネジメントする管理職の負担を減らし、仕事の効率化につながります。


長谷川和廣

「ひと花咲かせてやろう」という欲を持つことが大切です。いまの地位にしがみつこうとする依存心を捨てること。そして前向きな成功のイメージを持って、人生を切り開いていく。そんな気概を持った人が大きく伸びていくでしょう。減点主義で差をつけた時代は終わりました。これからは何が何でも、利益やシェアを奪い取ってくる社員が勝ち組かもしれません。


寺尾玄

倒産寸前のピンチがあったから、今のバルミューダがある。失敗やピンチは大きな気づきを得られる絶好の機会。人が強くなれるのは失敗したときだけ。失敗は人生の糧になる。だから失敗は素晴らしい経験なんだ。