名言DB

9490 人 / 112001 名言

古本次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古本次郎のプロフィール

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

古本次郎の名言 一覧

仕事というのはメリハリをつけてやるものです。心身ともにリフレッシュし仕事をすれば、業績だっていい影響が出るはずです。


古本次郎の経歴・略歴

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田和正

上司がキレるのは別に悪いことではないと思います。キレるとき、そこにはキレた人の期待値とキレられた人の成果に、明確なギャップがあるからです。


国枝慎吾

「車いすだからここまでしかできない」という思い込みを取り払い、「健常者や格下の選手のプレーから盗めるものはないか」と常に考えて取り組むことが、今の自分を超えるために必要な要素。


長島徹

経営者は神様でもなければ万能でもありません。やはり、リーダーの立場にある人は、会社の強みと弱みを把握するのと同じくらい、自分自身の強みと弱みを把握することが大切だと思います。


小泉文明

仕事がデキる人は自分に制限を設けずに、積極的にどんどん進んでいく。お客様への提案で勝つ内容と負ける内容の差は、それほどないケースがほとんど。ただ、勝つ提案は、担当者が徹底的に頑張っている。自分や周囲に上手に負荷をかけて、「ほんの少しの差」を生み出しているのだと思います。


牧野正幸

細部にわたるまで正確に記憶した知識体系は固定観念となり、新しい論理を受け入れることを拒否しようとする。


岡田裕介(東映)

今の状況が、このまま続くとは思っていません。なぜ、ヒットするのかよくわからない不安な日々を送っていますが(笑)、その時、その時の庶民の感覚についていくことが映画産業が栄えるために、一番大切なことだと思っています。


君塚良一

あるとき、先輩が「ドラマを描いている有名なライターの何々さんって、あの1時間ドラマ、2日間で書いてあとは遊んでいるらしい。あんな面白いのが、2日ぐらいで書けるんだなあ」と言うんです。そうか、なるほどと思って、つまり机の前に座っている時間と、作品の質とは関係ないんじゃないか。みなさんも壁にぶち当たったら、ちょっと生活の比重を変えてみたらどうですか?シナリオを書くのは、1か月のうち1日と決めておいて、あとはずっと外で遊んでいるんです。僕の経験からいくと、確かに1時間ものって、最速で書けば1日で書けるんです。勢いと集中力だけで書くから、出来はよくないと思いますが……。


樋口知之

これからの時代はどんなビジネスパーソンも、データリテラシーは身につけた方がいい。特に経営トップや現場のリーダーは、自分がデータを分析できなくても、データを読んで将来を予測し、意思決定していかなけばならない。データが読めなければ競合に負けてしまう。


見舘好隆

せっかく採用した新人が思うように働いてくれない。強く言うとむくれて出社しなくなりそうだし、下手すると辞めてしまう。最近、企業の人事担当者ばかりでなく、部下を持つ30代、40代の管理職の人たちからもこういう悩みをよく聞く。そういう場合、私はこう答えるようにしている。飲食業、たとえばマクドナルドのアルバイト育成法に学んだらどうでしょう、と。


姜尚中

いまこそリベラルアーツに触れることを勧めます。たとえば、夏目漱石のような古典を読むと、現代にも通じる生き方のヒントが散りばめられています。


西田公昭

一貫性効果を高めるためには、誰に対しても同じことを言うのが大切。いつでも、誰に対しても徹底して否定することで、「あの人はこう言い続けている」と印象づける。聞いている側は「自分のほうが記憶違いをしているのでは」とか、立場の弱い人だと、「自分のほうが頭が悪いし……」と思い込んで、心細くなっていくのです。


玉塚元一

戦略はあるし実行する武器もある。大切なのは実行するスピードであり、より精度を高めることである。