古本次郎の名言

古本次郎のプロフィール

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

古本次郎の名言 一覧

仕事というのはメリハリをつけてやるものです。心身ともにリフレッシュし仕事をすれば、業績だっていい影響が出るはずです。


古本次郎の経歴・略歴

古本次郎、ふるもと・じろう。日本の経営者。ガラス製品総合メーカー旭硝子社長。大正時代、福岡県出身。旧制横浜私立専門学校高等商業科卒業後、旭硝子に入社。東京支店長、取締役化学品営業部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、ニューガラスフォーラム会長、日本ソーダ工業会会長、日本ファインセラミックス協会会長、板硝子協会会長、オゾン層保護対策協議会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

篠原菊紀

一流のアスリートたちは、雑念やプレッシャーを振り払って、集中する術を知っている。集中力を高めるテクニックとしてよく知られるのが「ルーティン」。行動により線条体が刺激されるという脳の特性を生かし、毎回、同じ動作を繰り返すことで集中力が高まる。


滝一夫

社長とは、偉いものではなく、あくまでも職務。


松本晃(経営者)

高度経済成長時代なら、「成果主義」の私でも長時間残業を高く評価しますよ。例えば商品を1時間で1台作るとします。そのペースで100時間働けば、100台作れるでしょう。当時は、「かける時間の長さ」と「成果」がほぼ比例していましたから。しかし現代は違います。効率よく働くことを徹底的に意識・実践して、ようやく成果が出る。求める結果を最短距離で出すために、どんなアクションが必要か。そこを見極め、時間を有効に使うビジネススキルが欠かせません。


堀江貴文

パブリックな薄っぺらい信用はどうでもいいんです。僕にはがっちりグリップしている一定の層があって、僕はその人たちを大事にしてきたし、その人たちも応援してくれている。もともと僕は、わかってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきました。わかってくれている人はずっとわかってくれている。それが僕のいう「信用」です。


加藤俊徳

「歳をとると忘れっぽくなる」とよく言われますが、これは歳をとるから記憶力が低下するのではなく、年齢を重ねることで新しいことを覚える必要性が低下し、その結果、頭を使わなくなるから、記憶力が低下するのです。つまり、脳を成長させるためには、脳を常に働かせる必要があるのです。いろいろな人と交流したり、新しいことにチャレンジしたりして、脳にできるだけ多くの刺激を与えることが大切です。


辻慎吾

現在進めている大規模な再開発プロジェクトは、いずれも森ビルらしい、森ビルにしかできない都市再生プロジェクト。これらをしっかりとやりきること。それが森ビルにとっても、東京にとっても、日本にとっても一番良いと思ってやっています。


堺雅人

もちろん伝統は大事です。しかし、それにこだわらず、自分たちが面白いと思うものに嘘をつかずに作っていくことが誠実なやり方だと思っています。


久水宏之

外なる力の発展の方に目を奪われ、金融や資本主義のシステムも、お金や資本の増殖が自己目的であるかのように展開し、格差の拡大や絆の分断を生み、綻んできた。人間にとって本当の幸せを実現する、という本来の目的に立ち返ってこれを修復するためには、改めて「人間が生まれてきたわけや、何に最も充実感を感じるのか」を見つめ直す必要がある。


トム・ケリー(IDEO)

プロジェクトで成功できるかどうかは、どれだけの数の実験ができるかで決まる。


林野宏

リーダーが忘れてはいけないのは、イノベーションを起こしていかなくてはならない、ということ。これまでは営業企画とか商品開発、○○戦略室といった、サービスや商品などの差別化の武器をつくり出したりするセクション固有の概念だったイノベーションが、いまやあらゆるセクションのあらゆる雇用形態の人たちが参加すべきものに変わってきています。


藤澤信義

シンガポール進出時、最初から私自身が駐在しました。自分が乗り込めば、当社グループ内の本気度もいっそう高まると思いました。当社の代表取締役専務も韓国に駐在しており、代表2人が共に海外。これ以上の本気はないでしょう。


川淵三郎

サッカーもバスケもプロ化させていく上で大切なことは同じ。Jリーグのときにやったように、地域を巻き込んで、そこに根付かせていくことが大事。


美崎栄一郎

自身のキャパシティーを自覚し、「IN(入ってくる仕事やモノ、情報量)」が、「OUT(処理した仕事や情報、破棄するモノの量)」を上回らないようにバランスを取ることが大事。書類なら、机の上に置くものが今本当に必要かを見極めることが重要で、言い換えれば仕事の優先順位を考えることになります。


高田明(ジャパネットたかた)

仮に上手くいかなくても失敗や挫折とは感じません。いまの結果を素直に受け入れ、そこからスタートすればいいのです。自社スタジオ建設など大きな投資は、最悪のケースを織り込んで決断します。投資が半分しか回収できなかったとしても、最善を尽くした結果であり、社員のモチベーション向上や、会社の存在感アップになるのなら、投資価値はあったと考えます。


牛尾治朗

低成長時代だからこそ、経営者は成長のビジョンを打ち出していく必要がある。


ページの先頭へ