名言DB

9412 人 / 110637 名言

古木大咲の名言

twitter Facebook はてブ

古木大咲のプロフィール

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

古木大咲の名言 一覧

リーマン・ショック時、恐怖とプレッシャーに押し潰されそうな日々を過ごしました。どうすればこの窮地を凌げるか。私が考えたことは今までの自分が間違っている、固定概念が会社をダメにするということでした。そこで私は非常識がビジネスになると考えました。


単なる不動産会社というカテゴリーではなく、ITを活用した「不動産情報企業」として当社が生まれ変わったのは、リーマン・ショックという危機があったからだと思っています。


資金集めと言う点では上場のメリットはあまりありません。最大の狙いは優秀な人材の確保と成長のための信用力の強化でした。「オンライン上でできる不動産経営」を掲げる当社のビジネスモデルに重要なシステムエンジニアの確保において、大きな効果があると思います。上場以降は業界トップクラスのエンジニアが雇用できるようになりました。


古木大咲の経歴・略歴

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

他の記事も読んでみる

髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

模倣対策はビジネスモデルから特許でバチっと押さえます。過去にたくさん苦い汁を吸っていますからね。特許で守らなければ、どんなに良い物ができても、すぐマネされて、あっという間に追いつかれます。


海渡寛記

どの国であろうと、ビジネスで大切なのは言いたいことを伝えること。英語はそのための手段に過ぎない。


中井戸信英

私は、経営の根幹として第一に役職員の健康をあげています。次に当然のことながら役職員の健康的な活動の基になる健康で充実した家庭生活の大切さをあげています。


坪田信貴

僕自身も塾講師になるまでは「自分が一番でいたい」タイプでした。自分の能力を高めることにしか興味を持ちませんでした。そんな僕でも、この仕事について「人の夢をかなえる」ことで、自分も成長できたのです。現時点で「自分のため」しか考えられない人も、今はそれでいいと思います。しかし、物事を学ぶときや仕事をするときに「これを誰のために役立てられるか」と考えることだけは忘れないようにしましょう。成長の階段を上るたびに、大きく、しかも明確なイメージを持ち始めるはずです。それが皆さん一人ひとりの人生と、この世の中をもっと良いものにしていく未来を、願ってやみません。


村口和孝

全部の挑戦が一発で試行錯誤を経ないで成功するなどあり得ない。


小笹芳央

会社は利益をめざすことで成り立つ組織である。


徐楽楽

起業した理由を忘れてはいけない。


北尾吉孝

最近は志と野心を勘違いしている人がたくさんいます。しかし、この二つは全く違うものなのです。志というのは利他的なものです。だから共有され、後世に受け継がれて行きます。一方、野心とは利己的なものですから。一代で完結してしまい、受け継ぐ者が出てこないのです。


竹内清文

人は持ち物の8割をほとんど使っていない。お気に入りの2割があれば、満足度は変わらない。


ドリアン助川

たくさんの人が、自分の言葉で自由に表現できるようになればもっと素敵な世の中になるんじゃないかなぁ。昔の日本人が和歌を詠み合ったように、僕らの先輩たちはとても豊かな世界を作り上げていたでしょう? いきなり和歌や俳句が難しければ言葉遊びでもいいと思う。たとえば「あの八百屋は黒いバナナを売っている」という語順を「あの黒いバナナは八百屋を売っている」と変えただけで、日常の感覚と概念が変わります。


三木雄信

議事録には、必ず会議の目的である「ゴール」を示しておく。また、会議で得た「結論」とともに、「決定事項」を記す。その際のポイントは具体的な成果である「アウトプット」を書き込むことで、各人がすべきことがより明確になる。もちろん、誰がいつまでにやるのか、「担当」と「締切」の記入も忘れてはいけない。


荒蒔康一郎

情報というのは印刷されたり、デジタル化された資料だけでは、絶対に問題はつかめない。わからないことがあると、とにかく毎日、現場に張り付いた。「ここのところはしっかり見たいな」という部門は朝から晩までそこに行って観察した。すると不思議とそこに潜んでいる課題が徐々につかめるようになってくる。


白澤卓二

元気に長生きしている人の部屋が散らかっているのは見たことがない。長生きの人は毎日、規則正しく同じことを繰り返している人がほとんどです。毎日同じ時間に起き、布団を畳んで押し入れにしまい、毎朝同じように味噌汁を作り、部屋を掃除し、お茶の時間に緑茶を飲む。やることが決まっているから、ゴミ屋敷になることもない。体もそれに合わせて動かすので運動にもなる。不確定なこと、予測できないことはストレスです。毎日同じことをきちんとして、気持ちよく過ごす生活習慣があればボケにくい。


宮永俊一

この数年間、急激な改革、変革が同時に起きた。そこについては「速すぎるんじゃないか」という声もある。戸惑う人も多く、現実には改革が十分に浸透しているとは思っていない。それでも三菱重工は変わっていく。変わっていく方向がポジティブだという考えは、三菱重工グループにいる多くの人たちが共有している。


中村和男

製薬産業に全く関係のない業界から、ヘルスケア業界へ参入する企業も少なくありません。革新的な技術が業界の垣根を越えて登場する時代ですから、0から1を創り出すようなアイデアを以前にも増して大切にしています。