名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古木大咲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古木大咲のプロフィール

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

古木大咲の名言 一覧

リーマン・ショック時、恐怖とプレッシャーに押し潰されそうな日々を過ごしました。どうすればこの窮地を凌げるか。私が考えたことは今までの自分が間違っている、固定概念が会社をダメにするということでした。そこで私は非常識がビジネスになると考えました。


単なる不動産会社というカテゴリーではなく、ITを活用した「不動産情報企業」として当社が生まれ変わったのは、リーマン・ショックという危機があったからだと思っています。


資金集めと言う点では上場のメリットはあまりありません。最大の狙いは優秀な人材の確保と成長のための信用力の強化でした。「オンライン上でできる不動産経営」を掲げる当社のビジネスモデルに重要なシステムエンジニアの確保において、大きな効果があると思います。上場以降は業界トップクラスのエンジニアが雇用できるようになりました。


古木大咲の経歴・略歴

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

他の記事も読んでみる

片田珠美

人間の性格は、18歳までにだいたい決まってしまいます。肉親や友人の死など、ショックな出来事を経験することで、大人でも性格が変化することもありますが、ちょっとやそっとの経験では根っこは変わりません。「そのままではまわりに嫌われて苦労するよ」とアドバイスしても、本人はびくともしないでしょう。それどころか、「あの人は私の悪口を言った」とターゲットにされてしまう可能性大です。性格を変えられないなら、あとはつきあい方を模索するしかありません。


美崎栄一郎

魅力的な商品には、作り手と受け手が共感できるストーリーや、心に残るキーワードが必要。


安宅和人

分岐点になるポイント(イシュー)は必ずあると信じて、探そうとする姿勢が大事。強引でいいから仮説を立てて、検討すべきです。


鍵山秀三郎

〈知〉とく痴〉という字があります。〈知〉はともかく、〈痴〉については、だれもが「こんなものはいらない」と言う。けれども私は、人間とはこの〈知〉とく痴〉の両方をあわせ持たないといけないと思うのです。ところが今は〈知〉ばかり。これはたしかに必要なのですが、〈知〉だけでは人間は幸せにならないのです。なぜかというと、人に対する思いやりを失っていくからです。むしろ、〈痴〉のほう、すなわち愚直さを持っている人のほうが人に対する思いやりがある。それが貴いのです。


齋藤勇(齊藤勇)

バランス理論といって、お互いに共通の敵がいることは最も結束を強めます。赤ちょうちんで部下たちが上司の悪口を言うことは、職場の連帯感にはプラス。逆に誰かが「いや、あの上司は立派だ」と反論したら座は白け、その人は仲間として信頼されません。ただし、あまり悪口ばかり言っても負の感情が溜まるので、わっと盛り上がったところでやめるのがコツです。


西村晃(経済評論家)

いまは弱肉強食の世の中だけに、「うちの業界はこうだから……」という論理を押しつけても勝ち組にはなれない。同様に自分の都合ばかり押しつけたところで、お金儲けにはつながらない。


赤澤健一

ちゃんと報告することが信頼性に繋がっている。


アンジェロ・ボナーティ

社内では、「夢をかきたてるような製品をつくれ」といつも説いています。「こんな時計が欲しかった」「お金を貯めてぜひ買いたい」とお客様に夢見させることがブランド製品をつくる者の義務ではないでしょうか。


大野裕

配偶者がうつ病と診断されたときには、自分も妻や夫という役割の前に一人の人間だ、という点を心にとめておいてください。「妻(夫)としてこうするべきだ」と思い込んでしまうと、お互いに辛くなります。むしろ「自分はここまでしかできない」と一線を引き、周囲に助けを求めながら、時には患者さんから離れて一人の時間をつくるようにしましょう。うつ病の治療には長い時間がかかることがあります。ですから、配偶者や家族も患者さんに振り回されず、自分の生活を守ることを含めて、自分ができることを客観的に見ることのできる距離感を保つことが大切です。


手倉森誠

気が抜けている選手がいたら叱ります。でも、叱らざるをえないような最悪の状況になる前に、自分で気づくようもっていくことが多いですね。


秋田正紀

家族主義的な経営が悪いとは思いませんが、いまは企業買収の時代で、厳しい経営環境にあります。上場企業として、株主や株式市場をつねに意識しなければいけないわけです。ですから、他の社員の領分を侵してでも、積極的に議論を仕掛けるような気質を育む必要があります。


澤田秀雄

創業者は「病気」みたいなものだから、完全にやめることはないだろう。一歩下がって、何かあったときには相談に乗る。だから創業経営者の後継者は苦労すると思う。ただ、創業者も体力と知力は落ちてくるので、若手に譲っていくべきだろう。