名言DB

9419 人 / 110788 名言

古木大咲の名言

twitter Facebook はてブ

古木大咲のプロフィール

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

古木大咲の名言 一覧

リーマン・ショック時、恐怖とプレッシャーに押し潰されそうな日々を過ごしました。どうすればこの窮地を凌げるか。私が考えたことは今までの自分が間違っている、固定概念が会社をダメにするということでした。そこで私は非常識がビジネスになると考えました。


単なる不動産会社というカテゴリーではなく、ITを活用した「不動産情報企業」として当社が生まれ変わったのは、リーマン・ショックという危機があったからだと思っています。


資金集めと言う点では上場のメリットはあまりありません。最大の狙いは優秀な人材の確保と成長のための信用力の強化でした。「オンライン上でできる不動産経営」を掲げる当社のビジネスモデルに重要なシステムエンジニアの確保において、大きな効果があると思います。上場以降は業界トップクラスのエンジニアが雇用できるようになりました。


古木大咲の経歴・略歴

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

他の記事も読んでみる

逢沢明

大きな危機が起こったときは、つぶれかけた会社を底値で買うのが最上の策です。ただし10社程度に分散投資をします。実はかなりの会社が生き残り、その株価は5倍から10倍以上に暴騰します。過去の事例を見ても、倒産危機と言われた会社は半分も潰れませんから。分散投資をする――これが本当のリスク回避法ですね。さらに、なくなって困るお金では投資をしないこと。お小遣いか余裕資金で行いましょう。目先のお金欲しさではなく、放っておくぐらいの心持ちが必要です。裏道探しこそ、本当は安全に金のなる木を手に入れる方法ですよ。


野水重明

洋食メッキの町工場がルーツの当社は、「いいものをつくればお客さんに喜んでもらえる」という、ものづくり志向の強い会社。しかし、ものがあふれる現在は品質の良い製品を手頃な価格で提供するだけでは足りません。私は今期をブランディング元年と位置づけ、お客様志向の徹底を掲げました。そのためにコールセンターの人員を増やし、需要地の首都圏発信で商品開発を推進する体制を整えるなど、様々な取り組みを始めました。


ポール・シーリィ

エネルギーの流れは、注意の向いている方向に向かいます。だから、邪魔が入ったら集中が途切れてしまうのは仕方がないこと。重要なのは、いかに素早く集中を取り戻すか、ということです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

人間は同時に二つの異なることを考えることが苦手。ですから、好きなものを思い出すと、怒りを別の思考に置き換えることができる。


中山讓治(中山譲治)

社員みんなが問題意識を持っていて、いざ問題が起きたときには、立場に関係なくフラットに議論をする。それをリーダーがパパッとまとめて、よっしゃ、そんならこれでいこうやと。失敗したら失敗したで、その失敗をみんなで共有していく。こういうプロセスを繰り返していけば、組織は自然に上手いこと回るようになっていきます。


加藤智久

フィリピンの人が食べていけるシステムを作ることと、日本のお客様に満足していただくことは、つながっている。


渡邊剛

僕は今、年に400例ぐらいの手術をしています。みなさんが言ってくださるので、心臓外科医の中ではうまくてスピードのあるほうなのかもしれません。でも、世界は広いですよ。少なくとも、トルコにはひとり、僕よりも3倍はうまくて速くて、年に2000例もの手術をやっているなんて心臓外科医がいるのです。日本の外科医は、僕も含めてまだまだでしょう。そのトルコの先生は本当にすごいんですよ。手術があまりにも完璧だから、日帰りや一泊二日の心臓手術をしているなんて噂を聞いても「なるほど、彼ならうなずけることだ」と思えるし、僕もそこに一歩でも近づこうと思って頑張っているんです。


戸塚隆将

海外では、発言しない人は存在しないことと同じ。


古賀清彦

これまでの腕時計中心から、今後は取り扱いアイテムを増やしていき、総合リユース商社という枠組みを創出していきたいと思っています。まず、宝石やバッグといった分野を伸ばしていきますが、それ以外のアイテムについても考えています。そこに人材の教育やリユースのレンタル事業も加えていき、真の総合リユース商社というものを作り上げていきたい。これがこれからの目標になります。


平井伯昌

少し前になりますが、ある経営者の方から美術館へ誘われ、選手たちを連れて伺いました。その時、葛飾北斎などの絵画を拝見し、選手たちに今後の抱負などを語る機会もいただき、とても感謝しました。選手にとってはこれも社会との接点であり、自らの思考の幅を広げ、人間性を高める機会になるはずです。