名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古木大咲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古木大咲のプロフィール

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

古木大咲の名言 一覧

リーマン・ショック時、恐怖とプレッシャーに押し潰されそうな日々を過ごしました。どうすればこの窮地を凌げるか。私が考えたことは今までの自分が間違っている、固定概念が会社をダメにするということでした。そこで私は非常識がビジネスになると考えました。


単なる不動産会社というカテゴリーではなく、ITを活用した「不動産情報企業」として当社が生まれ変わったのは、リーマン・ショックという危機があったからだと思っています。


資金集めと言う点では上場のメリットはあまりありません。最大の狙いは優秀な人材の確保と成長のための信用力の強化でした。「オンライン上でできる不動産経営」を掲げる当社のビジネスモデルに重要なシステムエンジニアの確保において、大きな効果があると思います。上場以降は業界トップクラスのエンジニアが雇用できるようになりました。


古木大咲の経歴・略歴

古木大咲、ふるき・だいさく。日本の経営者。「インベスターズクラウド」社長。高校中退後、アルバイト生活、不動産会社勤務などを経てインベスターズ(のちのインベスターズクラウド)を設立。

他の記事も読んでみる

水野雅義

社歴の長い社員の中には、上から指示されることに慣れてしまい、今自分はどうすべきかという発想やアイデアが何も出てこない者もいます。ただ、それではこの先やっていけない。「自分から進んでやる」という意識に変えていかないといけません。


村岡恵理

ささやかでも直筆の紙にはその人の心の姿勢が映るもの。丁寧であれば、字は巧くなくても大丈夫。何度も書き直し、清書した誠意は、きっと真っ直ぐに届くことでしょう。


福地茂雄

意識改革について同じ言葉を何度も繰り返す日々にしんどい思いもしましたが、職員の意識が徐々に変化していくのがわかりました。


平康慶浩

業務に没頭する一方で上司の仕事ぶりも観察しておく。アナログ的には一緒に飲みにいくなどして、早くから上の役職の意識を学んでおくといい。


内藤誼人

競争に勝っているということを見えないようにした方がいい。フリーランスならガシガシ自分の力だけで攻めていってもいいんですよ。でも社内では社内力学の話になりますから。組織で働いているのに、組織を無視していいはずがないでしょう。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

個人的なアドバイザーのような資格であればあるほど、自分と共通点や接点のある人に親和性を感じるという心理法則を利用しましょう。フェイスブックなどを使って、自分のプロフィールや趣味など個人的な情報を積極的に公開するのです。「出身校が一緒だし、趣味も似ている」というだけで、仕事の依頼が舞い込みやすくなります。地道なクチコミも大切ですが、いまの時代はネットの使い方が集客の成否を分けますから、そこに力を入れましょう。


テリー伊藤

常に次のカードを用意しないと。オレ自身、そうやってきた。企画が通らない。演出だけをやっていたら食えないかもしれない。じゃあ、本を書いてひと勝負だぞ、って。その後、テレビに出だしてラジオもやらせてもらって。それでも不安だし、危機感は持っている。


ロバート・アレン

医者やトップセールスマン、弁護士など、彼らのほとんどは一回の労働に対し一回の報酬しか得られません。彼らはお金持ちに見えるかもしれませんが、多くの人と同じように回転ドラムのなかをひたすら走っているにすぎないのです。


柴田昌治(コンサルタント)

私はオフサイトミーティングと呼んでいるのですが、夕方2時間くらい、会社の一室でかまわないので、気楽にまじめな話をする場をつくるのです。飲み物やお菓子を用意したり、ネクタイを外したりしてもいい、こういったミーティングが、馴れ合いや無機質になってしまいがちな、人と人との関わり合いを、お互いにきちんと向き合える関係に変えていくのに役に立つのです。


辻慎吾

都市には、いろいろな機能がありますが、都市の中で最も重要な要素は人なのです。我々は「都市づくりを通じて人を育み、人づくりを通じて都市を育む」と考えています。オフィスワーカー向けのマラソン大会やゴルフ大会なども開催していますが、これもテナント企業同士を結びつけようというもので、そういうイベントでの出会いから新しいアイデアや価値が生まれることもあります。


佐山展生

「ハートのある経営」が大事だと常々申し上げているのは、社員のみなさんにハートを向けなければいけないという意味です。社員が動かなければ会社は動きません。


樋口裕一

情報が自分の処理能力を超えて増えすぎると、人は自分の気に入っていったものだけを選んで、それ以外のものは受け入れられなくなる傾向があります。