名言DB

9419 人 / 110788 名言

古市憲寿の名言

twitter Facebook はてブ

古市憲寿のプロフィール

古市憲寿、ふるいち・のりとし。日本の社会学者。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員。著書に『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えてくれなかった』『僕たちの前途』ほか。

古市憲寿の名言 一覧

僕らの毎日はディベート大会ではないのだから、議論を戦わせる必要はそんなにないはず。これはさすがに酷いみたいなことが起こったときに、初めて議論をすればいいのであって、衝突しそうなことは曖昧にしておく、いったん棚上げにするというのは、人間の知恵、社会の知恵なのかなと思います。


正義感を持てば持つほど、自分の信じる正義以外を許せなくなる。その意味で正義感が強い人ほど不寛容になる場合もありますね。


皆に当てはまる解決策などありません。それぞれがそれぞれの場所で頑張っていくしかない。


プロジェクトごとに外部から人を調達するというように自由に変形できる組織のほうが、今の時代はやりやすいでしょうね。


ネットは人を自由にしますが、自由になれば格差も広がります。上のほうの人はどんどん上までいけるけど、下の人は今よりもっと落ちるという世界になる。


ネットは仕事獲得の可能性を広げますが、それは誰もが可能性を手にすることを意味します。つまり競争も激化するんです。


阿吽の呼吸が通用してきたのは、日本が流動性の低い社会だったからです。阿吽の呼吸で通じる社会は、楽でいいのですが、今は経済がシュリンク(収縮)していて、流動性が低いままでは社会が回らなくなってきた。ここが問題ですよね。


ネットの普及によって国民国家の役割が相対的に弱くなっていくという話がありますが、そうはいうものの、僕たちの生活が激変するとは思えません。国民国家は明治から始まりましたが、その前からお伊勢参りと参勤交代のために道路が張り巡らされていて、人々は全国を自由に行き来していた。江戸時代と明治時代で、人々の生活にそこまで変化はなかったという研究者もいます。そう考えると、ネット時代になり国民国家が弱くなっても、ビジネスも含めて極端に変わらないんじゃないかと。


当事者でもないのに、「この人たちは差別されている」と激しく怒る人たちがいますね。当事者ではない人が、想像力を膨らませて勝手に非難する。それが時に社会をよくする可能性があることは否定しません。ですが、どこまで第三者が他者を代弁できるものなのでしょうか。


例えばカンボジアに学校を作る、みたいな分かりやすい目標があれば、それを行動に移す若者はいるわけですよ。要するに「若者は立ち上がらない」と嘆いている側が、若者に明確な目標を与えるのに失敗していることになります。その前に、「まずあなたが立ち上がっては」とは思いますが(笑)。


若者論というのは、コミュニケーションツールだと思うんですよ。誰でも一度は若者であって、若者ではなくなるから、「最近の若者はこうだ」と言うと、たやすく社会語りができた気になれる。ここに、若者論がコミュニケーションツールとして量産され続ける理由があるのではないでしょうか。


自由と安定はなかなか両立しません。日本はどちらかというと、安定を重視し選択してきた社会です。安定のためには個人の自由は抑制すべきだとする社会では同調圧力はどうしても強くなります。自由を重視する流動性が高い社会なら、居づらかったら会社を辞めるなど自由に動けるので、同調圧力が発生しようがありません。


当の若者から私は幸せではないと批判されるのは真っ当だと思うのですが、そうではなくて、年配の学者や評論家からの批判がすごかった。彼らは若者という存在を勝手に弱者だと思い込んで、その弱者が幸せなはずがないと怒り始めたのだと思います。

【覚え書き|著書『絶望の国の幸福な若者たち』出版時を振り返って】


ヨーロッパは屋内全面禁煙だというけれど、基本的に屋外では吸えます。しかし東京は先に屋外禁煙を進めました。屋内も全面禁煙にしたら吸える場所か非常に限定的になる。法律や条例がどこまで個人の自由を制限してもいいかに関しては、もっと敏感になってもいいと思います。もちろん、分煙は積極的に進めてほしい。でも、飲食店に関して言えば、単純にこの飲食店はたばこが吸える店か吸えない店かを明示すればすむ話で、一律禁煙にして喫煙者を排除しようという動きは、少し気持ち悪いですね。


『丸山眞男集 第六巻』には丸山さんの入院経験をもとにした随筆が収められています。ここで丸山さんは安易に他者へ同情することの危険性を説いています。周囲は患者という「弱者」を勝手にかわいそうな存在と思い込みがちです。しかしそれは「患者だから安静にすべき」というお節介にもつながる。一般的に、人のために何かすること、人の気持ちを考えることはいいこととされています。しかしそれには「他人の経験への安易な同一化」が潜んでいると丸山さんは指摘します。つまり、本来は多様であるはずの「弱者」を一緒くたにしてしまう。そして「弱者」が自分の予想と違う行動を起こすと、「可愛さあまって憎さが百倍」の不寛容に転じる。


古市憲寿の経歴・略歴

古市憲寿、ふるいち・のりとし。日本の社会学者。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員。著書に『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えてくれなかった』『僕たちの前途』ほか。

他の記事も読んでみる

孫正義

絶対に勝つのだ。「勝ちぐせ」をつけなくちゃいけない。一度勝ったら勝ちの味がわかる。


川西勝三

私は、人間にとって家庭と仕事は同等の重要さがあると思います。しかし、人間として充実した人生を送るためにはそれだけではダメです。自分そのものの人格を創りあげること、そのための自分を育てる時間をいかに持つかということも、前の2つに劣らず大事なことです。これは自分で意識しないとつくることができません。私も、仕事、家庭、そして自分の文化・人間創りを意識してやっていきたいと思います。


チャップリン

この人生は、どんなにつらくとも生きるに値する。そのためには3つのことが必要だ。勇気と、希望と、いくらかのお金だ。


池谷裕二

研究者は誰でもみな文献をよく読みます。最先端の世界についていかねばならないからです。私が異常なのは、それを文章で引用して外に発信することです。研究会などで「そんな文章を書いている暇があったら、とっとと実験しろ」とよく叱られます。しかし、他の人がスポーツなど趣味にいそしんでいるときに、私は文章を書いているだけです。私自身は飽きっぽくてひとつのことに集中できない性質であり、自分の研究に役立たなくても、それらを読んでいるだけで楽しい。


沢渡あまね

リーダーが「コミュニケーションデザイナー」の役割を果たせれば、私の経験から、その組織はうまく機能します。上司と部下、部下同士がコミュニケーションを通じて情報を密に交換できるようになると、次にムダ取りを実行するフェーズで起きがちなトラブルも最小限に防げます。


原田武夫

ルールを決める交渉で自分が100%取ろうとすると失敗します。これは日本人にありがちな行動パターンです。欧州や米国は、勝者以外の国にも分け前を与える。すると、みんな文句を言わない。ライバルに勝つといっても、相手を打ちのめせばいいという発想ではなく、一見したところ、みんなのためにこれをやるんだよと定義するところが重要です。


伊庭貞剛

事業の進歩発達に最も害をするものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である。


森下一喜

制作スタッフから「これ以上やると、コストが……」などと言われたら、「大人の理屈を持ち込むな」「そんなことを言うならゲームなんて作るな」と言います。仮に、手元に刀があったら、抜いてしまうくらいの勢いです。


斉藤惇

大人はエネルギーを持った若者が舞い上がれる環境を用意することができるはず。


ジャン=ジャック・ルソー

過ちを犯すことは恥ずべきことではない。むしろその過ちがわかった後も、その過ちを改めようとしないで、繰り返すのは恥ずかしいことだ。