名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

古市忠夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古市忠夫のプロフィール

古市忠夫、ふるいち・ただお。日本のプロゴルファー、経営者。兵庫県出身。立命館大学卒業。5年間の会社員生活を経て、神戸市鷹取商店街にカメラ店「東洋カメラ」を設立。店の顧客に誘われたことをきっかけに30歳でゴルフを始める。大神戸ゴルフ倶楽部で10回クラブチャンピオンになる。阪神淡路大震災で被災し、家や店舗を失う。その後、プロゴルファーになることを決意し、59歳でプロテストに合格。プロゴルファーとして活躍しながら地元の地域活動に積極的に参加し、街の復興に尽力した。

古市忠夫の名言 一覧

感謝する力を持つことで、人間は必ず変わることができるんです。


自分でも不思議なのですが、感謝する気持ちが大きければ大きいほど、奇跡を起こすために必要な人たちが、自然と集まってくれる。そして、そうやって自分を支えてくれた人たちにも、「ありがとう」と、また感謝するんですよ。


何歳になっても感謝力をアップし続ければ、人の心は、どんどん若く、強く、美しくなります。あなたがこれからどんな挑戦をするとしても、大きな感謝の気持ちを持ち続けることができれば、これまでよりも充実した新しい人生が始まっていくと思います。奇跡を起こしたいのなら、まず始めるべきは今の自分と周囲への感謝です。


頑張ればいいことがあるという考えをまずは捨てるべきです。それよりも、いま、この世に生まれてきた自分に感謝、自分を支えてくれているすべての人に感謝。震災を乗り越えたことで、私は「感謝のおっちゃん」になることができました。そして、59歳から、奇跡を起こすことができたのです。


努力して頑張って、事業で成功して、お金を得て、いい家に住んで、うまいもん食って、そんなものにこだわるのはやめたほうがいい。人間は、いつか必ず死にます。例えば、死を目の前にした人は、金も名誉も地位も、何もいらないと言うでしょう。そんなものよりも、人の温もりや優しさが大切に思えるはずです。そして、それをくれた人に対する感謝の気持ちが大切に思えるはず。


私がプロゴルファーになると宣言したとき、周囲は呆れ、妻と2人の娘からも猛反対されました。それも当然、1800人が受験するプロテストに合格できるのは、最終予選に残った上位50人ほど。しかも私は59歳、競い合う主な相手は20代の若者たちです。合格できる自信は正直ありませんでした。ただし、可能性がゼロではないなら、やってみないと結果はわからない。「ゴルフは心の格闘技」だと思っています。体力と技術の勝負なら勝ち目はないかもしれない。しかし、ゴルフが心の勝負なら、生かされていることに感謝できるようになったいまの私にも、勝ち目があるのではないかと考えたのです。


震災から3カ月後、久しぶりにラウンドしました。ゴルフできることがうれしくて、コースに向かって自然と頭を下げてお辞儀をしている私がいました。震災前には、そんなことしたこともなかったんですが。生き残ったことに感謝、復興に力を注げることに感謝、ゴルフできることに感謝……。そこからですね、私が「カメラ屋のおっちゃん」から「感謝のおっちゃん」に変わったのは。震災が私を変えてくれたのです。
【覚書き|阪神淡路大震災で家と店を失った当時を振り返っての発言】


ボランティア活動は、人のために「やってやっている」という気持ちでは絶対に続きません。逆に「させていただいている」の気持ちがあれば、「いただいている」の文字どおり、たくさん得るものや発見がある。また素晴らしい仲間を得ることもできました。


30歳で消防団、30代半ばで商店街会長、40代で子供会とPTA会長、まちづくり協議会副会長、現在は若松11丁目自治会会長など、様々な地域活動に参加してきました。いまも若松11丁目自治会で、ふれ合い喫茶のお手伝いをしています。「コミュニティがあって、自分がある」が、信条ですから。地域活動を通じて、人とのつながりが広がりましたし、何より自分が成長させてもらった。人前でしゃべることが大の苦手でしたが、全く苦にならなくなりました。


店のお客さんに強引に誘われて初めてコースを回ったあと、すぐにゴルフというスポーツに魅せられ、一生懸命、夢中になって練習に励みましたよ。そして、「大神戸ゴルフ倶楽部」の会員になったのが、ゴルフを始めてから10年目、39歳のときです。いまでも覚えていますが、入会金は155万円。大金を妻に出してもらったからには、絶対にうまくなってやると心に誓いました。そして、入会と同時に「クラブチャンピオンになること」「ハンディキャップをゼロにすること」、ふたつの目標を立てました。実力に比べるとあまりに高い目標だったので、「そんなん、無理に決まっとる」と、周囲から笑われましたけどね。


ゴルフを始めたのは30歳になってからです。店のお客さんに強引に誘われて、初めてミニコースでゴルフを体験しました。止まっている球を打つだけなのに、最初はティーショットからパターまで、全くダメ。ただ、ゴルフの奥深さには心底驚かされました。「ゴルフは難しいからこそ面白い」初めてコースを回ったときに抱いた思いは、いまも変わりません。


古市忠夫の経歴・略歴

古市忠夫、ふるいち・ただお。日本のプロゴルファー、経営者。兵庫県出身。立命館大学卒業。5年間の会社員生活を経て、神戸市鷹取商店街にカメラ店「東洋カメラ」を設立。店の顧客に誘われたことをきっかけに30歳でゴルフを始める。大神戸ゴルフ倶楽部で10回クラブチャンピオンになる。阪神淡路大震災で被災し、家や店舗を失う。その後、プロゴルファーになることを決意し、59歳でプロテストに合格。プロゴルファーとして活躍しながら地元の地域活動に積極的に参加し、街の復興に尽力した。

他の記事も読んでみる

江田麻季子

スケジュール管理に手帳は使っていません。手書きでは、書き写さないと秘書や部下と予定を共有できないからです。30分刻みでスケジュールが入る今の状況では、手帳の1日分の紙面では、スペース的にも足りません。


太田光

僕がいつも意識しているのは、「誰もまだやっていないんじゃないか」というものを目指していこうということです。いまって、何をつくるにしても、誰かの影響を受けちゃっていると思うんです。そこからいかに解き放たれるかというのが、すごく大事な問題です。


梅原勝彦

新しい事業が生まれない時代はないのですから、独立のチャンスはいくらでもあるはずです。それをどう見つけるかは、その人の志にかかっています。


金杉恭三

地場の土地の歴史、人とのつながりを含めて捉えていくことが営業のポイント。


久保田豊

私は築き上げた会社を奪われ、さらにいろいろな肩書の理由で合計5枚のパージ(公職追放)を受け取ったが、闘志は少しもくじけなかった。そこに、はからずも「捨てる神あれば拾う神あり」である。
【覚書き|太平洋戦争終結により朝鮮にあった会社の権利をすべて失い公職追放を受けた時代、知人伝いで日本工営の設立資金を得た当時を振り返っての発言】


名越康文

嫉妬や羨望の気持ちに支配されないためには、現実を見ることが大事です。誰かをうらやましく感じるのは、その人を理想化しているからです。しかしよく見ると、じつは一時的なものであったり、ある面ではうまくいっていても別のところで問題を抱えていることがよくあります。そうした現実を直視することで冷静になれるはずです。


小宮一慶

経理担当者でなければ、決算書をつくれるようにならなくても構わない。しかし、本気で経営幹部を目指そうとしているのなら、決算書から会社の現状や問題点を読み込めるようになる必要がある。


和田秀樹

メディアで発言する際には、人とは異なる視点の意見を発信するよう心がけています。これは前頭葉を鍛えるためでもあります。経済にしろ政治にしろ、今後の動向を読むと悲観論から楽観論まで、予想されるシナリオは多数存在する。誰かの受け売りではなく、いろんな可能性を想定して頭を働かせることが大事です。そして、そういった考える習慣が集中力を研ぎ澄ましていきます。


國松孝次

警察の役人はまず目の前にある現実に対応しなくてはいけない。現実に対応するのは、実務教育だけでは無理です。逮捕状の取り方などテクニックを叩き込むだけでは優秀な警察官にはなりません。それよりも、全人教育というか、仕事以外のコミュニケーションや社会勉強を通して人格を練磨することが必要です。


谷まさる

周囲から期待されたオートクチュール(特注品)のデザイナーになりたいとは思えなかったんです。ガムシャラにやって身に付けた知識や技術を、ひと握りの裕福な人のためだけに使うのはイヤだった。それなら皆が着てくれる既製服のデザイナーを育てたい。モノ作りより人創りをしようと考えた。当時の既製服は西洋のマネでした。企業ごとにマイデザインなんてなかったんですから。それでモード学園を立ち上げたわけです。


ウィリアム・A・コーエン

人々は、自分の人生において意味のあることをやりたいと考えています。ですから、物事を利益の最大化だけで判断しようとすれば、それについていこうとは思いません。


須田健太郎(経営者)

他が動けない時だからこそ動くべき。