古市忠夫の名言

古市忠夫のプロフィール

古市忠夫、ふるいち・ただお。日本のプロゴルファー、経営者。兵庫県出身。立命館大学卒業。5年間の会社員生活を経て、神戸市鷹取商店街にカメラ店「東洋カメラ」を設立。店の顧客に誘われたことをきっかけに30歳でゴルフを始める。大神戸ゴルフ倶楽部で10回クラブチャンピオンになる。阪神淡路大震災で被災し、家や店舗を失う。その後、プロゴルファーになることを決意し、59歳でプロテストに合格。プロゴルファーとして活躍しながら地元の地域活動に積極的に参加し、街の復興に尽力した。

古市忠夫の名言 一覧

感謝する力を持つことで、人間は必ず変わることができるんです。


自分でも不思議なのですが、感謝する気持ちが大きければ大きいほど、奇跡を起こすために必要な人たちが、自然と集まってくれる。そして、そうやって自分を支えてくれた人たちにも、「ありがとう」と、また感謝するんですよ。


何歳になっても感謝力をアップし続ければ、人の心は、どんどん若く、強く、美しくなります。あなたがこれからどんな挑戦をするとしても、大きな感謝の気持ちを持ち続けることができれば、これまでよりも充実した新しい人生が始まっていくと思います。奇跡を起こしたいのなら、まず始めるべきは今の自分と周囲への感謝です。


頑張ればいいことがあるという考えをまずは捨てるべきです。それよりも、いま、この世に生まれてきた自分に感謝、自分を支えてくれているすべての人に感謝。震災を乗り越えたことで、私は「感謝のおっちゃん」になることができました。そして、59歳から、奇跡を起こすことができたのです。


努力して頑張って、事業で成功して、お金を得て、いい家に住んで、うまいもん食って、そんなものにこだわるのはやめたほうがいい。人間は、いつか必ず死にます。例えば、死を目の前にした人は、金も名誉も地位も、何もいらないと言うでしょう。そんなものよりも、人の温もりや優しさが大切に思えるはずです。そして、それをくれた人に対する感謝の気持ちが大切に思えるはず。


私がプロゴルファーになると宣言したとき、周囲は呆れ、妻と2人の娘からも猛反対されました。それも当然、1800人が受験するプロテストに合格できるのは、最終予選に残った上位50人ほど。しかも私は59歳、競い合う主な相手は20代の若者たちです。合格できる自信は正直ありませんでした。ただし、可能性がゼロではないなら、やってみないと結果はわからない。「ゴルフは心の格闘技」だと思っています。体力と技術の勝負なら勝ち目はないかもしれない。しかし、ゴルフが心の勝負なら、生かされていることに感謝できるようになったいまの私にも、勝ち目があるのではないかと考えたのです。


震災から3カ月後、久しぶりにラウンドしました。ゴルフできることがうれしくて、コースに向かって自然と頭を下げてお辞儀をしている私がいました。震災前には、そんなことしたこともなかったんですが。生き残ったことに感謝、復興に力を注げることに感謝、ゴルフできることに感謝……。そこからですね、私が「カメラ屋のおっちゃん」から「感謝のおっちゃん」に変わったのは。震災が私を変えてくれたのです。
【覚書き|阪神淡路大震災で家と店を失った当時を振り返っての発言】


ボランティア活動は、人のために「やってやっている」という気持ちでは絶対に続きません。逆に「させていただいている」の気持ちがあれば、「いただいている」の文字どおり、たくさん得るものや発見がある。また素晴らしい仲間を得ることもできました。


30歳で消防団、30代半ばで商店街会長、40代で子供会とPTA会長、まちづくり協議会副会長、現在は若松11丁目自治会会長など、様々な地域活動に参加してきました。いまも若松11丁目自治会で、ふれ合い喫茶のお手伝いをしています。「コミュニティがあって、自分がある」が、信条ですから。地域活動を通じて、人とのつながりが広がりましたし、何より自分が成長させてもらった。人前でしゃべることが大の苦手でしたが、全く苦にならなくなりました。


店のお客さんに強引に誘われて初めてコースを回ったあと、すぐにゴルフというスポーツに魅せられ、一生懸命、夢中になって練習に励みましたよ。そして、「大神戸ゴルフ倶楽部」の会員になったのが、ゴルフを始めてから10年目、39歳のときです。いまでも覚えていますが、入会金は155万円。大金を妻に出してもらったからには、絶対にうまくなってやると心に誓いました。そして、入会と同時に「クラブチャンピオンになること」「ハンディキャップをゼロにすること」、ふたつの目標を立てました。実力に比べるとあまりに高い目標だったので、「そんなん、無理に決まっとる」と、周囲から笑われましたけどね。


ゴルフを始めたのは30歳になってからです。店のお客さんに強引に誘われて、初めてミニコースでゴルフを体験しました。止まっている球を打つだけなのに、最初はティーショットからパターまで、全くダメ。ただ、ゴルフの奥深さには心底驚かされました。「ゴルフは難しいからこそ面白い」初めてコースを回ったときに抱いた思いは、いまも変わりません。


古市忠夫の経歴・略歴

古市忠夫、ふるいち・ただお。日本のプロゴルファー、経営者。兵庫県出身。立命館大学卒業。5年間の会社員生活を経て、神戸市鷹取商店街にカメラ店「東洋カメラ」を設立。店の顧客に誘われたことをきっかけに30歳でゴルフを始める。大神戸ゴルフ倶楽部で10回クラブチャンピオンになる。阪神淡路大震災で被災し、家や店舗を失う。その後、プロゴルファーになることを決意し、59歳でプロテストに合格。プロゴルファーとして活躍しながら地元の地域活動に積極的に参加し、街の復興に尽力した。

他の記事も読んでみる

上田準二

一人では限界があるが、二人、三人と仲間がいる方が力を発揮できることがある。何より、その喜びや感動を数倍にすることができる。


鈴木貴博(コンサルタント)

筋トレと同じで、思考力も繰り返すことで鍛えられます。鍛えておけば、仕事でも使うことができるようになります。


黒鉄ヒロシ

生きていく上で最も重要なことは、他者へのサービス。みんなをハッピーにして、みんながハッピーになるのを見て、自分もハッピーになる。この発想を持つことが大前提。


佐藤優

ウォルフガング・ロッツというイスラエルの伝説的な英雄スパイがいます。彼いわく、友情というのは、その友人の体重と同じ重さの、黄金を払うだけの覚悟があるのかと。金1g5千円だとすれば、体重70kgの友人なら、3億5千万円の価値(笑)。それだけのお金を払えるというなら、本物だということです。


佐藤勝人

商品はブランド力で売れるとみんな思っているが、そんな時代はもうとっくに終わっているからだ。ブランドよりも商品の内容が本当に問われている。実際に、ある程度のグレード、これぐらいの価格帯というものがあって、その中でベストの商品が売れている。だから、うちのアソシエイト(スタッフ)たちは、商品に惚れ込むまで徹底的に調べている。


冨澤文秀

このスキームで駄目なら、ロボットビジネスはしばらく駄目かなと思います。だから日本のためにも世界のためにも成功させなければいけないという想いでやっています。


入江慎也

同じ後輩でも、先輩から声をかけられやすいタイプっていますよね。そういう人は、先輩にかわいがられるだけでなく、人を紹介してもらえたり、仕事を振ってもらえたりする。競争が激しい世界では、独力で大舞台に上がるのは難しい。だけど、後輩力があれば、チャンスのきっかけがつかめます。もちろん、舞台に上がってからは、自分の力が試されますが。


植木義晴

実際にトップになってみると、想像したとおり、決して居心地はよくありません。それでも、トップになったからには、果たすべき使命があるし、社長として恥ずかしくないだけの努力をしたい。今はそう考えています。


舞の海秀平

体が小さいというハンディがあるからこそ、大きな力士と同じ考え方や稽古では通用しません。大きな力士ができない動きを考え、それぞれの力士の出方をイメージしながら、自分はどんな動きをするか、そんなことを常に頭の中でシミュレーションしていました。


塩沼亮潤

自分が嫌だなと思う存在は、逆に自分を磨いてくれます。そう心を上手く転換することで、過去の嫌なことがすべて良い経験になり、感謝の気持ちになります。そうやって生きていると不思議と自分の将来が良い方に運ばれていくのに気づく。


猪瀬直樹

締め切り、納期、納品、アポイントメント、出社時間……。これらの時間について、多少は遅れても問題ないと考えるのはいかにもアマチュアの発想。一流のビジネスマンは、時間を確実に守ることの大切さをよく知っています。


小日向文世

最近、つくづく僕は感じるんだけど、好きな芝居を続けられて仕事が増えて、世間の人に知ってもらえたことは、ラッキーだなあと思いますね。よく撮影現場で小劇場の出身の俳優達と話すけど、みんな「いま第一線でやれてるのはたまたま運が良かったからだよなあ」って感じてるもん。だって、ほかにも一生懸命やってるけど、バイトをしながらの役者は一杯いますからね。俺達は誰かに声をかけられたり、出演作が注目されたりして、それ以降うまく転がり始めた。その何かのきっかけがなければ、いまでもバイトをしながら芝居をやっていたかもしれないと思ってますよ。


黒田武志

はじめはなかなか黒字に転換できず、軌道に乗るまでは苦労もありましたが、ひとつひとつの工程や作業を改善することで、毎年生産性を上げていき、徐々に利益が出るビジネスに成長させていきました。


ミシェル・オバマ

私は、自分が変わっていくしかなかった。夫には時間がないし、不在がちでしたから。ですから、夫に怒りをぶつけるのをやめて、問題解決に向かうようにして、お互いに補完するようになったのです。


上野和典

企画の第一段階では、大多数を対象に考えるのではなく、まず自分の子供など身近な人物をイメージして考えた方が、アイデアがより具体的になります。次に、そこから一歩引いて、これがマジョリティ(多数派、多数者)にも通用するかどうかを検討します。そして仲間とのブレスト(ブレイン・ストーミング、自由に意見・アイデアを出し合うこと)を繰り返します。もとのアイデアが良いものほどブレストも活発になり、どんどん意見が出てきます。


ページの先頭へ