名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古市克典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古市克典のプロフィール

古市克典、ふるいち・かつのり。日本の経営者。「日本ベリサイン」「ボックスジャパン」社長。大阪府出身、香川県育ち。京都大学卒業、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得。NTT、PRTMマネジメントコンサルティングなどを経て日本ベリサイン(のちのシマンテック・ウェブサイトセキュリティ)社長、ボックスジャパン社長を務めた。

古市克典の名言 一覧

スピードとは先見性。世の中の少し先を行くこと、新しいことに常にチャレンジしていくこと。


とにかく好奇心を持って挑戦し続けることが大切。


国内市場が飽和状態で、高度な成長も期待できないなか、日本企業にはこれまで以上の生産性向上が求められています。その手段の1つがITであり、Boxはそうしたニーズに応えて日本企業を支援していきたい。


古市克典の経歴・略歴

古市克典、ふるいち・かつのり。日本の経営者。「日本ベリサイン」「ボックスジャパン」社長。大阪府出身、香川県育ち。京都大学卒業、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得。NTT、PRTMマネジメントコンサルティングなどを経て日本ベリサイン(のちのシマンテック・ウェブサイトセキュリティ)社長、ボックスジャパン社長を務めた。

他の記事も読んでみる

三島和夫

不眠の治療においては薬を使ってでも、とにかく眠るという経験をするのが大事。睡眠薬は必要なときに適切に使って、治ったら減薬・休薬するのが基本。実際、睡眠薬を服用した8割以上の人が1年以内に、7割が3カ月以内に治療が終わっています。特に新しいタイプの睡眠薬は依存リスクも少なく過剰に心配する必要はありません。


石田退三

人生は真剣勝負の連続である。


山田義仁

僕らしかできない所に行こうと思って、ずっと活動してきたら、気がつくと成長領域にいた。


近藤史朗

競争が激化する中、内部成長だけでは到底間に合いません。時間を買うことが当時はM&Aの大きな狙いでした。また、それ以外にも未取引であったお客様との関係構築、直売におけるおい客様接点力の強化、人的リソースの獲得などがあげられます。


安藤宏基

役職は本社の方が高いので偉そうに見えるけど、君たちはサポート部門なんだぞと。私の目が光っていれば、彼らは動かざるを得ない。「日本にいるな、必要とあれば現場に出ていけ」。そういう命令をするのがCEO(最高経営責任者)の役目です。


鈴木亜久里

方向性を決めるときは、スタッフの声にも耳を傾けます。これはすごく大事なこと。人の意見をいったんすべて取りこんで、ポイントを突いたコメントとそうでないコメントを選り分けたうえで、参考にできる意見を判断材料にしながら決断を下します。これができないと、現実とかけ離れた判断をしてしまうことになりますから。


河合利樹

会社が成長するときに最前線で戦うチャンスを与えてもらった。次世代にも、自分の20~30代の頃のように挑戦できる場を与えたい。


堀江貴文

ITサービスは寿命が短いからどんどん新しいものをやらなきゃいけない。それはあたりまえだと思います。そのあたりまえのことをやらない経営者が多すぎます。こういっちゃなんだけど、最近の日本のITの経営者はたるんでますよ(笑)。


世良公則

ロックが若い人の音楽だったのは昔の話。でも、それをいまだに引きずる感じもありますね。せっかくロックに世代が関係ない時代になったのに、なんで世代で分けちゃうのかと思う。


ケリー・マクゴニガル

心理学的には、日々の選択する数を減らせば減らすほど心理状態が良くなります。どうも人間は選択する権利を非常に貴重なことと捉え、何でも自分で決めなくてならないと考えがちです。そんなことはありません。投資でも同じでしょう。決断や選択する機会を減らすことで、ストレスも減らせます。


弘兼憲史

部下との関係が密に保たれていると、何を悩んでいるのかどこに問題を抱えているのかなどが見えてくるはずだ。そうなれば、さりげなくアドバイスもできるだろう。ぼくが知っている魅力的な上司というのはみんな人間通だ。しかし、退職して一気に生彩を欠いてしまった人もいる。そんな人たちを見てつくづく思うことがある。それは継続は力なりということだ。失敗を繰り返し億劫がらずに人間関係の中にまみれている間だけ魅力的な人間通の上司でいられるのだろう。


竹中平蔵

長期的には今後の社会保障の在り方の選択肢を国民に示すべきです。福祉を最低限に抑えるならば小さな政府で、消費税もそんなに上げる必要はありません。逆に手厚くするなら、消費税の大幅アップもやむなしとなります。私は小さな政府がいいと思いますが、最終的には国民が決めることです。