名言DB

9419 人 / 110788 名言

古市克典の名言

twitter Facebook はてブ

古市克典のプロフィール

古市克典、ふるいち・かつのり。日本の経営者。「日本ベリサイン」「ボックスジャパン」社長。大阪府出身、香川県育ち。京都大学卒業、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得。NTT、PRTMマネジメントコンサルティングなどを経て日本ベリサイン(のちのシマンテック・ウェブサイトセキュリティ)社長、ボックスジャパン社長を務めた。

古市克典の名言 一覧

スピードとは先見性。世の中の少し先を行くこと、新しいことに常にチャレンジしていくこと。


とにかく好奇心を持って挑戦し続けることが大切。


国内市場が飽和状態で、高度な成長も期待できないなか、日本企業にはこれまで以上の生産性向上が求められています。その手段の1つがITであり、Boxはそうしたニーズに応えて日本企業を支援していきたい。


古市克典の経歴・略歴

古市克典、ふるいち・かつのり。日本の経営者。「日本ベリサイン」「ボックスジャパン」社長。大阪府出身、香川県育ち。京都大学卒業、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得。NTT、PRTMマネジメントコンサルティングなどを経て日本ベリサイン(のちのシマンテック・ウェブサイトセキュリティ)社長、ボックスジャパン社長を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

業界の枠にとらわれず、幅広く興味をもち情報収集することで、「これまでにない商品」をつくる糸口が掴める。


篠田麻里子

AKBメンバーになってみると、自信があったわりには、何をやってもうまくいかない現実に直面しました。歌にしてもダンスにしても、映像を観ると、自分が思い描いていたようには全然できていない。テレビ番組に出させていただいても全然しゃべれていない。「できない自分」を映像などで観ることが転機となり、初めて難しさとか虚しさとか、いろんなものを感じるようになりました。それからは、「ファンの方に振り向いてもらうにはどうすればいいか」「ステージに立つ時に必要なことは何か」、を考えるようになりました。浜崎あゆみさんや安室奈美恵さんのDVDを観て、インパクトの出し方はここ」「目に表情があるから魅力的なんだな」、と勉強して、それを意識しながらレッスンに取り組んでいきました。


心屋仁之助

心の中で勝手に増幅させている被害妄想を止めることができたら、現時点で抱えている悩みの7割は消えるはず。残り3割が「本物」であったとしても、受け止める余裕が出てくるでしょう。


杉山博孝

高度成長時代は、全体が上昇しているわけですから、一人のリーダーが多少判断を間違えても、大きな問題はなかったと思います。しかし、もう過去のような成長はない。そういう時代に、いわゆるカリスマ社長一人が、有効な選択肢をとることができるとは思えないのです。


鈴木茂晴

副業、そして雇用の流動化。この2つに共通するのは、一見聞こえは良いが従業員に自活を迫る不完全な制度であることだ。従業員の将来不安を「副業解禁」という手段で解消させる。「雇用の流動化」とうたって働きがいのある職場を自分で探させる。いきいきと働かせることができなくなったから、後は自分で考えてくださいと言っているようなものだ。働きに応じた処遇をきちんと整備すれば、従業員のモチベーションは上がり、やりがいを持って仕事ができる。その結果、生産性も上がる。副業を始めようと考える人も出なくなるだろう。雇用維持と利益増加という2つの目標を両立させるのは企業の責任だ。経営者はこの点を心にとどめてほしい。


西川世一

世に数多くの総合ブランディング支援企業は存在するが、お菓子という極めて身近で、さらに評価の厳しい商材から始めた企業はない。お菓子は顧客の企業メッセージを極めて具体的に表現できる商材だ。顧客が抱える課題、伝えたいメッセージを引き出し、無形のイメージを具現化していく作業がひたすら続く。まさにコンサルティング業に近い。それだけにひとつひとつ手間はかかるが、同時に様々なメッセージを具現化していく力が磨かれてきた。


和田秀樹

褒めて育てるほうが成長する確率が高いことは、現代心理学の基本。ある集団をデキたときに褒めるやり方と、デキないときに厳しく叱るやり方で比べた実験では、前者のほうが効果が高いデータが得られています。でも、全員にピッタリあてはまる人材育成法なんてないんです。前述の心理学でも褒めることで伸びる人は7割くらいいるが、そうでない人も3割くらいいるだろうと考えられています。結果的に、7割の人が伸びたことで、全体のパフォーマンスが上がった。しかし、現実に伸び悩む人が3割もいるわけです。


村田昭治

人から逃げないで、真正面からまじめに仕事をする人は成長する。


柴田健一(経営者)

会社員時代は朝6時に起きて、7時には会社近くの喫茶店に到着。2時間はたっぷり自分のために時間を使うことで、やりたいことを実現してきました。
【覚書き|柴田氏はMBAと米国公認会計士を独学で取得した】


ジョセフ・アディソン

人間は笑うという才能によって、他のすべての生物よりも優れている。