古市克典の名言

古市克典のプロフィール

古市克典、ふるいち・かつのり。日本の経営者。「日本ベリサイン」「ボックスジャパン」社長。大阪府出身、香川県育ち。京都大学卒業、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得。NTT、PRTMマネジメントコンサルティングなどを経て日本ベリサイン(のちのシマンテック・ウェブサイトセキュリティ)社長、ボックスジャパン社長を務めた。

古市克典の名言 一覧

スピードとは先見性。世の中の少し先を行くこと、新しいことに常にチャレンジしていくこと。


とにかく好奇心を持って挑戦し続けることが大切。


国内市場が飽和状態で、高度な成長も期待できないなか、日本企業にはこれまで以上の生産性向上が求められています。その手段の1つがITであり、Boxはそうしたニーズに応えて日本企業を支援していきたい。


古市克典の経歴・略歴

古市克典、ふるいち・かつのり。日本の経営者。「日本ベリサイン」「ボックスジャパン」社長。大阪府出身、香川県育ち。京都大学卒業、ロンドン・ビジネス・スクールでMBAを取得。NTT、PRTMマネジメントコンサルティングなどを経て日本ベリサイン(のちのシマンテック・ウェブサイトセキュリティ)社長、ボックスジャパン社長を務めた。

他の記事も読んでみる

瀬戸健

失恋をきっかけに大学を目指し、3日間徹夜で勉強し、その後3時間睡眠、そして3日間徹夜の猛勉強という生活を3カ月続けました。結果として目標だった一流大学には合格できませんでしたが、その時に「目標に向かって自分を限界まで追い込む、努力する」ことに幸福感を感じたのです。結果に向かって努力するプロセスの大切さ、幸福感は「ライザップ」にも生かされています。


似鳥昭雄

不況こそが挑戦のチャンスだ。他社が業績悪化により身動きが取れないときにこちらが動けば、放出された優秀な人材を獲得できる。ライバルが新規出店もままならないうちに、安くなった土地に新店舗を建てることもできる。


ダン・ケネディー

企業の業績を判断する基準は同じだ。売上高や市場シェア、利益率、収益の伸びがその基準となる。しかし、私は以前から別の基準を唱えてきた。私は、長期利用の顧客やリピーターの確保をもっと重視すべきだと考えている。顧客ロイヤリティ(顧客の愛着度)を高めることを最優先に経営を行えば、売上高アップなど経済的な目標もおのずと達成できる。


中本晃

世の中の役に立つことが、科学技術の使命です。


永井淳(経営者)

顧客ニーズに応えることが基本ですが、こう言うと、何でも言いなりになって特注の製品ばかりを手がけるようになってしまいがちです。しかし、これでは仕事が属人的になったり、コストがかさんだりして、結果的に顧客と自社の両方のためにならないことが少なくありません。


松本大

(自社内で)留学制度をやらにゃと思っています。全国的にやるのは大変なんですけど。そうそう、僕自身は留学経験、ないんですよ。19歳まで本州すら出 たことがなかったんですよ、旅行も含めて。19歳で四国に行って阿波踊りを踊り、20歳で初めて海外旅行して、って感じなんですけどね。


廣瀬禎彦

「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。


馬場芳彦

ものの考え方から社内の常識を変えていく。そのためには組織も変えなければならない。


五百田達成

自分語りが止まらない相手と話すときは、自分の思考を消すのがコツです。「いつまで続くんだ?」「僕には関係ないよ」といった思考はすべてストップさせ、相手の言葉に集中します。具体的な方法としては、頭のなかにメモをするイメージを描くこと。頭のなかのメモ帳に、相手の言葉を無心に書き込んでいくのです。その人の子供の名前などは、とりわけしっかり書き込んで記憶するとよいでしょう。後日、「○○ちゃんはお元気ですか?」などとひと言添えれば、好感度がアップします。


鈴木博毅

うわべだけの問題解決を叫び続けるリーダーに、現場はやる気を失い、最後には口を閉ざしてしまう。


木村英文(木村飲料)

モンドセレクション金賞を受賞した「元祖ビー玉ラムネ」が売上を落とした原因はわかりませんでした。デザインもいいし、味もおいしいのに……。宣伝費をかけられない中小企業は大手に勝てないのだと本当にガックリしました。いいものを作れば売れると思っていたのが間違いだったのです。


上村光弼

私は人材活性を専門とするコンサルタント&コーチとして、これまで15年間でのべ10万人以上の方と触れあってきました。その中で多くの方から「成果主義やコーチング研修などを導入しても、思うように機能していない」という声を聴きました。一方で、制度や教育によって効果がみるみる現れる会社も数多くあります。では、その差はどこにあるのか。答えは、リーダーや現場の管理職に「人をエンパワーする力」かあるかどうかです。


竹島一彦

日本人の多くは村社会意識が強く「大学を卒業し大企業などの組織に属すればそれでオーケー」と考えがちです。私は米国留学時に「それは違う。一人ひとりの個人がしっかりしないとダメだ」と痛感したこともあり、そうした考えに賛同しません。


片野坂真哉

ANAの強みはコンビネーションキャリアであるということです。フレーター(貨物専用機)と旅客機のお腹(ペリー)を使って貨物を運べる日本の会社は我々だけです。フレーターに載りきらなくても、定期路線で運ぶことができるのです。


今井繁之

問題解決のプロセスに沿った質問を部下に繰り返していると、だんだん質問しなくてもよくなってきます。部下は、質問されることがわかってくるので、聞かれなくても自分でその質問を投げかけ、問題解決ができるようになるのです。


ページの先頭へ