名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川雅一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川雅一のプロフィール

古川雅一、ふるかわ・まさかず。日本の経済学者。専門は社会保障、行動経済学、経済・財政政策。奈良県出身。京都大学大学院経済学研究科修了。京都大学経済研究所を経て東京大学特任准教授に就任。著書に『ねじれ脳の行動経済学』『わかっちゃいるけど、痩せられない メタボの行動経済学』ほか。

古川雅一の名言 一覧

私がよく使う比喩ですが、富士山は、東京から眺めると小さく見えます。一方、目の前の高層ビルは、富士山よりも実際には遙かに小さいのに、とても大きく見える。目先の利益に目が行ってしまうのはそれと似ています。


早起きを続けていると、夜更かしよりも早起きに価値を見出すようになる。それが現状維持バイアス。早起きして何か得をすると、今度は早起きしないと損した気になる。それが保有効果です。朝活は習慣化できれば、自然に続けられるようになるはずです。


朝に起きられない人は、早起きによる将来価値を、二度寝による現在価値が上回ってしまうのです。それに、目が覚めたばかりだと、理性もよく働いていないので、生理的欲求が勝るのは仕方がない。二度寝をするのは当然でしょう。そんなときは早起きの現在価値を上げるか、二度寝の現在価値を下げることが大切です。


起床してから就寝するまで一日のスケジュールを一週間分、漏れなく時系列で書き出してみましょう。株式投資に充てられる時間がどれだけあるかが明確になります。となればおのずから、取れる手法は限られてきますよね。


あなたはどういうタイプの投資家なのか、考えてみたことがありますか。積極的にリスクを取っていくタイプ、それともリスクは極力取りたくないけれどリターンは欲しいというタイプでしょうか。それによって投資スタイルも大きく変わるはずですが、実はそういう分析ができていない人が多い。これについては自分で判断するより、率直に他人の評価を聞いてみるのがいいと思います。


サラリーマン投資家だからこそ気にかけたいのが株式投資の「労働対効果」でしょう。中には「時給換算してみたら最低賃金より安かった」という方もいそうです。もちろん、それを承知の上で続けるのなら構わないのですが、一方で、投資にかける時間やコストを圧縮するなど、今のスタイルをリセットすることを考えてみてもいいかもしれません。


古川雅一の経歴・略歴

古川雅一、ふるかわ・まさかず。日本の経済学者。専門は社会保障、行動経済学、経済・財政政策。奈良県出身。京都大学大学院経済学研究科修了。京都大学経済研究所を経て東京大学特任准教授に就任。著書に『ねじれ脳の行動経済学』『わかっちゃいるけど、痩せられない メタボの行動経済学』ほか。

他の記事も読んでみる

堤真一

頑張る、頑張らない以前に、自分が本当にやりたいことは何だったかと問いかける。すごく難しいんですけど。


樋口武男

一貫して僕のやり方は同じ。厳しさと共に権限を与える。そして能動的に動く組織とする。ようは「やる気」がすべて。そのために熱湯を注ぐ。ぬるま湯にいたらやる気だってぬるくなるというわけ。


魚谷雅彦

私は「管理」という言葉が好きではありません。部下を「インスパイア(鼓舞)する」、「ファシリテート(導く)する」という方がしっくりきます。


大久保幸夫

トップのリーダーシップのもとに、働き方改革を断行した企業に聞くと同じ言葉が返ってくる。「当初、最も反対した幹部が、導入が進むにつれて、一番の推進派に変わった」というのである。世の中の流れを生かして、一気にそこまで行ってみてはどうだろうか。


吉永泰之

大本にあるのは「強みを伸ばす」という経営戦略です。当社の自動車業界での立ち位置を考えると、他社の車と差別化し、際立つ必要がある。


佐々木常夫

日本人が休めないのは、本気で「休みを取りたい」と思っていないからです。とくに中高年以上は、高度成長期の価値観をいまだに引きずり、長く働くことが美徳であると信じている。若い世代の意識は随分変わりましたが、頭の固い50代以上の「粘土層」が古い考え方を捨てない限り、会社全体を変えるのはなかなか難しいのが現実です。


定保英弥

数字を追いかけるのも大事だが、感謝の気持ちを忘れずにしっかりサービスをするということが最終的な結果につながる。


藤田孝典

下流老人にならないための自己防衛策としてお勧めしたいのが、「定年がない仕事」の資格や専門スキルを今のうちに得ておくこと。


野口健

メディア露出が多い分、登山専門家からの風当たりはキツかった。ムカついたけど、いま考えるとありがたい指摘も多かったですね。


出井伸之

日本のいいところは、競争しながらも相手から学ぼうとする姿勢を忘れないところだと思います。競争にはルールが常に存在しています。どこかと戦略的に提携しようというのは強さを補完する意味を持たないことも多い。強ければ競争すればいいんです。


小沢一郎

辞めなくても(選挙で)勝ったんだけど、万全を期さないといかんから。
【覚え書き|なぜ民主党代表を辞めたのかと問われて】


酒井利朗

福岡では輸入車のレンタカーを扱っているところがほとんどありません。大手はこの分野をやりたがりません。どうしても輸入車のメンテナンス、維持にはコストが掛かってしまうからです。一方、輸入車をレンタルで乗りたいというニーズはあります。その中で当社が、福岡で唯一の専門店として営業していることが一番の強みです。