名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川貞二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川貞二郎のプロフィール

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

古川貞二郎の名言 一覧

公平・公正の視点は人事でも重視しました。こまめに情報を上げに来てくれる人物はありがたい存在ですが、いくらか小さく見るように心がけ、見えにくいところで地道に実績を上げている人たちを評価するよう努めました。それにより組織が活性化し、信頼が深まる面もありました。


官房副長官時代に自らの判断基準と心がけたのが「公平・公正」です。事務方のトップとして各省庁をまとめ、政と官のつなぎ役の要の存在である以上、我欲を抑え、何が大義なのかという物差しを軸に平らな大地に真っすぐに立って判断する姿勢が求められたからです。首相官邸の自室では来客が途切れた時、床をトントンと踏んでは「真っすぐに立っているか」と自問自答していました。


私の実家は農家です。高校生時代の「ごぼう掘り」の経験は人生の大きな支えになりました。みぞれが降るような寒い時に、畑にごぼうを掘りに行くのですが、ごぼうは先が切れてしまったものは安くしか売れません。短いものはスッと畑から抜けるのですが、長く、根が張ったものはそうはいかない。金棒を使ってごぼうの先端を傷つけないように根を切る必要がありました。ところが、それでも抜けない大物がある。腰も痛くなり、とにかく寒い。大学受験を控え「何でこんなことをしているのか?」と自問することが多かったのですが、それでも再び体勢を整え土を掘り、根を切るとごぼうが抜けるのです。忍耐強く継続し、最後の一押しをいとわない。ごぼう掘りから得た教訓は私の助けとなりました。


厚生省の面接を受けるため上京しようとした際、伊勢湾台風の直撃で列車のダイヤが大幅に乱れ36時間もかかってたどり着きました。疲労困憊のまま面接に臨み、不合格になってしまいました。このままでは引き下がれません。結果を知らされた翌朝、厚生省の人事課長に直談判しに出向き、国のために仕事をしたいと全身全霊で訴えました。その結果、その日の夕方に吉報が届いたのです。一度不合格とされた者が這い上がることなどほとんどあり得ないこと。肝の太い人事課長や幹部に巡り会えた強運に感謝するとともに、以後、「決して諦めず事に当たれば、道は必ず開ける」という信条が様々な場面で生きることになりました。


古川貞二郎の経歴・略歴

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

他の記事も読んでみる

池田義博

集中できないとしたら、脳のワーキングメモリーが雑念や不安などの感情で占拠されて、十分に活用できていない状態かもしれません。その場合、心にある雑念や感情を紙に書き出してみるのもお勧めです。書いて可視化することで気持ちが解放され、ワーキングメモリーに他のことを記憶する余裕ができるのです。


森正文(経営者)

上場企業の経営者として評価される点は、やはりいかに利益をあげているかです。ですから、1年、2年と決めた期間の中で「いつまでにいくら」と具体的な利益の数値目標を掲げています。


久住昌之

風呂上がり直後にキンキンに冷えたビールというのは、実はそんなにおいしくない。体温が上がっているせいかな。夏の風呂上がり、下着とか全部着替えてさっぱりして、銭湯から出て風に当たってぶらぶら歩いて、体が平温に戻ってきたあたりで飲むビールは最高においしいと思いますね。旅先で温泉につかっても、風呂上がりにいきなりビールというより、夕飯を待って、食事の前にまずビールというほうが絶対おいしい。後はお昼にプールで泳いだ後ね。プールの後にビールと冷やし中華なんて最高ですね。で帰って昼寝(笑)、それから仕事。理想だぁ(笑)。でもそういうのも、これが正しいというんじゃなくて、そういうのが自分はおいしい、とだんだん分かってきたというだけの話です。


桑原豊(経営者)

話の要点を3つ以内に絞り込むことにしています。理由はたくさんのことを羅列しても、相手は覚えきれないからです。私自身が一度に3つ以上のことを言われても、頭に入りませんから。


三枝匡

開発者が開発だけ、企画を担当する人が企画だけ、販売担当者が販売だけを考えるというスタイルでは、お客様のニーズに応えることはできません。また社員も喜びを感じる機会が少ない。


久水宏之

人間の本質は、永遠をかけて成長したいと願う魂にある。そのような計らいの中で、生まれてきた一人ひとりには、人生かけて果たしたい願い、志がある。そして、この世界でその後悔を生き直し、願いを果たすために必要な環境や条件を、私たちは自ら引き受けて人生を始めた。そのような人間観に立つならば、試練や問題の見え方は全く変わってくる。それは、私たちが当面している尋常ならざる問題群を解決するためにも、大切な智慧や手がかりになるものと思われる。


土光敏夫

相互信頼を本物にするため、まず自分が他から信頼される人になる。信頼される人になるためには、どのような行動基準が求められるのか。この五カ条はわかりきったことかもしれない。しかしわかりきったことが、なかなか行えないのである。
一、相手の立場になって物を考える
一、約束をきちんと守る
一、言うことと行うことを一致させる
一、結果をこまめに連絡する
一、相手のミスを積極的にカバーする


戸田覚

僕は、人間の能力にはほとんど差はないと思っています。あるのは時間の使い方の差だけです。時間をきちんと管理して、使える時間を多く生み出した人が、最後には得をするのです。


梶原しげる

会話の主人公は、自分ではなく相手。相手がいい気分になるための褒めどころを探りましょう。


重田みゆき

「話すことが苦手」という人は、次のセリフが上手く出て来ず、「えーと……」と言いたくなったら、その代わりに笑顔で相手をじっと見ましょう。この無言の「間」が次に発する言葉のインパクトを増加させます。言い淀んでも、それを効果的な武器に変えることができます。


市川海老蔵(11代目)

私は、舞台上の一秒に執念を燃やして生きています。そうすることで、舞台外での一秒一秒もとても大切に思えてきます。


豊島逸夫

ヨーロッパでよく「金は嵐の夜に輝く」と言います。今回の北朝鮮問題のように、テールリスク(想定外の暴騰・暴落が実際に発生するリスク)がテールリスクでなくなった時に逆に値が上がって、ポートフォリオ全体の価値を金が保全してくれる。それが金の役割。