名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

古川貞二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川貞二郎のプロフィール

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

古川貞二郎の名言 一覧

公平・公正の視点は人事でも重視しました。こまめに情報を上げに来てくれる人物はありがたい存在ですが、いくらか小さく見るように心がけ、見えにくいところで地道に実績を上げている人たちを評価するよう努めました。それにより組織が活性化し、信頼が深まる面もありました。


官房副長官時代に自らの判断基準と心がけたのが「公平・公正」です。事務方のトップとして各省庁をまとめ、政と官のつなぎ役の要の存在である以上、我欲を抑え、何が大義なのかという物差しを軸に平らな大地に真っすぐに立って判断する姿勢が求められたからです。首相官邸の自室では来客が途切れた時、床をトントンと踏んでは「真っすぐに立っているか」と自問自答していました。


私の実家は農家です。高校生時代の「ごぼう掘り」の経験は人生の大きな支えになりました。みぞれが降るような寒い時に、畑にごぼうを掘りに行くのですが、ごぼうは先が切れてしまったものは安くしか売れません。短いものはスッと畑から抜けるのですが、長く、根が張ったものはそうはいかない。金棒を使ってごぼうの先端を傷つけないように根を切る必要がありました。ところが、それでも抜けない大物がある。腰も痛くなり、とにかく寒い。大学受験を控え「何でこんなことをしているのか?」と自問することが多かったのですが、それでも再び体勢を整え土を掘り、根を切るとごぼうが抜けるのです。忍耐強く継続し、最後の一押しをいとわない。ごぼう掘りから得た教訓は私の助けとなりました。


厚生省の面接を受けるため上京しようとした際、伊勢湾台風の直撃で列車のダイヤが大幅に乱れ36時間もかかってたどり着きました。疲労困憊のまま面接に臨み、不合格になってしまいました。このままでは引き下がれません。結果を知らされた翌朝、厚生省の人事課長に直談判しに出向き、国のために仕事をしたいと全身全霊で訴えました。その結果、その日の夕方に吉報が届いたのです。一度不合格とされた者が這い上がることなどほとんどあり得ないこと。肝の太い人事課長や幹部に巡り会えた強運に感謝するとともに、以後、「決して諦めず事に当たれば、道は必ず開ける」という信条が様々な場面で生きることになりました。


古川貞二郎の経歴・略歴

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

他の記事も読んでみる

諏訪貴子

社員の反発にも、最初は「なぜ私の気持ちをわかってくれないのだろう」と悩みましたが、裏を返せば、ぶつかってでも社員が会社に残ってくれるのはありがたいことです。真剣に会社を良くしようと思ってくれているのですから。「自分は社員に恵まれている」と考え方を変えることで、前向きに頑張れるようになりました。


永田豊志

私自身も、図解思考といった知的生産性を高めるためのノウハウ本を書いてきました。でも、必ずしも生産性が高まっていないことに気づいたのです。改善は時間や労力を減らしても同じ成果を出そうという取り組みです。成果自体を大きくしようというスタンスが欠けていました。そこで必要なのがイノベーションなのです。


古賀信行

最近は40歳を過ぎても、「まだ自分は若い」「まだ自分の順番ではない」などと悠長に構え、アクションを起こさない人が目立ちすぎます。高齢でも元気で活躍する経営者が多い今だからこそ、40代がおとなしくしていてはいけません。会社のど真ん中に座ったつもりで、本気で先のことを考えなきゃいけません。


水野学

気を付けているのは、漫然と情報に触れるのではなく、「これはなぜなのか?」と問い続けることです。知っているだけでは意味がなくて、その背景まで分析できなければ、視点を磨いていけません。


伊藤瞭介

リストラは社員の失望を買います。一度でもやると、もう二度と立ち直れません。それはなぜか。企業文化を失うからです。文化はカネでは買えません。日本企業はそこに気づいてほしい。企業文化は、従業員と顧客が時間をかけて作り上げるものです。


小松美羽

美大を卒業しても絵では全然食べていけなくて、かなり貧しいバイト暮らし。そんな私に転機が訪れたのは26歳のとき。画家としての自分の在り方が180度変わってしまうような出来事でした。ギャラリー日動ニューヨーク代表の塩原将志さんに「若いアーティストはもっと大きな世界を見たほうがいい」とニューヨークに行く機会を与えていただきました。塩原さんから「自分で画廊を探してアタックしてみたら」と言われた私は自分の作品集を持って、200ほどの画廊を回りました。でも、まったく相手にされません。「何の実績もなく、NYに住んでるわけでもないアンタの絵をどうして見なくちゃいけないんだ!」と追い返されるくらいの勢いで……。そして、世界最大の美術品オークション「クリスティーズ」の下見会にも行かせてもらったのですが、世界で活躍している作家の絵はどれも大きくて(作品のサイズも、そこに投影される世界観のスケールも)、ショックを受けました。幼い頃から、「画家になる」と信じて疑わなかったけれど、それは自分の小さな世界の中に閉じこもっていただけの話だったのかもしれない、と気づかされ、世界で戦っている作家さんとのスケールの違いを思い知らされました。ほかの日本画家の絵がオークションで競り落とされていくのに、私は戦いの舞台にすら立てていない。その悔しさが私の出発点です。


山本真司

本気になってぶつかってこそ、つかめるものがあるのです。


中瀬ゆかり

「編集者にとって大事なのは耳、つまり聞くことだ」。若い頃に尊敬する当時の編集長から言われ、今も心に残っている言葉です。私たち編集者は作家の「書くテーマ」、しかも本人でさえ気づいていないような無意識下のテーマを引っ張り出すのが仕事です。そのために必要なのが「聞くこと」。作家の言葉に耳を傾けることです。


日覺昭廣

現場を理解している経営者がいなかったら、東レは繊維をやめていたかもしれない。そうなっていたら、今の成長は手に入らなかった。何も特徴がない、つまらない会社に成り下がっていただろうと思います。


似鳥昭雄

店数については、商品を海外のメーカーに発注するにはある程度の量が必要になります。店数を増やさないと大量発注はできない。店数を増やすことで、仕入れや商品を開発する力が増していく。


茂木健一郎

走ることには、身体のコンディションが整ったり、より健康になったりといったメリットがある。さらに、走っている間に、脳がアイドリングして、特別な回路が活性化し、様々な記憶が整理されたり、ストレスが解消されたりといった効果もある。このような「ご利益」は、短い距離でも、あるいは歩いても得ることができるから、ぜひ試してほしい。例えば、仕事に行くときにひと駅前で降りて歩くというのでもいいのである。


川野幸夫

正直言って、売上高ナンバーワンのお店で戦略転換を実験するのはリスクが大きい。でも何かに挑戦をする時は、小さな実験ばかり繰り返しても仕方がありません。
【覚書き|当時ヤオコーで売上が一番大きかった狭山店を全面改装し新しい戦略を試したことについて語った言葉】