名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川貞二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川貞二郎のプロフィール

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

古川貞二郎の名言 一覧

公平・公正の視点は人事でも重視しました。こまめに情報を上げに来てくれる人物はありがたい存在ですが、いくらか小さく見るように心がけ、見えにくいところで地道に実績を上げている人たちを評価するよう努めました。それにより組織が活性化し、信頼が深まる面もありました。


官房副長官時代に自らの判断基準と心がけたのが「公平・公正」です。事務方のトップとして各省庁をまとめ、政と官のつなぎ役の要の存在である以上、我欲を抑え、何が大義なのかという物差しを軸に平らな大地に真っすぐに立って判断する姿勢が求められたからです。首相官邸の自室では来客が途切れた時、床をトントンと踏んでは「真っすぐに立っているか」と自問自答していました。


私の実家は農家です。高校生時代の「ごぼう掘り」の経験は人生の大きな支えになりました。みぞれが降るような寒い時に、畑にごぼうを掘りに行くのですが、ごぼうは先が切れてしまったものは安くしか売れません。短いものはスッと畑から抜けるのですが、長く、根が張ったものはそうはいかない。金棒を使ってごぼうの先端を傷つけないように根を切る必要がありました。ところが、それでも抜けない大物がある。腰も痛くなり、とにかく寒い。大学受験を控え「何でこんなことをしているのか?」と自問することが多かったのですが、それでも再び体勢を整え土を掘り、根を切るとごぼうが抜けるのです。忍耐強く継続し、最後の一押しをいとわない。ごぼう掘りから得た教訓は私の助けとなりました。


厚生省の面接を受けるため上京しようとした際、伊勢湾台風の直撃で列車のダイヤが大幅に乱れ36時間もかかってたどり着きました。疲労困憊のまま面接に臨み、不合格になってしまいました。このままでは引き下がれません。結果を知らされた翌朝、厚生省の人事課長に直談判しに出向き、国のために仕事をしたいと全身全霊で訴えました。その結果、その日の夕方に吉報が届いたのです。一度不合格とされた者が這い上がることなどほとんどあり得ないこと。肝の太い人事課長や幹部に巡り会えた強運に感謝するとともに、以後、「決して諦めず事に当たれば、道は必ず開ける」という信条が様々な場面で生きることになりました。


古川貞二郎の経歴・略歴

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

他の記事も読んでみる

ソクラテス

私は長い間、君たちに法律に従うように説いてきた。その私が、どうしてここから脱出できよう。死ぬことと、自分の信念とどちらが大切だろうか。【覚書き:ソクラテスが裁判で死刑判決を受けた時に、弟子たちから牢屋から脱出して外国に逃げたらどうかと言われた時の返答】


矢野博丈

じつは、5年ほど前から「もしかしたら、もう会社はつぶれないかもしれない」と思うようになりました。業績が悪化してもどこかが買ってくれるだろうと。そうしてある程度安定してから、自分は人間として劣化してしまったなと感じるようになりました。つぶれるかもしれないという恐怖心があったからこそここまでやってこれたのです。


友田雅己

トップは危機管理を周囲に相談したら駄目です。集められる情報はすべて集めても、結局判断するのはトップでしかありません。


盛田昭夫

いつまでも勝ち抜くためには、我々の貴重な戦力を本当に得意な専門的なものに集中しなければならない。自分の得意なところで勝つ以外にないんだということを、よく知らねばならない。得意なことだけ一生懸命やることによってのみ、競争に勝てる。これは簡単明瞭な原則である。


シュンペーター

発明家はアイデアを生み出し、企業家は「事を行う」。この事というのは、必ずしも科学的に新しい何かを実現することである必要はない。また、アイデアや科学的な原理それ自体は、経済的な実業活動のために重要ではない。


小泉純一郎

(新しいリーダーは)そのうち出てくる。本当に困ったら出てくるよ。
【覚え書き|「小泉さん、もう一回戻ってください。真のリーダーが必要です。もう小泉さんしかリーダーはいないじゃないですか」と請われたときの発言】


ジェームス・スキナー

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


金児昭

常に付加価値を付けようとする意欲を持つことや、健康を維持することなどに関する投資は、何十年も続くことを考えても、「短期ではなく長期に結果を求めること」が、ビジネスパーソンにとって大切です。


赤川次郎

自分や自分が大事にしている家族や恋人がこんな境遇に追い込まれたらどうなってしまうのか。小説という虚構の世界を通じて、読者に登場人物と同じ体験をしてもらう。そうすれば、読んだ人は自分のこととして感じたり、考えたりすることができる。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

普段から社員が自主・自律で動くことを促し、並行して自社の強みを生かして顧客に貢献する方法を考えるよう習慣づけることが重要。実際、群馬県のある営業所では政府が生前贈与の税負担軽減を行うと分かると、すぐに顧客に対してどうすればいい贈与ができるかを提案に動き、大きな成果を上げました。また、それを営業所内に横展開し、さらに社内にも広げました。当たり前の話のようですが、現場から自律的に出てきたことが重要です。


田村潤

働き方の工夫を自ら考えさせたことが、大いにモチベーションアップに繋がった。人は誰かにやらされる仕事より、自ら考え、実行した方が断然やる気が出る。


石橋貴明

本音では努力って嫌いだけど、やらないとできないからやるしかない。やれば、昨日よりはちょっと上手くなっているし、明日もやれば、もっと上手く動けるようになれるはず。僕にとっては、そうやって積み重ねていくしかない。