古川貞二郎の名言

古川貞二郎のプロフィール

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

古川貞二郎の名言 一覧

公平・公正の視点は人事でも重視しました。こまめに情報を上げに来てくれる人物はありがたい存在ですが、いくらか小さく見るように心がけ、見えにくいところで地道に実績を上げている人たちを評価するよう努めました。それにより組織が活性化し、信頼が深まる面もありました。


官房副長官時代に自らの判断基準と心がけたのが「公平・公正」です。事務方のトップとして各省庁をまとめ、政と官のつなぎ役の要の存在である以上、我欲を抑え、何が大義なのかという物差しを軸に平らな大地に真っすぐに立って判断する姿勢が求められたからです。首相官邸の自室では来客が途切れた時、床をトントンと踏んでは「真っすぐに立っているか」と自問自答していました。


私の実家は農家です。高校生時代の「ごぼう掘り」の経験は人生の大きな支えになりました。みぞれが降るような寒い時に、畑にごぼうを掘りに行くのですが、ごぼうは先が切れてしまったものは安くしか売れません。短いものはスッと畑から抜けるのですが、長く、根が張ったものはそうはいかない。金棒を使ってごぼうの先端を傷つけないように根を切る必要がありました。ところが、それでも抜けない大物がある。腰も痛くなり、とにかく寒い。大学受験を控え「何でこんなことをしているのか?」と自問することが多かったのですが、それでも再び体勢を整え土を掘り、根を切るとごぼうが抜けるのです。忍耐強く継続し、最後の一押しをいとわない。ごぼう掘りから得た教訓は私の助けとなりました。


厚生省の面接を受けるため上京しようとした際、伊勢湾台風の直撃で列車のダイヤが大幅に乱れ36時間もかかってたどり着きました。疲労困憊のまま面接に臨み、不合格になってしまいました。このままでは引き下がれません。結果を知らされた翌朝、厚生省の人事課長に直談判しに出向き、国のために仕事をしたいと全身全霊で訴えました。その結果、その日の夕方に吉報が届いたのです。一度不合格とされた者が這い上がることなどほとんどあり得ないこと。肝の太い人事課長や幹部に巡り会えた強運に感謝するとともに、以後、「決して諦めず事に当たれば、道は必ず開ける」という信条が様々な場面で生きることになりました。


古川貞二郎の経歴・略歴

古川貞二郎、ふるかわ・ていじろう。日本の官僚。内閣官房副長官。佐賀県出身。佐賀大学を経て九州大学法学部を卒業。卒業後、長崎県庁職員を経て厚生省に入省。内閣官房首席内閣参事官、厚生事務次官、厚生省顧問、内閣官房副長官などを歴任した。内閣官房副長官の在任期間8年7ヶ月。

他の記事も読んでみる

杉原麻美

メディアから発せられるのは、「働く女性が子育てするのは大変」という負の情報ばかり。でも実際は、それができている人も大勢いるんです。だから、大変だという話よりも、壁を乗り越えている人の話を聞いてほしいです。


アルフレッド・アドラー

人は人生の敗北を避けるために、あらゆるものを利用する。


志賀直哉

仕事は目的である。仕事をはっきりと目的と思ってやっている男には、結果は大した問題ではない。


竹田陽一

「信頼関係=面会件数の2乗×面会の質」という公式を覚えておいてください。相手の警戒心を解くためには、とにかく足繁く通うことが有効です。接触頻度が高い人ほど親しみを感じることは、心理学的にも明らかなのです。


佐久間昇二(佐久間曻二)

経営理念を共有することが大切。企業の志が社員一人ひとりの志となり、行動に結びつく。


武井保雄

カネを残せば、後々人は、あの人は偉かったと言ってくれる。いくら現在、いいものを食ったってクソになってしまえばみんな同じだ。


久保征一郎

ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


隅修三

グローバル化は結局、ヒトの力をどれだけ高められるかにかかっている。人材力を高めることこそが、グローバル化のカギ。


出井伸之

井深(大)さんをはじめとしてファウンダー(創業者)は会社の精神的支柱です。会社が生まれてきた素、DNAみたいなものですから、その精神に敬意を表さないと、会社がおかしくなってしまうと思います。


西山昭彦

できる上司に部下はついていきますが、単なるイエスマンでは部下の支持は得られません。部下がいる人は、勇気をもって会社や顧客の観点から上役に過ちを指摘することは重要なことなのです。


碓井稔

今ある商品を何となく良くするだけでは面白くない。従来の価値観を根底から覆すような、ドラスチックな変化を起こしたい。


西真理子

電話応対の際や、口頭で指示を受けたときは、メモを取ることが基本中の基本ですよね。私はB5サイズの縦型の速記帳を愛用していました。立ったままでも書きやすく、個人的に気に入っていました。メモを取るときは、固有名詞や日時、場所は間違いのないよう復唱して書き留めていました。上司は忙しいので、パッと指示して終わりになりがちですが、こうしたひと手間をかけることでミスを防ぐことができていたと思います。


小山昇

まずは目標がなければダメです。長さを測るのは物差し、重さを量るのははかり。どっちにしても道具が必要です。ところが、会社の中には数字を測る道具がない。道具となる基準が明確ではない。それがまず必要。


村木厚子

ゆっくり歩いても、時間が経てば、案外距離は稼げているものです。少しずつできることを積み重ねていくと、前に進んでいる自分を自覚できます。ゆっくり進めば周囲にある様々な景色も見える。そうしているうちに、また元気になれたりします。


吉田忠裕

良い理念、立派な理念で経営すれば、必ずしも経営が上手くいくわけではありません。でも、こうした精神を社員全員が共感し、実践していかないと経営は上手くいかないのも事実。


ページの先頭へ