名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川禎久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川禎久のプロフィール

古川禎久、ふるかわ・よしひさ。日本の政治家(自民党)。宮崎県出身。東京大学法学部卒業。建設省(のちの国土交通省)を経て政治の道に進む。衆議院議員政策担当秘書を経て衆議院議員選挙に当選。法務大臣政務官、環境大臣政務官などを務めた。

古川禎久の名言 一覧

リーダーシップは結局のところ、決断する勇気、責任をとる覚悟。


危機管理は、常に最悪の事態も想定し、あらゆるオプションを検討しながら、その都度決断を下すものでしょう。最悪の事態を想定しない危機管理なんて最悪ですよ。


優秀な官僚を上手に使いこなし、何か問題がおこれば政治が責任をとる、というのが本当の政治主導。官僚を悪と決めつけてしまってはどうしようもない。


古川禎久の経歴・略歴

古川禎久、ふるかわ・よしひさ。日本の政治家(自民党)。宮崎県出身。東京大学法学部卒業。建設省(のちの国土交通省)を経て政治の道に進む。衆議院議員政策担当秘書を経て衆議院議員選挙に当選。法務大臣政務官、環境大臣政務官などを務めた。

他の記事も読んでみる

石川康晴

「経済成長と社会貢献」の両立が、これからの企業、またリーダーにとって大事な概念ではないかと思います。CSR(企業の社会貢献)は、世間体やIR(投資家への広報)的なイメージを意識して行う会社が多いのですが、現場の求めるもの、そしてリーダーが感じたものを行うべきではないかと思います。


山田昇(ヤマダ電機)

やっぱり郊外型のお客さんからすれば、近くにヤマダがあることが一番のメリット。当たり前ですよね。投資家さんからもCS(顧客満足)に関する質問をされるんですよ。今度はデータを使って説明できます。実はこうですと。


萩本欽一

運は自分の行動や言葉でよくも悪くもなるんです。いやなことがあっても弱音を吐かず、いつも人にやさしくしていれば、運は自然とたまっていくの。


柴田励司

若手のビジネスパーソンの場合、勉強する内容以前に自分で勉強の計画を立ててとにかくそれを実行することを重視すべきだと思います。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーがあまりにも完璧にふるまうと空気がピンと張りつめ、周りが軽々しく発言しづらいムードになりやすい。だからリーダーはときにはボーっとしているところや、自分の弱みをあえて隠さずに周りに見せるといい。いくつもの顔をリーダーは自在に使い分けなければならず、引く手あまたの俳優になったつもりで、その舞台を存分に楽しんでほしい。


樋口武男

オーナー(創業者・石橋信夫)からは、そんなに難しいことは教えられていません。当たり前のことをずっと教わってきました。そして我々はそれを愚直に守り続けてきただけなのです。


徳重徹

日本とシリコンバレーの違いはセーフティネットの有無です。アメリカのベンチャー企業の間には、濃いネットワークがあります。事業やそこで働く人材の情報が企業同士で交換されていて、たとえ経営する企業や属する企業が潰れても、優秀な人材であれば次を見つけることができる。企業同士のつながりがセーフティネットとなり、それが失敗を恐れずにベンチャーの世界に飛び込める土壌となっているのです。


中嶋常幸

やるかやめるか、迷った時は、臆せずやってみる。どうせ後悔するなら、やって後悔の方が自分の成長につながるから。


北島素幸

働かないとつまらないし、体もおかしくなりますし。


稀音家義丸(二代目)

毎日に発見があると心が生き生きとしてきます。昨日まで分からなかったことが、今日分かったら楽しいことではありませんか。


三谷忠照

人生の大半を会社で過ごすのですから、モチベーション高く働いていただきたいという願いがあります。例えばチームを再構築する「リチーミング」プログラムを導入することによって人材の再活性化やチームワークの向上を促したり、またグループ全体で給付型奨学金制度を完備するなど、社員が安心して働ける環境づくりを目指してきました。何かひとつの制度や施策でガラッと変わるわけではないですが、今後も、いろんなことを試していこうと考えています。


吉田忠裕

技術的に進んでいると思われる地域ばかりではなく、昔から取り組んでいる場所にもいいヒントがあるかもしれない。それが今の技術社会の中でもう一度評価され、それを活用することで問題が解決されたとなると、今後の建築の手法も変わってきます。