名言DB

9412 人 / 110637 名言

古川禎久の名言

twitter Facebook はてブ

古川禎久のプロフィール

古川禎久、ふるかわ・よしひさ。日本の政治家(自民党)。宮崎県出身。東京大学法学部卒業。建設省(のちの国土交通省)を経て政治の道に進む。衆議院議員政策担当秘書を経て衆議院議員選挙に当選。法務大臣政務官、環境大臣政務官などを務めた。

古川禎久の名言 一覧

リーダーシップは結局のところ、決断する勇気、責任をとる覚悟。


危機管理は、常に最悪の事態も想定し、あらゆるオプションを検討しながら、その都度決断を下すものでしょう。最悪の事態を想定しない危機管理なんて最悪ですよ。


優秀な官僚を上手に使いこなし、何か問題がおこれば政治が責任をとる、というのが本当の政治主導。官僚を悪と決めつけてしまってはどうしようもない。


古川禎久の経歴・略歴

古川禎久、ふるかわ・よしひさ。日本の政治家(自民党)。宮崎県出身。東京大学法学部卒業。建設省(のちの国土交通省)を経て政治の道に進む。衆議院議員政策担当秘書を経て衆議院議員選挙に当選。法務大臣政務官、環境大臣政務官などを務めた。

他の記事も読んでみる

大垣尚司

私たちの仕事は、どうしたら4社(提携する住宅メーカーである積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、住友林業)の家が売れやすくなるかを考えることです。家を売る人の視点に立ってローンを考えるのです。また、どうすれば家を買った人が不必要な儲けを金融機関に落とさないでいいかも考えます。中抜きをしないで公庫につなぐので、手数料を安くできるのです。


高橋一生(俳優)

謙遜でもなんでもなく、日々自分のうんこちゃん(笑)みたいな部分とずっと向き合っているので……。僕はこれまで、きっと作品にも恵まれてきたんだと思います。けれどこれからは、違うパターンのものも来てしまうと思うんです。それをいかに説得力のあるものに変えていくか「そこでも勝負をしていかなくてはならない。……何が言いたいかというと、単純に、試行錯誤の毎日なんです。経験則とか年齢とか関係なく、ほかの俳優さんたちと向き合わせてもらうなかでトライアンドエラーの毎日を送っています。


林原健

人と同じことをしなくてもいい環境が生まれている。かつては新製品が売れるようになるまでに5・6年かかっていましたが、いまはみんなが新しいものを探し求めていますから、新製品を出したとたんにワーッと売れる。売れるようになるまでの時間のリスクを省くことができるようになったんです。そのぶん独創にかけることができるわけです。


遠藤功

多くの企業は資源配分を思い切って傾斜できていません。できる経営者はそれができています。いまはそうすべき時期なのです。リスクテークできる人でないとCEO(最高経営責任者)の仕事は難しい。無難にやっていてはチャンスをつかめません。過去の成功体験を引きずっている人は、こういう環境に対応できていません。


カーリー・フィオリーナ

何かを犠牲にするには、見返りがなければならない。たとえば、ケーキを我慢すればスリムなボディが手に入るというように。野放図な自由と可能性の追求を諦めるには、相当大きな見返りが必要だった。頑張れば手の届きそうなわくわくするような未来。心から共感できるような大きな獲物。人間は理屈だけでは奮起しない生き物である。最後は心に訴える何かが必要なのだ。


佐々木常夫

仕事というのは、最初は誰だって面白くないのです。新入社員の頃を思い出してください。会社のことは何もわからず、上司から与えられる仕事の意味もよく理解できず、それをやることに苦痛を感じていたはずです。ただ、その仕事を続けていくうちに段々と面白くなってくる。ついには家庭やプライベートも顧みずに仕事に没頭するビジネスマンが続出するわけです。


川口淳一郎

ルールは過去から作られたもの。過去に未来の答えなんて無い。


小林喜光

平日は、朝7時半に出社し9時まで、よほど緊急な要件以外、何があっても予定入れず、情報収集、会議の予習、メール返信などにあてます。この時間帯は1日で唯一の自分の時間です。以降は秘書がグループウェア時間管理ソフトで作成し、プリントアウトしたスケジュール表に沿って、仕事メカとなって予定をこなしていきます。


稲村徹也

成功者やお金持ちに限って、学習の時間を大切にしています。彼らにとって一番大きな投資とは、学びを得る時間なんです。僕が出会ってきた富裕層も、本を常に持ち歩いていたり、飛行機の移動中などスキマ時間があればすぐ学習を始めたりしていました。彼らがお金持ちになれたのは、学習でインプットしたことを、行動としてアウトプットしているからなんです。


西本智実

具体的な目標に対して常にブレない姿勢が重要。私は指揮者として大勢の楽団員を束ねる立場にいますが、もしも私の目標がブしてしまったら、どうなるでしょうか。楽団員の心は私から離れていくでしょうし、演奏する作品もダメになってしまう。


安藤広大

人はそれぞれ異なる常識や価値基準を持っているので、別々のルールを持つ人たちが一つの事象を見たとき、認識にズレが生じます。会社でも、上司と部下で「良い仕事とは何か」の認識が異なることはよくあります。すると、部下は「良い仕事ができた」と思っても、上司から見れば「全然仕事ができていない」という問題が発生します。


鎌田靖

時間的制約はありますが、行ける場所にはなるべく行きたい。たった1日、2日の取材ですべてがわかるとはまったく思っていませんが、私自身、元社会部記者ですから現場は欠かせません。現場に行かないと自信を持って説明できないのです。


藤沢晃治

会社員時代の私の場合、金曜日までに終わりそうな仕事の依頼を受けても、あえて「火曜まで時間をください」という返答をしていました。ギリギリの日程で約束をすれば、何かの理由でそれを守れなかった場合に、「期限を守らない奴というレッテルを貼られることになりかねません。そのリスクが回避できるなら、相手から「火曜までかかるの?遅いなぁ」と思われたほうがまだましですし、首尾よく、金曜あるいは月曜に終えることができれば、「約束より早く仕上げてくれるとはありがたい!」と、相手の満足度を上げることにもなります。逆説的ですが、個々の仕事のスケジュールに余裕をもたせるということは、結果的に全体の仕事を早く確実に進めるための欠かせないリスク管理なのです。


寺嶋隆介

ことばというのは思考や感情といった心を表現するもの。当社では人間性を育むということも大きな特徴。


村口和孝

よく「忙しいのにボランティア活動出来ますね」と言われるが、つくづく忙しいから出来るのだと思う。暇で余裕があるときほど、ボランティア活動など面倒で出来ないものである。要は実行する決心が出来るかどうかである。