名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古川爲三郎(為三郎)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川爲三郎(為三郎)のプロフィール

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

古川爲三郎(為三郎)の名言 一覧

金というものは一見無駄と思えるところにかけると、まわりまわって大きな果実になって戻ってくるものなんですよ。 【覚書き|当時米国経済誌フォーチュンにも紹介された資産家だった古川氏が名古屋市に一千万円寄付した時の言葉(1984年)。この5年後に同名古屋市に3億円の寄付を行っている】


古川爲三郎(為三郎)の経歴・略歴

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

他の記事も読んでみる

芳賀繁

世間で話題になっているトラブルやミスを、自分の身に置き換えてリスクを考えてみる。そうすると、リスク感度は自然に高まるはずです。


小山昇

リーマン・ショックの前、私は「何かおかしい。きっと変なことが起こる」と感じていました。だから、経営指導をしている会員企業の社長に「今のうちにお金を借りておきなさい」と伝えていた。そうしたら案の定、いきなりドカーンと落ち込みました。その少し前に、世界で40%のシェアを持つエンジン部品の会社の社長から、「売上が半分になったのですが、あまりにもおかしくないですか」という話を聞いていました。それでピンと来たんです。テレビや新聞で得られる情報なんて、報道されている時点でもう古い。「生」の情報をいかに得るかが大切です。


所ジョージ

曲作りの期間は、ある程度のスケジュールを取って専念します。プラモデルなら設計図があるからラクですよ。作業の途中で何日か休んでも、次にどうすればいいのか悩まない。工程7でやめたら、次は工程8から再開できるから。でも、曲作りは設計図がないので、集中力が切れたら、次の歌詞やメロディが出てこないんです。一心不乱にやり続けなきゃダメ。短時間に自分が思い描いたところまで完成させますね。


栗山年弘

作りだめはできません。スマホ市場はスピードが速く、在庫を多く持つのはリスクです。その部品が旬の時に作り、「タイム・トゥ・マーケット」で売らないと儲からない。


田川博己

我々が扱う旅行商品というのは目に見えません。したがって、受け皿となる地域の方々に誇りを持っていただくために、まず「住んでよし」というものを一緒につくりあげていかないと、旅行会社としての新しいたびに形は生まれないのです。そこで、我々は「旅行業」という言葉をやめて「交流文化産業」という造語をつくったのです。交流することによって文化が生まれ、それを文化論だけでなく、ビジネスとして生業にしていくわけです。


関根眞一

厳しいことを言ってくる相手も、その根底には必ず理由がある。その理由を探り、お互いに利のある落とし所を見つける。ビジネスの会話の醍醐味は、まさにそのやり取りにある。


松田譲

社長に就任した後、月1回の社員への情報発信を始めました。毎回、現場社員の話に触発された会社に対する問題意識について、社内サイトで自分の考えを発表しました。地味な施策ですが、社員へのメッセージを書き続けることを通して、「トップはあるべき姿を提示する、そしてそれを腑に落ちるストーリーにして語ることが重要」だということがわかりました。


橘俊夫

会社というのは潰れるということが一番の罪悪ですから、本当の意味での成長と膨張とは違うのではないでしょうか。


松橋良紀

人は論理ではなく感情で動いているのです。商品を売るときに限らず、初対面では相手の警戒心を解き、親しくなる必要があるのです。そのためには、雑談で自分の人間性を伝えるのが一番なのです。


川村隆

組織もリーダーがラストマン(決断する人)の意識を持てば、必ず復活する。日立も再生に着手してから2年、構造改革の成果とともに、社会インフラ事業が新興国を中心とした需要増を背景に好調に推移し、2011年3月期は20年ぶりに最高益を更新した。


中村友哉(経営者)

運は多くの人に平等にある。それをチャンスとしてつかめるかどうかが分かれ目だ。ビジネスになると思える瞬間が来たらぜひチャレンジしてほしい。


宇都宮恒久

もっと手っ取り早く会社をよくする方法はなかったのか、という人もいることでしょう。しかし、理念を浸透させるために、地道に人間関係を築き、働きやすい環境を整える。そういう手間をかけたからこそ、「地域に信頼される中央タクシー」が生まれたのです。