名言DB

9419 人 / 110788 名言

古川爲三郎(為三郎)の名言

twitter Facebook はてブ

古川爲三郎(為三郎)のプロフィール

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

古川爲三郎(為三郎)の名言 一覧

金というものは一見無駄と思えるところにかけると、まわりまわって大きな果実になって戻ってくるものなんですよ。 【覚書き|当時米国経済誌フォーチュンにも紹介された資産家だった古川氏が名古屋市に一千万円寄付した時の言葉(1984年)。この5年後に同名古屋市に3億円の寄付を行っている】


古川爲三郎(為三郎)の経歴・略歴

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

他の記事も読んでみる

鈴鹿可奈子

以前は従来の業務について何か変えようとすると、父と意見が食い違うことはありました。でも、新ブランドを立ち上げてからは、父はこちらには口を出さないでいてくれるので、かえっていろいろなことが相談しやすくなりましたね。もちろん父がいるから新しいことに挑戦しやすい面もあると思います。


北尾吉孝

中庸とは、平たく言えばバランスのことで、『論語』の中でも非常に重要なキーワードであり、東洋哲学において最も大事な考えだとさえ私は思っています。この中庸を失った、バランスを欠いた組織は、あっというまに崩壊します。


堀田浩司

鈴屋社内にはSUZUYA大学という研修プログラムがあり、鈴木義雄社長のもとでファッション・小売・経営の基本を叩きこまれました。「40歳までには独立してビジネスを立ち上げなさい」というのが鈴木社長の考え方でした。


バートランド・ラッセル

金銭を崇拝する人間は、自分自身の努力を通して、あるいは自分自身の活動の中に幸福を得ようとする望みを、捨てた人間である。


中山讓治(中山譲治)

自社だけで開発するのは困難になっているので、産学連携など、外部との協調や連携が重要になっています。ですので、米国での産学連携も進めていますし、日本でも東京大学の藤堂具紀先生とガンワクチンの研究なども進めています。


鈴木貴子(経営者)

2分間で金属の粒が落ちる「砂時計」を愛用しています。長電話になりそうな時はこれを見て話を切り上げるんです。そうすれば社外の方との情報交換などに充てる時間を増やせますから。


佐川隼人

2年ほどオーストラリアに語学留学もしました。この時の仲間が、テモナの創業メンバーになっています。また、毎日いろんな宿を転々としていたので「変化は当然であり、同じ場所に留まり続けるほうが不自然だ」という自分の中での価値観が養われたことも非常に良かったと思っています。


程近智

ネイティブじゃない人が英語を話すと、どうしても言葉数が多くなってしまうんですね。だから、端的にポイントとなる言葉を、パッパッパと短く突けるような練習をしたほうがいい。


ぬやまひろし(西沢隆二)

若者よ、身体を鍛えておけ、美しい心が、たくましい身体に、からくも支えられる日が、いつかは来る。
その日のために、身体を鍛えておけ、若者よ。


安めぐみ

舞台はお客さんの前で生で演じるもの。毎回ストーリーは同じでも、お客さんが違えば得るものも違ってくるはず。