名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川爲三郎(為三郎)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川爲三郎(為三郎)のプロフィール

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

古川爲三郎(為三郎)の名言 一覧

金というものは一見無駄と思えるところにかけると、まわりまわって大きな果実になって戻ってくるものなんですよ。 【覚書き|当時米国経済誌フォーチュンにも紹介された資産家だった古川氏が名古屋市に一千万円寄付した時の言葉(1984年)。この5年後に同名古屋市に3億円の寄付を行っている】


古川爲三郎(為三郎)の経歴・略歴

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

他の記事も読んでみる

古森重隆

世の中の変化に素早く対応することは大事だが、もっと良いのは、変化を先読みし変化に備えること。そして、最も良いのが、自ら変化を作り出し、一歩先に行くことだ。


園山征夫

社員の幸せを考えると会社も成長する。


ナガオカケンメイ

商品の魅力を正しく伝えるためには、売り手側にも知識が求められます。だから店舗のスタッフは、定番商品である柳宗理のやかんなどをはじめ、一つひとつを自分で使うだけでなく、生産現場まで訪れ、商品の魅力を体験したうえで接客しています。そういう売り場でスタッフとコミュニケーションを交わし、商品を購入することは満足感につながる。


東和浩

これから10年の新しい金融サービス業のモデルを考えないといけません。それには銀行にこだわらない新しい発想が必要です。


村上恭和

低迷が続いていた日本の卓球界には、世界で戦える選手の育成が必要でした。大きなきっかけとなったのは、小学生の全国大会を作り、小さいうちから各都道府県の代表として競い合うようにしたことです。この階段を一歩ずつ上ってきたのが福原(愛)で、「次は自分だ」という選手が後に続きました。


佐橋滋

武道の場合、平常心のある人は相手のどんな些細な動きにも対応できるが、平常心のない人は必ず相手に乗ぜられてしまいます。経営でも同じです。心にゆとりがなくセカセカ忙しく平常心を描いていたのではロクな経営はできません。経営者がやたら忙しいのは、自慢にならないんです。


クリスティアン・クルツケ

見学者を工房にご案内すると必ず「修道院みたいですね」といわれます。回廊のある建物の印象が強いからだと思いますが、非常に静かな環境で仕事をしています。トヨタのカイゼンのごとく、品質管理も徹底しており、ミスをなくすことに細心の注意を払っています。でも不思議がられるのが、その静けさとは対照的に働く人の目が好奇心に満ち溢れてイキイキとしていることです。目の前の仕事だけにとらわれることなくつねに新しいものを追い求める。それはマイセンに受け継がれる進取の精神でもあります。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

セカンドオピニオンが欲しいというのもお客様にとっては当たり前の話なのです。ただ、自分にも真っ先に相談するファースト・コール銀行というものはある。そう考えたときに、まずお客様から見て、私たちはどう見えているのか。当たり前のことながら、そこを常に意識しなければならないと気づいたのです。


林田正光

「メモ魔になりませんか」と、みなさんにお勧めしています。ザ・リッツ・カールトン大阪時代も、ホテルマンたちには常にメモ帳やノートを持って、お客様とのやりとりのなかで気づいたことを、どんな些細なことでも書くように勧めていました。


山本高史

「コピーライターの条件は何か?」という質問を受けることもある。答えは「フツーの人であること」。世界中で、10人の熱狂的な支持者を求めたいのならば好きにすればいいが、多くの高い評価を得たいならば発想にはフツーの感受性やロジックが必要になる。


三池崇史

僕は役者とほとんど話さないんです。話しても、ひと言ふた言。役者はプロである以上、僕があれこれ言わなくても、衣装とかセットのたたずまいとかカメラのポジションなどから、自分がやるべきことはわかりますから。とくに立ち回りのシーンでは、僕らは一切声をかけないし、かけられない。


大野直竹

リーマンショックが起きたとき、住宅市場も冷え込みましたが、我々は物件の販売を続けました。その時に分かったのは、安全・確かで、運用面でも魅力がある商品の売れ行きは全くブレないということ。ですから翌年、景気が冷え込む中でも、我々は少しずつでしたが物流用地などを積極的に買っていきました。