名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川爲三郎(為三郎)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川爲三郎(為三郎)のプロフィール

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

古川爲三郎(為三郎)の名言 一覧

金というものは一見無駄と思えるところにかけると、まわりまわって大きな果実になって戻ってくるものなんですよ。 【覚書き|当時米国経済誌フォーチュンにも紹介された資産家だった古川氏が名古屋市に一千万円寄付した時の言葉(1984年)。この5年後に同名古屋市に3億円の寄付を行っている】


古川爲三郎(為三郎)の経歴・略歴

古川爲三郎、為三郎、ふるかわ・ためさぶろう。日本の経営者。欧米映画配給社(のちの日本ヘラルド)創業者。米国経済誌フォーチュンで1988年時点での世界最高齢の富豪として紹介される。慈善家としても知られ、数億円規模の寄付を行った。

他の記事も読んでみる

岩田弘三

私がいま創業したとしても、おそらくこれほど業績を伸ばすことはできないでしょう。その意味で私は恵まれていました。


ヤンシー・ハイ

ソリューション提供企業にとって、高品質な製品や高い技術力は当たり前です。それに加えて、企業の品格=信頼が問われます。一朝一夕に実現できないことは重々分かっています。成果を積み重ね、お客さまに認めていただけるよう努力を続けていきます。長期戦は覚悟しています。


小林弘幸

昔から「笑う門には福来たる」といいますが、これは医学的に根拠のあることなんです。口が「への字」の怖い顔をした瞬間に、体の中ではある変化が起こります。血管がぎゅっと縮まって、脳や筋肉への血液の流れが一気に減少するのです。筋肉の反応が鈍くなり、相撲だったら立ち会いの反応が遅れ、動きが固くなってしまいます。仕事も同じです。やるぞと気合いを入れすぎたとたんに、脳への血流は低下します。これでは頑張っていても、いいアイデアは浮かばないし、周りの状況をみる余裕もなくなってしまうでしょう。


島津義久

百姓を憐むことをもって、憲法の第一としたい。民の飢えや寒さを思い、貧窮の苦悩を知ることが重要。


吉田たかよし

企画なりプレゼンなり、空いた時間に何を考えるか、そのテーマをハッキリさせておきましょう。私はスマートフォンに項目だけ入れておきます。文章ではなくキーワードで入れるのがポイントです。スキマ時間になったら、とくに考えやすい項目から考える。できるだけプレッシャーを感じずゆったりと余裕を持って考えることで副交感神経が優位になり、発想が浮かびやすい。


中山幸市

問題は、名もない太平住宅に、果たして加入申込者が現れてくれるかどうかだった。事実、過去の実績を示そうにも、建築した家のサンプルがないし、客は「金を払っても、本当に家を建ててくれるのか」と二の足を踏むのが多かった。結局、それを打ち破ったのは、セールスと宣伝であった。はじめの1、2軒が建築されたところで、これを客に見せ、契約をとる。その契約で完成した家をまた次の客へ……。こうして、建築の実績と宣伝の循環方式で加入申込者を開発していった。


島田久仁彦

交渉の際は8割方相手の話を聞くことに集中します。自分の話を真剣に聞いてくれると思うことで、相手は初めて信頼してくれる。そのためにはどんな悪人と言われている人物でも、先入観を捨てて相手を人間として尊重し敬う気持ちが大切。


樋口泰行

陽の当たらない場所でも、腐らずに乗り切ってほしい。これからは本流ではなく、傍流の時代。


安田登

呼吸に影響を与える筋肉は胸だけでなく、背中や骨盤にもついています。デスクワークやパソコン作業、車の運転など、いま私たちは人類史上で一番体が固まる環境に置かれています。首や背中が凝ると、呼吸が浅くなります。すると疲れが抜けず、心にゆとりがなくなる……。みなさんも経験がありますよね。そんな呼吸やいらつきは周りに伝染し、「息がつまる」悪循環になりがち。


茂木友三郎

優秀な社員をとにかく海外に行かせること。それも3年などの短期ではなく、少なくとも7~8年、できれば10年くらいは行ってもらう。優秀な社員には、若い頃からそういう経験をして、勉強してもらうことが大切。これを繰り返しましたが、今まで人材不足に悩んだことはありません。


平井正修

いけないのは、心が澱(よど)むこと。水と同じで常に循環していれば、心が澱むことはない。


内藤哲也

プロレス総選挙(1位獲得)に関してはここ2年くらいにしてきたことの結果が出たのかな、と思います。周りの目を気にするのをやめて、表現したいものを表現し始めて、それが徐々にお客様に伝わるようになったというのは実感していました。