名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川晶子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川晶子のプロフィール

古川晶子、ふるかわ・あきこ。日本のキャリアコンサルタント。「さいたまキャリア教育センター」代表理事。福岡県出身。一般社団法人さいたまキャリア教育センターを設立。

古川晶子の名言 一覧

大企業シニアと面談していると、在職中の成功体験を滔々と語り、自分の優秀さをアピールする人がよくいます。でも、大企業は資金も人材も豊富。高い社会的信用もあります。そうした恵まれた条件だからこそ成功できたことを、思い返してください。それに、大きな組織のなかで仕事をしていたわけで、自分一人の力だけでなく、チーム全体の力があったからうまくいったはず。そのときの企業の戦略、企業を取り巻く経営環境もよかったのかもしれません。大企業シニアには諸々の外的要因を排除して、いまの自分にできるスキルを抽出してほしいのです。


古川晶子の経歴・略歴

古川晶子、ふるかわ・あきこ。日本のキャリアコンサルタント。「さいたまキャリア教育センター」代表理事。福岡県出身。一般社団法人さいたまキャリア教育センターを設立。

他の記事も読んでみる

孫正義

アメリカは知恵を働かせてお金をごっそり残し、製造業中心の国は働けども働けども楽にならずお金が残らない。日本は今、製造業に徹している国と、知恵に徹している国、どちらへ行くべきなのか迷っているのです。


山梨広一

ありがちだが駄目な提案書の典型とは、それを見たクライアントとの議論が紛糾しないタイプのものです。概念度が高い言葉できれいにまとめてあるだけだったり、「とりあえず、この手順で事業を展開すべきです」といった形で、取り組みのプロセスだけを説明して結論について言及しない提案書というのはあまり議論になりません。具体的なリスクや問題点が見えてこないから、クライアントもつっこんでこないのです。


木村清

必要とされなければ、どんな組織でも人は生き残れない。「人の役に立つ」という視点を意識して働くことも大事。


佐藤治子(madame H)

服装はその人の価値観ばかりではなく、人柄がとても表れます。少しオーバーに言うと、「生き様」とも言い換えられます。世の男女の傾向を見ていると、男性は「無関心」、女性は「無難」な人がとても多い。40歳も過ぎた大人になったら、自分の仕事に真剣に取り組むのと同様、自分らしいスタイルを大切に、こだわってみてはいかがでしょうか。


宮内義彦

ガバナンスのために企業があるわけではありません。極論すれば、ガバナンスを無視しても、世の役に立つ企業は存在しえる。ただ、ほとんどの場合、あまりうまくいかないので、ガバナンスを大事にしようと言われているんですね。


ジョージ・ハーバート

もし金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。


長尾一洋

ゲームの楽しさは、プレーするのが個人であっても、仲間と競い合える点にあります。その意味で、仕事のゲーム化は、複数人数でするほうが、効果が表われやすいと言えるでしょう。


齋藤知久(斎藤知久)

毎週木曜日の午後3時から3時半まで、総務が紅茶やコーヒーを用意してティータイムの時間を設けています。希望者がそこでちょっとリラックスして仕事に戻るという試みです。役員もなるべく参加していますし、普段、接点の少ない社員同士の交流や外部の方々との交流の場にもなっています。


有川真由美

自分が苦手なことやこれまで取り組んだことのない難しいテーマの仕事は、思い切って他人活用すると作業効率をアップさせることができます。


篠塚孝哉

リクルート時代にも、友人からおすすめの宿をよく聞かれました。「じゃらん」で調べれば簡単に分かるのですが、たいていの方は年1~2回しか旅行に行かないので、2万5千件もの口コミから宿を選ぶのは大変ですよね。つまり、重要なのは選択肢の多さではないのです。信頼できるソースから3案程度に絞って提案されたほうが決めやすいということです。


やましたひでこ

素振りを繰り返していれば、向然と筋力が付くのと同じで、片付けをしていれば、思考の筋力も付いてきます。物を捨てるか捨てないかに限らず、人生の重要な決断をする筋力も身に付くのです。


上條努

米国赴任当時、米国では総代理店の契約を結んでいる企業があり、同社が米国各地の問屋に商品を卸していました。これではメーカーとして主体的にブランドをコントロールできません。やはり当社が各問屋に直接商品を卸すのがあるべき姿であり、総代理店の契約はやめようと思いました。東京の本社は、歴史のある取引を変更することを懸念していましたが、同時期に米国駐在していた同年代の社員3人で協力しながら押し切りました。若い世代らしく、みんな「おかしいと思ったことは直すぞ」という信念を持っていました。こうした取り組みによって、私が支店長だった5年間で当社のビールの販売数量を全米で9割増やすことができました。思ったことをストレートにやって結果が出たことで、自信を持てるようになりました。思い切って仮説を立てて実行し、検証するという体験を、できるだけ若いうちにしてほしいと思います。