名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

古川晶子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川晶子のプロフィール

古川晶子、ふるかわ・あきこ。日本のキャリアコンサルタント。「さいたまキャリア教育センター」代表理事。福岡県出身。一般社団法人さいたまキャリア教育センターを設立。

古川晶子の名言 一覧

大企業シニアと面談していると、在職中の成功体験を滔々と語り、自分の優秀さをアピールする人がよくいます。でも、大企業は資金も人材も豊富。高い社会的信用もあります。そうした恵まれた条件だからこそ成功できたことを、思い返してください。それに、大きな組織のなかで仕事をしていたわけで、自分一人の力だけでなく、チーム全体の力があったからうまくいったはず。そのときの企業の戦略、企業を取り巻く経営環境もよかったのかもしれません。大企業シニアには諸々の外的要因を排除して、いまの自分にできるスキルを抽出してほしいのです。


古川晶子の経歴・略歴

古川晶子、ふるかわ・あきこ。日本のキャリアコンサルタント。「さいたまキャリア教育センター」代表理事。福岡県出身。一般社団法人さいたまキャリア教育センターを設立。

他の記事も読んでみる

篠原欣子

仕事って大変なことです。しかし続けていくことが大切。石の上にも三年。何事も諦めない。続けることが大切です。そして常に可能性に挑戦して欲しい。


横山清

当グループのスローガンで最も象徴的なのが、「八ケ岳連峰経営」。これは同程度の高さの山が連なって八ケ岳を構成しているように、グループの様々な食品スーパーが競い合いながらアークスという連峰の成長を図る、そんな経営を指しています。


宮本勝文

監督になってすぐ、コーチ陣と40人の選手それぞれについて「どこが優れていて、何が足りないか」を徹底して議論しました。選手がどのコーチに聞いても同じ答えが返ってくるようにするためです。評価基準が曖昧で、意思疎通が図れていないと、「俺は試合に使いたいと思っているが……」などと補欠選手には甘い言葉を使うコーチが出てきます。それは補欠選手の逃げ場や言い訳、不満をつくるだけです。


山口佐貴子

記憶力のよさは、生まれつきのものではありません。では、覚えられる人と覚えられない人の違いは、どこにあるのか。最大の違いは、「なんのために覚えるのか」というゴールを明確に設定しているかどうかです。


堀場雅夫

日本はもはや元には戻れない。新しい道を探らなければならない。


近田哲昌

サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


酒巻久

いまは、各分野の専門家が力を合わせてひとつのプロジェクトを進める、という仕事のやり方が大半だと思います。別分野でわからないことがあったとき、「この部分はどうすればいいの?」と気軽に聞ける人物が社内外にいれば、状況を一気に打開できます。仕事を進めるために、人脈は欠かせません。


深野康彦

一番大切なのは、自分で考えて少額から投資してみること。そして、売買の一連の流れを体験してみることです。投資には多種多様な対象やスタイルがあり、万人向けの必勝法はありません。まずは自分が興味ある金融商品から始めて勉強し、徐々に自分に合った投資スタイルを身につけていくと良いと思います。


村松加王里

聞き上手になるためには、否定や反論をしないほうがいいとされていますが、きちんと意見を主張する人は好感を持たれます。「Yes,and」テクニックを使って、「なるほど」と一度受け止めてから、「こういうパターンは?」など、提案という形を使うといいでしょう。


白川修一郎

朝はポジティブに情報を整理できるというメリットがあります。就寝直前にその日の反省をしたり、次の仕事の予定を考えるという人は、一般に多くいます。しかし、夜は思考がネガティブになりやすいので向きません。ただし起床後1時間は睡眠慣性によって脳の働きが上がりにくい。歯磨きや朝食、シャワーを優先させ、その後に行うといいでしょう。


宮本彰

文章を打ち込めるだけで、メールも送れない。こんなものは売れないだろうと思いましたし、他のメンバーも反対していたのですが、ただ一人、社外取締役である大学教授が「こういう商品を待っていた!」と。出張の多い彼は、ノートPCより手軽に持ち運びできて移動中に書き物ができるツールを切望していたのです。ならば出してみようかと。
【覚え書き|ポメラ開発について】


川淵三郎

プロ検討委員会設立を評議委員会に提案したとき、数人を除いて、あとは全部反対でした。とくに読売が、「プロ野球ですら赤字球団ばかりなのに、サッカーがプロで成功するわけがない」と声高に言うものだから、みんな黙っちゃいまして。やはり、評議委員会で話を進めて行くのは無理だと。評議委員会というのは、JSL(日本サッカーリーグ)に参加している各社の役員クラスばかりで構成されています。現場を運営している部長クラスだとサッカーの愛好者が多くて理解があるんだけど、評議委員はサッカーを十分に知っているわけじゃないんですよね。
【覚書き|Jリーグ発足前を振り返っての発言。この後、プロジェクトの管轄を評議委員会から日本サッカー協会に移し、プロ化が実現した】