古川晶子の名言

古川晶子のプロフィール

古川晶子、ふるかわ・あきこ。日本のキャリアコンサルタント。「さいたまキャリア教育センター」代表理事。福岡県出身。一般社団法人さいたまキャリア教育センターを設立。

古川晶子の名言 一覧

大企業シニアと面談していると、在職中の成功体験を滔々と語り、自分の優秀さをアピールする人がよくいます。でも、大企業は資金も人材も豊富。高い社会的信用もあります。そうした恵まれた条件だからこそ成功できたことを、思い返してください。それに、大きな組織のなかで仕事をしていたわけで、自分一人の力だけでなく、チーム全体の力があったからうまくいったはず。そのときの企業の戦略、企業を取り巻く経営環境もよかったのかもしれません。大企業シニアには諸々の外的要因を排除して、いまの自分にできるスキルを抽出してほしいのです。


古川晶子の経歴・略歴

古川晶子、ふるかわ・あきこ。日本のキャリアコンサルタント。「さいたまキャリア教育センター」代表理事。福岡県出身。一般社団法人さいたまキャリア教育センターを設立。

他の記事も読んでみる

安藤楢六

人生とは、一見不幸に見えるものの中に大きな因子をはらんでいるものだ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

20数年前、ちょうど「父の日」の少し前のころでした。ニューヨークのバーニーズのウィンドウディスプレイに驚かされました。ボードが置いてあって、それに従業員のお父さんの写真がズラッと貼られている。それも約300枚。それだけなんです。セピア色した古ぼけたものもありました。その前に、ネクタイをただ巻き付けただけの古木が置いてある。これで懐かしい音楽でも流されればジーンときますよね。プレゼントの一つでも買っていこうかなんて……。これですね。五感に訴える、いわゆる「エモーションマーケティング」です。つまり、ものを売ることは、感情を引き出すことなんです。


宇佐美彰朗

世界のトップに近道はない。必要なのはただひとつ。目標へ向かっての絶対的な持久力。


森久保有司

新興国市場は、コストに対する要求が厳しい市場です。しかし、現地のものづくり企業には、「安物買いの銭失い」という愚は犯さない賢さがあります。生産の効率や品質などを左右する設備・部品に関しては、妥協せずによいものを使うということです。端的に言えば、実績のある日本品質の設備・部品を使いたがっているのです。


松井道夫

株式売買手数料が自由化されたとき、「株式委託手数料解体新書」と銘打った全面広告を日本経済新聞に出したんです。松井証券はなぜ手数料を下げるのか、その根拠と理由をそこで説明しました。株式売買の手数料を構成する要素は大きく分けて3つあります。「売買などの執行業務」「情報提供」、そして「コンサルティング」です。それを松井証券はコンサルティングはやらない、情報提供もウェブサイトを通じた客観的なものに限定する、でもその代わり手数料は下げると。いままでが「定食」ならば、こっちは「アラカルト」を出すぞと。


水戸岡鋭治

JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」では、車両としてはタブーとされてきたことに数多く挑みました。それが、古今東西の様式やデザインを曼荼羅のように組み合わせた「オンリーワン」の車両につながったのだと思っています。


柴田励司

同じ仕事を3年以上やってはいけません。同じ仕事を3年も続けっていると、脳の中にその仕事を遂行するための最適な回路ができ、楽々仕事をこなせるようになります。しかし、そこには落とし穴があります。4年、5年と続けるうち、他の仕事をするのが怖くなり、新たなチャレンジを躊躇するようになります。そうなったらキャリアは行止まりとなり、それ以上伸びません。これを防ぐには、ひとつの仕事を3年ほど担当し、ある程度こなせるようになったら、手をあげて別の場に異動してみることです。もしくは、数か月間でも別の仕事をやるのです。


ロデリック・クレイマー

当然のことですが、プレーヤーに必要なスキルと、マネジャーに求められるスキルは別物です。適切なスキルを持っていない人をマネジャーに昇進させるべきであはりません。


齋藤孝(教育学者)

テニスのコーチをやっていた時、サーブでもどう打つかという指導より、実際に打ってもらって、いま1メートルアウトしたよ、何十センチアウトだよと、結果の数字だけ伝えるようにしました。すると自然と修正が利いて、入るようになってくるんです。これって人間関係でも同じ。ある会話をしていて急に相手の機嫌が悪くなったと。何がいけなかったのか自分なりに反省して、次に修正してみる。この繰り返しで、次第にいいコミュニケーションができるようになる。


下地寛也

プレゼンは人の心を動かすためのものです。そのためには、「疑問を投げかける」→「結論を伝える」→「理由を加え、納得させる」の順番であることが必要です。ビジネスでは「結論を先に言え」と言われることが多いのですが、プレゼンで結論からいきなり入っても、聞き手からすれば、何の話をしているのかわかりません。結論の前に疑問を投げかけることで聞き手の興味をひき、次に結論で驚きを与え、最後に理由で納得を得るという順番で進めるのがよいでしょう。


渋沢栄一

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその株式を所有することにする。


小林一雅(小林製薬)

コンタクトレンズ使用者用の目の洗浄液「アイボン」が大ヒットした後、企画が「メガネの人向け」「裸眼の人向け」という横展開の商品提案をしてきました。私は担当者を厳しく叱りました。横展開で拡大して売上を増やすのもひとつの手段ですが、それで商品のコンセプトが薄まってしまうようでは何の意味もありません。コンタクトを着けている人が目を洗いたいと思った時に、必ずアイボンを手にする。それぐらい浸透している中で、裸眼の人向けなどを出せば、ブランドの軸がブレてしまいます。


田崎正巳

部下を持つ役職に就いたら、「私」を捨てることが大切。仕事の手柄も独り占めしないこと。「部下のモチベーションアップにつながりますから、手柄は部下にプレゼントしてください。


小山昇

「失敗してはいけない」という思考から見直したほうがいい。体験は財産。失敗も立派な体験の一つ。むしろ失敗を重ねて体験を期やしたほうが成長できる。


松浦正則

予見性がなければリーダーにはなれませんから、最先端のアップツーデート(最新)な情報を集めて検証していくことです。そのためには頻繁に現場に行くことだと思います。米国だろうがどこであろうが、必要なときには積極的に会いに行く。私はそれを実行しています。


ページの先頭へ