古川日出男の名言

古川日出男のプロフィール

古川日出男、ふるかわ・ひでお。日本の小説家、劇作家。福島県出身。『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞・日本SF大賞、『LOVE』で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞・読売文学賞小説部門を受賞。

古川日出男の名言 一覧

呼吸して、血を流して、愛を注いで、愛に裏切られて、死んでいった人たち。蓮の花の上に生まれ変わったかもしれないし、苦しい人間の世界に再び生まれ変わったかもしれない人たち。彼ら一人一人について祈りながら書くためには、原稿用紙に手書きで書くやり方しかありませんでした。
【覚え書き|平家物語の翻訳をしたときを振り返って】


翻訳は批評を前提にしないと成り立ちません。この十年来、英米文学の名翻訳者・柴田元幸さんと交流させていただく中で実感していることでもあるのですが、翻訳対象の作品を批評できないようでは、その人が翻訳者である必要はないと思います。翻訳家の必要性は、原文に対してどのような批評を発動できるか、その一点にあると言えます。


古川日出男の経歴・略歴

古川日出男、ふるかわ・ひでお。日本の小説家、劇作家。福島県出身。『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞・日本SF大賞、『LOVE』で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞・読売文学賞小説部門を受賞。

他の記事も読んでみる

村岡恵理

私たちは仕事を通して人間づくりをしていると考えます。結果が思わしくなかったり、人間関係に悩まされたり、様々な運、不運があったとしても、全ては人間を磨くための過程ととらえ、最終的にどういう人間になりたいか、豊かな人生とは何か、考えてみるのも決して悪いことではありません。


石原まき子(北原三枝)

ヒットが無い時期は精神的に不自由をしたし、制作費も厳しくて、もうダメというところまでいったのね。でも何もなくなっても裕次郎さんがいればいい。向こうも、まき子だけいればいいと思ってたと思うんです。


廣瀬光雄

今でもジョンソン・エンド・ジョンソンではアクシデントが起きたら「Our Credo(クレド)」に立ち戻れと言われています。ですから、世界57か国・200社の個別事業会社を、世界最高・最強のヘルスケア企業というゴールに向かわせるためのボンディング(接合)の役回りを果たしているのが「Our Credo」なのです。


楠木新

会社は自己実現する場ではない。あくまで他者に貢献する場。そこをはき違えている人が結構いる。


小暮真久

気分が乗らなければ、その日は負けの日にして仕事を切り上げてもいいと思います。僕は頭が冴えないと思ったら、いったん帰宅してジョギングをしたり、遊びに出かけてしまいます。そうしているうちに新しいアイデアが浮かぶこともあるから面白いですよね。


工藤公康

単なる自己流や形だけのモノマネでは限界がある。自分を高めるために、自分にはないものやよりレベルの高いものを「盗む」ことで、プロとしての自分が徐々に確立されていく。盗むとは、反復や練習を積み重ねオリジナルを作ること。皆さんも自分が置かれている環境の中で、どんどん盗みにいって下さい。


高井伸夫

仕事柄、成功している企業の社長などとよくお会いしますが、彼らは口をそろえて、今があるのは「出会いに恵まれたから」と言うんです。衝撃的な出会いがあるわけでなく、いい出会いに恵まれる人は、わずかなご縁を大切に育み、良い出会いにしている。つまり、誰しも他人との関係を良縁にし、運命的な出会いにできるんですよ。


川野幸夫

入社した当初、私は笑顔を作るのが苦手だったんです。それでも母は私に店を任せてくれてね。いま、パートナーさんにお店を任せることができるのも、母が私を信頼し、お店を任せてくれたからです。


鈴木茂晴

今の時代に、「女性が戦力でない」という会社はないはずだ。母親が保育園に間に合わないような働き方は持続的ではない。時間内に必ず仕事を終えなければいけないのだ。そこからはみ出して業務を続けることは、不正をしているも同然だ。


加瀬豊

部下から「こうしたい」という提案が出るのを待ちます。答えを聞く前に上から指示を出してしまえば、その部下の成長は止まってしまいますし、自発的に仕事に取り組む意欲も引き出せません。上からノルマ、課題をかぶせることになってしまいます。


栗原博

トップの行動がどれだけ現場を勇気づけるのか、小林(陽太郎)氏の姿から学んだ。


ジム・ロジャーズ

大事なのは得意分野を作ることなんだ。ファッションやスポーツなど、誰にだって詳しいジャンルはあるはずで、そういう業界や企業のリサーチから始めればいい。業界で起きている変化に気づき、チャンスと確信できるようなら投資する。自先の株価上昇を見逃したからってどうってことはなく、ここぞというタイミングに知っている分野で勝負するんだ。これならウォール街だろうが東京市場だろうが、他の投資家を出し抜くことは可能だ。


堀江翔太

2013年シーズンにはレベルズ(オーストラリア)に誘われて、サンウルブズより前にスーパーリーグにも参加しています。このときもまったく試合に出られなかったんですけどね。ただ今だからいえますが、当時のレベルズはプレーもダメなうえ雰囲気が悪かった。試合に出られないまま帰るのもシャクだから「チームがダメになる理由」を学ぼうとメモにとりまくりました。「他の選手がいる前で一人の選手を責め立てる」「レギュラーとサブを対立関係にさせる」などです(笑)。帰国後、それをパナソニックのコーチに伝え、チームづくりに活かしてもらいました。


野村忠宏

私は試合の前日は怖くてたまらないため、ほとんど寝ることができません。いろいろ考えていると、寝つけなくなってきます。実際、試合前日はいつも、2、3時間ウトウ卜しただけで、試合に臨んでいました。一時期は「寝なきゃ、寝なきゃ」と焦っていましたが、途中から「寝られなくて当たり前」と思うようにしました。怖くて当然だと考えを切り替えたのです。


片田珠美

被害者意識が強い人たちとつき合ううえでまず意識したいのは、接点を減らすこと。接点が多いほど、いちゃもんをつけられるリスクが高まります。近寄らなくて済むなら近寄らない。これが鉄則です。不用意にプライベートに踏み込むのは危険です。幼少期に親との関係がうまくいかなかったり、いま現在夫婦や恋人との関係でストレスを感じていたりして、強い被害者意識を抱いているケースもあります。そのような相手にプライベートの話題を振るのは自滅行為。会話をするときは、地雷を踏まないように仕事上のあたりさわりのない話に終始すべきです。


ページの先頭へ