古川日出男の名言

古川日出男のプロフィール

古川日出男、ふるかわ・ひでお。日本の小説家、劇作家。福島県出身。『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞・日本SF大賞、『LOVE』で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞・読売文学賞小説部門を受賞。

古川日出男の名言 一覧

呼吸して、血を流して、愛を注いで、愛に裏切られて、死んでいった人たち。蓮の花の上に生まれ変わったかもしれないし、苦しい人間の世界に再び生まれ変わったかもしれない人たち。彼ら一人一人について祈りながら書くためには、原稿用紙に手書きで書くやり方しかありませんでした。
【覚え書き|平家物語の翻訳をしたときを振り返って】

翻訳は批評を前提にしないと成り立ちません。この十年来、英米文学の名翻訳者・柴田元幸さんと交流させていただく中で実感していることでもあるのですが、翻訳対象の作品を批評できないようでは、その人が翻訳者である必要はないと思います。翻訳家の必要性は、原文に対してどのような批評を発動できるか、その一点にあると言えます。

古川日出男の経歴・略歴

古川日出男、ふるかわ・ひでお。日本の小説家、劇作家。福島県出身。『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞・日本SF大賞、『LOVE』で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞・読売文学賞小説部門を受賞。

ページの先頭へ