名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

古川実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川実のプロフィール

古川実、ふるかわ・みのる。日本の経営者。「日立造船」社長・会長。大阪大学経済学部卒業後、日立造船に入社。船舶・防衛事業本部管理部長、経理部長、取締役、執行役員、専務などを経て社長に就任。そのほか、大阪商工会議所副会頭などを務めた。

古川実の名言 一覧

潰れるなら、俺は日立造船と一緒に沈む。育ててもらった会社に恩返しをする。


米クリアリング社は買って5~6年で延べ100億円近い損失が出ました。日立造船が買収する前に、大口の赤字契約を複数受注したことなどが響きました。我々は「バランスシートに出ない損失」を見抜けなかった。受注内容などに疑問や不安があっても「大丈夫」と言われれば追究する材料もなく、信じるしかありませんでした。損失が顕在化したのが買収後だったため、「あなたたちのミスマネジメント」というわけです。最後はダダ同然で売却しました。資産査定の大切さ、国際ビジネスの難しさを身をもって学びました。


課長だと「一生懸命やってもダメでした」と上司に頭を下げれば済む面もあった。財務の最高責任者になり、「上の人たちは逃げ道のない苦しみを味わっていたんだ」と実感した。


古川実の経歴・略歴

古川実、ふるかわ・みのる。日本の経営者。「日立造船」社長・会長。大阪大学経済学部卒業後、日立造船に入社。船舶・防衛事業本部管理部長、経理部長、取締役、執行役員、専務などを経て社長に就任。そのほか、大阪商工会議所副会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

井上智治(コンサルタント)

無料券を配って来場してもらい固定客をつかむのもひとつの手法だと思います。しかし、次のステップで有料化できる明確な計画がないといけません。ですから、楽天球団は明確な理由がないかぎり無料券は配るべきではないという考え方です。


粟津恭一郎

人から尋ねられたことが頭のなかに残って、その答えを探し続けたり、いろいろと発想を展開したりすることで、やがてその質問は内在化されます。上司から「今月の売り上げはいくらか」と質問され続けた部下は、売り上げばかりを考える部下になる。だから、部下とのコミュニケーションは、部下に「どんな質問を投げかけるか」という一点に集約できると思います。


大山健太郎

毎週月曜の新商品開発会議では、私をはじめ、開発はもちろん、営業系、製造系、特許、品質管理など、様々な部署の幹部がいる。近年はテレビ会議システムでも参加できるようになり、海外も含めて約10画面を繋いで、経営陣や各部署の関係者約70人が参加して、情報を共有します。新商品開発会議では、出される企画がたくさんあるので、ひとりあたりのプレゼン時間は2~3分。企画書はA4・1枚です。「ワンページメモ」と呼んでいますが、弊社のこのスタイルはおよそ30年変わっていません。プレゼンというと、いろいろとグラフや資料をつけたくなるものですが、ひと目で結論がわからない資料は赤点です。


野地彦旬

ブランドを維持しながら、さらに上を目指す。ニーズの変化を逃さない正統進化こそ、メーカーが追求すべきものだと思います。


関家憲一

企業は大きくする過程で、どうしても組織に都合の良い、安易な方向に変化してしまう。そんなときに良質な価値観が確立されていれば、そこで悪い習慣や文化が芽生えてしまうのを防ぐことができるのです。


蟹瀬誠一

働くことと生きることのバランスをもっとしっかり考えるべきです。会社に長くいることが働くことだと思っているから、日本のホワイトカラーの生産性は先進国で最も低い。


苅野進

全員の前提を擦り合わせ、論理というルールを生かすための土俵作りをする。これがロジカルシンキングの第一ステップです。この「前提」には、「ゴール」も含まれます。「そもそも何を目指すのか」という前提を確認しなければ、やはり誤解やすれ違いが生じます。たとえば、あなたがコンサルタントで、クライアントから「会社の売上げを増やしたい」と相談されたとします。そこで、フレームワークを駆使して売上げアップの戦略を立て、実行した結果、売上げを伸ばすことができました。ところがクライアントから、「売上げは増えたが、コストも増えたじゃないか」とクレームが入りました。つまり、「売上げを増やしたい」という言葉の裏には「コストは上げずに」という前提が隠れていたということ。すると、そもそもクライアントが目指すゴールは「売上げを増やす」ではなく「利益を増やす」ではないのか、あるいは「売上げも利益も増やす」ではないのか、といった可能性が出てきます。


粟田貴也

フェアとして新メニューを投入することはありますが、基本はうどんというベーシックな商材を常に磨き続けることが重要であり、実際にそれを続けていることが強み。


甲田英司

僕は貧乏を経験するのはいいことだと思っています。お金がないからこそ、お金を遣わないように創意工夫が出来るわけですから。


菅原美千子

話をするときは一方的に話すのではなく、相手の興味のあることや、変化に気づいたことなどをしっかり目を見ながらいってください。コツは「あなたをしっかり見ていますよ」ということを相手に感じてもらえるように話すこと。「私のことを認めてくれる人のためなら……」と自発的に動いてくれます。


西田一見

イチローに話を聞いたら「日本人でメジャー入りなんて無理」とは絶対言わないはず。「無理」と言う人は知らないだけ。知っておくだけで、つまらない他者の暗示からは十分逃げられる。


島田義彦

私は生え抜きですから、社員のみんなと近い立場にいます。現場で、いろんな問題や課題を細かく話し合っていくというのはできていますので。今後も、現場の近くにいることを自分に課していきたい。