古川実の名言

古川実のプロフィール

古川実、ふるかわ・みのる。日本の経営者。「日立造船」社長・会長。大阪大学経済学部卒業後、日立造船に入社。船舶・防衛事業本部管理部長、経理部長、取締役、執行役員、専務などを経て社長に就任。そのほか、大阪商工会議所副会頭などを務めた。

古川実の名言 一覧

潰れるなら、俺は日立造船と一緒に沈む。育ててもらった会社に恩返しをする。


米クリアリング社は買って5~6年で延べ100億円近い損失が出ました。日立造船が買収する前に、大口の赤字契約を複数受注したことなどが響きました。我々は「バランスシートに出ない損失」を見抜けなかった。受注内容などに疑問や不安があっても「大丈夫」と言われれば追究する材料もなく、信じるしかありませんでした。損失が顕在化したのが買収後だったため、「あなたたちのミスマネジメント」というわけです。最後はダダ同然で売却しました。資産査定の大切さ、国際ビジネスの難しさを身をもって学びました。


課長だと「一生懸命やってもダメでした」と上司に頭を下げれば済む面もあった。財務の最高責任者になり、「上の人たちは逃げ道のない苦しみを味わっていたんだ」と実感した。


古川実の経歴・略歴

古川実、ふるかわ・みのる。日本の経営者。「日立造船」社長・会長。大阪大学経済学部卒業後、日立造船に入社。船舶・防衛事業本部管理部長、経理部長、取締役、執行役員、専務などを経て社長に就任。そのほか、大阪商工会議所副会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

関家一馬

ロジックで見せないと多くの社員は巻き込めない。社員一人ひとりが腑に落ちないと、会社は変わらない。


有働由美子

自信をもって話すには、準備をすることです。学生時代、予習をしっかりやっていった日の授業は、自信を持って先生の目を見ることができたでしょ。


佐伯泰英

僕は、時代小説を書くときに、人物描写とか情景描写以前に、読んでいる時間を楽しんでもらって、その間はしばし現実を忘れてもらえるような作品を、確実に市場に出していこうと考えていました。剣戟(けんげき)シーンも、僕の場合は全然リアルじゃないんです。歌舞伎や時代劇映画の殺陣と同じです。つまり、竹光のチャンバラです。でも、リアルを追求するよりも、楽しんでもらいたい。そうすると、真剣で斬り合うよりも、竹光のほうがいいような気がするんです。そんな書き手の気持ちを読者の方たちは受け止めてくれたんだと思います。


山本真司

やるべきことを書き出してダンドリを立てることは、作業時間を確実に確保するという意味もありますが、段取りをすべて書き込んでおくことで、「あれをやらなきゃ、これもやらなきゃ」と頭で覚えておく必要がなくなるので、集中力が高まります。いわば、頭のワーキングメモリを増やすという副次的効果があるのです。


榊原健太郎

日本では一体どんなことが起業を阻んでいるのかというと、起業することはリスクが大きいと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、若い人にリスクなんてありません。


吉川和宏(ホテルマン)

顔と名前を覚える3ステップ

  1. 自分から声をかけ、相手の声や反応で覚える。
  2. 顔や持ち物など、相手の特徴を探す。
  3. 名前を呼んで記憶を定着させる。

三浦知良

信念を持って、地道にトレーニングをして成長し続けること。プロは試合での結果を常に求められます。その結果のために、自分がどれだけの時間を費やしてトレーニングができているかが重要。


河瀬和幸

目には、その人の「理性」が出ます。考える時に目を上向きにする人は、視覚に訴えた販売が有効。逆に視線を下に落として考える人には、テンポよく話すなど言葉で訴える方が効果は出るのです。


三木谷浩史

僕は会議の時間をもっと有意義に使いたいと考えた。会議の大半は、要するに説明の時間なのだ。これを短縮すればいいと考えたのだ。そこで楽天では会議の資料を、前日の夕方5時までにすべて提出することにした。実際の会議では、前の晩に資料を読んでいるから説明の時間は必要ない。楽天方式なら資料を読んだ際の不明点だけ、ここだけちょっと説明してくださいで済むから、1時間の会議が10分くらいで終わる。


松本晃(経営者)

コスト削減といっても簡単なことしかやっていません。本部による集中購買に切り替えましたが、ボリュームディスカウントを狙ったわけではありません。カルビーの場合、それまで余計なものをたくさん買って、余ったら全部捨てるようなことをしていました。本部による集中購買化は、仕入れ先から原材料を買い叩きたかったわけではなく、こうした無駄な買い物をなくしたかったのです。


糸井重里

人を育てるときに、僕は手取り足取り教えたくはない。仕事のノウハウを人から教わるのは簡単です。マネをするだけで、それなりの仕事はできてしまいます。だけどそうやって、みんなが優等生になってもつまらない。自分で考えることで得られるものこそ、成長につながると思うんです。


長谷川武彦

短いサイクルで目標管理をし、給与体系も成果主義を導入する企業が増えています。成果主義とはいえ、エンジニアは与えられた課題を愚直にこなすだけではなく、みずから課題を創造していかなければなりません。たとえ、上司が理解してくれない課題であっても、自分自身がプライドを持って取り組める目標を持つべきです。それは、なかなか評価されにくいかもしれない。でも、三年後には、きっと上司は私に感謝するだろう。と心の中で思っていればいい。それがエンジニアのプライドだし意地だと思います。


中村獅童(二代目)

僕のホームグラウンドの歌舞伎の世界は、役者が数百人しかいない狭い世界。ずっと一緒にやっていくわけだから、視点を変えて嫌いな人を作らないようにしています。自分の中でポジティブに仕事をしていけるよう発想の仕方を訓練するのは、ビジネスの世界でも大切なのではと思います。


小林栄三

どのような社会でも企業であっても、人間が一人でできることには限界がある。そこで大切なのがネットワークを持つこと。「1+1」「1+2」と集まることで可能性も大きく広げることができる。


吉田知明

どこで働くかは社員にとって大切なことですから、できるかぎり希望に添うようにしています。当社の個別指導塾が初めて北海道に進出したのは、新入社員の希望がきっかけでした。よくよく聞いてみると「恋人と離れたくない」という理由だったようで、その社員も2年くらいで別れて「もうどこでもいいです」となりましたが(笑)。


ページの先頭へ