名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古川健介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川健介のプロフィール

古川健介、ふるかわ・けんすけ。日本の経営者。WEBシステム開発・運営会社「Nanapi」社長。浪人中に学生ポータルサイト「ミルクカフェ」を立ち上げ大手サイトに成長させる。早稲田大学政治経済学部卒業。レンタル掲示板運営会社「メディアクリップ」社長、ライブドア、リクルートなどを経てHowtoサイト「nanapi」を開設。

古川健介の名言 一覧

今に集中することが、限られた時間で結果を出すことにつながる。


社長の仕事は未来の仕事を見つけること。そのためにも、社内の会議は現場に任せて外部の人と情報交換すべきです。


時間をうまく使うためには「やらないことをいかに増やすか」が重要。実際、会議にはなるべく出ないようにしています。


その道のプロフェッショナルが長い時間をかけて考えたノウハウに乗っかるほうが、自分で考えるよりもずっと効率がいいんです。


僕でなければできない仕事をすることが重要。


重要な仕事が急に入ってきたときのために一日の半分は意図的に空けています。事業を拡大するときなど急に資金調達が必要になるときがあり、そんなときには一気に時間をとられるので。


社員にはやりたいことは責任もって進めてもらっています。ひたむきに仕事をしていれば、上司に許可をとる必要はなく、失敗したら謝罪すればいい、という形にしています。


立ち上げ当初はサイトの企画を考えたり、ビジネスモデルを試したりと限界まで仕事していました。細かく自分の作業時間をスケジュールに書き込んでいた時期もあった。でも、それで時間をとるのは本末転倒ですよね。


「スケジュール管理というタスク」になると負荷になってしまうので、会議など出なきゃいけないもの以外は予定は組まないんです。それ以外はパソコンの前になんとなく座っているんです。


古川健介の経歴・略歴

古川健介、ふるかわ・けんすけ。日本の経営者。WEBシステム開発・運営会社「Nanapi」社長。浪人中に学生ポータルサイト「ミルクカフェ」を立ち上げ大手サイトに成長させる。早稲田大学政治経済学部卒業。レンタル掲示板運営会社「メディアクリップ」社長、ライブドア、リクルートなどを経てHowtoサイト「nanapi」を開設。

他の記事も読んでみる

田中孝司(経営者)

「役員補佐制度」という制度を導入しています。例えば、社長の私には男性2人と女性1人の3人が補佐として付いています。社内には役員補佐は、役員候補であることを宣言しています。役員会などにも出席してもらって、会社全体を見て物事を考えられるように鍛えるのが目的です。


ロバート・ドブキン

アナログ技術の進化は、それが物理変量を扱う限り、過去も未来も常に限界との戦いなのです。


荒井正昭

いろいろ気を遣って、遠回しなコミュニケーションをするのはムダ。私が何でも(意見や情報を)言うので、社員も何でも言うようになりました。


森本智子

思考の段階に入るとき、私の場合は、新聞も貴重なツールのひとつとして活用しています。論説委員の深い考察は参考になります。論説委員のなかに、自分と考えが近い方や、考え方の視点を信頼している方、意見に納得できる方がいます。ですから、ある事柄について判断を迷ったときは、そうした論説委員の考え方も参考にします。そうすれば、「こういう見方ができるのか」とヒントを与えてもらって、視野を広げることができますから。


高城幸司

会社は稼げる人を重宝する半面、そのスキルや経験が1人に集中することを嫌います。将来の事業拡大を担う人材を育成するためにも、仕事はどんどん任せる。この繰り返しが自分、そして組織の「稼ぐ力」を鍛えることにつながります。


内ヶ崎贇五郎

技術者を優遇しないと会社はよくなりません。研究費の方は、ひとつできるだけ出してください。
【覚書き|大同電力出向時代、同社の福沢桃介社長に言った言葉】


岡内欣也

入行2年目になると、預金の流れに目が向くようになりました。日々の資金繰りが見えてくると、会社の実態がよくわかる。


渕脇正勝

体調が優れないと、どうしても出不精になりがちですが、元気であれば、旅行に行ったり、美味しいものを食べたくなったりしますよね。健康でいることから生まれる消費こそが、日本市場をも活性化させるといえるでしょう。


斎藤緑雨

いにしえの学者は不透明体なり、今のは透明体なり。さらにその説くところによって判ずれば、いにしえのは個体、今のは気体なり。


池谷裕二

毎日を悲観的に過ごせというつもりはありませんが、このくらい悪いことが起きるかもしれないと、頭の中でシミュレーションをしておくと、実際に不測の事態が起こった際に感じるストレスを軽減できます。これは準備された心、「プリぺアド・マインド」といいますが、このような予測を心のどこかに持っておくことは必要でしょう。


澤田秀雄

本当に欲しいと念じれば、必ずその人材は現れるものだ。


三好俊夫

知的生産性を高めることが、競争力確保につながるのです。21世紀は知的生産の競争が繰り広げられるわけですから、企業は早急に知的改革に取り組まなければならないのです。