名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古川享の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川享のプロフィール

古川享、ふるかわ・すすむ。日本マイクロソフト会長、慶応義塾大学教授

古川享の名言 一覧

オーナーシップと言っているのですが、最終的な判断は担当者が下す。その意味で一番偉いのは担当者と言っていい。つまり、その瞬間にピラミッド構造は完全に崩れて、同じ目の高さで決断がされるんです。縦の構造の中、延々と会議をして決断をしていくのとはスピード感がまったく違います。電子メールやグループウェアなど組織を結合的に管理できるものを使うことによって、会社の組織がピラミッド構造を保ちながらも、効率の良い風通しが良いものになっていくわけです。


提案メールに対する応答は同時に返ってきます。大切なのは、帰ってきたメールは全部同じ目の高さ、同じ一票であるということです。普通だと、トップの人が発言すれば自分には出る幕はないと考えて、腰が引けてしまいます。うちではビル・ゲイツ会長に対して「その考えは間違っていると思います。」と直接言えます。現に「そうか、間違いかもしれないな」という返事が会長から返ってくる。


ビル・ゲイツ会長に何かを提案するため、企画書を作り、上司にハンコを押してもらっているようでは駄目なんです。重要な案件があったら同時に何人もの人にメールを出す。たとえ新入社員であっても、これは会社の生命線にかかわる情報だと分かり、この人まで耳に入れてもらう必要があると判断したら、ダーンとメールがそのレベルまで届く仕掛けになっています。その際、間に立っている人を一人としてスキップしてはいけないというルールがあります。


マイクロソフトでは一人の人間が8人を超えないように管理監督をしています。適正な評価をするためには8人が限度だからです。部下の目標に対する評価をはじめ、家族構成、保健管理、会社に対する要望や不満などをくみ上げていくためには、それが限界なんですね。ですからマイクロソフトは8人ごとに細かくグループ分けされたとてつもないピラミッド構造の会社であるということもできるんです。


幸せの訴求ポイントがモノ中心ではなくなったこと、一人一人の幸せの価値観が違ってきているというこの二つを考えあわせていかなければならないのですが、ソフトウェアを中心に考えていくと、その答えは出しやすいんです。パソコンでいえば、ソフトウェアが目に見えない一人一人の価値観を実現してくれます。ソフトウェアに盛り込まれているコンテンツそのものが幸せをもたらしてくれるんです。


テレビを例に挙げれば、誰もが同じチャンネルで同じコンテンツを見るのではなく、ひとりひとりの主義・嗜好に合わせてチャンネルとコンテンツを選択する。それによって一人一人の幸せが実現されるんです。見たい時に見たい番組が見られるということは、時間の束縛から解放されることになります。そこに新しいビジネスチャンスが生まれると言っていい。


これまでNHKが有料で民放は無料と思ってきましたが、それは間違いで、じつは我々の消費財のコストに民間放送の広告宣伝費が上乗せされているに過ぎないんですね。ただ、これからはコンピュータの発達によって、その放送が売り上げにどれだけ貢献したかということも見えるようになってきますから、お金を払うメカニズムが変わってくるでしょう。メディアのパラダイムが大きく変わった瞬間、新しいビジネスモデルも生まれてくる。


古川享の経歴・略歴

古川享、ふるかわ・すすむ。日本マイクロソフト会長、慶応義塾大学教授

他の記事も読んでみる

高垣麗子

じつは、20代半ばは、モデルとしての自分の姿に悩んでいたんですよ。15歳でデビューしてから10年以上。仕事はいただけていたのですが、一方で10年もモデルをやっているのに、何も変わらない自分に歯がゆさを感じていました。ただ、自分を変えるといっても何をしたらいいかわからない。そう悶々としていたんです。でも、28歳の誕生日を前にして、こう思ったんです。「悩んでばかりで、何ひとつ行動に移していないじゃないか」って。「これじゃ一生、このままだな……」と自分が嫌になって。「まずは小さな努力から始めよう」と、誕生日に、加圧トレーニングの体験予約を入れたんです。人から見れば些細な挑戦かもしれませんが、自分が変わり始めたのはそれからですね。


高部正樹

前線で休憩するときは30分ほど、10人程度の仲間が輪になって全方位を警戒しながら茂みに身を隠し、木や岩に背中をもたせかけて体を休めます。銃は肩にかけたまま、銃弾や手榴弾を入れたベストやウエストポーチ、予備の銃弾や破壊工作のための爆薬などの入ったリュックも身に着けたままです。どんなに疲れて眠りに落ちても風で草がカサッと鳴るだけですぐに目が覚めます。完全に寝ているのではなく、まどろんでいる感じです。でも、眠っていたのがたとえ1分、2分と一瞬でも、目覚めたときは不思議なくらいぐっすり眠った感覚があるのです。


田中恭一

日本で初めて開発したコンタクトレンズを眼科医に持ち込んだところ、眼科医のネットワークを通じて注文が入るようになったので、メニコンの前身である日本コンタクトレンズ研究所を設立しました。このとき、私はある有名な研究所の助言に従い、製法を少し変えました。それまでいわば我流でレンズを開発していたので、事業を本格展開するにあたり、もっといい商品を作りたい一心で専門家の意見を聞きに行ったのでした。ところが、数カ月ほどするとお客様から「レンズがボロボロになる」というクレームが殺到したのです。


棚橋弘至

念願のチャンピオンになって、「さあ、これから新日を、プロレスを変えていくぞ!」とリング上で拳を突き上げたら、いきなりブーイングが返ってきたんです。ショックでしたね。僕は見た目のハデさに加え、プロモーションに積極的で露出が多く、一見チャラチャラしたイメージがあったようなんです。コアな新日ファンから不満の声があがり、それが会場でのブーイングになっていったんでしょうけれど、3年ぐらい続いたのかな……。プロレスは一人でやるものではないので、僕にブーイングがくるっていうことは相手に声援がいくっていうことでしょう。逆にブーイングを活かして試合を盛り上げてやろうと思った。


椋木修三

人の顔と名前を記憶するコツは大きく分けて「目立つところを探す」「反復する」「復習する」の三つです。


柳澤大輔

今年の社員合宿のテーマは「カヤックらしい解散方法とは?」でした。そういうことをテーマにみんなで考えてもらっています。 例えば、もし会社が潰れるとしたら、それは経済的に苦しくなったとか、突き詰めていっちゃうと、社会から必要ないと思われているということだと思うんです。それは受け入れなきゃいけない。でも、それでも最後に、価値ある何かを実行することができたら。社員が他社へ転職するとしても、それはアドバンテージになります。


岡田尊司

相手が話している間に「うんうん」と頷いたり「えっ?」と驚いたりすることで、相手は「ああ、わかってくれているんだな」という安心感を得られます。相手によっては多少オーバーにやってもいいでしょう。


小池龍之介(小池龍照)

私たちは四六時中、考えごとをしていますが、そのせいでイライラしたり、集中力が低下しているのではないかと私は思っています。仏道の立場からいいますと、考えごとは妄想であって、現実でも事実でもありません。そのなかで心を惑わせ、迷っているとしたら、生きていないも同然。リアルな現実を感じられなくなるので、ストレスが溜まって当然です。.日ごろから意識をして「考えない」ことを自分に課してみてください。仕事をしているときはこれが自分だとか、周囲に評価されるかどうかなどと考えず、目の前の作業にひたすら没頭する。そして考える代わりに、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるといった五感を研ぎ澄ませるのです。五感のどこかに集中して考えを止める。その究極が座禅ということになりますが、そこまでしなくても、普段の生活のなかで集中することはできます。


山木一彦

希望を追い求めるのではなく、「光る物」を作っていく価値創造型の企業として生き残るのが一番重要。わが社の先人もそうしてきました。


山岡荘八

家康はケチンボといわれるほどの倹約化で、これは貯蓄だけでなく、モノも非常に大事にした人なんですよ。ご存じのように、戦国時代、百何十年も戦争が続き国民すべてが貧乏の限りを尽くして、すべてのものが足りない時に武士はまだ行政官として生産面にたずさわらない。ために倹約を第一の美徳とし、自分も率先垂範の実を上げるため、麦飯を食い、1枚の着物も1枚の小判も大事にした。


高倉豊

意識してほしいのはアブダクションという思考法だ。論理的な思考法としては、法則からロジックを重ねて結果を導く「演繹」と、事例の積み重ねで結論を導く「帰納」が有名だ。一方、アブダクションはいきなりひらめきで仮説を立て、それを検証することで結論づけるというやり方をする。演繹でも帰納でもない、第三の思考法だ。非論理的であり、悪くいえば根拠のない思いつきに過ぎない。しかし根拠にとらわれないからこそ、既存の枠を飛び出す自由な発想ができる。


藤井薫(編集者)

事業盛衰のサイクルが短くなり、企業の寿命が短命化している。生涯に3つくらいの会社を渡り歩くことが当たり前になるだろう。