古川享の名言

古川享のプロフィール

古川享、ふるかわ・すすむ。日本マイクロソフト会長、慶応義塾大学教授

古川享の名言 一覧

オーナーシップと言っているのですが、最終的な判断は担当者が下す。その意味で一番偉いのは担当者と言っていい。つまり、その瞬間にピラミッド構造は完全に崩れて、同じ目の高さで決断がされるんです。縦の構造の中、延々と会議をして決断をしていくのとはスピード感がまったく違います。電子メールやグループウェアなど組織を結合的に管理できるものを使うことによって、会社の組織がピラミッド構造を保ちながらも、効率の良い風通しが良いものになっていくわけです。


提案メールに対する応答は同時に返ってきます。大切なのは、帰ってきたメールは全部同じ目の高さ、同じ一票であるということです。普通だと、トップの人が発言すれば自分には出る幕はないと考えて、腰が引けてしまいます。うちではビル・ゲイツ会長に対して「その考えは間違っていると思います。」と直接言えます。現に「そうか、間違いかもしれないな」という返事が会長から返ってくる。


ビル・ゲイツ会長に何かを提案するため、企画書を作り、上司にハンコを押してもらっているようでは駄目なんです。重要な案件があったら同時に何人もの人にメールを出す。たとえ新入社員であっても、これは会社の生命線にかかわる情報だと分かり、この人まで耳に入れてもらう必要があると判断したら、ダーンとメールがそのレベルまで届く仕掛けになっています。その際、間に立っている人を一人としてスキップしてはいけないというルールがあります。


マイクロソフトでは一人の人間が8人を超えないように管理監督をしています。適正な評価をするためには8人が限度だからです。部下の目標に対する評価をはじめ、家族構成、保健管理、会社に対する要望や不満などをくみ上げていくためには、それが限界なんですね。ですからマイクロソフトは8人ごとに細かくグループ分けされたとてつもないピラミッド構造の会社であるということもできるんです。


幸せの訴求ポイントがモノ中心ではなくなったこと、一人一人の幸せの価値観が違ってきているというこの二つを考えあわせていかなければならないのですが、ソフトウェアを中心に考えていくと、その答えは出しやすいんです。パソコンでいえば、ソフトウェアが目に見えない一人一人の価値観を実現してくれます。ソフトウェアに盛り込まれているコンテンツそのものが幸せをもたらしてくれるんです。


テレビを例に挙げれば、誰もが同じチャンネルで同じコンテンツを見るのではなく、ひとりひとりの主義・嗜好に合わせてチャンネルとコンテンツを選択する。それによって一人一人の幸せが実現されるんです。見たい時に見たい番組が見られるということは、時間の束縛から解放されることになります。そこに新しいビジネスチャンスが生まれると言っていい。


これまでNHKが有料で民放は無料と思ってきましたが、それは間違いで、じつは我々の消費財のコストに民間放送の広告宣伝費が上乗せされているに過ぎないんですね。ただ、これからはコンピュータの発達によって、その放送が売り上げにどれだけ貢献したかということも見えるようになってきますから、お金を払うメカニズムが変わってくるでしょう。メディアのパラダイムが大きく変わった瞬間、新しいビジネスモデルも生まれてくる。


古川享の経歴・略歴

古川享、ふるかわ・すすむ。日本マイクロソフト会長、慶応義塾大学教授

他の記事も読んでみる

小山龍介

参考書をいくつも持っていると情報が多すぎて覚えられません。これだけやればいいという一冊をつくり、それにフォーカスして学ぶといいでしょう。


土川健之

JRAに入った以上、競馬に惚れるのは当然ですが、仕事にも惚れてくれる人材がいいですね。できない理由を先に探すのではなくて、新しいことを何とか工夫してできるようにしていく。そういう働き方ができる人がいい。


程近智

日本の再生といいますけど、再生って何でしょうね。いつが良かったのか。いつのときの姿に戻すのと。私は戻すというよりも、創世が大事だと思っています。


宇田川建

習慣化の為には長期間にわたって英語学習の時間を確保することが大切です。たとえば、通勤時間を利用する。曜日を決めて勉強する、仕事の繁忙期など忙しい時期も考慮して予め計画を立てるなど、戦略的な発想でスケジューリングできると良いと思います。


西野裕

人員削減は、単に何人減らしたから人件費をその分削減できるという数字の足し引き算段ではありません。できるだけ早く会社の再生をするために、必要な組織をつくり、そのためには誰がどういう役割を果たすのかを明確にしなければいけません。コア人材には会社のこれからのビジョンを語り、本人に求めたい役割をしっかり伝えることです。


中山讓治(中山譲治)

私はみんなに、「社長だろうと部長だろうと、平場で勝負しなければ駄目だ」といつも言っています。たとえば、入社したばかりの新人が何らかの提案を携えて上司とディスカッションをしたとしましょう。もし、その新人の提案の方が上司の考えよりも優れていたら、極論すれば役職を変わってもらえということです。議論の場は絶対にフラットでなければなりません。


石田淳(コンサルタント)

生産性を上げることは、企業の生存戦略の一つ。この問題を後回しにする企業は近い将来、淘汰されていく。


角野卓造

演じる上で脇役という意識はありませんでした。脇役であろうが主役に劣らぬ、いやむしろ主役を食ってやるぐらいの気持ちで演じていなければいい仕事はできません。出演者が皆、こんな気持ちで演じた作品は、それこそ見る人の心を動かします。


梅田望夫

僕はシリコンバレーに住むようになってから、大きく変わったと思っています。シリコンバレーは、アメリカの中でも非常に特異な土地です。何が特異かというと、大人の態度なんです。おっちょこちょいで、若い人が出したアイデアに対し、面白い、やってみろって言うわけです。


濵口道成

今、名古屋大学では世界中に拠点を作ろうとしています。ほかの大学を間借りするのではなく、海外に新しい「名古屋大学」をゼロから開校していくのです。その上で、海外にできた新しい大学で教えている先生や学生たちを日本に招き、交流していきます。この計画が進んでいけば、6年後の2020年には学生の2割以上が外国人になるはずです。なにやら今までの国立大学のイメージと違う、大胆な挑戦のように聞こえるかもしれません。しかし、もともと多様な人材が集まって発展してきたのが名古屋大学です。私としては「変革」ではなく、「原点」に立ち戻る試みだと思っています。


米倉誠一郎

難しいからこそ、面白い。


山口真由

人は好きな小説や映画のストーリーなら、どんなに複雑な話でも、かなり細かい部分まで語ることができます。その理由は、小説や映画のストーリーが、頭に記憶しやすい時系列で展開されているからです。


名越康文

人の頼みを断われない人生は、人に支配される人生といってもいい。人に振り回されると自分自身を確認する時間が取れないので、ますます自分軸ではなく他人軸で生きることになります。自分らしく生きるためには、この悪循環を断ち切る強い心と技術を身につけることが大切なのです。


林田英治

入社後、最初の配属が経理だった。正直に言うと最初は「製造会社に入社したのに、なぜ会計なんだ」と思っていた。しかし、上司の言う通り勉強していくと、会社の仕組みがわかってきて面白くなってきた。


福沢諭吉

「足ることを知る」という教えは、一個人の私に適している場合はあるかもしれないが、国としては、千万年の間に一日たりとも満足の日があってはならない。多欲多情ますます足らないことに不満を持って、一心不乱に前進することこそ国の栄える基である。


ページの先頭へ