名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古川一夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古川一夫のプロフィール

古川一夫、ふるかわ・かずお。日本の経営者。「日立製作所」社長。

古川一夫の名言 一覧

情報が変質する中で、コンピュータは省力化マシンから、価値を生むシステム、マシンへと変わってきているんです。我々はメインフレームがバリバリの時代を経てきましたが、その後、ユビキタス時代の到来など、いろんな環境の変化に応じてコンピュータシステムそのものが省力化マシンから、バリュー・クリエイション・マシンになっています。こうした変化を我々は事業の中で本質的にとらえていかなければいけないと思っているんです。


古川一夫の経歴・略歴

古川一夫、ふるかわ・かずお。日本の経営者。「日立製作所」社長。

他の記事も読んでみる

ミゲル・マッケルビー

いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


泉谷直木

グローバル企業の経営者と日本企業の経営者の違いを見てみると、前者は常に経営課題を明確に意識し、意思決定が戦略的で極めてスピードが速い。


箭内道彦

人と衝突するのは面倒くさいし体力がいります。そのうえ上手くいく仕事も、上手くいかなくなります。


沢渡あまね

業務を見直す際に重要なのは「常識」を疑っていくことです。「なんでこんなに資料を作るの?」「用紙にハンコを押して提出する必要があるの?」「スーツを着る必要があるの?」など、いったん立ち止まって、生産性やモチベーションを下げていたことに対して考えてみる。そして、これはやらなくていいと思ったら、常識をアップデートしていけばいいのです。これを繰り返せる企業は成長していけます。


岩田松雄

上司に資料作りを頼まれたとします。そのときにいきなり作業に取りかかるのではなく、ほんの数秒でも「いつ、何のために、どのように使われる資料なのか」を考えて把握できる人は勘がいい。一方、勘の悪い人はなんとなく作業を始めて、上司は「今すぐにデータが欲しい」と思っているのに、レイアウトに凝って時間をかけてしまったりする。頑張っているのに評価されない、という人は、たいてい無駄なことに力を入れているものです。


池本克之

上司が勝手に決めるのではなく、皆で意見を出し合って決めることが大切。部下は自分で作った目標なので、能動的に動きます。その際、目標を文章化して共有したい。いまその目標の何割まで来ているか、週に1回ぐらい確認して、ペースが遅いなら上げていこうと促す。その上司の言葉には、トップダウンの時にはなかった説得力が備わっているはずです。


鈴木敏文

消費税還元セールは、1997年に消費税率が5%に上がった時に、私が指示し、始めたことなんです。当時、消費税分5%還元セールをやろうと言ったら、社内ではみんな反対でした。1割引き、2割引きしても何ら売れないのに、たった5%引き程度のセールでは意味がないと言うんですね。ですが、私は人間の心理というものを考え、税に対する嫌悪感を考慮すれば絶対に効果があるだろうと。それでも社内で反対が多いから、北海道拓殖銀行が破綻して消費マインドが下がっていた北海道だけやろうと言って始めたんです。そうしたら、売り上げが前年比160%のアップとなりました。それで翌週から全国にセールを拡大させていったのです。


佐藤浩市

期待していたのとは、現場の事情が違ったとしても、角度を変えて探せば、別のやりがいが見えてくるかもしれない。そんな努力すら放棄して、ただ単に「こんなの楽しくない」「思っていたよりも面白くない」とグチるだけでは、その先にチャンスは巡ってこない。


江上剛

世界という枠に放り込まれてもいいように、実践的な英語を学ばせることも大切だ。インターネットひとつとっても、英語のサイトにアクセスできるのと、できないのとでは情報の得られ方がまったく違う。世界の広さを認識させることが、子供を骨太にするためのひとつの方法であると思う。


横山信治(経営者)

人を見下した態度を取る相手ほど、実は上客になる可能性が高い。経験上、よく効いたのは、「○○さんのように成功するにはどうしたらいいでしょう?」という質問。いくらでもしゃべってくれるうえ、ほかの顧客も紹介してくれる。


午堂登紀雄

いい情報を、よく調べもしないでスルーしてしまっている人が多いのではないでしょうか。情報を入手したら、そこからさらに一歩踏み込んで調べるという習慣が、金持ちと貧乏な人の違いだと思います。


大久保恒夫

ドラッグイレブンの経営再建を引き受けたとき、同社は低価格路線で赤字に陥っていました。ドラッグストアにお客様が来るのは、健康でありたい、きれいになりたいというニーズがあるからです。価格ばかりではないのです。質のよい商品を開発し、それをよい接客で売るという、商売の基本に戻るべきではないかと思いました。そこで、商品開発と接客教育を強化したのです。